サイト売買専科記事

サイト売買会社:サイバイ 

サイト売買会社のサイバイ

サイト売買会社 サイバイ

サイト売買会社の中では比較的若い福岡が本社の会社です。

最近では、サイト売買に関する研究を行う「サイバイラボ」を立ち上げ、市場の不透明さから一歩踏み出せないユーザーに対して、サイト売買を身近に感じてもらうコンテンツをつくり出すことで、不安を払拭してもらうことを目的に活動しているようです。

サイト売買会社サイバイ




サイト売買専科記事

サイト売買会社:M&Aバンク 

サイト売買会社:M&Aバンク

サイトM&Aバンク


パワープランニング株式会社という東京、大阪を活動拠点にしている会社が、今年(2007年)の1月5日に開始したサービス。

もともと、WEB制作会社からスタートしているようで、制作会社として実績を積んだノウハウを生かして、スタートしている様子。

サイト売買に関する、個別相談会や、売買完了後の運営面もWEB制作会社としてのノウハウと体制を生かし全面的にバックアップするなど、さまざまな点で、他のサイト売買会社との差別化を図っている。


最近では、サイト買取専門のサービスも開始し、精力的な動きを見せているサイト売買会社と言えるでしょう。



サイト売買専科記事

サイト売買会社:ウェブマックス 

サイト売買会社:ウェブマックス

サイト売買会社:ウェブマックス

もともとWEB制作、、、おもにネットショップ開発を主に展開し、コンサルティング業務を行っていた東京の株式会社アジルテックが2007年4月11日に始めたサービス。


ウェブマックスの特徴といえば、サイト売買案件の売り出し中のURLを公表している事です。

多くのサイト売買会社は、買いたい方が売りたい方に直接連絡して、交渉、売買が成立してしまう事を避けています。

なぜなら、直接交渉、売買を許してしまうと、サイト売買会社にとってはなんの利益もないからです。

しかしウェブマックスはそれを事実上OKにしている、といえるでしょう。

(しかし、サイト売買時にはその辺のことはおそらく規約として制御していると思われますが。。)

どちらにしてもサイト売買業界における初の試みとなっているので、これからが注目です。




サイト売買専科記事

サイト売買会社:サイトストック 

サイト売買会社:サイトストック

サイト売買 サイトストック

「サイトストック株式会社」として2007年4月に設立されています。
サイト売買業界では後発的ですが、さまざまなメディアに取り上げられて、話題を呼んでいます。

同社取締役 平野健児さんが日経の「BIZ+(プラス)」でM&A コラム&インタビュー
掲載されたり、東京IT新聞、YOMIURI ONLINE等に取り上げられていますね。

このように常にサイト売買に関する情報を発信し続けている企業ですので、これからの認知度ももっと大きくなってくるでしょう。



そして同社が配信しているブログパーツが話題を呼んでいます。

ブログにそのブログパーツのタグを張ると、リアルタイムにそのブログ、サイトの売買価格が表示されるというものです。

これは結構インパクトあり。


その他にもWEBサイト制作やドメイン売買事業なども手がけ展開しています。

サイト売買業界ではこれからもかなり注目される企業でしょう。










サイト売買専科記事

サイト売買会社:WEB COW 

サイト売買会社:WEB COW

WEB COW

株式会社サスケデザインという、もともとはWEBデザイン制作会社を行っていた会社が、2007年02月から開始したサイト売買サービスです。

サイト売買業界では後発組ながらも、SEO的には強く、キャラクターを使ったサイトが印象的で、なにかと目立っているように感じます。

特徴としては、「プレミア会員」になると、

・WEBCOW専任コンサルタント
・最適な交渉プランのご提案
・WEBCOWコンサルタントによる交渉の代行

がプランの中についてくることです。

高額な案件を対象に、完全非公開として、WEBCOWのコンサルタントが、 上場企業様を始めとする購入希望者と売却希望者をマッチングする事が目的のサイト売買・M&Aプラン、とのことです。

プレミアプランの料金は、「購入する人」が対象になりますが、サイトの売買価格によって手数料が変動する仕組みです。

・5000万円以下 /5%
・5000万円超〜1億円以下/ 4%
・1億円超〜5億円以下 / 3%
・5億円超〜10億円以下 / 2%
・10億円超 / 1%

サイト売買もこれから、どんどん高額化してくることが予想されるなかで、良いプラン(サイト売買会社にとって?)といえるでしょう。




サイト売買専科記事

起業のためのサイト売買が注目されている 

今、起業するためのサイト売買が注目を集めています。


どういうことかというと、起業するためには、まず「業」、すなわち、その事業、業務、やることそのものが必要になります。

当たり前です。


その事業そのものを買って、起業する、というものです。

特にネット業界では、サイト運営そのものが事業そのものというケースが多いので、そのサイトを買えば、即、そのサイト事業の社長、というわけです。

サイト売買して起業するケースが年々増えているみたいですが、その一旦を担っているのが、起業を応援するサイト「ドリームゲート」で連載を行っているサイトM&A(株バトラーズ)の代表取締役竹内敬人氏の影響力もあると思われます。

この方はサイト売買に関するメディアへの露出も多いですし、さまざまな方と精力的にコラボレーションをしているようですので、サイト売買業界のリーディングパーソン、といえるでしょう。

今後のサイト売買業界は、本当に要チェックですね。

サイト売買専科記事

サイト売買会社:Site M&A 

サイト売買会社:Site M&A

サイトM&A

株式会社バトラァーズが06年から始めた事業、「Site M&A」。

その名の通り、サイトM&A(サイト売買)の仲介を行う事業としてスタートし、今ではこの業界のリーディングカンパニー的な位置づけです。

特に同社の代表取締役:竹内 敬人 氏は、デジタルハリウッド大学院のWEBサイトM&Aコンサルティング講座の教員もつとめ、さらに各種メディアへの露出、執筆などサイト売買業界を精力的に活発化させている。

同サービスでの特徴は、2つのプランにあります。

■仲介プラン
・同社のコンサルタントが売却に向けて提案資料作成から、買い企業集めまでをサポートしてくれるプラン。

■仲介不要プラン
・上記のようなサポートがなくてもサイト売買ができる、わりと玄人向けのプラン。

やはりサポートしてもらえる「仲介プラン」がないと、活発化してきてるとはいえ、ユーザーのほとんどが素人の業界であるサイト売買業界なので、取引できないでしょう。

そして、買収したサイトの運営の代行やリノベーション(リニューアル)にも力を入れており、サイト事業全般にかかわるプロデュース、という役割が強いともいえます。


最近同サイトからリンクされている
サイト売買.comというサイトがオープンしましたが、今後の動きが気になるところです。

サイト売買専科記事

サイト売買会社:サイトキャッチャー 

サイト売買会社 サイトキャッチャー


サイトキャッチャー




サイト売買を仲介する会社としては老舗中の老舗。

かなりいろんなメディアで取り上げられています。


元々「メディアネット株式会社」という会社が運営していましたが、2007年12月14日をもって、運営会社が株式会社フルスピードに変更になりました。


この行為自体もサイト売買(サイトキャッチャーというサイト自体が事業そのものだったでしょうから、事業譲渡、ともいえるでしょう)といえるでしょう。

この運営会社になってから、

* 出会い系
* その他(アダルト案件)
* 上記に類する案件

などのカテゴリに属するサイトの売買は不可能になったとのことです。


老舗中の老舗ですので、売買までの流れがシステム化しており、サポートも充実しています。

中でも「エスクローサービス」が安心感があります。

「エスクローサービス」とは簡単に言うと、買い手のお客様から中立のサイトキャッチャーが一時的に代金を預かり、サイトの移譲が済んだら、サイトキャッチャーが預かっていた代金を売り手のお客様に引き渡すというシステムです。

サイトキャッチャーでは、原則としてサイトの売買手続きをこの仕組みを使って行っています。

ちなみに、このサービスは無料。

そのほかにもさまざまなサポートサービスが用意されているのが特徴です。

※料金情報
■売り手
・成約時手数料:無 料
・月額:無 料
・情報開示手数料:無 料

■買い手
・成約時手数料:
成約額100万円超 ・・・ 成約額の 3%
成約額100万円以下 ・・・ 一律 31,500円

・月額:無 料

・情報開示手数料:無 料



サイト売買とは? 

最近のインターネットビジネスの中で、もっとも盛り上がりを見せるマーケット、


それは



「サイト売買」

と呼ばれるマーケットです。


去年あたりから、かなりの数の仲介会社が増えました。

で、そもそもこの「サイト売買」というのはどういうビジネスなのかといいますと


サイトそのものを商品として、譲渡、売却⇔買収することです。


このサイト売買というマーケットが生まれた背景としては、

サイトのアクセス数や抱えている会員数、検索エンジンでの順位など、サイトの成績そのものが収益価値、事業価値、もしくは資産価値として認められつつあり、企業もその認識を強く示していることがあげられます。


企業・事業の売却/買収を考えてもらえればわかりやすいですが、ある特定の技術や、魅力的な顧客数を抱えている企業が手に入れば、自分の事業の拡大や付加価値アップにつながり、なおかつ、自分でその事業を1から立ち上げる資金や労力が削減されるのがメリットです。


それと同じでサイト売買も、一からそのサイトを制作し、運営してアクセスや会員を集めることなく、その価値を持っているサイトを買い取ることができるのです。


そして、基本的にはサイトという「データ」を受け渡すだけで売買が完了するので(細かく言えばもっといろいろありますが)、非常に手軽に行われつつあり、その売買は年々スピードアップしているように思われます