ジーヴズ(ス)を演じたのは…『エル・シド』録画結果

2013年06月04日

『エル・シド』がNHK-BSで6/5午後1時から放送!

1990年代にLD(レーザー・ディスク)で買って見たのが初めてだった映画なんですが、好きなんです。主演のヘストン様が好きだからってのもありますが、オススメします。///

来(きた)る5日水曜日の午後1時から4時やや過ぎまでの放送時間帯ですので、予約録画で御覧下さい。良かったら(笑)。3時間以上の大作映画、いわゆるエピック・ムーヴィー=歴史劇(史劇)ってジャンルの映画です。

男気があって部下に慕われるタイプの西洋サムライ、エル・シド(チャールトン・ヘストン)が、男気が無くて上司に向いてないタイプの国王に、どこまでも忠誠を貫くという中世(←語呂合わせのつもりじゃなかった笑)のダイナミックでヒロイックな中間管理職の哀切を描いたドラマです。

…そんな解説で分かるのか?!(←セルフツッコミ笑)

この解説が当たっているかどうかを確かめるためにもぜひ御覧下さい。
(^^)

初めてLDで見た時には泣いたっす…そういえばあれから二度目の鑑賞をしていない(苦笑)…また泣きそうで怖いからかもしれません。ぶわー(←思い出し泣き)

エル・シド [DVD]
エル・シド [DVD]
なんと千円ポッキリでDVDが出てる…!見逃した方はこちらで!(←どこの回しモンだ笑)
エル・シド [Blu-ray]
エル・シド [Blu-ray]
なんとなんとブルーレイも1,685円で出てる…!『ブルーレイ二枚で三千円』対象にもなってるからいっそコレと『ベンハー50周年記念』ブルーレイ(だっけ?)とセットで買えばいいんじゃないか…っていうか買いたい。でも先立つものがない(笑)。保留。orz

手持ちのLDは、本来シネスコ(横長)サイズの映画の左右をぶった切って昔のテレビサイズ(3:4)に合わせちゃってる『残念な作り』なので、今回の放送で横長バージョンを堪能できそうなのが楽しみで楽しみで…。さっそく録画予約しています。が…

我が家は日中の衛星放送(特にNHK)の受信状態が非常に悪いので、心配です…。天気が曇りだともうガタガタ。雨だったら真っ黒(受信不可)。絶望。天気がよい事を祈ります…最悪の場合、再放送をリクエストするもんね!(←DVD買えよ…笑)

▼NHK-BSの映画カレンダーのページ
http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/calendar.html#d20130605_1

上記アドレスのページに、『リクエスト』やこれまで放送した映画一覧を見られる便利ページへのリンクがついてます。

エルシドなヘストン様エル・シドを演じてるヘストン様(うっとり…)。
ちっちゃい写真ですみません。

まだ青年っぽいエル・シドですね…映画の前半で御覧になれます。

きりっとしたS.ローレンヒロインを演じているソフィア・ローレン。
きりっ。(この人のこういう顔が好き)

ソフィア・ローレンといえばマルチェロ・マストロヤンニとの共演、ってくらいのゴールデン・コンビなのですが(共演作多々。どれもいい映画です←というほど沢山は見てないんですが…『ああ結婚』1964年はできればもう一度見たい!←テレビで見た事があるだけ。)この1961年の『エル・シド』でも彼女の美しさは輝いております。

http://www.lorenarchives.com/film_1961_cid.html
▲上の『きりっ』とした写真を拝借してきた『ソフィア・ローレン・アーカイヴズ』の『エル・シド』ページ(英語です)。

ローレンさんは『カサンドラ・クロス』(1977年)でグループ的に(つまり恋人役ではなく顔ぶれとして笑)マーティン・シーンと共演しています。このマーティン・シーン主演で息子のエミリオ・エステベスが監督した近作『星の旅人たち』(原題『The Way』2010年)は、スペインの聖地巡礼の旅を描いたドラマなんですが…

星の旅人たち [DVD]
星の旅人たち [DVD]
これね。高いなぁ…三千円超えか…さすがにマイナー映画だとキビシイ…(やっぱり保留)orz

値段はともかく(笑)、その巡礼の旅の途中で寄った町の寺院に「エル・シドの墓がある」つって見に行くぞ、って場面があるんですね(笑)。

「はあ?」ってわかんない顔する巡礼者の1人がいるもんだから、「エル・シドだよ…チャールトン・ヘストンだよ!」って続けたりするんです(笑!!)

アメリカ人め!ってやつでございます(ヘストンはエル・シドを演じただけです!言うまでもありませんが笑)…とはいえ、マーティン・シーン(本名ラモン・エステベス)の御一家にはアイルランドとスペイン(ラテン)の血が混ざり合っているので、エミリオもパパも映画作りの姿勢に『ラテンの血』を大事にする信念がはっきり表れております。だからこそのスペイン巡礼の旅の映画。

『星の旅人たち』を映画館で見ながらまさか『エル・シド』に繋がるとは!って興奮してたんですが…同じ館内で何人の人が分かったんだろう…。

エル・シドの画像検索をしたら、そのエルシド様の御遺体石棺の写真も出てきました。
http://anotherbagmoretravel.wordpress.com/2011/10/29/el-cid-and-his-wife-ximena/
▲エル・シドの御遺体石棺の画像が見られる、『エル・シド』についてのサイトアドレス(英語です)。(『星の旅人たち』では石棺までは映りません)

解説を読んだところ、エル・シドの亡骸は最初はサン・ペドロ・デ・カルデーニャ僧院に埋葬されたそうですが、現在ではブルゴス大聖堂の中央に安置されているんだとか。(固有名詞のカタカナ間違いがあったらごめんなさい)

ブルゴスのエルシド像そのブルゴスって所にあるらしい、エル・シド像。

かっこよすぎ!
さすが英雄!
この髭、まるで指輪物語!(笑)魔法使いみたい。

http://www.flickr.com/groups/709418@N25/discuss/72157617935561474/
▲上の画像を拝借してきた、世界のあっちやこっちのエル・シド像が見られるページ。

ブルゴスのエルシド像シルエット版同じブルゴスのエル・シド像のシルエットバージョン。

やっぱカッコイイ!!
シルエットにすることによって、ロマンが高まります…。
やっぱりヘストン様を思い出して重ねてしまったり…(笑)。
それが映画のパワーってもんですねぇ。

http://www.melawend.com/chapter18.htm
▲上のシルエット像の写真をもらってきたページ。

エルシド・ホテルだとかエルシド・レストランとか…まあ、あるわな〜って画像もチラホラ見かけました。英雄は観光資源…でもいいのだ!エル・シド様は故郷のためになることならきっと許してくれるのだ!笑

笑顔のヘストン様とS.ローレン最後に撮影裏での写真と思しき2ショットを。

笑顔のヘストン様とソフィア・ローレン!こんなの初めて見た!微笑ましいです。ちっちゃい写真なのが残念ですがこんな和気あいあいとした2人の姿をン十年も経て見られるとは…ありがたやインターネット。

馬上の男、エル・シド。
その雄姿を、お見逃し、なく!(←回し者です笑)

sith_ko2 at 01:28│Comments(0) 外国映画 | 好きな役者関連

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ジーヴズ(ス)を演じたのは…『エル・シド』録画結果