仕手株マガジン コメント

2005年09月15日

銘柄を本日更新いたしました5

9月15日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチ。左記銘柄を本日更新いたしましたので参考程度にご覧ください。会員銘柄では、ストップ高も数発出ています。先日も少し申し上げましたが、8月から加速的に市場の質が変化しています。(厳密にはもう少し前からですが・・)この流れに乗り遅れないように、確かな銘柄選別を心がけましょう。以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

○8○8 ○○○ 8/9

1○○3 ○○○○ 9/14

○2○9 ○○○○ 9/8

○52○ ○○○ 8/26

5○○0 ○○○○ 8/30

5○2○ ○○○○○○ 8/19

○1○2 ○○○○○ 8/2

○○31 ○○○○○ 8/29

67○○ ○○○○○○ 8/25

○96○ ○○○ 9/7

6○○2 ○○○○○ 9/6

68○○ ○○○ 9/9

○25○ ○○○○○ 8/23

8○○2 ○○○○○○ 9/13

○85○ ○○○○○ 8/16

97○○ ○○○○ 8/25

○8○5 ○○○ 9/5



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、続落。原油価格が1バーレル当り2ドル近く上昇し、エネルギーコストの上昇を通じて個人消費や企業収益に悪影響が及ぶのではないかとの懸念が広がったことから、小売株のほかキャタピラーのような鉄工業株が売られた。また、15日に8月米消費者物価指数が発表されることに対しても、投資家は神経質になっているとのことで、この数値が20日の連邦公開市場委員会(FAMC)で金融政策決定の参考にされる予定。また米デルタ航空が14日、破産申告したことも嫌気された。NY原油先物価格WTIは、1バーレル=65.09ドル+1.98ドル高と米エネルギー省発表の週間石油統計が前週比660万バーレル減少したことを受け急騰した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3350万株、買い4740万株、差し引き1390万株の買い越しとなった。寄り付きは、小幅続落。売国株安を受けて利食い売りが継続。銀行株、ハイテク株全般に売り先行、一方、鉄鋼は買い物。 前場東証1部騰落数では、値上がり数951、値下がり数508、変わらず196、となり、日経平均は前場引け12,927円32銭+93円07銭高となった。後場からは、ジリジリと値上りし、全体に幅広い銘柄に買い物が入り、買い優勢となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1096、値下がり銘柄数444、変わらず118、となった。日経平均は大引け12,986円78銭+152円53銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 23:56|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月13日

7954ジャレコ 364円27円高!5

9月13日の仕手株マガジン銘柄は、引き続き全体的に高い! 左記から7954ジャレコ 364円27円高! 4744メッツ 70700円5000円ストップ高!! 3411オートリ 312円19円高! 2326デジタルアーツ 458000円27000円高! 会員用銘柄では○○○○○○が全市場値上がり率○位!! ○○○○○○がストップ高!! 以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

○○08 ○○○ 8/9

○1○6 ○○○○ 8/5

○89○ ○○○○○ 9/12

3○2○ ○○○ 8/26

59○○ ○○○○○ 9/1

○9○2 ○○○○ 8/3

6○○0 ○○○○○ 8/26

7○5○ ○○○○○ 8/23

○70○ ○○○○ 8/25

○○93 ○○○○ 8/17

19○○ ○○○○ 8/31

2○○4 ○○○ 9/12

○1○1 ○○○○○○ 8/31

○72○ ○○○○○○ 8/19

63○○ ○○○ 9/9

7○○1 ○○○○○○○○ 8/26

○○17 ○○○○○○○ 9/24

8○0○ ○○ 9/1

○○94 ○○○ 9/2



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、小幅続伸。ハイテク株中心に上昇。オラクルやイーベイの大型買収発表で同セクター内の企業買収への関心の強さが示されたことが好感された。オラクルによる買収計画が発表されたシーベル・システムズは12.7%高。また、原油価格が下落し、製造段階で燃料を大量に使用する3Mなど工業銘柄が買われる一方、エクソン・モービルなど石油株は売られた。NY原油先物価格は-0.74ドル安の1バーレル=63.34ドルとなった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4110万株、買い5120万株、差し引き1010万株の買い越しとなった。寄り付きは、反落。1万2800円台でジリ安となった。先週末からの早い上昇で短期的には過熱感が出て、銀行株の一部や鉄鋼株などが利食い売りに押された。しかしトヨタ自動車などの自動車株がしっかりしているなど買いも強く、下値には限度が見られた。 前場東証1部騰落数では、値上がり数954、値下がり数526、変わらず177、となり、日経平均は前場引け12,930円37銭+33円94銭高となった。後場からは、日経平均は一進一退を繰り返し、小幅高で引けた。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数932、値下がり銘柄数563、変わらず163、となった。日経平均は大引け12,901円95銭+5円52銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 20:07|この記事のURLTrackBack(1)

2005年09月12日

3716アーティストハウス 427000円5

9月12日の仕手株マガジン銘柄は、全体的に高い! 左記から3716アーティストハウス 427000円9000円の小幅高! 会員銘柄からは、4776サイボウズ 239000円34000円高!! 8月12日に会員ページ掲載後、実に100000円の上昇!! おめでとうございます。本日、ここに公開いたします。以下の会員銘柄も好調!



14○○ ○○○○ 8/1

○○22 ○○○○ 8/29

4○○6 ○○○○ 9/8

○72○ ○○○○○○ 8/19

6○1○ ○○○○○ 8/2

6○○7 ○○○○ 8/18

○3○2 ○○○○○ 8/18

○77○ ○○○○○○ 8/25

91○○ ○○○○ 9/8

9○○2 ○○○○ 8/19

○70○ ○○○○ 8/25

9○7○ ○○○ 9/5



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、反発。原油価格の下落や連邦準備理事会(FBR)の利上げ打ち止め期待が支援した。市場ではFRBが「カトリーナ」の景気への影響を考慮して年内に少なくとも一度は金利を据え置くとの味方が大勢となっている。NY原油先物相場は反発し、WTIで期近10月物が前日比0.41ドル安の1バーレル=64.08ドルで取引を終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2030万株、買い4980万株、差し引き2950万株の買い越しとなった。寄り付きは、続伸。総選挙で小泉自民党が予想を上回る大勝となったことを受けて、日経平均は寄付きでザラバベースの年初来高値を更新した。寄り前に発表された4-6月期実質国内総生産(GDP)の2次速報が前日比プラス0.8%と、1次速報の0.3%から上方修正されたことも支援材料となった。銀行株を中心に、内需株、ハイテク株など、幅広く買いが先行となった。 前場東証1部騰落数では、値上がり数1111、値下がり数389、変わらず157、となり、日経平均は前場引け12,826円60銭+134円56銭高となった。後場からは、日経平均は高値圏を推移し、一進一退を繰り返す動きで、高値圏で継続的な買いが乏しい状況に入った。前場同様、鉄鋼、重電、銀行株などが買われた。大引けに掛けて一段高となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1161、値下がり銘柄数373、変わらず125、となった。日経平均は大引け12,896円43銭+204円39銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 21:06|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月09日

8103明和産業 648円 19円高と続伸! もちろん年初来高値更新!! 4

9月9日の仕手株マガジン銘柄は、左記からおなじみの 8103明和産業 648円 19円高と続伸! もちろん年初来高値更新!! 以下の会員銘柄も好調!



○○16 ○○○○ 8/5

2○○2 ○○○○ 8/29

3○0○ ○○○○ 9/8

○7○1 ○○○○○○ 8/19

○96○ ○○○ 9/7

93○○ ○○○○ 8/19



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、反落。石油精製施設のハリケーン被災で燃料価格が高騰していることに加え、清涼飲料のボトラー、コカ・コーラ、エンタープライジズと高級住宅建設のホブナニアン・エンタープライジズが発表した業績予想が市場予想を下回ったことから、下期の企業業績を巡る懸念が急速に広がった。NY原油先物価格WTIが小幅ながら反発した上、ハリケーン「カトリーナ」被害による米経済の先行き不透明感も買い手控え要因となった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3260万株、買い2700万株、差し引き560万株、と11日ぶりの売り越しとなった。寄り付きは、反発。日経平均は1万2600円付近での推移となっている。国内景気回復への期待感から押し目買い機運は根強く、資源関連や自動車など幅広く買いが先行した。業種別では、石油、ゴム、鉱業、自動車が高く、空運、鉄鋼、証券が冴えない。 前場東証1部騰落数では、値上がり数1036、値下がり数484、変わらず139、となり、日経平均は前場引け12,610円86銭+76円95銭高となった。後場からは、日経平均は明後日の自民党圧勝を見越して一段高となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1267、値下がり銘柄数288、変わらず104、となった。日経平均は大引け12,692円04銭+158円15銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 21:02|この記事のURLTrackBack(0)

2005年06月30日

ストップロスは大事です

本日6月30日の仕手株マガジン銘柄は、全体的に少し安い。一部の低位株の下げが目立った。もともと、値動きが荒い類の株ですので想定の範囲内にはあり、ご紹介した銘柄の一部では、ちゃんとストップロスを入れていた方は1〜2銘柄がそれにヒットしたことでしょう。相場は上げ続けるわけではないので、こういうときにしっかり切ることができていればOKです。利益の目減りや損失は限定的に留め、それでいて上値を狙っていく、損小利大のスタイルを貫きましょう。相場は逃げたりはしません。いつでも参加できるので勝に急がぬようご注意ください。さて、その他では先日ご紹介の6○○○が寄付きから約一割の上昇!! 先日もこちらのコメントでご紹介の2○○○が続伸!! そして、6月半ばに会員ページ掲載の2326デジタルアーツ大きく商いを伴って続伸!!403000円 380000円高!! さらに、6月16日から同じく会員ページにて掲載、15万円から掲載の4305アイエムジェイが本日211000円 16000円高!! 約40%の上昇ですので本日公開となりました!! おめでとうございます! みなさん、すでにご存知だと思いますが、相場で連勝することはなかなかできません。が、優位性の高い情報を元にキチンとストップロスを入れて、勝ち負けを繰り返しながら損小利大利益を積み上げていくことは必ず出来ます。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。

先日のNY市場は、反発。文具用品などを製造する複合企業3Mや建設鉱山用機械大手のキャタピラーといった工業株に売りが出た。明日の連邦公開委員会(FOMC)の決定で利上げ継続が示唆されるかもしれないとの見方から、景気の先行きに対する不透明感が広がった。一方、原油先物相場が続落したことを受けて、石油株も値下がりした。FOMCは明日から2日間の日程で、0.25%の利上げが見込まれる。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3760万株、買い4650万株、差し引き890万株の買い越しとなった。寄付きは小動き。小幅安で始まり、今晩のFOMCや明日の日銀短観などの重要イベントを控えての見送りムードが強く、一部の材料株に人気が集中する展開で、今朝の新聞に債務超過解除を報道された金門製作所などが急騰している。前場東証1部騰落数では、値上がり数540、値下がり数906、となった。前場、日経平均は前場引け11,556円26銭-21円18銭安となった。後場からは、前場同様FOMCの利上げ発表待ちと、明日の日銀短観の様子見で終始した。しかしファンド他大手機関投資家の動きが活発で、好業績銘柄を中心に、東証1部出来高は久々に18億株弱を記録した。また、為替はドル高・円安になり、1ドル=110円台となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数550、値下がり銘柄数946、変わらず151、という状況になった。日経平均は大引け+6円57銭高で引けました。

⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら

⇒本家 仕手株マガジン
sitekabu_magazine at 22:00|この記事のURLTrackBack(0)

2005年06月14日

2351アドミラルシステムと4815ジャパンデジタルコンテンツ!

本日6月14日の仕手株マガジン銘柄は、まず、2351アドミラルシステムと4815ジャパンデジタルコンテンツ! 本日大きく売り込まれました。きっちりストップロスを入れていた会員の方は道中で手仕舞いとなったことでしょう。ここまで儲けさせてくれた銘柄ですのでとりあえず一休みです。もちろん、引き続きこの銘柄で回転していきたいという方もいらっしゃることでしょう。4815に関して他方では、出来高が8973株と少ないため何ら心配なく、高値381000円奪回から420000円くらいが期待できると説いている方もいますので、一応、要注意!! 当面の投資の方針としては、先日の会員ページでコメントしたとおりです。また、会員ページ下部に掲載中の早耳(サイダー)銘柄はそうそうある物ではないですが、その情報を元に取引をすれば、相当に有利な取引が出来る。堅い勝負が好みの方は、こちらの銘柄のみ取引するのも悪くはないだろう。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



先日のNY市場は、小幅高。金融大手のモルガン・スタンレーはフィリップ・パーセル会長兼最高経営責任者(CEO)が退任を表明したことを受けて買われ2%高となり相場を支えた。一方、原油価格はOPECの臨時総会を前に投機的な買いが活発化し、2ドル余り値上りし、1バーレル=55ドルを突破。企業収益に対する懸念材料として相場の圧迫要因となった。それを受けて週明け本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2570万株、買い3290万株、差し引き720万株の買い越しとなった。寄付きは続伸。為替が1ドル=109円台の円安になっていることが好感され、輸出関連株を中心に買われている。業種別では、自動車、ゴム製品、精密機器が高く、水産、農林、不動産が冴えない。キャノン、武田薬品工業などコア銘柄に海外から200億規模のバスケット買いが入ったとの観測で買われた。中位株には個人投資家の活発な売買が目立った。日経平均は1万1374円69銭の手前のレンジ取引となっている。前場東証1部騰落数では、値上り数732、値下がり数720、変わらず192、という状況になった。前場、日経平均は前場引け11,358円90銭+47円39銭高となった。後場からは、前場よりやや値下がりした状態で推移しました。全体の出来高は薄商いでした。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数598、値下がり銘柄数864、変わらず184、と言う状況でした。日経平均は大引け+24円41銭高で引けました。


sitekabu_magazine at 23:27|この記事のURLTrackBack(0)

2005年06月13日

4611大日本塗料が23円高と大幅高!!

本日6月13日の仕手株マガジン銘柄は、まず、5月26日に会員の方にご紹介し、30日にも再度動きがあるとお伝えした4611大日本塗料が23円高と大幅高!!おめでとうございます。その他は上げ下げマチマチであるが、2351アドミラルシステム、4815ジャパンデジタルコンテンツが本日下げている。両銘柄に関しては、この水準ですから、ある程度利食った方、まだ、上値を狙っている方とさまざまでしょう。個人的には少しずつ利益を確定しながら、貪欲に上値を狙っていきたいところ。しかし、ストップロスは必ず入れましょう。せっかくの利益を次に活かす為にも、ストップロスは必ず必要です。6887日本エルエスアイカード・・・ひどいですね〜。当然、会員の方でつかまった人はいないのですが、いろいろな意味でもいい教訓になりますので、記憶の片隅にとどめておきましょう。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



13日のNY市場は、ハイテク銘柄の多いナスダックが反落。半導体大手インテルの業績中間報告が一部の市場関係者の予想を下回ったことが背景。又、自動車大手ゼネラルモーターズ(GM)が急伸したことで、NYダウは続伸した。それを受けて週明け本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2220万株、買い2720万株、差し引き500万株の買い越しとなった。寄付きは小幅続伸。内閣府が今朝発表した、2005年1-3月期実質国内総生産(GDP)の2次速報値は、前月比プラス1.2%と市場コンセンサスを下回ったが、株価への影響は特になかった。業種別では、不動産、自動車、非鉄が高く、医薬品、陸運が冴えない展開。外国人投資家が買い越ししていることが好感され、全体に買い先行となった。また、先週の米国ナスダックでハイテク株が冴えていなかったことから、内需関連株を買う動きとなった。鉄鋼株、化学株はしっかりで、日経平均は1万1300円台の動きで推移し、上値をうかがう展開となった。前場東証1部騰落数では、値上り数938、値下がり数546、変わらず160、と買い優勢なった。前場、日経平均は前場引け11,343円37銭+39円14銭高となった。後場からは、日経平均はジリジリと値を崩し、一部の材料仕手株を除き、全体に売り先行となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数813、値下がり銘柄数693、変わらず143、と言う状況でした。日経平均は大引け+7円28銭高で引けました。



⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら

⇒本家 仕手株マガジン
sitekabu_magazine at 21:52|この記事のURLTrackBack(0)

2005年06月09日

06/09(木) 仕手株ブログコメント

本日6月9日の仕手株マガジン銘柄は、この地合いの影響もあり上げ下げマチマチではあるが若干軟調・・・だが! 2351アドミラルシステムが本日ストップ高買い気配で引けている!!! 先日お伝えしたようにキチンとストップロスを入れながら臨めば、こういう値幅も難なく取れる。値洗いの悪いケースでは、もちろん、ストップロスに掛かった場合、他の銘柄で取り返しましょう。利益の出ていない銘柄でがんばる必要はありません。続いて4815ジャパンデジタルコンテンツ17000円高!こちらも上に同じだ。その他では先週に懸念をお伝えした6887日本LSIカード!ストップ安売り気配! こういう銘柄から離脱するには、いかに情報の速さが大事かお分かりいただけたことでしょう。みなさんはそれぞれ資金規模や判断が違いますので一概には言えませんが、絶対に勝てるという情報や銘柄は無くても、優位性の高い勝ち負けを繰り返して利益を積み上げトータルで利益を残すことは必ず出来ます。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



昨日のNY市場は、小幅下落。半導体大手テキサス・インスツルメンツの四半期業績見通し上方修正をはやした買いが入ったが、米政府が今年の国内総生産(GDP)見通しを下方修正したことを嫌気され売られた。FRBグリーンスパン議長の議会証言(上下両院経済合同委員会での)を前に、積極的な売買を手控えるムードで、売り先行となった。ナスダック市場ではヤフーをはじめインターネット関連株の下げに圧迫された。インターネット株は広告主が検索エンジンのキーワードを買い取る価格が下落しているという報告がウェブサイト上で7日に公開されたことを受けて値下がりした。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3210万株、買い3870万株、差し引き660万株の買い越しとなった。寄付きは小動き。今晩のグリーンスパンFRB議長の議会証言や、インテルの中間報告など、又、SQ(特別清算指数)算出日を明日に控えて、積極的な売買が手控えられ、様子見ムードとなっている。その後日経平均は弱含みでもみ合っている。為替が1ドル=107円台とやや円安基調になっているが、米国株安を受けて主力ハイテク株は軟調な動きが目立つ。前場東証1部騰落数では、値上り数683、値下がり数790、となった。前場、日経平均は前場引け11,246円54銭-34円49銭安となった。後場からは、明日のSQと今晩のグリーンスパン議長の議会証言待ちで、利益確定売りで売り先行となり、一段安となり、大引けは大幅安となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数446、値下がり銘柄数1067、変わらず135、と買い優勢となった。日経平均は大引け-120円15銭安で引けました。



⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら
⇒本家 仕手株マガジン
sitekabu_magazine at 03:40|この記事のURLTrackBack(1)

2005年06月08日

06/08(水) 仕手株ブログコメント

本日6月8日の仕手株マガジン銘柄は、引き続き上げ下げマチマチ。中でも4815ジャパンデジタルコンテンツ、2351アドミラルシステム。本日、下げているがさすがにこの水準まで来ると各々の資金規模・裁量に応じて一部利食いを入れたほうが良いだろう。ただ、完全に崩れたわけではないので引き続きキチンとストップロスをかけた上で上値を狙うのも良いだろう。話は変わるが、今月中に会員ページの早耳の銘柄に新たな動きが出る可能性が出てきた。急いで参加する状況ではないが、何時情報が来ても対応できるよう、若干の資金枠を残しておくのも良いだろう。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



先日のNY市場は、小幅続伸。朝方から幅広い買いが入ったが、FRB(連邦準備理事会)の一連の利上げがまだ終わっていないという趣旨の発言がアトランタ地区連銀グイン総裁から出て、その後伸び悩んだ。北京で開催された国際通貨会議で衛星中継を通じて講演をしたFRBのグリーンスパン議長が講演の中で米長期金利の低下について「異例の動き」と認識を示したものの、利上げについて明確に否定しなかったことも懸念された。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4080万株、買い4620万株、差し引き540万株の買い越しとなった。寄付きはしっかり。前日の米国株式市場が小動きで手掛かり材料は乏しいものの、ここ数日の下落により割安感が出てきたとの見方から、ホンダ、キャノンなど優良株に買いが先行した。また外国人投資家が買い越ししたことも買い安心感となった。日経平均はその後ジリジリと上げ始め、日経平均は1万1200円から1万1300円をうかがう動きとなっている。そして1万1300円台回復した後も上値を追う展開となった。東邦亜鉛、東急建設など、個別材料株が人気化し、前場値を飛ばした。前場東証1部騰落数では、値上り数879、値下がり数588、と買い優勢となった。前場、日経平均は前場引け11,307円20銭+89円75銭高となった。後場からは、前場同様の展開で、日経平均は1万1300円を下回る水準で推移しました。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数964、値下がり銘柄数523、変わらず160、と買い優勢となった。日経平均は大引け+63円58銭で引けました。



sitekabu_magazine at 00:39|この記事のURLTrackBack(0)

2005年06月06日

06/06(月) 仕手株マガジンコメント

本日の仕手株マガジン銘柄は、なんと言っても2351アドミラルシステム!!ストップ高引け!! 5月26日に会員の方にご紹介してから終値ベースで騰落率約70%!! 4815ジャパンデジタルコンテンツも30,000円高と上々!! 4304Eストアーも29000円高と好調。その他は、上げ下げマチマチだが全体的に良い値洗いだろう。だが、くれぐれも満塁ホームランを狙わずにヒットを重ねていこう。ホームラン狙いは興奮とスリルを伴うが最終的な利益を残すのは難しい。当方のように、こつこつと投資することが最終的な利益に繋がるのである。ホームランが出たらラッキー程度に受け止めましょう。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



3日のNY市場は、反落。5月の雇用統計で非農業部門雇用者の増加数が1年9ヶ月ぶりの低水準となったことや、NY原油先物価格WTIが1バーレル=55ドルを突破したことを受け、米国経済低迷について企業収益の悪化に対する懸念材料となり、ハイテク株中心に売られ反落。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4360万株、買い2940万株、差し引き1420万株の売り越しとなった。寄付きは軟調。日経平均は1万1200円割れとなった。米国株安やWTI原油先物高を嫌気し、全般に売り先行となった。寄付前に発表された法人企業統計で1-3月期の設備投資は全産業で前年同期比プラス7.4%となったが反応せず、全般的に手詰まり感が強く、売り一巡後は下げ渋ったが、上値を追う展開にはない。原油高を受けて、新日本石油、コスモ石油など石油株がしっかりの展開となった。週末の先物オプションSQを控えて手控えムードとなっている。前場東証1部騰落数では、値上り数451、値下がり数1066、となった。前場、日経平均は前場引け11,213円41-86円64銭安となった。後場からは、売り一巡後、底堅い動きでジリジリと上がり始め、大引け間際にインデックス買いが入り、日経平均は引け一段高の-29円43銭安となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数593、値下がり銘柄数925、変わらず130、と売り優勢となった。日経平均は大引け-29円銭43安で引けました。



⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら
⇒本家 仕手株マガジン
sitekabu_magazine at 23:24|この記事のURLTrackBack(0)