好調!

2005年09月29日

5707東邦亜鉛 512円 4円高!

9月29日の仕手株マガジン銘柄は、全体的に高い。左記から本日も 5707東邦亜鉛 512円 4円高! 9043阪神電鉄は、一時ストップ高をつけてからの115円安 930円。常日頃からお伝えしているストップロスを心がけている方であれば、本日、幾分か手仕舞いした方もいたことでしょう。個々資金規模が違うので一概には言えませんが、この辺りが一つの節目です。ある程度、利益確定しておくのも良いでしょう。日経平均そのものも、そろそろ注意が必要な水準に達しつつあります。極端にキャッシュポジションを高める必要はありませんが、心構えだけは忘れないようにしたいところです。以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

○49○ ○○○○ <+○○> 8/1

27○○ ○○○○ <+○○> 8/24

4○○7 ○○○○ <+○> 9/16

○4○0 ○○○○ <+○○> 8/30

○○79 ○○○○○ <+○> 9/27

○○93 ○○○○ <+○○> 9/5

○9○2 ○○○ <+○○> 9/7

7○○5 ○○○○○○ <+○> 8/30

○○04 ○○○○ <+○> 8/24

98○○ ○○○ <+○○> 9/5

1○○5 ○○○○ <+○○> 9/15

1○○9 ○○○○ <+○> 9/28

35○○ ○○○○○ <+○> 9/21

○60○ ○○○○○ <+○○> 8/15

8○7○ ○○○○ <+○○> 9/26

8○0○ ○○○○○ <+○○> 9/21

○○62 ○○○○ <+○○> 9/26



NY市場は、8月の耐久財受注の増加率が市場予想を上回ったことを受けダウが続伸したが、発売間もない小型軽量の音楽プレーヤー「iPodナノ」の一部製品に不具合があったと認めたアップルコンピュータが4.4%下落し、ナスダックは続落した。一方、四半期の増産と2006年度の収入予想上方修正を発表した給与計算サービスのベイチェックスが9.3%上昇し、S&P500種指数の上昇を主導した。ジョンソン・イリントン・アドバイザーズで運用を担当するヒュー・ジョンソン氏は「8月耐久消費財受注が予想を上回ったのは良いニュースだが、これは8月の数字であり、それほど影響はないのではないか。原油価格がこの水準では、耐久財受注が良くても景気見直しは不透明だ」と指摘した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り5670万株、買い8500万株、差し引き2830万株の買い越しとなった。寄り付きは続伸。日経平均は取引時間中としては、2001年6月8日以来の1万3500円台回復となった。根強い景気拡大期待により、鉄鋼、銀行などの景気敏感株や内需関連株を中心とした買いが先行。新日鉄、住金の大手鉄鋼株は買い気配で値付かずとなった。前場東証1部騰落数では、値上がり数592、値下がり数949、変わらず112、となり、日経平均は前場引け13,472円67銭+36円76銭高となった。後場からは、ジリジリと値上りし、日経平均は新高値をつけた。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数925、値下がり銘柄数637、変わらず95、となった。日経平均は大引け13,617円24銭+181円33銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 15:04|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月26日

6775東和メックス 170円 10円高!

9月26日の仕手株マガジン銘柄は、左記から6775東和メックス 170円 10円高! 5482愛知製鋼 783円 35円高! 年初来高値をつけた! 5707東邦亜鉛 445円 2円高 こちらも新高値をつけている。そして、先日から特殊なルートより入手した情報とお伝えしていた○○は2連続ストップ高!! 以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

○49○ ○○○○ <+○○> 8/1

○8○3 ○○○○ <+○> 9/14

1○○3 ○○○○ <+○> 8/17

○○29 ○○○ <+○> 8/26

4○○7 ○○○○ <+○> 9/16

○6○5 ○○○○ <+○> 9/21

○30○ ○○○○○○ <+○> 9/2

○4○0 ○○○○ <+○○> 8/30

6○○2 ○○○○○○ <+○○> 8/23

○4○2 ○○○○○ <+○○> 9/6

○3○2 ○○○○○ <+○> 8/12

65○○ ○○○○ <+○○> 9/16

6○○1 ○○○○○ <+○○> 9/15

7○○5 ○○○○○○ <+○○> 8/30

○97○ ○○○○ <+○○> 8/31

5○○5 ○○○ <+○○> 9/22

○3○1 ○○○○○ <+○> 8/29

7○8○ ○○○○○○○○○ <+○○> 9/21

80○○ ○○○○ <+○> 8/22

○○04 ○○○○○ <+○○> 9/21

○○94 ○○○ <+○○○○○> 9/2

9○○7 ○○○○ <+○○> 9/8

○7○1 ○○○○ <+○○> 9/2



NY市場は、ナスダック総合指数とS&P500種指数が続伸。米南部上陸前に、ハリケーン「リタ」の勢力がやや弱まったことが支援材料となった。一方、第3・四半期業績が予想を上回るとの見通し示した生産大手アルコアが下落し、ダウ工業株30種を圧迫した。一方NY原油先物価格WTIは「リタ」がテキサス州ヒューストン付近の製油所に直撃するとの懸念が軽減されたことを背景に、原油は1バーレル=64.19ドル-2.31ドル安となった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り5550万株、買い5100万株、差し引き450万株と、6営業日ぶりの売り越しとなった。寄り付きは買い先行で日経平均は9月21日に付けたザラバベースの年初来高値1万3235円42銭を更新し、2001年以来の高水準となっている。9月期末の権利取り最終売買日とあって、大型株を中心に配当の権利取りの動きが活発化している。前場東証1部騰落数では、値上がり数1329、値下がり数236、変わらず90、となり、日経平均は前場引け13,325円32銭+165円96銭高となった。後場からは、ジリジリと値上りし、日経平均は終値ベースの年初来高値を更新した。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1388、値下がり銘柄数212、変わらず59、となった。日経平均は大引け13,392円63銭+233円27銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 02:15|この記事のURLTrackBack(2)

2005年09月22日

5482愛知製鋼 748円 28円高! 5707東邦亜鉛 443円 9円高! 9764技研興業 235円 3円高!5

9月22日の仕手株マガジン銘柄は、左記から5482愛知製鋼 748円 28円高! 5707東邦亜鉛 443円 9円高! 9764技研興業 235円 3円高! 先日、特殊なルートからの情報とお伝えした○○は、本日、ストップ高!! 会員の皆様、おめでとうございます。以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

1○○3 ○○○○ <+○> 8/17

○3○2 ○○○○○ <+○> 8/12

○85○ ○○○ <+○> 9/9

8○0○ ○○○○○○○ <+○○> 9/20

○○32 ○○○○○○ <+○> 9/13

1○○5 ○○○○ <+○> 9/15

○36○ ○○ <+○○> 9/9

3○○4 ○○○○ <+○○> 8/30

○0○7 ○○○ <+○○> 9/15

5○○8 ○○○○ <+○○○> 9/1

6○○1 ○○○○○ <+○○> 8/29

75○○ ○○○○○○○○○ <+○○> 9/21

○○17 ○○○○○○○ <+○○○○○> 9/2

○○94 ○○○ <+○○○○○> 9/2

91○○ ○○○○ <+○> 9/8



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、3営業日続落。ハリケーン「リタ」の接近で原油先物価格が上昇し、エネルギーコスト高が企業収益に影響を与えかねないとの懸念が再燃した。ハリケーン「カトリーナ」の被害や燃料コスト高を理由に業績予想を下方修正した化粧品大手のエイボン・プロダクツが12%安。また、原油高への懸念で、ゼネラル・エレクトリック(GE)など、エネルギーコスト高の影響を受けやすい銘柄が売られた。一方「リタ」が「カテゴリー4」の勢力に発達した上、テキサス州に接近し石油精製施設などへの深刻な被害が予想されることから、オールステートをはじめとする損保銘柄も下落した。NY原油先物価格WTIは、1バーレル=66.80ドル+0.60ドル高で取引を終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り5360万株、買い6290万株、差し引き930万株の買い越しとなった。寄り付きは、反落。米国株安を受けて売り優勢に。主力株が総じて冴えない状況となった。前場東証1部騰落数では、値上がり数645、値下がり数885、変わらず125、となり、日経平均は前場引け13,128円92銭-67円65銭安となった。後場からは、ジリジリと買戻しが入り、住友金属工業、新日鉄、神戸製鋼などの大手鉄鋼株、日産自動車他、銀行株も買い物となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数722、値下がり銘柄数823、変わらず113、となった。日経平均は大引け13,159円36銭-37円21銭で引けた。

sitekabu_magazine at 16:37|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月14日

4308Jストリーム 411000円16000円高!4

9月14日の仕手株マガジン銘柄は、左記から 4308Jストリーム 411000円16000円高! 7954ジャレコ 369円5円高! 市場は非常に底堅い動きを見せています。油断は禁物ですが、しばらくは強い相場が続きそうです。以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日



1○○6 ○○○○○ 8/19

○8○3 ○○○○○ 9/12

58○○ ○○○○ 9/7

6○0○ ○○○○ 8/18

○○42 ○○○○○ 8/18

○77○ ○○○○○○ 8/25

64○○ ○○○○○ 9/6

7○5○ ○○○○○ 8/23

○○32 ○○○○○○ 9/13

9○○7 ○○○○ 9/8

○8○5 ○○○ 9/5

○89○ ○○○○ 8/17

2○3○ ○○○○○○ 9/12

○○62 ○○ 9/9

○72○ ○○○○○○ 8/19

○7○4 ○○○○○ 9/7

7○○1 ○○○○○○○○ 8/26

77○○ ○○○○○○○ 9/2

○○95 ○○○○○○ 8/30

8○9○ ○○○ 9/2

○70○ ○○○○○○○ 9/9



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、反落。原油高やハリケーン「カトリーナ」の復旧負担によって、企業収益や個人消費が落ち込むのではないかとの懸念が広がり、ヘルスケア大手プロクター&ギャンブラー(P&G)や家電小売大手ベスト・バイが売られた。ダウは先日24日以来、S&Pは15日以来の下落率となった。また、消費者信頼感指数は4週間の移動平均を算出するが、同指数を構成する三項目の全てが悪化、米経済に対して明るい見通しを示した回答者の割合は40%から32%に低下した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4470万株、買い4010万株、差し引き460万株の売り越しとなった。寄り付きは、反落。1万2800円半ばで始まった。前日の米株安を受け利益確定売りが先行。銀行株、鉄鋼株、ハイテク株などが幅広く売られている一方、電力株などディフェンシブ株の一角が小じっかりとなっている。 前場東証1部騰落数では、値上がり数626、値下がり数865、変わらず165、となり、日経平均は前場引け12,847円01銭-54円94銭安となった。後場からは、前場同様日経平均は前日比マイナスで推移し、売り一巡後買い戻される場面もあったが、買いが続かず様子見の展開となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数683、値下がり銘柄数834、変わらず140、となった。日経平均は大引け12,834円25銭-67円70銭安で引けた。

sitekabu_magazine at 23:51|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月13日

7954ジャレコ 364円27円高!5

9月13日の仕手株マガジン銘柄は、引き続き全体的に高い! 左記から7954ジャレコ 364円27円高! 4744メッツ 70700円5000円ストップ高!! 3411オートリ 312円19円高! 2326デジタルアーツ 458000円27000円高! 会員用銘柄では○○○○○○が全市場値上がり率○位!! ○○○○○○がストップ高!! 以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

○○08 ○○○ 8/9

○1○6 ○○○○ 8/5

○89○ ○○○○○ 9/12

3○2○ ○○○ 8/26

59○○ ○○○○○ 9/1

○9○2 ○○○○ 8/3

6○○0 ○○○○○ 8/26

7○5○ ○○○○○ 8/23

○70○ ○○○○ 8/25

○○93 ○○○○ 8/17

19○○ ○○○○ 8/31

2○○4 ○○○ 9/12

○1○1 ○○○○○○ 8/31

○72○ ○○○○○○ 8/19

63○○ ○○○ 9/9

7○○1 ○○○○○○○○ 8/26

○○17 ○○○○○○○ 9/24

8○0○ ○○ 9/1

○○94 ○○○ 9/2



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、小幅続伸。ハイテク株中心に上昇。オラクルやイーベイの大型買収発表で同セクター内の企業買収への関心の強さが示されたことが好感された。オラクルによる買収計画が発表されたシーベル・システムズは12.7%高。また、原油価格が下落し、製造段階で燃料を大量に使用する3Mなど工業銘柄が買われる一方、エクソン・モービルなど石油株は売られた。NY原油先物価格は-0.74ドル安の1バーレル=63.34ドルとなった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4110万株、買い5120万株、差し引き1010万株の買い越しとなった。寄り付きは、反落。1万2800円台でジリ安となった。先週末からの早い上昇で短期的には過熱感が出て、銀行株の一部や鉄鋼株などが利食い売りに押された。しかしトヨタ自動車などの自動車株がしっかりしているなど買いも強く、下値には限度が見られた。 前場東証1部騰落数では、値上がり数954、値下がり数526、変わらず177、となり、日経平均は前場引け12,930円37銭+33円94銭高となった。後場からは、日経平均は一進一退を繰り返し、小幅高で引けた。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数932、値下がり銘柄数563、変わらず163、となった。日経平均は大引け12,901円95銭+5円52銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 20:07|この記事のURLTrackBack(1)

2005年09月12日

3716アーティストハウス 427000円5

9月12日の仕手株マガジン銘柄は、全体的に高い! 左記から3716アーティストハウス 427000円9000円の小幅高! 会員銘柄からは、4776サイボウズ 239000円34000円高!! 8月12日に会員ページ掲載後、実に100000円の上昇!! おめでとうございます。本日、ここに公開いたします。以下の会員銘柄も好調!



14○○ ○○○○ 8/1

○○22 ○○○○ 8/29

4○○6 ○○○○ 9/8

○72○ ○○○○○○ 8/19

6○1○ ○○○○○ 8/2

6○○7 ○○○○ 8/18

○3○2 ○○○○○ 8/18

○77○ ○○○○○○ 8/25

91○○ ○○○○ 9/8

9○○2 ○○○○ 8/19

○70○ ○○○○ 8/25

9○7○ ○○○ 9/5



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、反発。原油価格の下落や連邦準備理事会(FBR)の利上げ打ち止め期待が支援した。市場ではFRBが「カトリーナ」の景気への影響を考慮して年内に少なくとも一度は金利を据え置くとの味方が大勢となっている。NY原油先物相場は反発し、WTIで期近10月物が前日比0.41ドル安の1バーレル=64.08ドルで取引を終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2030万株、買い4980万株、差し引き2950万株の買い越しとなった。寄り付きは、続伸。総選挙で小泉自民党が予想を上回る大勝となったことを受けて、日経平均は寄付きでザラバベースの年初来高値を更新した。寄り前に発表された4-6月期実質国内総生産(GDP)の2次速報が前日比プラス0.8%と、1次速報の0.3%から上方修正されたことも支援材料となった。銀行株を中心に、内需株、ハイテク株など、幅広く買いが先行となった。 前場東証1部騰落数では、値上がり数1111、値下がり数389、変わらず157、となり、日経平均は前場引け12,826円60銭+134円56銭高となった。後場からは、日経平均は高値圏を推移し、一進一退を繰り返す動きで、高値圏で継続的な買いが乏しい状況に入った。前場同様、鉄鋼、重電、銀行株などが買われた。大引けに掛けて一段高となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1161、値下がり銘柄数373、変わらず125、となった。日経平均は大引け12,896円43銭+204円39銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 21:06|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月09日

8103明和産業 648円 19円高と続伸! もちろん年初来高値更新!! 4

9月9日の仕手株マガジン銘柄は、左記からおなじみの 8103明和産業 648円 19円高と続伸! もちろん年初来高値更新!! 以下の会員銘柄も好調!



○○16 ○○○○ 8/5

2○○2 ○○○○ 8/29

3○0○ ○○○○ 9/8

○7○1 ○○○○○○ 8/19

○96○ ○○○ 9/7

93○○ ○○○○ 8/19



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、反落。石油精製施設のハリケーン被災で燃料価格が高騰していることに加え、清涼飲料のボトラー、コカ・コーラ、エンタープライジズと高級住宅建設のホブナニアン・エンタープライジズが発表した業績予想が市場予想を下回ったことから、下期の企業業績を巡る懸念が急速に広がった。NY原油先物価格WTIが小幅ながら反発した上、ハリケーン「カトリーナ」被害による米経済の先行き不透明感も買い手控え要因となった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3260万株、買い2700万株、差し引き560万株、と11日ぶりの売り越しとなった。寄り付きは、反発。日経平均は1万2600円付近での推移となっている。国内景気回復への期待感から押し目買い機運は根強く、資源関連や自動車など幅広く買いが先行した。業種別では、石油、ゴム、鉱業、自動車が高く、空運、鉄鋼、証券が冴えない。 前場東証1部騰落数では、値上がり数1036、値下がり数484、変わらず139、となり、日経平均は前場引け12,610円86銭+76円95銭高となった。後場からは、日経平均は明後日の自民党圧勝を見越して一段高となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1267、値下がり銘柄数288、変わらず104、となった。日経平均は大引け12,692円04銭+158円15銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 21:02|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月08日

2回転銘柄 6364北越工業 320円11円高5

9月7日の仕手株マガジン銘柄は、左記から2回転銘柄 6364北越工業 320円11円高 と反発! 先日、一般公開した 2738バルス 310000円23000円高 と続伸! 7月29日ご紹介以来、約100000円の上昇! 会員用銘柄では、8月16日ご紹介の○○○○が全市場値上がり率○位! 8月25日ご紹介の○○○が全市場値上がり率○位! 9月2日ご紹介の○○○○○○○が全市場値上がり率○位! おめでとうございます。他の会員銘柄でも高パフォーマンス銘柄がでています。以下の会員銘柄も好調!



○1○6 ○○○○ 8/5

○○25 ○○○○ 8/31

5○5○ ○○○○ 8/3

61○○ ○○○○○ 8/2

○3○7 ○○○○ 8/18

7○5○ ○○○○○ 8/23

7○○6 ○○○○ 9/6

○70○ ○○○○ 9/2



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。


sitekabu_magazine at 22:50|この記事のURLTrackBack(1)

2005年09月05日

8103明和産業 641円11円高! 実に8連騰!!

9月5日の仕手株マガジン銘柄は、左記銘柄から、お馴染み連日の年初来高値更新 高回転銘柄、8103明和産業 641円11円高! 実に8連騰!! 4308Jストリームは427000円4000円高と反発! 皆様、くれぐれも損小利大を心がけて利を取ってください。会員銘柄でもストップ高銘柄・高パフォーマンス銘柄がでています。以下の会員銘柄も好調!



○4○○ ○○○○ 8/11

○○7○ ○○○○○○ 8/26

○○○6 ○○○○ 8/5

4○○○ ○○○○○ 8/12

○2○○ ○○○○○○ 8/8

○○4○ ○○○○○ 8/18

○○○0 ○○○○○ 8/23

7○○○ ○○○○○○ 8/30

○3○○ ○○○○ 8/19

○○0○ ○○○○ 8/25



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。

sitekabu_magazine at 09:29|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月01日

8103明和産業 619円16円高!!

9月1日の仕手株マガジン銘柄は、左記銘柄から、連日年初来高値更新中の8103明和産業 619円16円高!! 4308Jストリーム 436000円35000円高! 会員銘柄では7月20日ご紹介の○○○絡みの3○○○が好調!! まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。

このブログに一票!!

⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら

⇒本家 仕手株マガジン

NY市場は、反発。ガソリン価格が高騰しているほか、生産設備がハリケーン「カトリーナ」の被害を受け、原油相場が当面市場最高値近辺にとどまると予想されていることから、エネルギー関連銘柄が買われた。またハリケーンの被害を受けたメキシコ湾岸地域の復興需要への期待感から、建設機械、建設、住宅改装関連などが物色され、建機大手キャタピラーが1.71%、ホームセンター大手ホームデポが1.4%上昇した。また、米景気指標悪化に伴い、早期利上げに打ち止め感が台頭した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2850万株、買い3750万株、差し引き900万株の買い越しとなった。寄り付きは、反発。日経平均は1万2500円台回復となった。米国株高を好感して幅広く買いが先行。新日鉄、住金など大手鉄鋼株が軒並み年初来高値を更新して始まったほか、三菱東京FG、みずほFGなど銀行株も高かった。アドバンテストなど値嵩株を中心に幅広く買いが先行となった。 前場東証1部騰落数では、値上がり数1263、値下がり数265、となり、日経平均は前場引け12,546円01銭+132円41銭高となった。後場からは、日経平均は伸び悩み、1万2500円台前半で推移。新日鉄、住金の2銘柄で出来高が3億株を越すなど、鉄鋼株の活況が続いた。市場では現物の物色意欲は根強いが、先物の売りが上値を抑える格好となった。テクニカル的には日柄調整に入ってもおかしくないところだ。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1049、値下がり銘柄数451、変わらず155、となった。日経平均は大引け12,506円97銭+93円37銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 15:39|この記事のURLTrackBack(0)