2008年02月23日

ご挨拶

皆様へ
突然ですが この度「HANA HANA HAHA」のブログを終了する事にしました。
理由は使用量が100%に近づいた為です。

拙いブログでしたが 長い間更新やランキングを 支えてくださいましたこと 心より御礼申し上げます。
PCをまったく知らないかのこが ここ迄頑張ってこれたのも 皆さんの暖かいコメントがあったからだと 感謝の気持ちで一杯です。

暫くはお休みしますが 何れ内容も新たに?パート2を始める予定です。
その時にはこのページの下に 行き先をお知らせする積りでおりますので 又宜しくお願い致します。

パート2はのんびりゆったりリズムで UPして行きたいと思っております。

クリスマスローズ
クリススローズ























2






















皆様に感謝するように キダチクリスマスローズが咲いてくれました。
お世話様になり本当に有難うございました。

最後に皆様のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。

それでは又お会いする日まで ごきげんよう・・。かのこ



      ・・・  振り向けば笑顔の花が咲きつづく  ・・・ 


2008年02月22日

一番花

先日散歩道でも3輪咲いていましたが 霜の被害にあってちょっとでした。
昨日前日移植した植物に お水を上げていてハッと気がつきました。

ツルニチニチソウ「蔓日々草」 (キョウチクトウ科)
ツルニチニチオウ

















2

















3
















別名 ビンカ・ツルキキョウ。
原産地 地中海地方

キュウリグサ「胡瓜草」(ムラサキ科)
キュリグサ
















小さなワスレナグサとも思える 可憐な雑草ですが好きです。

どちらも一番花は珍しく可愛いのですが 蔓延ると大変。
処分される運命に・・・。


ガ先日散歩道で まるで英字新聞の様な模様のガを ソテツの葉の上で見つけました。
調べましたがさっぱり判りませんでした。
暖かくなり色々なものが 目に付くようになりました。

***昨日のTVの「クローズアップ現代」によると 近年海の温度上昇して来ていて それが気候変動に大きな影響があると言うことでした。
今後温暖化を抑えないと 大変なことになりそうです。
小さな心掛けをしたいですね。

<人気ブログランキング
押して頂いた方にはお礼申上げます。

      ・・・  ピアノから溢れる音色セピア彩  ・・・


2008年02月21日

観察

散歩道で見つけました。

初めて見る姿発見。
コウヤボウキ
















面白い姿に目が釘づけでした。

紫色も発見。
濃い色
















勿論白い色も
白
















白い色が少なく珍しく思えました。

落ちそう
落ちそう
















綿毛が飛んだ後のガクも よく見るとそれなりに綺麗でした

先日 野外センターでのピンクの綿毛が珍しくてUPしましたが 近所では何故かピンクが主でした。
それでも色々な表情をしていて よく観察出来面白かったです。

夏から秋に掛けて雨不足で ぐったりしたいたコウヤボウキでしたが それでもお花をつけ綿毛を飛ばし 健気に頑張っていました。


池朝早くから コウヤボウキの写真を差し替える為に 写真を撮りに行ってきました。
帰りに池を覗くとこんなに綺麗でした。



今朝も7時前と コウヤボウキの写真を撮りに行った先でも 鶯が啼いていました。
「♪〜ホ・ホケキョケキョ・ホケキョケキョ♪〜」と先日より少し上達した感じです。「
後は♪〜ホーホケキョ♪〜」と 優雅に啼く練習が必要のようです。


    ・・・・  思惑はぐるりと巡る花の影  ・・・

2008年02月20日

田んぼの中では

田んぼの中では 野草が咲き始めていました。

タガラシ「田芥子」(キンポウゲ科)
タガラシ
















名前の由来は田に生え噛むと辛いからだそうです。
有毒植物と言うことですが 中国・インドでは利尿や強壮剤として 又ヘビの咬傷剤としても使われるとか。

ノボロギク「野襤褸菊」(キク科)
ノボロギク
















こちらでは1年中咲いています。
アルカイドを含んでいる為 動物は食べないそうですが 若い芽は湯がいてシュンギクのように食べられるそうです。
ヨーロッパ原産。

セトガヤ「瀬戸茅」(イネ科スズメノテッポウ属)
セトガヤ
















スズメノテッポウに似ていますが  それより早く生え 田んぼ一面を覆う事も。
花粉袋が白いので判断出来ます。スズメノテッポウな黄色い。

タネツケバナ「種付花」(アブラナ科)
タネツケバナ
















この種も場所によっては1年中見られます。
若菜は食べられるそうです。

田んぼの中では 耕されるまでの少しの間 色々な草花が咲き 自然の美しさに彩ります。

ヘビ
ヘビ4時頃図書館から帰ると 駐車場横に30cm位の細いヘビがいましたが 日陰で寒く動けない様子でした。

陽の当たる場所に移動させたのですが 夕方になっても動けない様子に 火バサミで茂みに逃がしました。
去年遅く見たヘビですが少し大きくなっていました。

今朝見ると仮死状態でした・・・・。

名前判明・・ジムグリ(yさんより)ありがとうございました。
性質は大人しくペットで飼っている人もいる様です。
モグラや野鼠を捕ってくれるようでしたので 我が家の番人でした。
残念です。

人気ブログランキング
押して頂いた方にはお礼申上げます。



     ・・・  啓蟄を知らない蛇のコンピューター ・・・


sitidanka at 09:34|PermalinkComments(36)TrackBack(0)clip!散歩道 

2008年02月19日

フラサバソウ

昨日の朝は この冬最低の温度を記録し寒かったですが お天気よかったです。
風が強く冷たかった午後 ポケットにカメラを入れて ぶらぶら・・・。

フラサバソウ(ゴマノハグサ科/クワガタソウ属)
フラサバソウ

















2

















フラサバソウ
















ヨーロッパ・アフリカからの帰化植物。
名前の由来は発見者の名前にちなんで。
フランスの植物学者FranchetとSavatieの 日本植物目録(1875)に 長崎で採集されたと言う 記録があったそうですが 長い間実物が見つからず 記録の誤りとされていたようです。

ところが 1937年に奥山春季が 長崎で採集された標本を発見し フランシェ サヴァチェを記念し名前をつけたと言うことです。

こちらでもあちこちで見るようになりました。
オオイヌフグリに似ていますが お花がそれより小さく色も薄いので 目立たないです。

さてこの帽子が一杯あるような物は何でしょう。
アキノノゲシ
















アキノノゲシ「秋の野芥子」(キク科)が タネを飛ばした抜けがらです。
群生地は何とも面白い風景でした。(つづく)

トンビ
トンビお散歩の途中 トンビが2羽飛んで来ました。
珍しい・・と眺めていると カラスが1羽飛んで来て 空中戦になりました。
縄張り争うでしょうか・・?。

人気ブログランキング
押して頂いた方にはお礼申上げます。


      ・・・  紡ぐ夢淡く儚いフラサバソウ   ・・・