2006年01月

2006年01月29日

三谷オールナイトに行って来た

とはいうものの、『みんなのいえ』(2001)と『12人の優しい日本人』(1991)
の2本立てがオールナイトで上映されてるってだけの…。

どうせなら上記2本に加え『ラヂオの時間』『The 有頂天ホテル』の4本立てで
パーっとやればいいのにねぇ。ふつーそうでしょうよ?

数年ぶりのオールナイトに一生懸命、睡眠調整して赴いた理由は
その映画館系列の会員だったので「無料」だった。
『みんなのいえ』未見だったのでスクリーンで見たかった。
の2つ。

既に見た事ある『12人〜』が夜10時台からで、以降0時台に『いえ』
2時台『12人』4時台『いえ』って感じ。
自宅からの最終電車10:41pmで出かけ、0時台の『いえ』から観戦!
満足したけど…フィルムの穴(←上映するための穴)がおかしいのか
映画館の機械がおかしいのか、そもそも機械へのかけかたがおかしいのか、
画面がガッタガタでした。
ちくしょ〜なんじゃこりゃ〜
まぁこんなの初めてじゃないから(しかし思い出すこれと同じくらいガタガタ
上映だったのは『デストラップ死の罠』だから相当昔か…)いいけどね…
バスで石だらけの山道登りながら映画見てると思えば!(どんなんだ?!)

笑えたのは、劇中で『地鎮祭』をした直後、数分だけ画面が落ち着いたことです。
地鎮祭、効果あるんだなぁ(スクリーンは地面じゃありません。笑)

さすがに、どんな理由であれ言わねばならんと思って、終了後に映画館の人に
ひとこと言いましたよ…機械とか人為的問題なら、その映画館がへっぼいだけですが
もしもフィルムが駄目なら、貸し出してくれた…東宝かな?…に返すときに
連絡すべきだろって。
「映写室、人、ずっとついてますか?」
とかゆっちゃったよ…恐いおばちゃん(性別年齢不詳)に見えたかな…?
煮え切らねぇな。どっちにしても。映画館の下っ端ってやつらは…ゴラ!
______

感想

●『みんなのいえ』…「ラヂオの時間」をテレビで見て、おお、よく出来てるじゃないか、
三谷監督、けっこういけてんじゃん…と思ったことがあったので期待してたのですが、
ちょっと360度パンのやりすぎかな…
それから、脚本のひねりが足らねえな…(←田中邦衛の声音でお読み下さい)
ま、そんなとこだな。
脚本弱い映画ってのは、もうその時点でかなり減点だからな。
三谷さんはそれを一番よっく分かってるはずだからな。
(ニール・サイモンとビリー・ワイルダーを好きだっていうオリジンが証明してるわな)

三谷脚本&監督ものなので、男と男の愛…はばっちり混入していた。それは結構でした。
ごっそさん

●『12人の優しい日本人』…言うまでもなく傑作。というよりも偉大なるパロディ。
いい映画だと分かっているので何度見てもいい。台詞を覚えてもなお面白い。
ここまで美しく愉快に『12人の怒れる男』を「翻訳」(日本人文化圏に置換)し得たことを
ただただ讃えたい。その気持ちは初めて見た時から変わらない。

そしてこれは三谷監督作ではないからね…すぐ前に見た『いえ』と比較するのは
舞台劇的な内容の『12人』と、ロケ的な『いえ』ってことで反則かもしれませんが、
ここぞというところできっちり映すべきものを捉えている『12人』の監督の力量が
実感されます。

『いえ』冒頭のゴジラネタの「絵」回し(画面展開)は、脚本家的弱点が露呈していたから…

1ゴジラがアパートの一室から出てくる不条理(な場面)
2すぐ続くパソコン画面を見つつキーボードを打っている男のバストショット
 男の左腕側にゴジラのミニチュアが見える
3「あなた、まだ?」と妻、奥のドアから顔を出す
4妻の視点から見た男の姿。本棚にもう一体大きめのゴジラのミニチュアが見える


1から2への展開を即座に『脚本家が打ち込んでいる内容を、場面として見ていたのだ』
と納得できる観客は少ないんじゃあるまいか。このあとモタモタと、男の台詞によって
男が脚本家であることが裏打ちされ、1が『フィクションの世界』だったのだと
観客は確信するようにはなっているものの
そんなに引っ張っちゃいかん気がする。

1と2の間に、たとえ常套手段であっても、男が打ち込むパソコンの画面の文字
(たとえば『逃げる着ぐるみゴジラを追う人々…』といったト書きなど)を
入れないのか。その文字画面から、パンで男のバストショット…
これですんなり行くと思うんですが。
そんなとこに演出力のアラを感じたわけです。

大ヒットしてるという『The 有頂天ホテル』の仕上がり(演出の成熟)を期待します。
________

ちょうど昨夜『チューボーですよ』で三谷さんが登場
ここでも怪しげでよかった。

マチャアキさんが「ここでちょっと演出をしてみてもらえませんか」と頼むと、
三谷さん「いいですよ。前から堺さんにやってみてほしい役があったんです」

三谷さんが言うには、「いい意味で生活感のないマチャアキさん」に
ホームドラマをやらせてみたかったと。
そこでマチャアキさんが『頑固親父:和風ハンバーグが好き』
助手の若い女性が『頑固親父の息子の嫁:子供達の好む洋風ハンバーグしか作らない』
三谷さんが『頑固親父の息子』

といった配役で寸劇が展開。
***
親父が和風ハンバーグを作っていると「何やってるのお父さん!」と嫁、詰め寄る。
親父「俺の(←『わし』ではありふれているので俺とか僕でお願いします、と三谷演出)
大好きな和風ハンバーグのソースを作っとるんだ!」
もめる2人
嫁「あなた!あなた!」と助けを呼ぶ
息せき切って登場する息子「親父なにやってんだよ!!」叫び声
息子「これは和風ハンバーグじゃないか?!」
親父「何がいけないんだ。この嫁はいつも和風ハンバーグを作る作るとリアクションだけは
するが一度も作ってくれん。いつもデミグラスだなんだと…
お前はデミグラスか?!」と腕を伸ばして嫁を指差す。
親父「お前は西洋人か?!この和風の良さが分からんのか!
(息子に向けて)お前、なんとか言ってやれ!」
息子それまで2人の間に立って両者の顔を交互に見ていたがすぐに親父に寄り添い、
親父の指差す仕草をそっくり真似て
息子「出てけ!
嫁「なんで?」(当惑)
息子と親父「出てけ!出てけ!」とユニゾン
***

こうして、ウーマンレスな男と男の関係はここでもニホヒたつのだった。
マチャアキさんは上記の「出てけ」っていう息子の即断に大爆笑していた…(笑)
そりゃそうだよ(笑)
三谷さんがマチャアキさんより背が高くて、モエだった…
(マチャアキ孫悟空、大好きで…そうか、彼もチビ属性だったか…げほんげほん)
ごっそさん

番組で紹介された神田と大塚の和風ハンバーグ、激ウマそうでした…あうー
赤坂の和風ハンバーグは駄目でした(笑)
わさびソースだとかパテにお芋まぜてるのは面白いんだけどいかんせん、見た目が美味しそう
じゃなかった。

神田駅裏(ルー・ド・メール)の和風ハンバーグは、
酒とみりんと濃口醤油とはちみつに黒砂糖、そしてネギで
ソースを作るオーソドックス派。旨味とコク!じゅるじゅるり
大塚駅のほう(GOTOO)は、カツオだしに濃口醤油、
そこへニンニクを混ぜつつ隠し味に絞ったカボスを入れる、技巧派。
うっわー舌にのせてみたーい!
どちらもナツメグ、オールスパイスなどを肉に混ぜてまして、フライパンで焼く時には
洋酒?をぶっかけて炎がゴォ〜!って例のやつ。
おいしそーです〜グウグウ(ハラの音)
_____

2回目の「いえ」は30分だけ見て、地下鉄の始発に乗って帰路に。
途中、乗換駅で暖を取るためにホット缶「おしるこ」(サントリーだったかなー)を飲む。
膝かけも持ってきたので憂い無し。
朝7時帰宅、風呂で暖をとり、1時間眠ってから再び同じルートを逆流の形でお稽古へ。
午後1時半、暖をとろうと自販機へ…

お汁粉は朝飲んだから、コーンポタージュにしよ〜っと。ちゃりんがっこん

冷え冷えの缶が出てきたっつうの!(怒!!)
押し間違えたんじゃないんです。く、くやしい!
暖をとらずにおれぬので(睡眠不足と空腹で)こりずに「おしるこ」を…(アサヒ)
おしるこデーでした。
ホットと詐称したコンポタは、こんど鍋で石川ゴエモンの刑に処します。

sith_ko2 at 21:32|PermalinkComments(0) 日本映画 

2006年01月28日

泣いたらいい、と賢者は言った

水曜日は訃報デーでした。
ナイスガイエディことクリス・ペンが41才の若さで死去。他殺ではないとか。
やっちゃんを初めとして、やまこさんとキタハラさんがメールで連絡してくれまして…
惜しい人をなくしました…
どこかで追悼上映でもしてくれないものか。
『フットルース』『ロンリーブラッド』『ライアー』『キスキスバンバン』、
そして『レザボア・ドッグズ』の5本あたりを。

兄貴のためなら俺はトラックにひかれてもいい、と速攻で言える男…
テム君のBBC特番にちゃんと出て来て「テムには100ドル貸しがあるんだ。…ウソ!(笑)」
とおちゃらけてくれる男…
テム君なら好みそうだと『ライアー』の脚本を回してくれた男…
偏屈ボケ爺さんと受け取られがちなローレンス・ティアニィ(『レザボア』のジョー親分を
演じた老俳優)を「ひねたユーモアのある面白い爺さんなんだよね」と評価できた男…

ケビン・ベーコンの隣でおぼつかないダンスのステップを踏んだ時から
好きだったよクリストファー。
親父のレオ・ペンは名監督だったし兄貴も名監督だからもしやいつか、
何十年もしたら監督作を見せてもらえたのかもしれない…残念だ。
ショーンとテムテムはきっと泣いてるよ…
葬式には絶対エミリオとチャーリーとラモーン2世とレネーとマーティン・シーンと奥様が
そろって出るだろうな…

しんみり。さっきWZ掲示板もちらっと見ましたが、常連さんも皆、同感なようです。
『自然死っていうけれど、41才の自然死ってどうよ』って意見には
『それもある時にはあるものなのよ』『←同感』といった感じ。
掲示板の管理人キャロルさんも上記のティアニーのことを語ってもいる
『レザボア10周年特別DVD』を見て「彼のことをよりいっそう認めたし、好ましく思ったわ」
と思い出話。

ひとりっきりの旅立ちだったようなので、それが少しでも楽だったことを祈るっす。
_______

WZ掲示板の昨年末の動向を先週ごろやっとあちこちまとめて読んだのですが
それをアップする前にクリスの訃報に出会ってしまって出鼻を挫かれたっすよ…。
ティム君とビュリホー奥方ニッキさんの結婚13周年記念日だったとこなのに…。
ニッキさんがティム君の近くにいる時だとよいのですが(←ほとんど孫を心配する婆気分)

さて、私が原稿に明け暮れて始めていた昨年10月〜11月、掲示板管理人のキャロルさんは
大変でした。入院しちゃったのです。
胆石が見つかり、それを除去する手術のための入院だったのですが
膵臓が悪くなっていることがさらに判明し、手術は延期で、一時は集中治療室いり。
入院後かなりしてから取らなきゃならない胆石を手術したようで
11月末には、掲示板に復帰されてました…。

今頃わかっても…どぅわ〜 俺のバカ、馬鹿…○| ̄|_
入院中に誕生日を迎えるという皮肉なめぐり合わせだったキャロルさんに
贈り物のひとつもしたかった。(身近な常連さんがちゃんと入院先住所を公表して
くれてたので)タダノブ・アサノが大好きなキャロルさんだから、写真集とか!
もう遅いけど…
イチ・ザ・キラーの写真集でもいいよな…(そういうのあったんじゃなかったっけ)
日本版のパンフでもいいか…
とにかく遅いけど。人生巻き戻しボタンはないんだよ。と己をちょっぴり責めた。
________

いっぽう。
11/10付でマーガライトさん(30代、大学院生アート専攻、サム・シェパード戯曲好き)
からの悲痛な訴えが出た。
『一ヶ月つきあった男に、手酷くふられてしまい、己が無価値なダメ人間に思えて…
この8年間で初めて、心も身体も許した相手だったのに…
愛おしく、優しく、誠実な相手だと思ったのに、わかってみたら他人をやたらと値踏みし
女性に「完璧」を求める独りよがりな男だった…
別れてまだ24時間以内で書き込みしています…誰かこんな私に助言を…
助けて!』という「SOS」だった。

常連さんは即対応、筆舌を尽して慰め、助言してた。
ちょい前にこの日誌で引用したラリー(テキサス出身のバスドライバー)さんも
『君の流す涙のひとつひとつに癒しの効果があるから…』とこれまたいい事を言ってました。

『「許す」ってことを学ばないといけない』と、その酷な男を許す事と
その男の正体を見切れなかった自分を許すべきよ、と助言する人も。

"If Winter comes,can Spring be far behind?"
という(これって『冬来たりなば 春遠からじ』ですかね?)英国の詩人パーシー…
(自分のメモが読めなくなったため←字汚すぎ…省略)を引用して
もうそれより悪くなることはない、これからどんどん良くなるのよ!と励ます人

『ずっと読むだけだった私が初めて書き込むわけは、私もつらい恋の終わりを
経験したところだから。今の貴女の気持ちは本当によく分かります』と長く自分の
体験を書き込むことで気を楽にしてもらおうとする若い女性…
などなど。

テム君はかなり遅れて11/25にやっとこマーガライトさんに助言を書き込みました。
全訳でお送りしますっす(オレ訳なんで御了承をば)

『悪い恋愛だったようだけど、何年も忠誠を尽した後でそいつが糞野郎だって
分かるよりはずっといい…自分の身の安全に気をつけて、
他の人たちから愛されていることを忘れないようにつとめて。
いま僕はルーマニアにいるけど…1989年にはエチオピアにいて
父の死の知らせを受け取った…ものすごく打ちのめされて息が止まった…そのとき
真の賢者が僕にこう言ったんだ…胸のうちを全部吐き出して泣いたらいい
なぜなら思い出して泣こうにも泣けなくなる時がくるかもしれないからね、って…
だから思いきり泣くといいよ…今の君の悩みが悩みでなくなる時はきっとくるし、
その悩みによって君はより良い人間に成長していくんだ
みんなここにいるから。
少しは助言になったかな
虐待者の腕は長い
斬って捨てろ

君を思いつつ
tr』

マーガライトさん、ちゃんとこの遅れたテム助言に同日返信しまして
『賢者からの素晴らしい助言をありがとう!自分でも、驚くほどこの経験では
泣けました。まだまだ泣いてます。貴重な助言通り、どこまでも泣いてみるつもり』
と書いてました。
ちょっとずつ、立ち直っているようです。

このしばらく後で、WZ掲示板ではクリスマス休暇で西海岸に戻ったらしき
テム君がふった死刑是非論が大勢で交わされるようになるのですが、
その時もマーガライトさんは
『私にはいま、なんとも言えないわ
なぜって、人を赦すという事を学ぼうと努力中だから…』とコメント。
死刑の決まった殺人容疑者に恩赦を与える必要などない、という女性陣が多い中で
微妙さを光らせておりました。

この死刑論議についてもまたこの日誌で御紹介できたらしたいっす…

テム君のいう「真の賢者」ってまさかアルトマン監督かなってふと思った。
まるで外してるかもしれませんが。
そういえばそのアルトマンさん、今度のアカデミー賞で功労だか特別賞貰うそうで。
監督賞がふさわしい人になかなかいかないアカデミーでは、そういう方法しかないのよね。
ひさびさに生身(?)のアルトマン監督が見られそう!老けてなお御健勝だといいな…。
でもって、テムを使ってやって下さいどっかで。(笑)
いまはおでぶなワインメーカーとルーマニアでドラキュラごっこしてますけど
(してないって)



sith_ko2 at 05:01|PermalinkComments(0) テムトーク(笑) 

2006年01月24日

典型的な冬の昼下がり

北風はガラスにさえぎられて陽射しだけあたたかく
私の部屋のフトンの上の
毛布の上のネコ
ひなたぼっこ

固めた前脚に頭をつっこんで小さくまとまっている
外で空気の大物が図体を動かして
ごうと音をたてる
こがらし
(…と呼べるのは冬の初めまでらしいけど)

ずいぶん遠くでどっかの飼い犬が恐いのか怒ってんのか
ひっきりなしに吠えている
飛行機が飛んできた
厚い雲の上で音が反響して
くぐもりながら長くのびる
巨大宇宙船の襲来

廊下の障子に枝の影
くっきり
秋に葉の落ちきった庭の柿の木

つけっぱなしの台所のテレビから声
地震の被害と対策について
舌に残る珈琲の味
さっき煎れたて

ネコは体勢を変えて伸びていた
ねぼけた半目
ガラスが揺さぶられる音
遠くの道路のトラックがバックする警鐘
ストーブにかけたヤカンの水がこっそり騒ぐ

さて英国から届いてホヤホヤの
サイト&サウンド(映画雑誌)の続きを読みましょう

sith_ko2 at 21:50|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2006年01月22日

『B級映画館』ニュース

2005年冬祭り後の活動情報&在庫情報の御案内///
(2006年当初時点での『通販案内』もありますが、既に古い情報のため御注意下さい)
続きを読む

sith_ko2 at 21:37|PermalinkComments(0) 『B級映画館』参加イベント&在庫案内他 

2006年01月21日

漢字マスターの皆様サンクス/『死骸花嫁』展

『エゴグラム』の結果の、「読めない漢字」を教えて下さってありがとうございました。
まるっと原文をコピーしたものでしたので、「九」を「丸」にしたのは私じゃない!
とキーボードの中心で改めて叫んでおきます…

最後のツメがあまちょろで全体がパーになる…
耳が痛いっす…
それって『10号』の「あとがき」のようなことだと思ったす…(笑)
あ、それと…『海ピ』のラストシークエンス?(爆笑)

やまこさんがコメントしてくれた〜!わーいわーい。
見ててくれてるんですね…嬉しいですにょろ。そこでひとつ。
冬祭りの夜に許可を頂くつもりですっかり忘れてたこと。
以前お手紙で頂いた*********を次回のBPPで使いたいの
です!使わせて下さい!ぜひぜひm(_ _)m。
猛烈に私信でした。

生き扉(←こう綴ると恐怖映画っぽい。今日へろへろ姉はデザインマークを見て
「しょーもね〜!」と唾棄しておりましたよ…そっとしといてあげなよ、
だって新興ネット企業なんだからさ…とゆっておきました)への失望著しい
音乃さんが、私のつまらん替え歌にウケてくださったので以下に転載。
ここで言う「マスター」はゴンジン先生にとっての毒伯爵です。
(これはSWネタです)
でもってちょっと権利が恐いので一部、伏せ字で…
___

どんくさいタイトルなら負けませんよ私…
『●くのマスターはフィー●ー』とか!(爆笑…俺だけだよ!こんなのでウケるの)

●くのマスターは〜♪(コーラス:ドゥークー!!♪)
嵐を巻き起こす〜♪(ドゥークー!)
どんな時だぁって〜
イナズマ飛ばして〜
くーじけなーいお、っと、っこ〜♪
フィー●ー!そうさ〜♪

ぼっくらのヒーローさ〜
マスターの匂いは〜
悪に満ちてるよ〜
ぼくは〜 知っていーるー♪

若い愛人を〜
囲っていたりーすーるけどぉ〜〜♪
マスターの傍に〜いーるーだけで〜
無敵の〜
責めにな、れ、っるよ〜〜♪

★毎週土曜日夜9時からテレビセレノで絶賛放送中
『攻め責め時代:マスター編』の大ヒット主題歌をお送りしました★

マスター編が終わると、『攻め責め時代:ジェダイ編』がスタート。
でもってさらに視聴者の皆さんの熱烈な要望に応えてさらに続いて
『攻め責め時代:マスター復活編』が…
_____

なんだかな〜とりとりさん(『相棒』でいま御活躍中)がこの日誌を
読んで下さりそうな時に限ってこんなアホなことをしているってのも…
ああ、やっぱり人非人!外道なのね!あたし!!(←きんどーさんみたいな響き)
だーてぃ ろっとん すかうんどろ〜なのよ!(←嬉しそうに言うな!)

ちなみに上記の「若い愛人」というのは、毒伯爵とおつきあいしてしまっている
若きターキン総督のことです。ってこう正式に書くとしみじみしてくるなぁ(笑)
古くから『吸血鬼ドラキュラ』にやましい想いを抱き続けた者にとって、
ルーカス帝のSWのキャラ設定&キャスティングには、
メラメラせずにはおられないものがあるわけなのですよ…

ティム・バートンの恐怖映画へのリスペクトがいっそ健康極まりなく思えるほどに(笑)
______

あっそれで思い出した。年末最後の日に行きましたよ!
渋谷のアメコミショップ。休みでした(自爆)
2/5のイベントがらみで上京して、再トライしようって決意しました。
光剣をかざすと動いてくれるというリモコンR2が欲しいのよ…!間に合うかな…

それと『死骸花嫁』展も。しみじみ見ました。わずかな展示でしたが、
ちっちゃな人形たちをじっくり見れてよかったかも。
メインのマダムたちと、生きてるほうの許婚者の左薬指にしっかり指輪が
はまっていたのには恐れ入りました。
そのくせ、その亭主どもと、どっからどう見てもチャーリー(チョコ)のパパな
主人公には指輪がないのですよ。
野郎どもにはやはり『誰かの所有物である=女性の指輪が語るもの』という表示は
必要ない時代だったのでしょうか。

ちっちゃいくせにドレープもフリルも完璧なドレスにはうっとり。
数枚しかなかったけど、ストーリーボード(絵コンテ)にはもっとうっとり。
絵コンテで見ると、やっぱり『死骸花嫁』がいかに倒錯の歓喜をそれとなく
オブラートでおもいっきしくるんで、イノセントな人々に供じているかを
再確認できてしまいます。

いいのか、こんなもん映像化しちゃってて…っていう内容なんですけどね、あれ。
死骸愛(ねくろふぃりあ)スレスレだし…
そもそも、吸血鬼とかインキュバス、サキュバス(←淫夢鬼の男女)といったものへの
恐怖というのは、死骸(あの世の住人)や悪魔と性的関係を持ってしまう禁忌(タブー)
から来ているものなんで…
『死骸花嫁』でも、さ〜りげなく、死骸が主人公に橋の上で接吻する瞬間を
ブラックアウト(暗転)して誤魔化しておりましたですからね…!(おお、あざとい!)

『ピアノ・レッスン』と同じ時代の女性が、とことん生身を衣服で覆い隠している
というのに、『死骸花嫁』の花嫁のモロ出しドレス(彼女の母から受け継いだものだと
いうが、どんな母ですかと問いたくなる代物)の生々しいエロティシズムは、
すごいです。
あの脚、忘れられんです。
絵コンテなんかですと、死骸花嫁の顔は半分骨だったりして…
それだったらもっと私はあの映画を愛してしまったことでしょう…(ビバしゃれこうべ!)
あの胸もすごいです。
そこへ持って来てあの不幸そうな眉毛。
たまらんです。
男を滅亡させるファム・ファタールの要素揃いぶみです。

死骸花嫁の倒錯的エロティシズムの一方で、作曲家ダニー・エルフマンの
ガイコツフェチぶりの大爆発がビバビバに展開されて、彼の80年代のバンド
オインゴボインゴのアルバムジャケットを見た事のある人なら万感の想いに
捕われること間違いなしの怪作、それが『死骸花嫁』でした。

エルフマンが分かる人にしか分からないキャラ、
ビル・『ボーンジャングル』・ロビンソンを演じまくり、歌いまくっているのを
ただただ暖かい破顔で見守ってしまう映画なのです(笑)
(*本物は「ボージャングル」)

展示の最後に、『チャーリーとチョコ工場』でジョニデップが被っていたシルクハット
(紫色!?)と、ステッキ(棒部分が透明で、中には色とりどりの…チョコチップ?飴チップ?
が入ってる!細かすぎて映画スクリーンでは見抜けませんでした)と手袋が飾られていました。
思わぬボーナス。
最後は例によって、グッズ販売コーナー…もしや幻のウォンカチョコが売ってんの??と
淡い期待を抱きましたが、ただのウォンカデザイン枕でした。ちぇっ。
音乃さんがくれた、プリントアウトした割引券で安く入場できたので、
大感謝ですよ!最終日を有意義に過ごせて良かったです。

渋谷の東急1階で買った「おこわいなり」弁当がこれまた、旨くてね…!
『おこわ米八』さんですよ!itchんさんチェキチェキ!
帰路は熱海駅から超満員/なのに三両編成…みたいな地獄だったけど、それまでには
食してたし…ラッキーな年末日でした。
2月の帰りには、母に買って帰る予定です。おこわいなり。
…と思ってよくHPの店鋪案内を見てみたら、地元にも店、出てました(笑)
な〜んだ。さっそく今度、街に出たら買ってみよう!うっふっふ

sith_ko2 at 23:59|PermalinkComments(1) 『Star Wars』 

2006年01月18日

エゴグラムの結果でやんす

冬祭りでお世話になったnanashi先生が「シス子さんの結果が知りたいですねー」と
おっしゃってたので、新年早々やってみてた『エゴグラム』(性格診断)を載せますっす。

姉たちも喜んでやりまして(こういうのが基本的に好きな一家なんだな!笑)
口々に『合ってるよ…!』と爆笑。お互いに結果のポイントを突つきあうこの頃です。

以下、ところどころに色をつけたのは、私の独自の判断によるものです(笑)
…それにしても、読めない漢字があるんですが…誰か読んで!!
_____
1.性格

強く厳しい意志と逞しい欲望、高い判断力と計算力など、社会の成功者と成り得る要素を、数多く抱えて居るタイプですが、唯一最大の欠点は、心の冷たい人間で有ると云う事です。目的達成の為には、手段を選ばない場合も有り得ると云うような、特異性が有ります。そう云う傾向を持つ心の操縦法を、ついうっかり誤ると、飛んでも無い落とし穴に嵌り込む恐れが有り、「丸仭の功を一簣に欠く」事の無いように、出来るだけ法に触れるような「権謀術策」を用いない方が賢明でしょう。世間からは、厳しく冷たい人間、計算高く我儘な人間と見られがちで、周囲の人々が出来るだけ避けて通って行くような傾向が出てくる事は、或る程度避けられない現象かもしれません。温かく思い遣りの有る心を育む事が、目下の急務でしょう。

2. 恋愛・結婚

恋愛や結婚にも、目一杯の打算や計算の働き易いタイプです。相手の容姿やセックス感度さえも、貨幣価値に換算して見るような所が有り、どれ位の価値が有るから、これ位の無理をしても仕方が無いとか、もうこれ以上の金を使う価値が無いとか云う風に、飽くまでも冷静に割り切った物の考え方をして行くタイプです。もし結婚生活中に、相手が浮気や大きな失敗を為出かした場合、今離婚した方が、自分に有利だと云う判断が出来た場合には、是れ幸いに相手を絶対に許さないタイプです。逆に自分が不利と判断した場合は、許して恩を売るか、知らぬ振りで過ごし、何れ形勢が逆転した時に、強烈な竹箆(しっぺ)返しをする事を心に決めるか、その何れかの道を選ぶ可能性の非常に高いタイプです。

3. 職業適性

警察官、刑務官などの治安関係公務員や、検事、判事、弁護士などの法律家が、最も向いている性格です。保母(父)、看護婦(士)、宗教家、カウンセラー、ケースワーカー、秘書などの仕事には、全く適性がありませんし、ボランティア活動などにも全く縁が無いでしょう。

4. 対人関係

余り打算に走り過ぎない事と、他人を利用し放しにしない心掛けが肝要です。それは一時的には儲けたようでも、そう云う生き方そのものに、何処かで搖り戻しが来る為に、肝心な所で足元がぐらつく可能性が大きいのです。
_________

性格、の欄で青くした文が読めません。ゆえに意味も調べられんのです。お助けを!

なんだかもう、人非人!!の一語に尽きるようなこんな奴(私だ!とマモー@ルパン三世劇場版1のような声で叫ぶ)と、つきあって下さって有り難うございます…皆様…m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
…って感じだす(←日本語不自由中)…(笑)

計算高い、うん…そうかも。感度に値段をつけるような奴と言い切られると、面白いんですけど…我ながら(どうなんだろう…やってみないと。←それもどうなんだ!オイ!笑)。
結婚してて〜しっぺ返しを〜云々、のあたりは大当たりだぜ!って断言できます(笑)。

そういう用意周到、執念深い性格…があるからには、職業適性に『法律家』があるのは自然ですよね(笑)。ドルさんに絶対できない職業(警官とか)が私には向いてて、私には絶対できない職業(宗教家)に適しているのはnanashi先生なんですよね…。そこも興味深かった!

ちなみに我がバレエな姉の職業適性とドルさんが似てました。
芸術家、芸能関係、などの創造性を活かせる職業、です。
それしかない、と言い切られ気味だったドルさんに対し、私の姉は『あなたはどんな職もそれなりにうまくやれる、ただ、その創造性を活かすなら〜』と前置きがついたので、そのびみょーな差も興味深かったです。姉のほうがちゃっかり人生を生きれそう(気苦労なさそ!)。

あたたかく、おもいやりのある心を育む…目下の急務!?
た、たしかに…
す、すみません、としか言えない妄想と共に生きているもんね…
思いやりを…ああ、雪の結晶のように美しい思いやりを…!
俺にとって思いやりってファンタジーってこと?!だから雪として描けるの??
それが真実なら…すみませんすみません。
>フレグランス(仮名)さん、やまこさん。(とりあえず思い付いたお二人)
_____

バイトが暇なので三連休になってる中の日の今日、何時間もネットサーフしちゃってた結果
最後にたっぷり『WZ掲示板』を覗いていたのですが…
ラリー(テキサス出身のバスドライバー。いい人!)がある投稿でゆってた言葉が
この診断に重なって、とほほの二乗です。
ラリーいわく『自分が愛しているのと同じくらい、相手も自分を愛しているかどうか
という比較…それをしてしまう愛は、間違っている。進んではいけない方向にある』


アンコンディショナル・ラヴ(無条件の愛)が一番か〜
そうだわよね、だからこそ私はミスターホワイトに涙するのでしょう。

ラリーにはもう1つ言われちゃったんだよね(いえ、別にオイラ宛じゃないんだけど)。
『目には目を、を突き詰めたら、全世界が盲になるだけ』
___

うわ!たった今テレビCMのBGMが『エヴリワン セッズ アイラヴユー♪』だった!
ANAだった…。愛、すべてのエクスキューズ。すべての元凶、そして福音。


sith_ko2 at 21:56|PermalinkComments(6) 日常ネタ 

姉たちもスーパーヒーロー

私はバットマンなんじゃよ、と自慢していたら
バレエな姉が「私もやりたい」と言うのでさっきやってみました。
そしたら本人も周囲も予想した通り『スーパーマン』という結果でした。
スーパーマンとハルクとアイアンマンが3つとも65%…
ちょっと低めな適合値です。

ついでに『ヘロヘロ日記』の姉もやってみて…こんな結果に。
Your results:
You are Green Lantern
Green Lantern
80%
Superman
60%
Batman
60%
Hulk
60%
Spider-Man
55%
Supergirl
50%
Catwoman
50%
Iron Man
50%
Robin
42%
The Flash
40%
Wonder Woman
35%
Hot-headed. You have strong
will power and a good imagination.
Click here to take the Superhero Personality Test


かつて見ないキャラだったのでウケました。ぽほぽほ(笑)

sith_ko2 at 00:03|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2006年01月16日

スーパーヒーロー占い

明日、いやもう今日だけど…寝不足必至になってまですることかしらん…
と自問しながらもやってしまったんですよ。
とんでもない結果に…(笑)
でも答えながら、う、この質問内容からいってもしや…って思った。
やっぱり夜の闇に隠れ住みたい生き物なのねオイラ…

Your results:
You are Batman
Batman
80%
Robin
68%
Spider-Man
65%
Green Lantern
65%
Superman
60%
Supergirl
55%
Hulk
40%
Catwoman
35%
Wonder Woman
25%
The Flash
20%
Iron Man
20%
You are dark, love gadgets
and have vowed to help the innocent
not suffer the pain you have endured.
Click here to take the "Which Superhero am I?" quiz...


sith_ko2 at 04:00|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2006年01月13日

笑い上戸な水谷豊に和む

水曜日の『徹子の部屋』に同局のドラマ『相棒』に出演中の水谷豊がゲストしていた。
もともと水谷豊は好きでして…
それでも、『相棒』がスタートして間もない頃はちょろりと覗いて
「ああ、やっと、新機軸な役作りを確立したのね…!」と確認した程度で
毎週がっつりしっかり見るほどの熱心さは起こらなかった。

それに変化が訪れたのは2005年の夏祭り。
突然、久しぶりに、Tori2さん(とりとりさん)がスペースにいらして
いまわたし、こんな本を作ってるんですよ…と御自身発行の『相棒』本を
くださった時。

Tori2さんは『B級映画館 6号』のイントロを飾るイラストを描いて下さった
私にとって大恩ある御方。数年、サークルをおみかけしてなかったので
寂しい思いをしていたのですが…

うおお、あのTori2さんが、あの水谷豊を描いて下さってるなんて〜!
と大興奮。Tori2さんは『熱中時代』の「ぼくの先生はフィーバー」の
初期シリーズも刑事編も次の教師編も御覧になったことはないようなのですが…

実は『刑事編』の眼鏡な水谷豊を見た時からファンになった私だったので
この流れで『相棒』をがつがつ見始めてからは、さまざまな走馬灯が…(笑)
でもって現在シーズン4が本放送中のためか、我が地方局では昼にシーズン3を
再放送中で、それも録画して見ている勢い。
ちゃんと見て行けばゆくほど、Tori2さんの御本が楽しめる…というのもあって。

おかげで『徹子の部屋』も見つけまして。
久々に、ナマの(?)水谷さんのトークする姿を見たわけで。
むか〜し、むかしの彼は、それはもう、本人には悪いけれど吹き出して笑って
しまうほどの、極度な『あがり症』で…
『ザ・ベストテン』という歌謡曲番組で、はからずもナンバーワンになってしまった
「シカゴ・コネクション」(俺ドーナツ盤!持ってますから…笑!)
という『熱中時代 刑事編』の主題歌を、ドラマのロケ地かなんかで、役の格好のままで
歌わされていた時など…もう、気の毒なほど、あがってて…
声なんかブルブルで…
うわずっちゃって…
今にして思えば、それからずっと先の米国アカデミー賞でマドンナが主題歌ノミネート曲を
歌った時のあがりっぷりと物凄く似ている状態だった。

『教師編』でブレイクして、なぜ刑事なの?と反発の声さえあった路線変更だったけれども
蓋を開けてみれば大ヒット、大人気シリーズとなった『刑事編』、その人気ゆえの歌一位
…だったのですが(実際あの歌、よかったんだよね…惚れた弱味だけではドーナツ盤買わない)
御本人はその大人気についていけてなくて
ただもう戸惑っている。
それが生々しく、その時の歌いっぷりに出ていた。

流行りものを見ないへそ曲がりのオイラでしたが、当時『ザ・ベストテン』は抵抗なく
毎週楽しみに見ておりましたので…その、ガチガチのブルブルのナンバーワン、
というのが水谷豊の第一印象だったわけです。
そこから逆流して『刑事編』の本放送に追いつき、再放送で全部見て、
そりゃもうどっぷりハマったわけなんですね…

現在に至るまで変わらぬ私の『愛したら骨の随までしゃぶり吸い尽くす』性格から
『刑事編』への愛の注ぎっぷりは凄かったのですが(今だってDVDボックスでたら
即買いすると思うよ…ずっと待ってるんですけど?!←真情吐露)…こうして、
現在の水谷さんを『徹子の部屋』で、見ると…
37才になった俺の目で見ると…
あ〜、そっか〜〜〜ってしみじみしたよ…
ちっちゃくて、線が細くて、演技が上手い(普段と役との間にギャップがある)
…誰かさんと酷似してるよ!
結局 俺って…物心ついた時から男の趣味、ずーーーっっっっと一貫してんじゃん!!(笑)
なんだかなぁ…(自嘲)

これだけ何年もたって、『刑事編』での大人気にうろたえていた頃よりも遥かに人生経験を
積んだ今になっても、やっぱり水谷豊はシャイで笑うと止まらない、しかもウフフと
キュートに気取りなく笑う、万年青年っぽいところの残ったかわゆい男でありました。
緊張すると顔面神経がピクピクしちゃう感じも変わんないしね…

自分の家でも迷うほどの極度の方向音痴ってことで、カーナビに従って家族で箱根に出かけた
はずなのに右側に海が見える(東北に向かってんのか?!笑)というエピソードを語った時に
徹子さんが「カーナビに機能を増やしてほしいわ。高速に乗り損ねたら、すぐその場で
『あ〜 今通り過ぎましたね』って言ってほしいのよ!1キロ先でまた『高速に乗って下さい』
じゃ駄目なのよ。それに『目的地周辺です。ここで案内を終わります』って言うのも
勘弁してほしいわよね!そこからが知りたいんだから!!!(笑)」とまくしたてると、
馬鹿ウケしまくって、ただただ仰け反って笑い続けている…
なんだかそんな彼の姿にふと往年の名作
『俺たちは天使じゃない』のあきらちゃんが重なってしまったよ…

何年たったんだ。変わんねぇものは、変わんねぇなぁ…(ら匹蝓繊)

それと、声ね。
喋る声が、比較的ちっちゃいんだよね…か細いっていうか落ち着いているというか。シャイか。
そーこーもー誰かさんと似てる。似てるわ。ううむ。
まいった。

とにかく『刑事編』のボックス出ないかな…
森本レオに宍戸錠に草笛光子に…凄い面子だったんだけどな〜
私にとっては森本(もりも)っちゃんは日本語吹替え版『SW新たなる希望』のハン・ソロで
あるよりもまず先に、早野武(はやのたけし)の先輩刑事なんだけどな〜(笑)
早野くんが制服警官から私服刑事になれたのが、課長だったか部長だったかの
『一目惚れ』(←いまでこそこう言いますけどね、あたしゃ)だったって分かる
エピソードで、制服警官姿を見た時には…
萌えたなぁ…(←いまでこそあのときのリビドオがこれなんだと自覚できますよ。ハハハ)

ちょっとそんな、小学生時代のリビドオの揺り戻しと現在のリビドオとのシンクロ率
100%なこのごろです…
冬祭りの夜、みんなに『己が趣味の特異性に気づいたきっかけは?』ってな質問をして
答えてもらいまくってたんですが…
つくづく自分の異常性を痛感しなおしたような…(笑)

水曜日夜に見た『ジョージ・マイケル』で1つ、いいことを聞いたかな。
「自分のセクシュアリティで喜びを得て、そして喜びを得られるような相手に巡り会えて
初めて、自分のセクシュアリティを疎ましく思わなくなる」
…うん、それは本当だと思った。
ジョージ、君は幸せ者だよ。


sith_ko2 at 03:51|PermalinkComments(0)

2006年01月12日

新年初のテムトーク

『公式に非公式なテムテム・ウェブページ』を久々に訪問。
真夜中だっつうの!(木曜、バイト休みなので…つい。寝ろよ俺…)

おっ!いろいろ目新しいものが…てな感じでウッハウッハして眺め回りまして…
期待の(→『ルーマニア旅情』:テムトークカテゴリ在中)コッポラ監督との新作の
現地写真1枚を発見…(ちっちゃい写真をクリックすれば大きくなるよ!
ちっちゃいテムはどんなにクリックしても大きくならないけど…笑←酷いファンだ)

おやおや〜このジャケットには覚えが…(笑)
でもってコッポラさんはまるで『山登り散策が大好きな好々爺』なのに
後ろからついてくるティム君は…すいませんギャングの親分のボディガードですか?(笑)
前のコッポラとの対比に吹き出しちゃうんですけど…
「奴が断れない条件を出しましょう」などと『ゴッドファーザー』の台詞がつい
頭に浮かんできちゃうんですけど!?(笑)
面白いコンビです。いい仕事しててほしいです。

映画の公式サイトにも飛んでみましたがコッポラさんの日記は1日分しかアップされて
なくって残念。『若い頃にピークを迎えた天才アーティスト達がその後、自らの若き業績を
けっして超えることができなかった』事について考えこんでる内容を綴ってます。

『ガラスの動物園』『欲望という名の電車』を書いたテネシー・ウィリアムズ。
サリンジャー。映画監督のフェリーニでさえスランプがあった…と書くコッポラ。
しかし後半には『だが、生涯を通じて素晴らしい作品を創造し続けた人々もいる』と、
作曲家ヴェルディ、劇作家シェイクスピア、映画監督アキラ・クロサワ
(『クロサワにはどん底の日々もあったというのに…』と相変わらずのクロサワラブなコッポラ)
画家ピカソ…などの名前を挙げるコッポラ。
『彼らはなぜ、そうする事ができたのか。どんな素養が異なるというのだろう。
これについてはおいおい考えてゆきたい』
…という言葉で、日記は終わっておりました。

かつての風雲天才青年コッポラの、老いた今の素直な気持ちを感じます。
ていうか、コッポラって若いわ。なんだかその悩み方が若いですよアナタ(笑)
後輩ルーカス帝には、今や見い出す事が難しくなった「若さ」を感じるよ。
さすが、自分の会社潰しても映画作った男は違うわ(笑…そこが好きにならずにおられん)

日記の続きは読みたいけれど、たぶん続きがアップされぬまま、
今度の映画作品としてコッポラの考慮の結果を見せてもらえるのかもしれません。
ヴェルディのようにいい仕事をし続けたいだろうコッポラ。
ファンだってそれを期待していますよ…
『レインメーカー』を未見だからファンとはいえぬ私ですが。
がんばれコッポラ!
そしてテムの役名はドミニクなのですかやっぱり。
ドミニク…(←なんだかちょっぴり萌えているらしいよこれだけで)プルプル
______

サイトアップデートのページんとこに、『2004年パリ映画祭』かなんかの写真をアップしたよ
ってあるんで、草壁さんは飛んで下さい(名指し)。
『コックと泥棒、その妻と愛人』と『ウォーゾーン』の上映があったらしくて
(BBCは才能発掘所、とかいうネタで上映&トークがあったそうな)
ヘレン・ミレンとテム君の15年振りくらいの邂逅を拝めるよ!!
彼女の横にいるとテム君がやっぱりミッチェルっぽく見えるのはなぜだ(笑)
若く感じるとゆーことね。レイ・ウィンストンとの2ショットも久々。らぶらぶだ

ポールベタニィさんとの写真もあったよとキタハラリンに連絡しておきたい。
______

テレビ出演(インタビュー)2つと2005年の記事の3つが『記事』欄に
追加されててこれも読破。テレビ馴れしたね、テム!(←孫の成長を喜ぶ婆)
雑誌記事ではイタリアに『デカメロン』(例のヘイデン『穴禁』クリステンセン主演の
期待の新作映画)の撮影で来た時のミニミニトークが読めました。
箇条書きメモ
1 撮影待ち時間には最近ポータブルDVDプレーヤーとDVDを山ほど持ち込んで見とるらしい
2 記事の時点では『斬るビル2』をDVDで見なきゃーとゆっていた
3 『斬るビル1』はタラちゃんと一緒に見て大いに楽しんだらしい
4 タラちゃんとの仕事はチャンスがあったらやっぱり絶対やりたいらしい。
  理由=むちゃくちゃ楽しいから。
5 ソニーのデジカメをゲットして使いだしたようだ
6 それまではキャノンを使ってたそうな
7 カメラの細かい部品をよくぶっ壊すらしい(笑)
8 携帯電話もよく落とすらしい(爆笑)…カメラも落として壊しとるってことか。
9 ソニーのデジカメは壊れなさそう(丈夫そう)なのでいい感じらしい(どうだろそれ)
10 『パルプフィクション』のアタッシュケースの中身は相変わらず秘密らしい…が!
11 いつか遠い先にインターネットのブログで誰かがバラすかもね、と言いおった!
  (いちおう出演者で秘密を知っている人々には守秘義務があるみたいだ…)
12 インターネット上で皆が中身について考えているのを読むのを相変わらず楽しんで
  いる模様(両手で口元を押さえてウフフフ…と笑っていたらと思うと撃沈です←バカ)

記事では中身の代表考案例として、『聖櫃(アーク)』『エイリアンの生命体』というのが
あるらしい。「俺のボスの汚れた下着だ」と中身を答えたジュールスを演じた
SLジャクソンも中身については『電池と電球』と公式返答しているらしい。
…だから、中身は鏡なんですってば(←違うって)

そうそう、箇条書きに加え忘れましたが、もうひとつ

2” アメリカン訛りの英語を喋る必要性がある時(この場合『ダークウォーター』)は
  『ステート・オブ・グレース』のゲーリー・オールドマンを見てるらしいですよ
  キタハラさん!(また名指し)イギリス人にもニューヨーカーが演じられるって
  最初に思えた作品なので、いいインスピレーション源のよーですね。

2”” カリフォルニア米語は「R」発音がきつすぎて、やりにくい(避けたい)らしい。
_______

年末、原稿のためにひっさびさに『グリドロック』を見た。
爆笑だった。
『リトルオデッサ』も見た。
最後にやっぱり泣けた。
NHK衛星でまた『ゴッホ』も放送していた覚えがあるが、それは見られなかった。
…もう風呂入って寝よう。あ、カンヌでのタラちゃんとの2ショットもあった。
何年ぶりかで2人の2ショットが見られたので感激っす(たとえ片方背中向きでも)

sith_ko2 at 06:01|PermalinkComments(1) テムトーク(笑) 

2006年01月11日

お年玉発見

リンク先の『itchさんのお絵描き』の12/6 #248 に『ダークウォーター』の
写メールティム君が…!!
そっくりですよ!
itchさんのコメントも的確そのものですよ!!
見るべし
見るべしじゃよ!!(まだ見てなかった人限定)

素晴らしいお年玉をありがとう…itchさん。
(単に気づくのが遅すぎなだけですが)

キタハラさんもやまこさんも、DVDになったら、チャンスがあったら
見てみて下さいよ〜
写メテム(笑)
あらゆる意味で、どうなの、どうなのよこのキャラ…ですよ!
でも『ロブロイ』ほどには、変に「キャラ立ちしすぎ」ってわけでもないし。
ヴィヴァ メガネ!!
2005年ってそんな年…(笑)
早く次の新聞、書こっと(^o^)

sith_ko2 at 00:57|PermalinkComments(0) テムトーク(笑) 

2006年01月10日

やっと年賀状が終わりまして

七草がゆの日まで過ぎて、やっと1月上旬が終わるこの日に年賀状を
ひととおり出しきりました…遅すぎ…

そこでいろいろ…と思いましたが、nanashi先生に教わった「エゴグラム」
(性格判断)を姉達とやってみたりして、笑っていたので
時間が過ぎ去ってしまったですよ…
また後日、いろいろ…を書きます。エゴグラムの結果も(当たってた)。
____________

前回の日誌に暖かいコメントを頂いた
フレグランスさん(仮名)(消えて良かったです、汚れ…!意味、1個めのコメントで
誤解することなく分かりましたよ!)

キタハラさん(御祝!!リトル日記復活!!写真日記もチェックしに行きますね)

音乃さん(いっそ全部消して下さい!…というのは大嘘です。自信ないもんでつい。笑)

…ありがとうございました。少なくとも3名様に関しては安心できました…!
___________
●『B級映画館』通販関連ニュース●

B級映画館新聞(BPP)の31号の第一面にある、
新刊『守護天使は眠らない』の送料ですが…120円と判明しました。
通販を御希望の方でこの「日誌」を御覧の方がおられましたら、
本代150円+送料120円=270円 なので、270円分の切手(*)を新聞奥付の発行者住所まで
お送り下されば、発送致します。

(*10円から120円までの切手を、適当に組み合わせて270円分にして頂ければOKです)

最新の在庫状況は、後日アップします。
_____________
〜〜〜冬祭りの反省をすこし〜〜〜

itchんさんにやっちゃんが「仮面ライダーヒビキの同人誌で私が見たいと
思うものは、すべてこの間の放送(年末の日曜日)で見れた!」って言ってた、
というのを年末に伝え忘れてしまったですよ…
すんごく良かったらしいですよ。

他にもitchんさんにDVD(レイ・ウィンストンの『スカム』)を貸し忘れていたり
(家から持ってくことさえ吹っ飛んでいたよ…あああ…詠嘆)

なんといっても最大のポカが、冬祭り前日にホテルでチェックした(つもり)だった
にも関わらず、アラキリンさん&きのこさんのサークルさんを完全に見逃し
(そもそも、なぜ『50音別』で調べよう、という発想が出ないのか…駄目ダメ)

おまけに、その配置場所が至近距離だったにも関わらず、やっぱり当日も
見逃していた…これに尽きます。
トホホホホ…
まあね…
渡したかったEさんホーク切り抜きの山も持ってくのを断念しちゃってたけど…
(いるかいないか分からなかったので…今にして思えばなぜnanashi先生に
カタログみてもらわなかったのか…あらゆる発想が止まっていたよ、年末のオイラ)

以前、この日誌にコメントをくださったこともある「うりこ様」の配置場所も
ちゃんとチェックしていた(これだけはずいぶん事前にやってたのに…!)のに、
ばっちり行き損ねました。
もう…
駄目ダメもいいとこっていうか…
行くのをあれだけ楽しみにしてたのになぁ…
(バットマン本の新刊ないかな〜って…ゲーリーがそれはそれは可愛い御本を
作ってらしたので。きたはらりんにもまた見せますヨ。見せたいんですよ。
2/5に持ってくから、見てくださいよ〜。)

どうしようもなくヌケていた私でしたが、
フレグランス(仮名)さんのお手伝いのおかげで、朝からさっそくお買い物に
出れて(それなのに、って思いつつ)とってもステキなルーシリ本を入手できました。
感激!
カタログにあった言葉なんだけど
『いい本と出会うのはキセキ』だし
『努力がキセキを起こす』ものなのですよね…

努力して下さったのはフレグランスさんですが!ありがとうございました!
お陰で、こんな、こんないい本に…
しかもその本の発行者さん、普段はネット上での御活動がメインのようなので、
冬祭りで「本」っていう媒体で入手できたのは…やっぱりキセキ!
また後日、ネット上でのルシリな世界を覗きに行くのが楽しみです…

その方のルシリはあくまで映画版のコンビなんですけどね。

途中から反省っていうより嬉しい報告になってしまったけど…
ひとまず速報ってことで。
思い出話を忘れないうちに書けるといいな…
____________

らいぶどあ、要らない画像がやたらと出過ぎで、書き込みのための
画面あけるだけでも一苦労です。もっとシンプルにしてほしい…
あらゆる人が最新のパソコン持ってるって前提で公共(?)のサービスするの
やめて下さい、日本企業さん。(ジュッパヒトカラゲ体質め!)


sith_ko2 at 23:59|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2006年01月03日

『無限大分の1の奇蹟』の代償

2005年冬の新刊『守護天使は眠らない』への消しゴムかけのお願い通告///
続きを読む

sith_ko2 at 23:00|PermalinkComments(4) 『B級映画館』参加イベント&在庫案内他 

2006年01月01日

謹賀新年!

72a62019.jpg新年、あけましておめでとうございます。
この破魔矢でもって
皆様の前に立ちはだかる邪なもの魔なもの総てを
撃ち破れる1年になりますよう
祈願祈祷いたしまする。

我が映画の神
ヲタの神
SMの神
…の御力(フォース)を侮りめさるな(笑)

(…最後だけ吹替版SW ep.4のヴェイダー口調だったり)

With this sacred arrow
We pray
All the evil bullshit
Will be shot down
And your ways gonna be perfectly clear
Through the whole new year.

Praise the lords
Of moving pictures
Of fanatic fancies
Of sado-masochism.
...Don't underestimate the power of the Force:)

sith_ko2 at 23:59|PermalinkComments(0) 日常ネタ