高安マチマチ

2005年10月07日

6775東和メックス 176円 16円高! 5482愛知製鋼 796円 6円高!

10月7日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチ。左記から6775東和メックス 176円 16円高! 5482愛知製鋼 796円 6円高! ここからはさらに保有銘柄を絞り込み、より優位性のある情報銘柄などを中心にポートフェリオを構成しましょう。以下の会員銘柄も好調!



○○76 ○○○○ (+○)8/31

3○○1 ○○○○ (+○○)10/6

○47○ ○○○○○ (+○)10/6

72○○ ○○○○ (+○○)9/6

○0○0 ○○ (+○)9/21

○○14 ○○○○ (+○)9/22

8○0○ ○○○○○ (+○)9/21

○3○4 ○○○○ (+○○)8/24

1○○5 ○○○○ (+○○)9/15

○00○ ○○ (+○○)10/5

64○○ ○○○○○○ (+○)9/27

○○17 ○○○○○○○ (+○○○○○)9/2

9○○7 ○○○○ (+○)9/8

9○3○ ○○○○○○ (+○○)10/5

○7○7 ○○○○○○○ (+○○)9/9



NY市場は、続落。フィッシャー米ダラス地区連銀総裁による今週2度目のインフレ発言に言及した発言で、金利先高感が高まった。原油相場は約2ヶ月ぶりに安値に下落した。エクソンモービルやシェブロンなどの石油関連株の下げが目立った。金利上昇で最も痛手を受けるのは成長株との見方から、ナスダック市場でデル、インテルなどのソフトウェア・半導体関連株が売られた。NY原油先物価格WTIは前日比1.43ドル安の1バーレル=61.36ドルで取引を終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4160万株、買い4660万株、差し引き500万株の買い越しとなった。寄り付きは続落。米国株高の続落を嫌気し、売り優勢で始まったものの、下値では国内景気回復を見込んだ押し目買い意欲は引き続き旺盛との声も多く、下げ渋る展開となった。業種別では、鉄鋼、その他金融、銀行、不動産が高く、鉱業、食品、石油がさえない。前場東証1部騰落数では、値上がり数698、値下がり数817、変わらず147、となり、日経平均は前場引け13,275円00銭-84円51銭となった。後場からは、明日からの3連休を控え、とりあえず利益確定をしておこうという動きで、午後2時過ぎより日経平均は大きく値下がりとなった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数734、値下がり銘柄数816、変わらず117、となった。日経平均は大引け13,227円74銭-131円77銭安で引けた。

sitekabu_magazine at 14:58|この記事のURLTrackBack(2)

2005年10月03日

9043阪神電鉄は967円100円ストップ高!

10月3日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチ。市場は高値警戒から弱含みの展開となりそうです。新興市場は1部市場の休憩で息を吹き返しています。9043阪神電鉄は967円100円ストップ高!! 以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日



○○76 ○○○○ (+○)8/31

3○○5 ○○○○ (+○○)8/31

35○○ ○○○ (+○)8/26

○46○ ○○○○○○ (+○)9/27

8○1○ ○○○○ (+○)9/22

○○04 ○○○○ (+○○)8/24

○7○2 ○○○○○ (+○○)9/28

3○○1 ○○○○○○ (+○○)8/31

○60○ ○○○○○ (+○○)8/15

59○○ ○○○ (+○○)9/22

○○62 ○○○ (+○)9/7

7○5○ ○○○○ (+○○)9/6

7○○7 ○○○○○○○ (+○○○○○)9/2

84○○ ○○○○○ (+○)9/21

○○27 ○○○○ (+○)9/8

9○○5 ○○○ (+○○)9/5



NY市場は、小幅ながら5日連続続伸。相場は四半期ベースで今年に入り最も高い伸びで取引を終えた原油先物の反落を好感し、燃料を大量に消費するキャタピラーやデュポンといった銘柄に買いが入った。四半期ベースの値上り率は、NYダウ2.9%、ナスダック4.6%、S&P500が3.2%。また、朝方発表された8月の個人消費支出(PCE)は前月比0.5%減の2001年11月以来の低水準となり、個人消費も0.1%減といずれも市場予想を下回った。また、NY原油先物価格WTIは、前日比0.55ドル安の1バーレル=66.24ドルで終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り6920万株、買い5690万株、差し引き1230万株の売り越しとなった。寄り付きは続落。9月日銀短観の発表を受け、全般に軟調となり、日経平均は1万3500円台前半での動きとなった。円安を手掛かりにトヨタ自動車など自動車株がしっかりの反面、住金など大手鉄鋼株が売り優勢となった。前場東証1部騰落数では、値上がり数458、値下がり数1117、変わらず79、となり、日経平均は前場引け13,530円56銭-43円74銭安となった。後場からは、上げ下げを繰り返しながら様子見の展開となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数638、値下がり銘柄数917、変わらず108、となった。日経平均は大引け13,525円28銭-49円02銭安で引けた。

sitekabu_magazine at 15:01|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月30日

新興市場は今日前場で目先底を入れた感

9月30日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチ。日経平均は本日で目先天井でしょう。先日も申し上げましたが、テクニカル面では注意が必要な水準です。但し、目先調整という意味合いです。新興市場は今日前場で目先底を入れた感があります。短期高銘柄も徐々に増えてくることでしょう。以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

○3○2 ○○○○○○ (+○○)9/2

8○○4 ○○○○ (+○)9/22

○30○ ○○○○ (+○○)8/24

31○○ ○○○○○○ (+○)8/31

4○○7 ○○○ (+○○)9/15

○6○5 ○○○○○ (+○○)8/15

6○6○ ○○○ (+○○)9/7

○71○ ○○○○○○○ (+○○○○○)9/2

8○○2 ○○○○ (+○)9/26194円

○○94 ○○○ (+○○○○○)9/2

96○○ ○○○○○ (+○○)9/29

○○15 ○○○ (+○○)9/5



NY市場は、上昇。年末に設備投資が急増するとの見方からハイテク株が買われたほか、ガソリン価格が下がり、燃料コスト高によって消費者の購買力が落ちるのではないかとの懸念が後退した。四半期決算が市場予想よりも良い内容になると予想するCSFBのアナリストリポートをきっかけに、オンライン競売大手イーベイが6%上昇し、ナスダック急伸の一員となった。また、米議会予算局(CBO)は29日メキシコ湾を立て続けに直撃した大型ハリケーン「カトリーナ」「リタ」の米経済への影響について、当初の予想ほど甚大にならないとの見通しを示した。また、NY原油先物価格WTIは1バーレル=66.79ドルで前日比+0.44ドル高で取引を終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り5840万株、買い7730万株、差し引き1890万株の買い越しとなった。寄り付きは堅調。前日の米国株高を好感し、ハイテク株を中心に買いが先行している。しかし、全般に高値警戒感が強く、寄り後は伸び悩んだ。新日鉄などの大手鉄鋼株は軒並み売り気配となった。前場東証1部騰落数では、値上がり数468、値下がり数1103、変わらず85、となり、日経平均は前場引け13,619円24銭+2円00銭高となった。後場からは、ジリジリと値下がりし、上げ下げを繰り返しながら利益確定売りに押される場面が多くなった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数461、値下がり銘柄数1111、変わらず87、となった。日経平均は大引け13,574円30銭-42円94銭で引けた。

sitekabu_magazine at 15:02|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月21日

外資系証券動向

9月21日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチの展開。外資系証券動向もさることながら、市場は着実に足元を確認しながらしばらくは強い動きを見せる様相。会員用銘柄の中で、少し高いところではあるが○○は特殊なルートからの情報で今後が楽しみな一本です。以下の会員銘柄も好調!



銘柄 配信日

○○68 ○○○○ <+2>8/24

○52○ ○○○ <+4>8/26

4○○7 ○○○○ <+4>9/16

8○0○ ○○○○○○○ <+6>9/20

○○32 ○○○○○○ <+7>9/13

○9○6 ○○○○ <+59>8/31

3○○1 ○○○○○ <+1>8/15

○○17 ○○○○○○○ <+22000>9/2

○12○ ○○○○ <+15>9/8

○3○1 ○○○○ <+3>8/18



まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。




NY市場は、続落。米国連邦準備理事会(FRB)が2001年以来の高水準まで政策金利引き上げた(0.25%引き上げ、3.75%)うえ、近い将来の利上げ休止を示唆する発言もなかったことが嫌気された。利上げ発表後にはセンテックスやDRホートンなどの住宅建設会社をはじめとする金利敏感株が売られた。また、NY原油先物価格WTIは、1バーレル=66.23ドル+1.16ドル高で取引を終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4190万株、買い7770万株、差し引き3580万株の大幅買い越しとなった。寄り付きは、上値追いとなり、日経平均は連日のザラバベースで年初来高値更新となった。米国市場の下落が気にされたが、外国人投資家の強い買い姿勢が安心感を与えた。内需、ハイテクを問わず幅広く物色された。その後日経平均は下げに転じたが、売り一巡後は買戻しが入った。前場東証1部騰落数では、値上がり数753、値下がり数750、変わらず153、となり、日経平均は前場引け13,211円銭+62円69銭高となった。後場からは、利益確定売りをこなしながら、日経平均は堅調な展開で推移した。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数693、値下がり銘柄数867、変わらず100、となった。日経平均は大引け13,196円57銭+48円00銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 16:39|この記事のURLTrackBack(0)

2005年08月29日

4308Jストリームが421000円10000円高!

8月29日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチであるが若干安い展開。左記銘柄からは、4308Jストリームが421000円10000円高! もちろん年初来高値更新!! 8103明和産業も好調!! 579円2円高! こちらも年初来高値更新! 会員銘柄では先日も「アイビーダイワを広めたルート」から仕入れた銘柄と謳っている銘柄が、3連騰かつ年初来高値更新!! おめでとうございます! 他にも6月27日に会員ページ掲載の3306日本製麻が160円19円高とこちらも年初来高値更新! この地合いの中、このパフォーマンスはうれしい限りである。もちろん、投資であるから目先の上げ下げに右往左往してはいけない。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、反落。ミシガン大学が発表した8月の米消費者信頼感指数(確認値)が事前予想を超える悪化となったことを受け、個人消費に対する懸念が台頭、小売株に売りが出た。また米連邦準備理事会(FRB)のグリーンスパン議長がこの日講演を行い、住宅や株式など資産価値の上昇に対するFRBの注目度が高まっていると発言したことをきっかけに、住宅建設株や金利敏感株も値下がりした。一方、原油価格が1ドル以上下落したことを受けて、相場は引けに掛けて下げ渋る展開となった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2670万株、買い2840万株、差し引き170万株の買い越しとなった。寄り付きは、反落。前週末の米国株安に加え、米原油先物価格が1バーレル=70ドルの市場最高値をつけたことも懸念材料となった。 前場東証1部騰落数では、値上がり数341、値下がり数1167、となり、日経平均は前場引け12,319円52銭-119円96銭安となった。後場からは、ジリジリと値下がりし一段安の様相となり、一時日経平均は1万2300円を割り込んだ。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数260、値下がり銘柄数1301、変わらず83、となった。日経平均は大引け12,309円83銭-129円65銭安で引けた。

sitekabu_magazine at 01:02|この記事のURLTrackBack(0)

2005年08月22日

3411オートリ 321円46円高!

8月22日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチだが全体的に高い展開。左記銘柄からは 3411オートリ 321円46円高! 4838スペースシャワーネットワーク 1080000円140000円高!! 8103明和産業 504円30円高!! 2338ザイオン、7954ジャレコ、6364北越工業も好調! そして、会員銘柄では6月2日、8月17日にご紹介の○○○8が大きく商いを伴って大幅上昇!! おめでとうございます!! 本日はこの後まだ予定が詰まっている為、これにて失礼いたします。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。

このブログに一票!!

⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら

⇒本家 仕手株マガジン

NY市場は、ほぼ変わらず。衣料大手メルクの鎮痛剤「バイオックス」をめぐる民事訴訟で陪審がメルクの過失を認めたことを受け、メルクは7.7%下落。コンピュータ大手IBMや建設機械大手キャタピラーの上昇分を相殺した。NY原油先物価格WTIは、南米エクアドル北東部の油田地帯で周辺住民による抗議活動が激化したことで、同国政府は18日、非常事態宣言を発表し、原油輸出を停止。これにより需給ひっ迫感が一段と強まり、1バーレル=65.35ドルと+2.08ドル高で引けた。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2060万株、買い4800万株、差し引き2740万株の20日間連続の買い越しとなった。寄り付きは、日経平均は小高く始まり、銀行株、鉄鋼株に外国人の買いが入り、堅調に推移となった。 前場東証1部騰落数では、値上がり数1053、値下がり数425、変わらず166、となり、日経平均は前場引け12,390円66銭+98円93銭高となった。後場からは、ジリジリと値上がりし、日経平均は160円高となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1269、値下がり銘柄数261、変わらず116、となった。日経平均は大引け12,452円51銭+160円78銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 17:46|この記事のURLTrackBack(0)

2005年08月19日

8103明和産業 474円26円高! 年初来高値・引け新値共に更新!!

8月19日の仕手株マガジン銘柄は、引き続き高安マチマチの展開だが若干高い。左記銘柄からは 8103明和産業 474円26円高! 年初来高値・引け新値共に更新!! 4308Jストリーム 379000円28000円高! 2338ザイオン 259000円19000円高! 2326デジタルアーツ 450000円8000円高! そして、会員銘柄からは、6月8日ご紹介以来、ゆっくりと、しかし、着実に下値を切り上げ推移してきた6130日平トヤマ! 本日、ようやく大商いを伴っての急騰!! 430円80円ストップ高!! もちろん、年初来高値・引け新値更新!! おめでとうございます。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



NY市場は、NYダウは小高く、SP・NQ他は反落。衣料大手のリミテッドブランズの業績発表で消費支出の低迷が示されたことから、石油価格上昇の影響が懸念された。株式追加発行を発表したグーグルも軟化。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3060万株、買い4360万株、差し引き1300万株の買い越しとなった。買い越しは19日連続。寄り付きは反落。銀行株やハイテク株をはじめとする幅広い銘柄に利益確定売りが先行し、日経平均は1万2200円台に下落した。その後も軟調な動きが続いたが、大手銀行株が上昇に転じたことによって、日経平均は下げ渋った。 前場東証1部騰落数では、値上がり数541、値下がり数946、変わらず156、となり、日経平均は前場引け12,266円86銭-40円51銭安となった。後場からは、ジリジリと値下がりし、週末特有の動きで、明日からの連休を前にひとまず利益確定しておこうという動きとなった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数520、値下がり銘柄数982、変わらず143、となった。日経平均は大引け12,291円73銭-15円64銭安で引けた。

sitekabu_magazine at 15:12|この記事のURLTrackBack(0)

2005年08月18日

7954ジャレコ368円 50円高!! 年初来高値・引け新値共に更新!!

8月18日の仕手株マガジン銘柄は、引き続き高安マチマチの展開だが若干高い。左記銘柄からは 7954ジャレコ368円 50円高!! 年初来高値・引け新値共に更新!! 3716アーティストハウスも377000円 29000円高と反発!! 8103明和産業も448円 26円高! 年初来高値をつけた!! そして、先日、後場から大幅上昇したとお伝えしたJQのあの銘柄は本日続伸! また、会員の皆様は「アイビーダイワを広めたルート」から仕入れた銘柄と謳っている銘柄も着実に下値を確認しながら上昇しているのをご確認いただいているでしょうか。さらに、7月20日に会員ページにてご紹介の、あの仕手銘柄は大商いの末、上昇!!! まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。

このブログに一票!!

⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら

⇒本家 仕手株マガジン


NY市場は、反発。コンピュータ大手のヒューレット・パッカードが予想を上回る決算を発表したことや、原油価格が大幅に値下がりしたことが好感された。この日発表された7月の卸売物価指数(PPI)が前日比1.0%増と市場予想を上回った為、インフレ懸念が台頭し、上値を抑えた。原油先物価格(WTI)は期近9月物が前日比2.8ドル安の1バーレル=63.25ドルで取引を終了した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2970万株、買い5100万株、差し引き2130万株の買い越しとなった。買い越しは18日連続。寄り付きは反発。日経平均は1万2300円台を回復して始まった。米国株が反発したことで買い安心感が広がった。その後、外国人投資家を中心に買いが先行、銀行株、ハイテク株、鉄鋼株など幅広い買い物となった。石油関連株は原油価格の値下がりで安くなった。 前場東証1部騰落数では、値上がり数934、値下がり数527、変わらず180、となり、日経平均は前場引け12,335円02銭+61円90銭高となった。後場からは、日経平均は小高く推移し、全体に幅広く買われる状況が続いた。大引けに掛けて利益確定売りが出て、やや値下がりした。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数742、値下がり銘柄数732、変わらず171、となった。日経平均は大引け12,307円37銭+34円25銭高で引けた。

sitekabu_magazine at 22:51|この記事のURLTrackBack(0)

2005年08月15日

7954ジャレコ!! 商い急増の309円52銭高!! 

8月15日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチではあるが若干高い展開。まず左記銘柄からは、7954ジャレコ!! 商い急増の309円52銭高!! 堂々の年初来高値・引け新値更新!! 左記一貫掲載の3716アーティストハウス! 318000円40000円ストップ高!! 4838スペースシャワーネットワーク 888000円123000円高!年初来高値・引け新値共に更新! 7月13日に会員ページにてご紹介後、実に90%弱の上昇!! おめでとうございます!! 3411オートリは278円21円高! 年初来高値・引け新値共に更新!! さらに7月27日会員ページ掲載の6364北越工業 三日続伸の297円14円高!! こちらも新高値更新!! 会員の皆様、本日も少し会員用銘柄を公開いたしましたが、ご了承ください。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。

このブログに一票!!

⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら

⇒本家 仕手株マガジン

NY市場は、反落。原油価格が5日連続で高値を更新し、企業収益を圧迫するとの懸念が強まった。またパソコン最大手のデルが前日引け後の決算で売上高が市場予想を下回る可能性を示したことから売られた。これを受け他のハイテク株も軟調となった。米原油先物価格WTIは1バーレル=67.10ドルをつけた後、66.86ドルで引けた。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2590万株、買い6050万株、差し引き3460万株と15日間連続の買い越しとなった。寄り付きは小幅続伸で始まり、上げムード一服の中、鉄鋼株が人気となった。前場東証1部騰落数では、値上がり数911、値下がり数572、変わらず161、となり、日経平均は前場引け12288円13銭+26円45銭高となった。後場からは、日経平均は1万2200円台の上値が重く、銀行株中心に下げに転じてきている。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数859、値下がり銘柄数656、変わらず135、となった。日経平均は大引け12256円55銭-5円13銭安で引けた。

sitekabu_magazine at 22:00|この記事のURLTrackBack(0)

2005年08月12日

7954ジャレコ 257円22円高!! 

8月12日の仕手株マガジン銘柄は、高安マチマチの展開。そんな中、まず左記銘柄からは、7954ジャレコ 257円22円高!! 8103明和産業も437円25円高と順調! 3716アーティストハウス 278000円7000円高! こちらも好調! 会員銘柄からは7月29日に会員ページにてご紹介の2○○○が本日ストップ高!! おめでとうございます!! そして、8月4日ご紹介の5940不二サッシ!! 413円62円高!! ご紹介から実に60%強の上昇!! おめでとうございます! 本日ここに公開いたします。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。

このブログに一票!!

⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら

⇒本家 仕手株マガジン

昨日のNY市場は、反発。米原油先物が高値を更新し、1バーレル=66ドルをつけたことを受け、エクソンモービルなどエネルギー株が買われた。またメディア大手、ニューズコーポレーションの予想を上回る決算も好感された。一方、この日引け後に決算発表されたコンピューターメーカー大手のデルは時間外取引で売り優勢となった。また、朝方発表された7月の米小売売上高は前日比1.8%増と市場予想をやや下回った物の、売り材料にはならなかった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3640万株、買い6560万株、差し引き2920万株と14日間連続の買い越しとなった。寄り付き前の8:50に内閣府が発表した、4-6月期実質GDPは前期比+0.3%、年利1.1%となった。寄り付きは小高く始まったが、内閣府発表の4-6月期実質GDP伸び率が事前予想を下回る数字だったので、利益確定売りが先行した。またテクニカル的にも日経平均は高値警戒ゾーンになっており、週末を控え目先利益確定売りに押される形となった。 前場東証1部騰落数では、値上がり数753、値下がり数740、変わらず1156、となり、日経平均は前場引け12,268円17銭+4円85銭高となった。後場からは、ジリジリと値を崩し、為替が円高に振れてきたことも売り圧力になった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数590、値下がり銘柄数932、変わらず128、となった。日経平均は大引け12,261円68銭-1円64銭安で引けた。

sitekabu_magazine at 07:56|この記事のURLTrackBack(0)