2005年08月

2005年08月29日

NC-17に戻る前に

シモリーネ姫の他のテム&ゲーリーRPS3作品
[better than one][Volition][it's called the world]と
テム&ゲーリー初共演作テレビ映画『ミーンタイム』での二人の役で作られた/小説
[nothing to say]の抄訳、紹介///続きを読む

sith_ko2 at 00:29|PermalinkComments(0) 英語[/]拙訳紹介 

2005年08月28日

久々にちょっと覗いたWZ掲示板で

やましさのあまり、ふと本物のテム君の近況が知りたくなって
(その流れは変じゃないのか…?笑)さっきちょっぴりWZ掲示板を読んでみた。
夏祭りの2ヶ月前くらいから終わるまでくらいの期間は、そういうことには気が回らなくなっちゃうので、久々でした。

おやおや、そしたら結構テム君が投稿していましたね。
7/8に『やっと家に帰った〜』と喜びの挨拶をしてたのですが
7/31には『またお出かけ〜』と旅立ち宣言。
ヨーロッパからアフリカへ回るようですよ。今頃はアフリカかな?
あのなまちょろい白いお肌が丸焦げになってないといいのですが…
(前に海辺にバカンスに行って丸焦げになってたそうですから。笑)

どっこいどうどう、この旅立ちの最初はどうやらイギリス経由だったようで
新しい常連投稿者のライロン(Liron)さん(19才)が「うひぇ〜!会っちゃった!」とびっくり仰天はうらっきーあいあーむ!な書き込みをしておりました(笑)。

ライロンさんはイスラエルからロンドンに移住したばかり。まだ仕事も見つかってません。が、お友達が『有名人サイン蒐集家』らしくて、その彼女に街でばったり会ったら
「ちょっとあなたも一緒にここで待ってなさいよ」と言われ、彼女の示す高級レストランの店内を覗いたら…そこにテムテムが俳優(?)のニック・モラン(Nick Moran)といた、と。

お友達はライロンさんがテム君好きと知ってたので教えてくれたんですねー。
まだロンドンに来て日が浅いライロンさんは、観光旅行者感覚が抜けずどこに行くにもカメラを持参していたのですなー幸いにも。
で、出て来たテム君と一緒に写真を撮れた!と。
でもってWZ掲示板にもよく書いてるんです〜とオタオタしながらゆったら(思い起こしてライロンさんいわく「心の準備ができてないからろくな事が言えない…もっぱら彼が喋ってくれた」んだとか)すぐに分かってくれて、
「あそこはいい所だよねー。皆によろしくって伝えてね」

…とゆったのだそうな。
ライロンさんは一緒に撮った写真、必ず掲示板に載せますね、とテム君に約束したそうです。(見たいけど、顔出しちゃうのはキケンかも…と余計な心配をしてしまう)
掲示板の常連さんたちは伝言を受けて喜びつつ、「ええなぁ、ライロン!」「そういうラッキーがロンドン暮らしの象徴になるといいわねェ」などなど、羨ましさを包み隠さず(笑)返信。

どっこいライロンの幸運はまだ続き、8/14の数日前くらい(?)には、どこぞのパーティ(ロンドンの舞台関係かな?)でフリードリンクにごっきげーんでがんがん飲んでいたら、客の中にテム君がいるのを発見…(笑)
ここでのポイントは、テム君が息子と一緒にいた!こと。

わ〜〜これはさすがのオイラも羨ましいですよライロン…(と書き込みはしなかったけど)

もうかなり酔っていたライロンは自分が何を話しかけてテム君が何を答えてくれたのかもうチンプンカンプンな記憶しかないらしいのですが(笑…だからこそテム君もふつーに接してくれたんじゃろう。パブっこだから…)、8/15にはイギリスを発つ予定であるってことくらいは覚えているそうで…どこへ飛んだやら…(笑)

ライロンが見たところテム君の息子(これは間違いなくジャックだね!ジャック無事みたいで良かったよ…ロンドン住まいだろうから…←テロの話)は…
テムによく似ていて
チャーミィでジェントルマン

なのだそうですよ…!!!
きゃっわいい〜〜〜(←妄想中)

まぁライロンいわく「(テムによく似てるってのは)私の目がどうかしてるかもしんないけど(笑)」なのだそうですが。
でもきっと似てるんだよ…イギリス人の血が濃いだろう(お母さんもイギリス人だし)。
ジャックももう二十歳超えたよね…いや〜時の流れだなぁ〜
すっげ〜近影が見たいんですけど!(笑)
まだマドセン・ステップが踏めるのか、ジャック?(笑←んな親戚のおばちゃんみたいなことを!え?おじちゃんの間違いだろって?=やっちゃんが言いそうなツッコミ)

ジャックがテムより身長高くなってるのを望みます(笑)。

ライロンが掲示板で写真を撮らせてくれたときの親切に感謝してこう言ってたのが気に入った。Thank you for being so lovely.
ら匹蝓舛任い討れてアリガトウ。
この言い回しは使い回したいものです…(笑)

*

短期間に2度もテム君と接近遭遇したライロンの投稿をまたまた皆歓迎しながら、
掲示板管理人のキャロルいわく「常連のみんなは各国に散らばっているから、この分だとテムはどこを旅して回っても私たちのうちの誰かにばったり出会う羽目になりそうね!かわいそうに(笑)。そしてそんな彼に必ずみんなで言う言葉はこれ…『可哀想なテム!(Poor Tim!)』(爆笑)」
…おもしろいです、キャロル女史!(^o^)
ぷあ、てむ…!
あらゆる意味で、妙に奴にはぴったり来てしまう言葉だわ…
おふざけ的にも、そうでないところからも。

今回のアフリカ行きにはパソコンも持ってく〜と書いてましたので(イメージ湧かないね…ラップトップのちっちゃいのとか持っているといいかも)月一回くらいは掲示板にまた顔を出すかもしれません。何を撮っているのやら…無事に完成して、私にも見られるといいのですが(未公開にならぬよう)。
そして無事にお家にまた帰れるといいね!
腐れファンの呟きでした。

sith_ko2 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テムトーク(笑) 

2005年08月26日

NC-17にちょっと一言

前文にちょっと一言コメント///続きを読む

sith_ko2 at 05:00|PermalinkComments(0) 英語[/]拙訳紹介 

ものごっつNC-17(1)

テム君とゲーリーのRPSに出会って動揺し喜び、ちょっと訳してみた日誌///
タイトル:[high rent] 著者:シモリーネさん
訳文は途中までで、次回に続きます。///続きを読む

sith_ko2 at 04:38|PermalinkComments(0) 英語[/]拙訳紹介 

2005年08月25日

10/16に何があるというのか…(夢ネタ)

日曜日に上野へ行って〜♪パンダ〜とかライオンを見た〜(和み)
月曜日は昼まで眠り〜♪深夜〜までカット下描き〜(申込)
火曜日はカットを仕上げ〜♪控え〜コピーして投函〜(またヨレヨレ)
水曜日にマンレポ読んで〜♪不備を〜覚悟〜して雷雨〜(雨漏り)
木曜日は18切符を売って〜♪冷えピ〜タ貼って寝てみた〜(風邪か)
金曜日に絵本ムーミンにハマり〜♪ガ●ダムの特集を見た〜(半分)
土曜日に次回用荷物をまとめ〜♪やっと〜メールチェックした〜(遅!)

ともだーちよこれが私の〜♪先週七日の動きです〜
とりゃとりゃとりゃとりゃとりゃ とりゃりゃ〜〜♪(以下略)

で、上に続く日曜日の午後。仮眠2時間弱をとったら、久々に夢を見た。
ずいぶん長く、夢みてなかったんです。
もちろん上記の1週間など例外もいいとこで、ひたすら気絶のように寝てた。
しかもいくら寝ても目の下に「くま」があるような気がする起き心地で、
ぱっとしなかった。夜冷え込むので、風邪気味みたい(まだひきずっている)

しかしなぜか日曜の午後には夢をみた。
妙に生々しいやつ。

ティム君も出席するプレミア上映会らしきものが開催されるという情報を得ている夢の中の私。
なぜか、上映会入場券まで持っている。
しかしその日付けを見た夢の中の私は愕然とする。
「8/16じゃないですかこれ!」などと叫び、絶望に浸りかけ…

…たら、なぜか誰かが「いや、それ、関係者の誰かの都合で、延期になったんですよー」と教えてくれる。
「えっじゃーいつなの?!」と私。
そこで分かった延期後の日付けが10月16日だった。
(夢ながら忘れられない)

しかも、その8/16付けの入場券で入場できるという。
場所はドイツ。
(なぜ?!笑)
夢の中の私の連想=あ〜、来年、ワールドカップあるから!(なぜそれで納得?!)

でもってイベントの名目が…凱旋公演(何の?!)
想像するに、上映される映画がどこかの映画祭で受賞でもしたってことなのか…
ただ、釈然としないのは…上映される映画が…どうも『ミリオンダラーホテル』であるらしくって…
きたる10月のことと、物凄くハッキリしているだけに…おかしい。
(ドイツ=ヴェンダース=ミリダラという連想だったのかな…?)

そりゃ、ミリダラならミリダラであたしゃ嬉しいですよ。
いつのまにそんなに認められる映画に変わったんだろう…などと夢の中の私、あくまで呑気というかフレキシブル。
(?)

最も異常だったのは、夢の中でのヴェンダースってことになってる人物のルックス。
テリー・ギリアムだったよ…!!!
(脳回路混線してる…笑)

ドイツ寒いから〜
なんて言いながら、うきうきと旅行仕度してたよ…夢ん中の私。
(どこまでもおめでたい…!)
来年秋にオランダ行くつもりだったけど〜(これ本当に計画中)
こうなってきたらその分の費用はもう10月のドイツ回しだねー!(とことん嬉しそう)
10月ならまだ準備も工夫できるし!
下調べして、予習して、確実にドイツのティム君を捕捉せねば…!
…と意気揚々・使命感も熱く燃え・たぎる期待に雪も溶かさんばかり…

8/16じゃなくなって本当に良かった!
なんてラッキー!
忙しくなるけどやっぱりラッキー!
ドイツなんぞに行くなんて思いもよらなかった〜!
映画見るのも楽しみ!
ティム君ロングヘアかな?!
エッホエッホ(準備の音)


…そういう夢でした。
生々しかった…準備してる感覚が。
なんでこんな夢をいきなり見るんだか相変わらずさっぱり分かりません(笑)

原稿を書こーという意欲の影響?エンパイア誌アウォードで去年テム君&ギリアムのほっぺくっつけ写真を見てたせい?ヴェンダース映画にカメオじゃなく傍役としてしっかり出演している映画を待ち望んで?来月のスクリーンでのティム君との再会の期待?来年秋のオランダを考えすぎ(発案どまりなのに)?サッカーが見たいのか?(笑)

そんなすべての謎を大きく超えて、目覚めて頭を傾げた要因は
だからなんで10月16日なの〜?!(笑)です。
教えてくれ、私(の頭)よ!(笑)

ちなみに本当の今年の10/16は日曜日で仏滅です。
何かがあったら、おもしろい…(ちょっとこわいかもしんない)



sith_ko2 at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 夢ネタ 

2005年08月24日

12年目の記念撮影

4bbcb081.jpg既に数日経っちゃいましたが、もぎりのやっちゃんの誕生日に記念撮影をしました。
左から、
俺の愛用のペン先(Brause:No.361.Made in Germany)
俺(レゴ)
俺の愛用の鉛筆(たしか、無ジルシー製)
もぎりのやっちゃん

という並びです。

覚えがはっきりしていないのですが、この今も現役の『愛用の鉛筆』は、12年前『B級映画館 4号』の原稿をしゃかりきになってやっていた頃(1993年の7〜11月)にやっちゃんから貰ったものなのです。

B2くらいの柔らかい鉛筆。やっちゃんは箱で持っていた気がしますが。
そこから1本もらって…で、現在に至るまで私の原稿の下書きは全て1つの例外もなく、この鉛筆で行われてきました。

見てお分かりのように、手で削ってます。こんなに短くなる前からナイフで削ってます。

こればっかり使ってきた理由は…どうだろう、たぶん、ゲンかつぎのような気分なんだろうなーと思います。
慣れてるから、手に馴染んでいるから、という理由もあるのでしょうが…。
なんとなく、共に歩んで来た戦友のよーな感じ。
あのマンガもこのイラストも、全部おめぇさんで描いてきたんだねぇ…って。
今度も頼むよ〜、なんてね!(笑)

そういう気分は確かにあるのです。

もうじき、この鉛筆ともお別れになりそうなので、記念撮影しておきたかったのでした。

やっちゃんにも列席してもらったのは、元々の持ち主だからということと、
B級映画館のパトロンだから(この12年使っているインクはやっちゃんがくれた瓶だし、在庫皆無の『6号ふろく(初版)』の印刷費も半分出してくれているし、ときどき消しゴムも…と、あらゆる意味で出資者だから!)。
俺にペン先を持たせているのは、鉛筆の小ささが分かるように、スケール比を強調するため(笑)。

ペン先にGermanyとはあるけど本当にメイド・イン・なのかどうかは自信ないです。
このペン先が自分に合っている、と分かったのも1993年頃のことですよ…。
12年で鉛筆1本使い切ってないってのがイカンのですな!
上達するにはもっと何本も使い切ってないと…(笑)

やっちゃんに聞いたところによると、描いた原稿を積み上げて天井につくくらいでないと上達しない、それくらいの勢いでやらんとあかん!ちゅうことで。
そんなエピソードを語ってくれる厳しきもぎり嬢が身近にいてくれたお陰で、どうにかこうにかやってこれているB級映画館なのでした。

12年目の感謝をこめて。鉛筆をありがとう。そしてお誕生日おめでとう(遅まきながら)


sith_ko2 at 02:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 漫画が大好き 

2005年08月21日

今、そこにある書類不備

2005年冬祭りの申込書を書き間違えたかも…という不安を綴る///
続きを読む

sith_ko2 at 04:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 『B級映画館』参加イベント&在庫案内他 

2005年08月09日

疲れはつまらぬ失敗のもと

8/8まで通勤定期券が有効だったのよね…

朝、バレエな姉の出勤のついでに私はバイト先まで便乗させてもらってるんですが(車)、「今日ってなんにち?」と聞いた私に「9日だろ」と姉。
私は日付けも印刷されてる手帳を持っていたというのにその姉の答を疑いもなく信じ、大慌てで以前買って残っている通勤区間分の回数券を自宅へ取りに駆け出した。

「あー思い出してよかった!せっかく買っといた回数券がパーになっちゃう」
と御機嫌な私。正反対だったっつうの!(怒)

往きは便乗なのでいいとして…帰り…。
鉄道の窓口へ「これ終わった定期です」といつものように返却すりゃよかった…
今日に限って「またにしよう」って思っちまった。

帰宅してもすぐ気づいたわけではなくて
ケンタッキー鳥フライの広告を見て、「8/10までの1割り引き券なんてすぐ期限切れじゃん」とツッコミを入れたとたん、周囲の人間が
「今日って8/8だよ?!」と真実を教えてくれた…。

すぐには信じられず…
うへー ほんとだった…
ムダに回数券使っちゃった…アホだ〜。
まあ、片道390円の部分の定期ですから、損なんて390円以下ですけどね!

疲れているせいで、日付け感覚もおろそからしい。
なんのかんの言っても、疲れが溜まっているんでしょうね…
反省。基本的行動は、ちゃんとするべし。
がっくり…○| ̄|_
__________

オフブロードウェイで(8〜10月の)三ヶ月間の上演ですが、
『1人芝居スターウォーズ』がやるそうな!
ほんとのタイトル=Charles Ross'One man STAR WARS Trilogy。
ニュースの掲載誌は『エンパイア/9月号』(英国の雑誌)。

10才の頃には、ep.4を400回見たんだそうですよ…このチャールズさん。
すごすぎだ…
見たい舞台ですよほんと…

ふと、『サラマンダー』(邦題)という映画の冒頭でクリスチャン・ベールが相棒と二人で『二人きりスター・ウォーズ:帝国の逆襲』(笑)を絵本もテレビもない孤児たちのために演じていたのを思い出したりして…(あれはいい場面だった。心あるSWファンは、こぞって見よ!なんちゃって。)

西欧での上演の話ももちかけられてるらしいのですが、実現しても11月頃から。
それまではオフブロードウェイで揉まれることでしょう。
面白そうだよなぁ〜!

なおこの1人芝居、あくまでep.4〜6の3作中心です。
ますます面白そうだ…

両手を両耳の上にもってくだけで『レイア姫』!ってことになるらしいっすよ。
ファンもうなるほどの見事なコピーぶりらしい。たった1人なのにね!
すげー見たいっつうの!

ただなぞるにとどまらず、ツッコミもするらしい…
『ジェダイ』の最後の台詞を言ったルークを演じた直後「これが最後の台詞だ!もう二度と映画界で働くことはあるまい!」(意志としてなのか、干されるという意味でなのか…;)と叫ぶそうですよ…(笑)

日本には…きてくんないわな〜…しょぼん…。
今年ならでは、の企画なんでしょう、ね…
DVD出してくれませんか。無理でしょうか〜。
『恋に落ちたジョージルーカス』まで買ってる私なんですが…

原稿がんばろう…ってもう夜中だ…眠い。
半眠りで日誌をつけてしまった。
師匠にお薦め頂いたので『Samurai 7』をBGVにしつつ…
おいおい!って場面がさっきあったよ(笑)
のんびり見たかったような気もするけれど…
いまどきの「仕込み」っぽいモヘ系要素みたいなもんがちらつくと、思い通りに踊らされんのはしゃくだぜい、と根っからのひねくれ気質でハネてしまう。

どうせモヘるならあれだろ。
『荒野の七人』でブリンナーに直接、告白してたマックイーンのほうでおもいきしモヘたいですわい(笑)あんなに熱烈だったとは…大人になると世の中違って見えてくるもんだー(見えんでいい。笑)
しかも『れざぼ』と一緒でね。
男の惚れた、は、こそばゆくも愛おしく…肉の愛と繋がりきらずにたゆたう、
ってやつですわ。モウモウ

沸いてます。
疲れからくる油断に気をつけろ…!(まだ言う)

sith_ko2 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 『Star Wars』 

2005年08月04日

ゲスト入稿終わったす

リンク先の『魔紳士と聖者の館』さんが夏祭り用に新しく発行される
ピーター・カッシング様の本「Suite for St.Peter Cushing」
(スィート・フォー・セイント・ピーター・カッシング=聖ピーター・カッシングのための組曲)
にゲスト執筆(9枚)しました。

締めきりギリギリでお届け…しかも「10枚くらい描きたいです」と豪語しておきながら
9枚止まりというありさま。迷惑かけまくりました。
しかもまあ、絵も絵で…私のいつものあのレベルですので、全然なっとらんというか。
はっきり言って似てない。
実物の良さがほとんど紙の上に再現できてない…

そんなんでも使ってもらっちゃったようです。
ありがたい限りです。

なぜかカタログ上では『魔紳士と聖者の城』という名前になっちゃってる模様ですが(笑)
それが『〜館』さんと同じところです。
B級映画館でも受託販売する予定ですので、私の場所でも完成品を見る事はできる予定です。
カッシング様の出演作を文章と絵で紹介したファンジン(ファンによるファンのための本)
という内容ですが、初心者向けの親切設計…らしいですよ!(笑)
興味お有りの方、また常日頃、B級映画館へお越し下さる皆様、どうぞ宜しくお願いします〜m(_ _)m

これからまだ新聞作りが待ってます。油断大敵。
______

『富をとったら武士になる』そんな名前の消費者金融会社さんに御礼を。
ここんとこ連日、ポケットティッシュを配ってくれていてありがとう…!
原稿描きのお伴なのですよ。

昔もぎりのやっちゃんが「買ったティッシュは柔らかいから、インクで汚れたペン先を
拭くのにはもったいない。そんなのにこそ、タダで受け取っている金貸しのポケットティッシュを使うのだよ!」と述べたことがあって、
「なるほど!」と納得して以来、いざ…ってことがない限りはポケットティッシュなのでした。

そういえば下描きに使ってる鉛筆…あれも凄い年期だな…。
もう、ペン先よりも短い鉛筆なんです。(笑)
もとはと言えば、もぎりのやっちゃんから恵んでもらったものなのです。
縁の下の力持ちだな、やっちゃんは…(笑)
いつまで保つかが、見どころ?です。
ちなみにもちろん、鉛筆削りを使わずに手でカッター持って削ってます(笑)

ね、ねむいので今夜はこれで…。
今週、休み(肉体労働バイト)ないのでハードなんで…○| ̄|_はぁ。

sith_ko2 at 01:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 腐女子上等ォ