新年の(遅すぎる)御挨拶とタミフル経験談完売済みの『B級映画館』既刊本の御紹介(『6号』以降)

2018年01月31日

『拍手コメント』機能が無くなります

ブログ機能『拍手コメント』が無くなるお知らせ(『拍手』機能は残ります)・このブログ内の『人気(?)記事ベスト5』についてあれこれ・『ジーヴズ&ウースター』ぬいぐるみ写真劇場について、など///

このブログの元締め会社ライブドアの都合により、『拍手コメント』機能が本日を最終日に消えるそうです。

ライブドアプロフィール機能終了
▲2017年10月に発表された『プロフィール』機能終了案内。
これに俺が気づいたのは新年になってからでした…良かったメールで知らせてもらえて。
ライブドアメッセージと拍手コメント終了
▲ライブドアのアカウントを持っている人たちの間でだけやり取り出来た『メッセージ』機能と、ブログの記事の最下部にある『拍手』ボタンを押した時のみ現れる『拍手コメント』機能が終了するという案内部分
ライブドア拍手機能だけは残る
▲『拍手』機能そのものは残る、という案内部分


後で見たくなる場合に備えて、案内文章をスクリーンショットしたものを保存がてら載せました。それぞれクリックすれば元のサイズで見られます。

拍手の数から分かる人気?記事『拍手』機能だけは残り、拍手数も保存される…ということは、本日で無くなる『プロフィール』に表示されていた拍手数から分かる『人気』(?)記事一覧のランキングもそのままになる…予定、かな?

こんなページあまり誰も御覧になっていないでしょうから記念に最終日のものをスクリーンショットして残します。なんかね、意外とケイト・ブッシュの歌を訳したページに拍手して下さる方が多いようなんですね。ありがたい事です。同じように頑張って訳した『AFI生涯功労賞』のアステア様篇もこうしてベスト5に入ってるなんて光栄です。アステア様への敬愛を込めて懇切丁寧に訳した記事でしたので…(ドシロウトの怪しい訳でも拍手してもらえて…ありがたやありがたや…)。

どーも君とウォンバット君を『ジーヴズ&ウースター』にキャスティングして展開している『写真劇(だったり人形劇と書いたり;)』も手間ひまかけた記事なのでベスト5に2つもランキングしてるのは…これまたとっっっっっっっっっても嬉しい!
\(^^)/(ばんざーい)
一番最初に作った『クリスマス』篇と、その次に作った『ティータイム』篇がランキングしているのは、やはり回を経る前の新鮮さのお陰…かな、と。英語圏で出回ってるスラやファンフィクには『あるある』なネタをぬいぐるみで映像化しただけ〜みたいなネタとはいえ、作った本人としても愛着のある記事ですので、閲覧されるだけでなく拍手まで頂けるのはしみじみありがたいのです。

でも何よりも嬉しい驚きなのは…原発がらみのCMに怒髪天を衝く(どはつてんをつく)勢いで書いた記事が一番拍手を戴いてる事!これ私がこのページのこのランキングを見始めてから一度も変わらぬ一位なんです。

2011年2/22に書いた時には、まさかその20日後くらいに福島の原発が水素爆発を起こすとは想像すらしてませんでしたよ、もちろん…。起こらないほうが良かった。起こってすらこんな(現状)有り様ですからね…。なんにも学んでくれない。福島以前にも沢山の『原発関連でやらかしちゃった』事件があったのに…それでも学んでくれた感じがしなかったし、福島レベルの大惨事が起こっても、そのままとは…驚くばかりですよ。あれでダメだったならもう…日本沈没くらい起こらないと懲りてくれないのかしら。どうして投票に行かないのかねぇ…大勢の『もの言わぬ』大衆の方々。原発推進の政党を勝たせてる責任から逃げないでくれと言いたいっす。

(もし拍手数ベスト5の記事を御覧になりたいと思われる方がおられましたら、ブログの左側にある『記事検索』枠へタイトルなどを書き込んで「検索」をクリックなされば、たぶん該当の記事が出てくると思います。ご利用下さい。)

これまで『拍手コメント』機能を使って、管理人である私だけが読める形でコメントを送信して下さった全ての方々に感謝致します。明日以降は通常のコメント機能しか使えなくなってしまいますが、それでもよろしければ、いつでもどの記事にでもコメントを御投稿下さい。拝読したら必ず返信を致します。数日かかるかもしれませんが返信しないという事だけはありません!


これまで頂いた『拍手コメント』と『メッセージ』は全部保存済み。間に合った。ほっ(このために久しぶりにPCをいじり、日誌もアップしたのでした笑)

以上、お知らせでした。

sith_ko2 at 22:08│Comments(0) 館主日誌の変遷史 | 『ジーヴズ&ウースター』

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新年の(遅すぎる)御挨拶とタミフル経験談完売済みの『B級映画館』既刊本の御紹介(『6号』以降)