速報:『ティム・ロス追っかけ!LA旅行』決定速報:LA旅行がポシャりそうです

2014年01月27日

帰ってまいりました(この日誌に笑)/フライ&ローリー夢

日誌復帰報告〜日誌検索用語でHouseMD関連のものがあって面白かった話(HouseMDガイド本へのリンク)〜フライさんとローリーさんが登場した夢の記録(オマケで若い二人の画像)など///

年賀状をほぼ出し尽くせたのがほぼ1週間前の1/20-21(月曜〜火曜)にかけて。その後、映画を3本見に行って、たまった新聞を全部読んで追いついた…頃には日曜の夜になっておりました。

もうLA旅行出発日の1ヶ月前に入っちゃいました。
早すぎる…(+_+)

あれこれ書きたい事は常に山のようにあるんですが、ひとまず、日誌更新ができるようになりましたよ〜という宣言だけしておきます。

この日曜から月曜が連休なので強気になって…オールナイト・LA観光サイト巡り&情報収集!…目が!目があああ!(←@ラピュタ)←アホか笑

風呂も入ってないし最後にメシ食ってから14時間くらい経ってしまってるので、人としてやる事やってからまたネットに戻ります。(←ネットとの接点のあるなしが極端すぎる…;)

布団も干そう、干そうぞ!(天気いいから)

久々に日誌の管理画面を覗いたので、どんな検索フレーズがここを引っ掛けたのかも調べてみたら…また『JavaのJRE衝突』が花盛りだった…。

この10日間程の中で一番おもしろい、と思った検索フレーズはこれでした。

『ドクターハウスのオープニングの川』


…一体何が調べたかったんでしょう。川の名前?あの川は本当にニュージャージー州を流れてるのかどうか?とか?(笑)

っていうかそれより気になったのは、本当にそんなフレーズで俺のこの日誌が表示されるのか、という事でした(笑)。

実際やってみた。(←ぐーぐる)本当に出た(爆笑)。

あの川については俺は何も知りません。ハウス先生が御勤務してる設定のプリンストン・プレインズボロ・教育病院(って訳でいいんだっけ?←それすら怪しい)ってことでいつも映ってる大きな施設が、病院じゃない、ってことをボンヤリ知ってるだけでございます。

House, M.D.: The Official Guide to the Hit Medical Drama
House, M.D.: The Official Guide to the Hit Medical Drama
洋書ですがこういう『公式ガイド本』が出版されておりますので、この本を読み込むとあの川の正体なんかも書いてあるんじゃないでしょうかねぇ。

…俺は持ってないからホントに書いてあるかどうかは保証の限りではありません!誰かからプレゼントされたら、何が書いてあるか御紹介しますっす。(←嘘嘘、嘘です!本気にしないでいいです!まだ2期さえ見終わってないんだから、頂いても読めませんし!最終的には自分で買うでしょうし!←たぶん笑)

検索フレーズでもひとつ気になったのは…

『ヒューローリー ゲイ』

かな…。これは、実際に自分で検索してここが出るのかどうかやってみてませんが…

何が知りたかったんだ…
ゲイ疑惑ですかねぇ。

そうだついでのついでで告白しますが、またスティーヴン・フライさんとヒュー・ローリーさんがまとめて出てくる夢を見ました。日曜の朝に。
_____

俺は6時間以上寝ると変な夢を見るんですよ…(←弁解)

現在の中年になった二人だったんですが、もう一人別の中年おじさんと三人でどっかのレストランにいるんですね(夢の中で)。

フライさんがなぜか誕生日だか記念日だかで、テーブルの上にはケーキか何かでできた巨大な…オブジェというか…謎の『山』みたいなものがありましてね。

なぜかそのてっぺんに向けて自動に上っていく『バイクに乗ったフィギュア』まで出てきましてね。

なんだか分からないんですが夢の中のフライさんはそのフィギュアのキャラが非常に好き、という変なオタクになっちゃってるんですね(←御本人に申し訳なくてしょうがない笑)。

ところがそのレストランのサービスが悪いんです。何がどう、って言えないんですが、とにかく段取りから何から全部悪い(ってことになっている。夢の中で)。

お陰でせっかくの会席なのに、ローリーさんももう一人の男性も、フライさんが心傷ついているんじゃないか、とハラハラして一緒にテーブルについている。

フライさんのほうも心優しい人なので、きっと残りの二人が自分の気分を心配してくれているんだろうな、って逆に気をつかっている。

さらにその二人は、自分らの心配をフライさんは気づいてる、と思っていてですな…とにかく気遣いと気遣いの悪循環のような状態になっとったのです。もう早くテーブル上のオブジェにフィギュアがバイクで上がるっていうイベントもどきを終えてしまうしか、その場の気まずさを終了させる術はないのであります。

小さい花火みたいなパチパチ火花を立てながら、バイクに乗ったフィギュアはてっぺんに到着します。(←こんな仕掛け、現実では無理だと思います笑)

気まずい三人は、良かった良かったとばかりにそそくさとそのレストランの会席を終えます。

レストランにはホテルが付属していて(というかホテルに付属のレストランだった、という事なんでしょうが)三人はそのまま宿泊する部屋へ。

で、ここがありえないんですが、明らかに懐に余裕のある三人なのに(←夢の中でさえそう思った。夢見ながら俺、ツッコミしてた笑)なぜかツインルームに三人で泊ってるんです。

あーつかれたつかれた、と三人目の名も知らぬ(←俺が知らんだけ)男性はとっととベッドに倒れこんで寝ちゃいます。

そのベッドのすぐ近くに並ぶベッド。安い部屋にはよくある『詰め詰め』の内装にも思えますが…そもそもなんでそんな安い部屋に大の男三人が…ありえない(笑)…はたまたベッドが非常にキングサイズなのか。

どうやらかなりのキングサイズなベッドだ、ってのが正解らしく、だからこそツインで三人で泊ってるんだ、ということになっている(←それにしてもありえないんだが笑)。

名も知らぬ男性がこっちから見て(←って夢見てる俺の視点からってことです)右側のベッドに寝ている。左側のベッドにフニャっと横たわるフライさん。

単純比較すれば、やっぱりフライさんのほうがやや、名前不明の男よりもガタイがデカイ。ということは、ローリーさんがベッドをシェアするなら名前不明の男のベッドのほうが合理的だ。

…と、思われたのですが(←夢見てた俺には。笑)、左側のベッドに寝たフライさんは『どうするの?』とでもいうような表情…特別、誘うでもなく、未練がましくもなく、どちらかといえばあどけないとさえ呼べそうな、イノセントに近い表情でキュリっとローリーさんを見上げて…

そんなフライさんの顔を見たローリーさんは、サクサクっとフライさんのベッドのほうに横たわるのでした。

こっちから見て(←俺の視点です笑)左から順にローリーさん、フライさん、間置いて隣のベッドに名前不明の男。そういう並びになりました。

フライさんの背中のほうにローリーさんが寝た、って塩梅(あんばい)です。

皆疲れているので、ローリーさんはそのままグースカ寝る気満々。フライさんも背中側に寝たローリーさんに対して何のコメントもなし。

中年男三人の同室泊には、色っぽさのカケラも漂わないのでした。
_____

…そして俺は起きた。
…ら、日曜の午後2時であった(アホだ笑)。

花を囲んだ若いF&L俺の変な夢で終わるにしのびないので、お口直しに現実のフライさんとローリーさんのお二人。

若い写真ですけども。
ホント、チャーミングなんだから、二人とも(笑)

中年紳士なお二人の夢を見て、嬉しいというよりも申し訳なく思ってしまうのはなぜなんでしょう。

ティムだとどんな夢でもそれなりに嬉しいんですが…(^^)

いやまて、そうだ。なぜかフライ&ローリーが出てくる夢にはベッドが必ず出てくるんだ。(裸体は無いよ!←言い訳がましいな笑)

だからか…(やましいからか笑)

とかなんとか書いていたら午前11時半になってしまいました。では後で。

sith_ko2 at 11:31│Comments(0) 『HouseMD』 | 夢ネタ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
速報:『ティム・ロス追っかけ!LA旅行』決定速報:LA旅行がポシャりそうです