2005年06月

2005年06月29日

「お前何しに戦争に来たんだ?」/『独立愚連隊』

下痢から立ち直って、さあ原稿…という矢先ですが
先日も書いた通り「シス」祭りに傾きがちな上、
2月に永眠された岡本喜八監督の追悼上映が3日毎に映画か変わるというスケジュールでスタートしており、心千々に乱れる…の一言に尽きます。

日曜には、昨日上映終了の『バッド・エジュケーション』を見た後で、
別の映画館でレイトショーされる『独立愚連隊』を見るという映画三昧。
どちらも大変に良く出来た、優れた映画だったので大満足…映画ファンとして「完璧な」一日を過ごしました。

●バッド・エジュケーション

ペドロ・アルモドバル監督の前回の映画は見逃してしまったので、今回の新作は見たかったのです…相変わらずゴルチェ服(背景でひょろひょろーと通り過ぎる若者達がメッチャラクッチャラにキレエな服着てやがるんだ!これが!!おめえらタダの市井人とは言わせないぞ!笑)、相変わらずゲイゲイしく、相変わらず微妙なロマンティシズム満載の映画になっておりました。

アルモドバルといえばカンヌ審査委員長をしたときに、タラちゃんと「レザボア」を大注目してくれてたというナイスなエピソードがありますが(>『6号』御参照下さい)、そんなアルモドバルの作った「バッド・エジュケーション」には、
時間と現実/架空劇/思い出の重層構成、
犯罪、
中年男が美しい若者に一目惚れするほろ苦い愛憎、
そして見えにくくなってしまっているけれども確実に存在している純愛
等々が詰まっておりました。

見ごたえきっちり。緊密で緻密でウハウハ。見終わるとあれこれ反芻し、味わいが深まるタイプの映画。
見逃さなくって本当に良かった!

クレジットタイトルも凄かった。これだけでも一見の価値あり。
ハマーホラー映画でも始まるんじゃないかという勢いです(笑)
つまりホラーっぽい。びりびりと引き裂かれて行く画面に鮮やかな色、ちょっと恐ろしげな絵(骸骨だとか、解剖図?とか。全然、映画の内容には無関係)…
おまけに音楽がちょっとヒッチコックの『サイコ』っぽくて!
(バーナード・ハーマンの『サイコ』の曲、というべきか)

いやーいいですよ。これは見ないと。
ガエルガルシアベルナル??でしたっけか、新進気鋭の若手美男俳優ですね。
彼がたくさんの顔を見せます。
おかま演技が素晴らしくってシビレました。ジュリアロバーツに似てたりして(笑)
いえ、それだけ女性らしかったって褒めているのよ!(笑)
スペイン俳優は…
というよりもアルモドバル俳優は、気合いが違うね!
バンデラスもアルモドバル組だったもんなぁ…
(『アタメ!私を縛って』を見逃したのはまずかった…
ちなみに英語タイトルは『Tie me up!Tie me down!』。カッコイイ題だ〜!)

『ティファニーで朝食を』の主題歌として有名な「ムーンリバー」も登場します。
未見ですがクーブリックの『時計仕掛けのオレンジ』での「雨に唄えば」並にトラウマになりそうな使われ方でした。

アルモドバルもタラちゃんと一緒で、映画ファンですからねぇ…
それがポスト・ポストモダンな映画監督の特徴なので…既に名作映画の山がある上に映画を作っている、という。
そういえばアルモドバルもタラちゃんもデ・パーマファンだ…
デ・パーマみずから、ヒッチコックの大ファンだし…
因果は巡る。

とりあえず今年の10本の指に入る映画になりそう。

●独立愚連隊(1959年)

追悼上映の中でも一番見たかった作品は土日の2日間しか上映されなくて大変。
気合いを入れて見ました。
物凄くいい映画だった…!!!
ああ、こんな嬉しい映画に出会えるなんて…これぞ至福…

さすが、日本映画史上に輝く映画。岡本喜八監督の出世作にして代表作。
言う事なしの大傑作。
こんなに軽快で爽やかで大胆不敵で胸のすく戦争映画は滅多にありません。
アメリカ映画の『戦略大作戦(Kelly's Heroes)』といい勝負。

『戦略〜』にないのは、岡本喜八さんの『独立愚連隊』のふざけた中にきっちりある「戦争で死ぬのはバカバカしい」というメッセージ性でしょうか。その分『戦略〜』には喜劇度が高く盛り込まれているので、どちらもそれぞれに味わい深いっす。

両作品ともに、戦争映画でありながら西部劇のスタイルを随所に見せるところがまたタマランのです。スタイリッシュであり、めっぽう格好いい。
イーストウッドは渋く
『愚連隊』の主演、佐藤充は、溜息が出るほどいい面構えをしています。
ちょっと若い頃のリチャード・ウィドマークを彷佛としました。
こんな素敵な俳優が日本にはいたんだねぇ…!!惚れた!
贅肉のない、しゃっきりした痩躯、きびきびした動き。

今回の日誌のタイトルは佐藤充の台詞を引用しました。
彼は映画の中で、ある心中事件の真相を追い求めるのです。
謎が解けた時、事件に関わったある人物に向かってズバっと言うひとこと。
奥深い台詞であります。

戦争を描くなら、このようにちゃんと因果をしょいこんだ人物を描いてほしいもの。
人殺しの暗部を内包している人物像を演技できる俳優で見せてほしい。
『キングダム・オブ・ヘヴン』の主演オーランド・ブルームになかったのはこれ。
油ぶっかけて火をつける残虐な男のリアリティはどこにもなかった。
爽やかすぎ、美しすぎた。
ジュード・ロウがいかに名優なのかよく分かってしまった(笑。『スターリングラード』)

いっそアラブの王様に「奴(ブルーム扮する主役)は悪魔か…!」と呟かせてほしかったです(笑)。そしたらあの美しさ、爽やかさも皮肉に輝いたことだろう。
ストーリーは壊れるかもしれませんが。
それしきで壊れる程度のストーリー作りなんだよ…(←わっ痛烈)

とにかく『独立愚連隊』は何から何まで、隅々までスンバラシイ映画でした。
岡本喜八追悼上映、全部見たかった…

さっそく今日、月曜〜水曜日までしかやらない『暗黒街の顔役』を見逃しました。
バレエ姉と『宇宙戦争』いこっか、となったのであきらめたのに…
上映時間を勘違いしてたことと姉が用事ができてパーに…
それに私も、肉体労働で貧血/熱中症になりそうなくらいな担当だったので、風呂に入りたくって…
ああ残念。『足を洗って歌手になろうとするやくざとそれを阻む暴力団の攻防を描くハードボイルド』見たかったなぁ…(笑)
すでに粗筋だけで燃えるよ…。きっとこれも岡本喜八さん脚本なんだろうな…。

『独立愚連隊』は岡本喜八監督の脚本でした。
戦争体験のある人は、やっぱ書くものが違います。
続編の『独立愚連隊 西へ』は今回の上映リストに含まれていませんが、いつか寿命が尽きるまでに出会いたいものです。

英国では同じように従軍経験のあるサミュエル・フラー監督の『最前線物語』(The Big Red One)が特典満載でDVD発売されたとのこと…。サイトアンドサウンド誌いわく『このヴィヴィッドな作り。このインティミシー(緻密さ)とインテンシティ(激烈さ)はフラー以降の従軍経験のない映画監督には望むべくもない』

『最前線物語』には『レザボア』にも名前が登場するリー・マーヴィンが出ています。鬼軍曹、でもこんな人の下につかないと戦争では生き残れないわな!って説得力抜群。
若い兵士の1人に、マーク・ハミルがいます。
1978年くらいの映画なのです(確かに、従軍経験ありの監督が作る戦争映画が存在した最後の時期といえそう…)。*公開は1980年だとか…?
ルーク・スカイウォーカーしか一般には見てもらえていない彼ですが、いかにいい役者なのか痛感するためにも『最前線物語』は必見です。
事故の前だからまだ『SW:新たなる希望』と同じハンサムボーイだしね!(笑)

レンタル屋にあったら是非御覧下さい。
ついでに『戦略大作戦』と『独立愚連隊』を借りて来よう!
見る順番は『最前線』『愚連隊』『戦略』がいいと思います(笑)
リアルでほろ苦い青春映画〜ミステリ西部劇〜ヨーロッパ戦線宝探しスチャラカ大冒険、
実はそういう三本なのであります。
大きく言えば全部「戦争映画」だけど。
だんだん不真面目になっていく順番にしてみました…(笑)

追悼上映残りの3作品も、なんとか頑張って見たいっす。
…夏の(冬の?汗、汗)原稿もやるぞと…!(笑)


sith_ko2 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本映画 

間違い訂正?

バレエ姉からの、メール文面は違ってました。
次が正しく全文です。

『網鱈ちゃんOK!
即効買うべし。
(^_^)』


携帯メールだったのですが…
まるでストックマーケットのトレーダー(株式市場の売買人)のようじゃないですか。
私の脳内で『買っちまえ!』という姉の声として変換記憶されてしまったようです(笑)

もぎりのやっちゃんの「トレマーズ」感想も、先日、本人から
『堪えられない』のつもりだった部分が『答えられない』の誤変換のままになってる…
といった内容の指摘をうけました。
気づかなかった!メールをそのまま引用コピーしてしまった…
私には到底、編集部のような仕事(誤植誤変換チェック)はできそうにありません(笑)

sith_ko2 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 『Star Wars』 

2005年06月27日

復讐するはシスにあり

6/25土曜日の「先々行ロードショー」は見送った私ですが、7/2土曜日の「先行ロードショー」には…行きますぞ!
_______
●決定的瞬間

バレエな姉には高校時代からのSW仲間友人『網鱈(あみだら)さん』(仮名)がいます。
網鱈さんは息子と娘の双児の母です(←仮名の由来)。
娘さんとともに、バレエな姉の教室『バレエの神髄(Essential Ballet)』の生徒さんなので、日曜午後には毎週、バレエな姉と会います。

「家庭がある人に夜中の映画を誘うのは難しいよなぁ」とバレエ姉は言っていたのですが、そのわりに先の日曜に先行ロードショーについて聞いてみた口調は
「どう?!行くの?!行かないの?!どうなの?!」という断定モードだったそうです(笑)

網鱈さんが家族に確認してみたら、なんと夫も双児も「一緒に行く」と言い出し、完璧な「GOサイン」をとれました。さすが『空歩き』家というところでしょうか!

バレエな姉は「そういうことになったから!網鱈ちゃんち4人と、私とお前で全部で6人な!なんだか盛り上がっちゃったな。なんでこうなっちゃったのかな。別にシスはどうでもよかったのにな(苦笑)…網鱈ちゃんを誘うと盛り上がってきちゃうよな(笑)」とニヤニヤするのでした。

●それが問題だ

さて、映画館に行くとなると席にこだわるわたくしが混ざっているからには、席取りという現実的問題を担うのも当然わたくしです。

我が家から車で30分くらいのところに出来たシネコンがルーカス開発の「THXサウンドシステム」を備えたスクリーンを1つ持っていることについては、昔この日誌で既報済みですが、こと『SW』を見るなら!何が何でもそこへ行かねば!ファン魂が泣くというもの…これまでにも『Ep.1:TPM』『Ep.2:AOC』とキッチリ、クリアしてきました。

が、見るたびにバレエ姉の「ガキが出てくるのは嫌いだ」「ジャージャーうぜえ」「話がつまんねぇ」「なんだこりゃ、『ベン・ハー』のパクリじゃねぇか」「後半もジェダイ(=ep.6:ROJ)とまるでおんなじ。最低」「ヨーダの顔が違う。かわいくない」「なんだか落ち込むぞ」「恋愛もの最悪」「(青年の)アナキンうぜえ」「ルークのパパって感じがしない」「やっぱりつまんねぇ」「全然おもしろくねぇ」「どんどんひどくなる」「もう憂鬱だ」「ヨーダCG、ダメダメだ。もう完全にダメだ」「せっかくクリストファー・リーが出ててもちっとも良くならない」「ターキン総督は良かったよなぁ」「なぁ、もうエピソード3なんて見なくてもいいんじゃないのか」「少しも期待できないぞ」「もう私は4(=ep.4:ANH)だけでいいよ。もうずっと4だけ見られれば満足だよ。ヨーダのためにあと5かな。それでも何度も5を見たいわけじゃないからな」…等々の、辛辣のつるべ打ち…を通り越して辛辣のナイアガラ(の滝)(笑)状の呟きを聞かされて来た事も確かです。

バレエ姉の呟きには、正直なところおおかた同意する私ですが、3を見ない、というのには猛烈に反論しまして「見なきゃだめだっぴ!終わらないっぴ!繋がらないっぴ!リー様もヨーダも出るっぴ!!もしかすると若いハンも出るかもしんないよ。チュウイは出るよこれは確実だよ。R2を見るためだけでも見なくちゃ駄目だよ!!とにかく見るだよ!大丈夫だよたぶん『ジェダイの復讐(←昔見た人間はこう呼んでしまう)』より悪い出来なんてことは、まず、よっぽど、ないから!!!(笑)」…等々のフォロー(?)を繰り返しておりました。

それが、こんなにスムーズに「先行」へ行けることになろうとは…。しかもブウブウ繰り返す姉と行くのはブルースなモードですが、意外にウキウキモードになってきているという有り難さ…。網鱈さんのお陰さまさまです。ムードメイカー・ピースメイカー。彼女こそ「chosen one(選ばれし者)」なのかも…(笑)

フォースの暗黒と光にバランスをもたらす者なのだ…!!(笑)拝みたい。

余談が過ぎました。閑話休題。我々が目指すシネコンは6月末になって急に新「事前予約/発券システム」を導入したので、うまくいけばパソコンで予約がとれるかも…そう思ったわたくし、昨晩まずは7/2の上映時間が決定したかどうかを調査にシネコンHPへ入りました。

時間は決定してた!
予約も開始していた!
ウワオ!
巻いてけ巻いてけ!
R2,fire up the converters!!!(ピピュー!ピポピプ。←R2の返事)

発券手数料は2〜10枚まで一律200円。濡れ手に粟!棚からぼったもっち。
とらねば!
父のようなジェダイになりたい!

インターネットエクスプローラーがver.5だったわたくしのパソコンでは、予約システムを円滑に動かせなさそうだったので、深夜なのに速攻ヴァージョンアップ開始。推奨はver.5.2.3でしたが、それはマックOS・Xでないとダウンロードできない模様。仕方が無い、その手前のver.5.1.7でもいいからやってみちまえ!

できることのベストを尽くせ!
全力でないものは死すべし!(←昨日もらった「逆境ナイン」のシール引用)
you must do what you feel right,of course.

アップ完了。初めてできた!どうなんだ前のver.5のファイルはゴミ箱に捨てていいのか?な?動くかな?あれっアイコンが…エイリアスが…「お気に入り」はコピーされているのか?よっしゃーなんとかなった。これでなんとか。フォースは共にあるぞ。

びっくりするほど起動が早くなりました。IE ver.5.1.7。
しかも肝心のシネコンの予約画面もさくさく見れます。
ついでに今までフリーズしてた他のページも見られるようになったみたいだ!
すばらしい。
デス・スターは無敵だ…!(首を絞められる)

しかし。
予約をしたら、取り消し不可能。払い戻し不可能。
これは早まってはいけない…
ジェダイは我慢。
レックレス(向こう見ず)はいかん。

網鱈さんに念を押してもらってからにしよう…

●答は…

バレエ姉が携帯メールで確認した結果を我がパソコンメールへ。以下文面。
『網鱈ちゃんOK!とっちまえ!(^o^)

取ったぜ!
取れたぜ!
最高の席…のつもりだ!
レイトショーだからお一人千円だぜ!
THXだぜ!!
花火100発!イウォーク・セレブレイション!!!(←この歌は昔の人しかもう聞いてない。ルーカスさんの「手入れ」のせいで消されちゃったからな…1998年以降は「存在しない歌」だ)
♪やっちゃ!いちゃー よっよ!
こーみー とぴちきん こみっぱ いーうーあー!(はやが らがやが)
(←ストームトルーパー等のマスクをドラム打ちすること)
やーわ!いちゃー よー おおわ!
やこーわー いちりく やこっい ほーみーわー!(はやが らがらが)
こっみ ぱっぴ うー よっ わ!
こっみ ぱっぴ うー ろー わ!
こっみ ぱっぴ うー ほー わ!
あーれるっちゅなー
ほーわれっちゅなー
こーわれっちゅなー 
あーーー〜〜〜〜!!!!!♪


チャンチャランチャランチャ♪
ゆ〜けー はるかとーく ぎんがけーの かなたへ〜〜♪
『監督 リチャード・エドランド』(←クレジット)以下10分続く(笑)

なんだか一番嫌いだった(←過去形なのは『クローンの攻撃』がかなり…駄目だったので。まだルークがいたからマシ…になりかけてる。でもやっぱダメだけどね。クローンにはリー様もSLジャクソンもいるからね。)ジェダイの失われた歌を書き出すほどに盛り上がってきている(それは盛り上がっているのか?!笑!どうなのか!)私です。

ちなみに上の歌、うろ覚えで書いたので聞き直すと細かくは違うかも(笑)
バレエ姉の前で歌うことは固く禁じられています。
阿呆首相が靖国へ参拝するべきでないほどに禁忌です。
仮に歌ったとすると、映画館へ連れてってもらえません。
車で移動中だったら「落とすぞ」と脅されます。
なんて暗黒面なひとなんでしょう(笑)

●余談

もぎりのやっちゃんちに行ったら、新聞4面広告をキープしていました。
今後もSW祭りなテレビ放映に備えているようです。人物相関図が便利らしい。
もちろんやっちゃんの為ではなく、旦那のペンギンさんのためです。
そこにおもちゃのトミーから発売されたという「ダースベイダー・ボイスチェンジャー」4500円くらい…がちょろっと紹介されてました!
…俺に買えってか?!(爆笑)
…ちょっと魅惑的…(←お誕生日プレゼントとしてねだろうかな…←駄目な大人)

●余談2

網鱈さんの旦那、穴禁さん(仮名)は図書館でロードショー誌を読んで鑑賞の予習をしていたそうです。
なかなかいい心掛けだと思われますが、実際には
『お話まで読んじゃったんだって。バカじゃん!』
…網鱈さんはきっぱりきっつく、電話でバレエ姉にこう言ったそうです(笑)

バレエ姉「面白いよなぁ!(笑)そのバカじゃん、っていう言いっぷりが良かったんだ。
なんだろうなあ、そういう感覚を持っているから、友達になろうって気にもなったんだろうなぁ」

そうですね。
あと、我々みたいな濃いい映画ファンと、高校時代に映画を一緒してたりすると…
作法も共有しますからね(笑)

7/1から高校生は3人集まるといつでもどこでも1人千円の入場料で映画館に入れるぞ!これはデマではない。本当のことだ!映画館へ行け!高校生諸君!!ティーンエイジは一生に一度だぞ!人格形成は高校までで決まりだ!

羨ましいです。『映画館へ行こう!キャンペーン』。来年6/30までですよ、いちおう。

さあ、週末はシスだ!!
スムーズに見られることを切に祈って!
そして予約がちゃんとできてることを祈って!
May the force be with us...always!!!

sith_ko2 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 『Star Wars』 

2005年06月25日

下痢地獄の記録

「映画音楽100」じゃなかったんです。「アメリカ映画協会選出:映画100年、歌100曲」だったんです。アメリカ映画からの歌を、協会会員が選んだ上位100曲を紹介するって番組でした。同じタイプの番組にはこれまで「男優100人」「女優100人」「サスペンス映画100選」等がありました。

で、地獄のドキュメントを始めましょう。全治回復に1週間かかり御無沙汰したことをお詫びしたいっす…m(_ _)m >よく見に来て下さっている方々へ

注意:ネタがネタなので、デリケートな方は御食事前には読まずにおいて下さい…
______

6/17金曜 

バイトから帰宅して夜7時に昨晩の料理の残りであるマーボー豆腐を御飯にぶっかけて食す。これで食中毒した模様(後日医者に言われた)

同日夜10時過ぎ 某所での表計算ソフト利用の表に打ち込むバイト仕事から帰ってさっそく放送終えたところの上記「歌100」を見始める。御機嫌な内容だったのでまたこの日誌に記したいなとメモをとる。鼻歌モードだったのに…ああ(詠嘆)

夜2時 きた。ピーゴロゴロが…。歌100の上位5位にさしかかったところだった…おうおう(詠嘆)

症状:直腸が蛇口を開けたような恐ろしさ。何ごとだあああと叫びながら奈落へ落ちるイマジネーションが…。すべては水に…(汚い話ですいません)
腹痛はなし。吐き気なし。悪寒もそれほどなし。ひたすら…出すしか…。

以降、この夜は1〜2時間ごとに厠へ駆け込む。ざばざばー ざばざばばー
すべてが水に…。あまりにも水なので、事の重大さがだんだん身に沁みてくる。
ただの下痢ではない…。

でもって、あまりにも何度も出すせいでか、ケツの穴が痛くなってきた。
しまいには仰向けで寝る気がなくなるほどに。
横寝しながら思った。ケツの穴がらみのくだらない妄想をしすぎた罰なのかも…
(すいません本当にバカなんです。おおお:詠嘆)

でもきっとその痛みは私のこれどころじゃないだろう、とも思った。
あほう…

6/18土曜 

朝8時少し前、バイト先へ電話で当欠(当日申請の欠勤。ちょっと顰蹙)の旨伝える。
食品業界ですから。

午前9時頃 朝食(飯/味噌汁/ふりかけ)をとる。後は寝る。

夜中からずっとTシャツを着替え続ける。熱があるらしく発汗多し。
冷えると悪いと思い靴下も履いて、とことん温める。
寝てる以外は厠にいる。出すものが減ったのか、原因を出したのか、少し回数減る。
が、依然、水。やはりこれはただの下痢じゃない…。熱は37度。

夕方5時 また飯(飯/トマトと茄子の煮物)をくってみる。

夜7:30〜 トニー賞2005を寝ながら見てみる。熱っぽいため、だるい。
ビリー・クリスタルが受賞するところでまた厠に駆け込む。
スピーチを厠で聞く。

「I'd like to thank to the entire cast of the show.」(意訳:私の舞台の全キャストに感謝したいと思います)

うろ覚えの英語なので間違ってたらすまんです。
厠内でツッコミを心の中でいれる『ワンマンショーだったろ!!(笑)』
映像を見逃した。でも録画したのでまた見るつもり。

夜10時 明日の習い事を休みますと先生に電話。「言うのが遅すぎる。土曜の教室に使った道具をそのままにしてあるので私が片づけに行かにゃならん!」とボヤかれる(こういう先生なんで困ったとこも多いんですが、敬愛しているんですよ…)。あまりにトホホなのでついボヤキ連鎖をバレエな姉にする。バタリと寝る。

6/19日曜

朝3時頃 ちょっと起きてビヒダスヨーグルトに苺ジャムを混ぜて食す。

昨日からずっと寝っぱなしの上、熱で集中力もないので、開き直って漫画ばかり読む。
手塚治虫「ブラックジャック」秋田書店版1〜24巻、全巻制覇を目指す。
「私はガムシャラに治そうとする患者が好きでね」と主人公が言う。
医者ならみんなそうだろう、
というか、そういうガッツがまずないと闘病もたいへんだろうな。

病や怪我に苦しむ人が大勢出てくる上にガッツを描く漫画なので、こんな時には慰めになる、と初めて思った。漫画家は偉大だ…手塚も偉大だ。医大出身だ(熱に浮かされてますんでお許しを。笑)

朝10時 起きて飯(飯/味噌汁)を食す。どうかなーと思いつつも、布団干したり洗濯したり。

午後2時 洗濯干し中にピーピピーと通信が来たので厠へ。
やっぱり水…ささやかに固形。消化できてないようだ。暗澹たる思い。

テレビとBJに明け暮れる。夕方、トースト食す。
夜はなぜかウナギ丼(母が外食好きなんです)。もちろん自宅で。
古い友人から、捨て猫の里親いないかな、と電話もらう。
現状を語って同情をかう。漫画「天使な小生意気」は素晴らしいので激お薦めだよ!となぜか力説してしまった。

熱は37.3度。風呂には入らず、バタリ。眠。

へろへろ姉が自前の黒腹巻きを貸してくれたので、寝冷えせずに済む。
「天才バカボンのパパだからパパなのだ」と思う(*腹巻きキャラ)
バカダ大学って入ってみたいな…(*バカボンのパパの出身校)

6/20月曜

朝 バイト再び当欠。両親の主治医である、遠く離れた街の内科/胃腸科へ行く決意をしたので汗だけでも落とそうとシャワーする。熱36.9度。

9時半頃 バスでN医院に到着。天気いいのになぁ…
10時頃 N医師の前へ。経過報告。「たぶんそのマーボー豆腐ですね。手で豆腐切ったりするでしょ。それにスが入らないように、『火をいれている』と言ってもゆるいですからね。室温の10〜30度が、菌が一番繁殖しやすい居心地の良さなんです」

両親、バレエな姉から聞いていた通り、いい感じの名医である。

病因:マーボー豆腐に含まれていたとおぼしき大腸菌、もしくはブドウ球菌

処方:内服薬2種(粉薬/錠剤。錠剤は「プロキサン200」)
  「吐き気無しで微熱ですからシンプルにいきましょう。整腸剤と菌に対抗する薬です」

N医師の質問「薬へのアレルギーありますか?海外に1ヶ月以内に行きましたか?妊娠していますか?2ヶ月以前くらいでも、妊娠のおそれのあるような事があったら言って下さい」

私の答(順番に)「ないです/行ってません/してません/人生の中で一度もそれに関することがあったことはないので全く大丈夫です(笑)」

N医師の返答(最後の部分について)「それは残念ですね(笑)」
私「はっはっは(笑)」

うんまあ、そりゃあ残念かもしれません(笑)。あんまり痛切に思ってませんが。

N医師「3日以内でたぶん、大丈夫でしょう」
私「そう願いたいものです」

●ここで下痢で吐き気と高熱がない場合に何を食していいのか、今後の参考のために記そう。
柔らかく炊いた御飯、梅干し、塩、ヨーグルト、水道水、日本でとれた水のミネラルウォーター(軟水)、緑茶は少量なら可、ポカリ汗の類は可。

●食べてはいけないもの
梅干しについてるシソ、蛋白質類全部(肉、卵、魚、大豆類)、野菜類全部、ワカメ、味噌汁、味噌で味付けしたもの全部、ヨーロッパのミネラルウォーターは軟水であってもダメ(日本人の腹には合わないらしい。また、カルシウムが多く含まれるのでダメらしい)ウーロン茶。

消化できないから、食べちゃいかんらしいです。
血圧は60/90。脱水気味だと低血圧になるそうで。
ちなみに6月初めの健康診断での数値は74/115。

午前11時半 帰宅
BJやら新聞やら週刊じゃんぷ読みつつ、飯はすべて「ゴハン/梅干し」という日々がスタート…でもバタートーストも夕方食べてしまった。寝る寝る。

夜7時 アニメBJを見つつ、熱37.2度。飯のあとヨーグルトも。眠々

6/21火曜

迷ったものの、朝5時半に風呂入ってみた。また寝る。白服と黒服のゾンビものの夢を見た。白ならゾンビになってない。黒はなっている。天井に変なシミができて、そこからぽとん…と落ちてくる液が身体にかかるとゾンビ化し、服が黒くなる。なんじゃそりゃ。

バイト出勤。朝飯/昼飯ともに相変わらずゴハン(食堂で一杯50円。セルフ)/梅干し…(自前)

夕方4時過ぎ 帰宅。途上のコンビニで買った麦チョコをむさむさ食したりする。晩飯も例によって(略)。日曜午後の下痢以来、何も腸からは音沙汰がない。いいのか、悪いのか…

ピヨ〜という猫の鳴き声に聞き間違われる高音くらいは腹から便りがある。
小音。それだけ。まともな大が出ないかなぁ…(切実)
微熱続く。37.3度。

6/22水曜

バイト出勤。ひたすら同じ食事…昼に、仲間の食すオカズが旨そうに見えてたまらない。
食べたいなぁー

夕方4時過ぎ 帰宅。風呂で汗流す。熱37.4度。上がっていて哀しくなる。
冷えピタをデコに貼ってみる。
その前後、待望の大が!!やっとまともな大が!!!出たーーー!

かなり気が大きくなり、夜の打ち込みバイトに冷えピタ貼ったまま行く(笑)。
しかも姉とそのまま土曜に行くはずだった「蝙蝠男/始まり」へ突撃。
映画の出来が良かったため、ますます体調良くなる。
気分も盛り上がってきた。
パンフも珍しく買った。(でも内容はちょっと薄かった)

翌日がバイト定休日なのでかなり強気な行動をとっていたのです。
深夜、パンフ読み切れずボヤボヤと寝る。微熱はまだある模様。
________

そして、久々の習い事に木曜夜に行って、金曜日バイト行く前の熱が36.7度だったので、やっと「完治」を実感したわけです。

木曜日からふつーに飯を食べ始めましたが、旨くて旨くて…。でも、さすがにすこ〜しだけ痩せたらしく、先生が「そのまま太らないようにね!」と言いました。測ってみましたが…あまり…1キロ弱??そんなの1食抜いたって出る数値です。たぶんやつれただけでしょうな…。

少しは胃がちっちゃくなるといーなーと思いつつ、病中に癖になった『良く噛む』が効いているのか、満腹が早くなったようです。それにしても今なら何食っても旨い!ウマイ!!幸せです…(笑)

ビバ健康!このまま、エネルギーとやる気を戻していろいろ進めたいっす。

教訓:余りものには手を出すな。
自分だけでなく他人にも手をよく洗わせよう。(私は仕事上、癖になってますんで)
大豆は恐い。(納豆にあたった経験があるくせにこれですから)

梅雨が終わるまでは、ほんとに危険度最高ですから、皆様も御注意下さいませ…
しょぼじのぼやきでした。

おまけ/バレエな姉のHPの「おえかき」に当館もぎり嬢のやっちゃん続出中です。>もぎーちゃんファンの方々へ

sith_ko2 at 03:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日常ネタ 

2005年06月16日

抹茶の夏

昨年秋にNYへ行った帰路、成田空港で土産物を探していたときのこと。
森永ミルクキャラメルの「抹茶」味ってのに出会ったのです。
巨大キャラメルでした。ふつーのよりも遥かに大きくて、そうだなぁビデオの半分くらいのサイズだったかな??

なぜかパッケージには『京都抹茶/限定品』などと謳ってありました。
抹茶キャラメルなんて美味しそう〜と思って即購入。
おいしかったす。

それが、いつのまにか普通にJRのキオスクで売られてた。
先月見つけて、即購入。
やっぱり旨い。
でも今度はサイズが普通のちっちゃいやつになっていた。

あのでっかいのは今でも成田で売られているかしら?

リンク先のitchんさんも食べたみたいですね!やっぱ旨いよね!!
お薦めですじゃ。

6月に入ってから『ミリオンダラーベイビー』を見た帰りだったと思うけれど、コンビニで皆でアイスを買った。
真夜中なのにアイスを買って食いまくる我が姉妹…まあそれは置いといて(笑)
そこで出会ったのがグリコの「パピコ」の抹茶味!!!

もともとパピコとかピノは大好きでして…
ピノのほうは、国立病院に母が入院中だった29年前に見舞いに行ってた時、院内の自販機で売られていてやったらめったら買ってもらって食いまくった商品です。
(おかげですっかりおでぶに…因果応報!!)

パピコは、食う前に台所のハサミでガンガン叩いて中身を潰してから、
にょいにょい出してちうちう食べるのが最高です。
お求め安い価格だし。
抹茶パピコはどうかな〜と思いましたが、これも美味しかった!!
お薦めですじゃ。

逆にお薦めできないのが、メロンアイス。
メロンの形のプラスチック容器に入った…商品名は「メロンシャーベット」だっけ??
昔は旨かったのですが、今のキティちゃんデザインになった容器のものは頂けません。
なんか味が不味くなっている気がする!
しかもデザイン料のせいか、やたらと高い!!パピコより高い!信じられない!
昔は50円くらいだったはずだ!
インフレを考えても100円以内だろう!
それがなぜ100円を越すような高価な嗜好品に…。

食べ物とは関係ないのですが、今ひどいめに遭っている商品をひとつ追加で紹介します。
ツ●ラが出しているボディソープ。
商品名忘れた…爽やかなナントカだったかカントカだったか…。
とにかくこれがひどい。
Luxのオレンジソープを買って来て!と姉に頼んでおいたのになかったからと違うものを…。
ないなら買ってこなくて良かったよ…
それくらいひどいです。
なにせ、その匂い…
駄菓子屋で売られているソーダ飴の匂いと言えばピンとくるでしょうか?
色もまさに駄菓子屋のソーダのように真っ青でね…
ソーダを身体になすりつけている、としか言いようがない…
しくしく…(泣)
安い(400円以内)だけある、というかなんつうか…

どこが爽やかなんやら…。

ツ●ラといえば遠い昔、横浜でジョージ・ルーカス・スーバーライブアドベンチャーなんてのをやっちゃった太っ腹企業だったものですけどね…
その御恩を考えにいれても、ちょっとこれは許しがたいねぇ。
とにかくこのソーダなボディソープだけは、見かけても手を出さぬのが得策です。
早くなくなれ〜〜!
______

今週夜中にBS-NHKで連続放送中の「ブロードウェイ」が嬉しい。
いよいよ今夜は第6回目。これでおしまい。ちょうど2時間テープに3倍で収まりました。
金曜日の夜は「AFI選出、アメリカ映画音楽ベスト100」が2時間半も放送!
これまた嬉しいです。音楽のことだし、なんとか標準録画したいもの…。
SWは何位かな!?ベスト10に入選してるのをフォースで予知じゃ!

さらに土曜夜は「トニー賞受賞式2005」。これも2時間半。テープ作らねば…
(見て消したい。テープ増やせない…)
『グレンガリーグレンロス』に出ているリーヴ・シュライバーが助演をとったみたい。
彼を初めて見たのはあの背の高いヒュー・ジャックマンを抱きかかえた(!)のがびっくりだった『ニューヨークの恋人』だったのですが、いつのまにか主演級になってこないだ『クライシス・オブ・アメリカ』(原題『マンチュリアン・キャンディデイト』)に出て来たので…おお、やっぱりこの人いい俳優だなーと思いまして。

そうこうするうちにトニー賞ですからねぇ。登ってます。その晴れ晴れしい瞬間を見ておきたい。
映画に関わることならどんなことにでも親しみを感じてしまう私なのでした。


sith_ko2 at 15:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日常ネタ 

2005年06月13日

べらんめぇって?

「べらぼう」

1 (名詞)人をののしっていう語。ばか者。たわけ者。fool
2 (形容動詞)1:ばかばかしいさま。でたらめなさま。ridiculous,unreasonable
2:程度がはなはだしいさま。

*参考:江戸時代、見世物で評判をとったという、全身真っ黒で頭がとがり、目は赤く丸く、あごが猿に似る奇人の名、便乱坊(べらんぼう)、あるいは可坊(べくぼう)からか。

「べらぼう-め」

[べらぼう-奴]。(感)《俗語》人をののしっていう語。ばか者。たわけ者。べらんめぇ。

「べらんめぇ」

《俗語》「べらぼうめ」の転。
1 ばか者。 2 江戸っ子。
________

以上、『真夜中の弥次さん喜多さん』を見た後で調べたメモを転記しました(笑)。

あんまり劇中で「てやんでぇ!べらんめぇ!」って言い合うもんで、つい。

べらんめぇ、ってのは「べらぼうめ」だというのは知っていたのですが、それが「ばか者」のことだとは思ってませんでした。「程度が甚だしいさま」の方向で、「とんでもねぇ奴だぜ!」=「ふざけんじゃねぇ!」=「ざけんなコラぁ!」と現代語訳できるかしら、とか思っちょりました。

単に「ばっきゃろー」ってことになるのかな。つまんないなぁ。
まあ、罵り語なんて、深く考えるものじゃないんでしょうが…(笑)
そもそも現代若者が「ばっきゃろー」なんて言うの聞いた事…あったかな…(疑問…)

「てやんでぇ!」のほうは「何言ってやがるんでぇ!」がなまったもの、でいいのかしら?
ちゃきちゃきの江戸っ子だと「(い)ってや(が)んでぇ!」となるんだろうなーと。
ま、これも突き詰めると「ふざけんじゃねぇ!」と同意って感じで、「べらぼうめ」と繋がっている気も。

ていうかやっぱどっちも結局罵声にすぎない…(笑)

「ざけんなコラぁ!」=「べらぼうめ」から考えられる現代俗語英語訳。
Are you gonna f*ck with me?! または
What the hell!

「ばっきゃろー」から考えられる…同上。
Asshole!
F*ck you!

「何を言ってんだ」=「てやんでぇ!」から考えられる…同上。
What the f*ck are you talking about?! またはその略形
What the f*ck! いっそのこと「デタラメ」=「嘘/虚偽」の意味方向から
Bull shit! でもいいかも…?いやもっと、端的に…
F*ck! もあり、か…

そうすると2人の「てやんでぇ/べらんめぇ」の言い合いは
「What the f*ck!/ What the hell!」
になるかもしくは
「F*ck!/ F*ck you! (Asshole)」かな…?

無意味だ…(だから罵声語だって!)

などなどと、先月バイトしながら頭の中でアホな英訳をしておりました。
レザボアトークだよこれ…(笑)と、英訳終わって思ったっす。
ムダな知識のコーナーでした。
間違ってこれを読んでしまった青少年少女の諸君は忘れるように。
受験には絶対出ない英語だよ…(笑)
______

真さんコメントサンクスでした。
我が家に一番近い市民病院でも、「経験不問/手術助手」っていう超怪しい求人募集がかかってたことありましたよ…(笑)
かの有名な「死体洗い」なんじゃ?!と我が家で話題沸騰。
今ではその募集ありませんが…謎すぎる…
それ以来、市民病院は別名「死人病院」に。
ちょっと早い夏の怪談でした(?)




sith_ko2 at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本映画 

2005年06月09日

「たとえ第三次世界大戦が起こったって…」/『トレマーズ』

もぎりのやっちゃんの許可を得て、感想文メールを転載します。
5月末に放送されたB級映画の傑作の1本『トレマーズ』について。

ちなみに私にとって「とりあえず、時間があるならこのB級を見ろ!」という映画に
『トレマーズ』
『ヒッチャー』
『ヒドゥン』
『ゾンビ・コップ』
『ラジオ・フライヤー』
『ドリームチーム』

などなど(考えるともっと沢山出て来ます)があります。
『レザボア・ドッグズ』は別格B級(あれはB級界の核爆弾なので)!
********

ところで、昨日の木曜洋画劇場で放映してた
トレマーズ見たよ!子供と一緒に寝ちゃったから、
途中からになっちゃったけど、もう見る機会もないかも?
と思って、途中から見ちゃった。(駄目見方)

家計簿つけながら見ようと思ったら、引き込まれて手が止まっちゃったよ!
本気なのかギャグなのか分からない、
円谷ファンには答えられない地中生物がたまりませんでした。
やっぱりCGは、ワシにはツマランです重量感がナッシングだから
汗や臭いみたいなリアルな感覚が無いよね。

ケビンベーコンがヤングな役所で、懐かしい感じでした。
可愛い!!!でもレモン色の空なんだ…(←トラウマ)
銃おたく夫妻が出てきた時は、すげー設定…と思いましたが、
ガンおたく夫が、子供には絶対銃を渡さなかったのが
シビレました。すばらしい!大人げない様で、なんて大人!!
なんて道徳的な映画なんだ!と深い感銘を受けました。
こういう一般のアベックが見なさそうなB級作品でしか、
正しい道徳が出てこないのは残念だとも感じました。

いい映画だ…と見終わっていい気分でいたら、
何と!シリーズ化してたんですね。
傑作だから分かるなぁ!好きな人多いんだね。

ふと、「殺したい女」を思い出しました。(洗濯物を干しながら)
大傑作ではないかも知れないけど、あの配役にベットミドラー!!
そしてダイエットの経緯、痩せた時のあの喜び様、
だれが思いついたのか知りませんが
いいエピソードだったなぁ…女心にシビレるなぁ…と
しみじみ思い出しました。


*************

…文中に出てくる、「レモン色の空」というのはNHK地上波で、遠い昔いきなり放送されたテレビ映画のタイトルです。
もぎりちゃんは偶然見てしまったんです。
なんでも、毛貧ベーコンが、若く、美しく、そしてホモな役どころの青春映画だったそうです。
いいもん見たじゃん!と当時も私はゆったものですが
もぎりちゃんには辛かったもようです(笑)。
「いい話だしいい作品なんだけどなんだけど…」と言います。まだトラウマかよ!(笑)

で、まあ文中で評価されている「大人気ない大人」である銃おたく夫婦。
これがこの映画のケッサク度を上げてるポイントでして
よくアメリカの田舎にいがちな、銃を全面的に信じている、もし世界大戦が三たび始まったら、政府なんざ信じられない、己の身は己で守る!!の信条で、
自宅を兵器庫にしているような(笑)危ない夫婦なんですね。

ちょっと『ターミネーター2』のサラ・コナーって感じをイメージして頂ければ。

まあ、普通、近くにいたらあまりお近づきにはなりたくないタイプなんですが。
ところが『トレマーズ』では、その常識を打ち破って、彼らの対策こそが活路を開くきっかけを与えてくれるし、その備えがあって良かった、という展開になるんですな!

そこにニンマリしちゃうわけです。
まあ、一種、オタク仲間の快感とでもいっていいかもしれません。
そういうこともあるかもしんない、その「稀」なことを映画で描くってのは面白いのです。

さらにいいのがもぎりちゃんが指摘した部分。
劇中の少年が、「俺にも銃をくれよう、くれよう」とずっとねだるんです。
モンスターが恐いですから、彼も身を守る武器が欲しいんです。
登場人物全員がかなり切実な局面におるのですな。
しかしそうねだられた、山ほど武器を携えているこの銃マニアというか銃オタクの夫は答えていわく
「たとえ第三次世界大戦が起こったって、お前に銃は渡さないね。」
いいでしょう〜!(笑)拍手!!ナイス!

こういう瞬間に、「深い感銘」を受けるわけです。
一見非常識に思われる夫婦に、1本スジの入ったものが光って見える瞬間。
ここひとつ取っても、いい映画なことがお分かり頂けることでしょう。
紋切り型な人間タイプを描いているようで、そこに単純な造型は実はない、という。
良きB級というのはこうでないといかんのです。

こういう映画を見ると、見終わってから「いい気分」になれるのですぞ。
見てない人はぜひ見るべし!じゃ。

ありがちな表現を使えば、『トレマーズ』は『ジョーズ』を換骨奪胎した作りであることがすぐに分かる作品ではありますが。ただの二番煎じには終わらぬ良さに溢れてますんでね。

4作もシリーズになってるとは今回初めて知りました私も。
しかもこっちの地元テレビ局(東京12ch系)は翌日に『2』を昼放送してくれるサービス。
ビデオに録画しときました。
まだ見れてないのが残念なものの、じきに見るつもりです。
毛貧ベーコンは出てなくて『レモ』ことフレッド・ウォードしか出てないみたい。
すでにダメっぽいですがそこは御愛嬌で(笑)。どんなもんかしらん。



sith_ko2 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 外国映画 

なんだかなーなニュース

水曜日のことです。2人からこういうニュースをメールで受け取りました。

まずはもぎりのやっちゃんから。
『なんというかニュース』の題で。
______

<ペンギン>同性ペアが相次ぐ 北海道登別市の水族館

 ペンギンパレードが人気を集めている北海道登別市の水族館「登別マリンパークニ
クス」で、キングペンギンが同性同士で相次いでペアを作り、飼育員を悩ませてい
る。同性ペアを引き離し、雌雄間でのカップリングを試みているが、専門家は「飼育
下で性別が偏ったことが原因ではないか」とみている。
_______

次はへろへろの姉から。
『お前が好きそうなニュース』の題で。
_______

16歳の少年に現金6000円を渡し、みだらな行為をしたとして、**県警少年課
と**署は8日、児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで同県**市、元小学
校教頭N容疑者(55)を逮捕した。
 N容疑者は事実関係を認めたが、「18歳以下とは思わなかった」として容疑を
否認している。同署などは余罪があるか調べている。
 調べによると、N容疑者は1月22日午後4時20分ごろ、同県**市内のゲー
ム機販売店で、16歳だった会社員の少年に声を掛け、現金6000円を渡し、車の
中でみだらな行為をした疑い。少年の家族からの通報で発覚した。
_______

へろへろ姉いわく「そんな目にあってしまうような可愛い子がこのへんにいるのかなぁ」。
俺「別にかわいくなくてもいいのかもよ。若いだけで」

まあそんなことはともかくですねぇ。
奇しくも同日に、なんだか…な共通点をもつニュースを受け取った私ですよ。
どういう人なんですかあたしゃ(笑)。

それに姉は間違っています。
16才の少年がどうのこうのと言われても別に興味ないです私。
男対男だから、という点では注目に値するかもしれませんが、ニュースにならんだけで
今までだってあっただろうしね…。

これが『45才の会社員が元教諭65才から6万円貰って、車中でみだらな行為を』とかいうニュースだったら、もうちょっと盛り上がるんですけど。
ニュースにならんか…(笑)
いや、なるのか?
成人同士だったら現金授受があっても犯罪じゃないんじゃないのか?
だからきっとニュースじゃないのだろう。うん。

でもってもぎりちゃんニュース。
こ、これは…(笑)。こっちのほうが興味深いじゃないですか。
姉よりもぎりちゃんのほうが私のことを理解しています(もぎりちゃんには迷惑な言い草か)
ていうか、ペンギンだから「なんというか…」な心境なのです。もぎりちゃん(笑)

(B級映画館新聞をお持ちの方はかなり前の号の4面のもぎりちゃん漫画を見れば分かります)

とにかく若い子に手を出したらいかん。そんなやつを教諭にするな!!

そういえば思い出した。
今年のトニー賞で『ダウト』が賞を貰ったそうで…
私は見に行けませんでしたが、昨年秋にも上演していた、『神父が少年に性犯罪を〜』という事件をネタにしたシリアス演劇です。

せめて、トニー賞授賞式を衛星放送で見て、どんなだったか知りたいところ。

sith_ko2 at 17:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日常ネタ 

2005年06月03日

夏祭り、参加決定

夏祭りに当選しました。
もたもた、と CD-rom登録に勤しんでいたため、こちらへの発表が後回しになりました…。
曜日とスペース番号は<土曜日 ひ-21b>です。
関係者各位様、どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m
_______

水曜日は映画の日だったので、姉とバイトの後で
「ぶれいど3」と「ほのーのメモリアル」を見に行きました。
万博などがあったため2週間ぶりくらいの映画鑑賞。
最後に見たのは「やじきた」ですよ(笑)

「ぶれいど3」は「2」より遥かにまし!!という出来。
バレエな姉に言わせると「すごい良かったよ。あっという間に終わったよ」
とのことですが、私には冗長に思われました。
悪役が人間ルックスの時は、リンク先のitchさんが書いていた通り
懲りんファレルに似ていて、好ましかったのですが
へーんしん、するとプレデターになってしまうというのがちょっと…安直なデザイン。
彼が立ち寄る『ドラキュラグッズショップ』がナイスでした。
いいなーあんな店があったら行ってみたい。
ドラキュラデザインの***なんてのは要らないけどね!(笑)

やはり「ぶれいど」は1が一番!あれは必見レベル。2は最悪。
3はまあまあ、というまとめになります。

顔白塗り、アイライン真っ黒、口紅変な塗り方…のパーカー・ポージーが快演。
パーカーポージー、久々だった…老けたはずだけどほっそりしてた…。
バレエな姉いわく「あのハイヒールであの蹴り。ちょっぴり太股見えてたよな。いい蹴りだった。」
バトルもの好きの姉にとっては、登場人物がみんな律儀だったので大満足だった模様です。
___________

「ほのーのメモリアル」(原題「はしご車49部隊」Ladder 49)は
内容の志は悪く無いものの、1本の映画としては「ぶれいど3」に勝る冗長ぶりでギャフン。
同じ脚本(窮地にある主人公の回想形式)でも、もっとサスペンスフルに撮れるはず、と思った…これは、監督の技量がバレてしまった感じの仕上がり。
まあ、そもそも脚本の作りそのものに問題があるのもいけません。
ハリウッドでは掟破りの………をしてるとこはいいのにね。

腹ぼて&ボクサーショーツ姿のトラボルタも、首太くなってるホアキン不死鳥も好演です。
T1000ことロバート・パトリックがすっかりおやぢになって登場。ぼやっきーでイイ感じ。
劇中、隊員が1人亡くなるのですがその時消防署の外が映り、私が「あれっ半旗になってないぞ…いいのかな?」って思ったら数分後にトラボルタキャプテンが「半旗にもなっとらん!」と部下全員を叱り飛ばしてました(笑)。なんとも直球な演出です。すべてが。

見終わったバレエな姉いわく「私はバックドラフトのほうが好きだな」
そりゃそうでしょう、あれはロン・ハワードですよ!?
そういえば『アポロ13』の10周年記念特別DVDが出たそうな…
試写会も大々的に、アメリカではやったそうな…
主演の富むハンクスと、ハンクスの演じたジム・ラヴェル御当人も参加したイベントだったとか。
いいねぇ…。
______

「ほのーのメモリアル」には最高の予告編がついていた!!!
そうです、あの、2005年正月映画っていう完全な嘘が出ていた「仄暗い水の底から」の米版リメイク作「ダークウォーター」です。
でもかわいい生き物テムテムは予告編には出ませんでした。
水と影とジェニファーコネリーだけです。
残念…(水の中に沈んでいたのかも。もっと目をこらすと見えるのかも←恐いって)

とどめが公開予定時期の表示でした。
今年の秋公開って…!
先だなぁ…
まあ、下手に夏にひっそりそりそりと公開されるよりはいいのかな…
残暑に恐い映画で寒さを。という狙いですかね。
夏は宇宙で戦争をして涼もう、ということで。

でも夏の大本命はもしかすると「バットマン・ビギンズ」かもしれないと、新予告(マイケルケイン様登場!)を見て思いましたよ…
己がダークサイドとの闘いはバットマンにありそうだ(笑)
ゴンジン先生も出てくるし(笑)

そして最近の私的流行り=SW ep.3の予告の最後で腕組みをすること。ハイ、御一緒に。
しゅー こー (腕組み)



sith_ko2 at 03:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 腐女子上等ォ