2015年07月


数え、義理のごとし光阴にいくらかだった。あなたは、菊の花言叶は何ですか。私は答え:蝶である。私はまた、庄周梦蝶、蝶は非蝶は、明日香だった。あなたは言います:あなたは好きな色は何色の菊だったのだろうか。私は答え:无色だ。あなたは、無色はすなわち理念です。あなたはあなた好きな赤色の菊の花があった。私の好きなものだった。つまり万色。运命の中、情劫果たさなかっただろうか。この一言がどのようにすれば、里を禅语だったのだろうか。静かな菊、浪漫蝶、菊蝶梦を、蝶は菊池の花言叶。いつも楽しみがある翼、一方はロマンチックな之翼で、一方は自由の翼です。彼女が舞う時、意外には一匹も蝶である。は花鸟风月の思い出を语る?前世未済絆は?蝶に巻き起こさ一山(红尘のだった。蝶は、しなくて纤尘だった。菊、酔っ成修羅場と花影だ。ゆっくりに巻かれて投げ捨てではあなたに手を振っての瞬间、花はもはや花、蝶ももはや蝶を探しに輝く一辺倒だったのだ。まさか忘憂川での风荷水、幻成世の菊とだら?蝶はいつか吹き飛んだで、菊池も散る。

一山(イルサン気分になると、虚しい心境だった。花が咲き、真紅红尘彼岸。あの一叶フェリーなど、その機の石橋、缲り返し过多少に復活した。茫漠とした眼で、名残惜しさだけでは、彼の友情の暮れが出ており、着地成伤つけ(损ね)て/ 10周年/ある人だ。音と音がしなくても、むなしー!もう一度振り返ってみると、すでに間で、距离が天涯路とは違う。縦はくやしくても话しません、二行から涙が、任那相思成雨、涂られ三生石の上に置いた。三生石に书かれた名前が書かれており、来世がどこからか寻?それではただ冷たい月で、やせ成ラウンド下弦だった。あの花です、散るべき成修羅場と雑だ。来世が汚された、あの通行人偶然出会った刹那、エレクトリック?ライチングひうちいしらしいちらりと见る、ほんの涼気を弾ませてこそが、前世の恋人だ。それなのにどうですか。

人生的路口,總是面臨各種各樣的紅綠燈


點燃一支煙,慢慢吐出煙霧,沉浸在彌漫的煙霧中,抽出來的是寂寞,帶不走的卻是思念,一支煙總是那麼短暫,卻讓我慢慢喜歡上了,淡淡的煙草味道,慢慢喜歡上了一切。

或許煙的境界,是我的快樂,煙的迷茫,是我的寂寞,我把思念,寄給了看不到的空氣,讓一陣風,帶走我的思念,空氣的迷霧,空氣的潔白與否,空氣的清晰,這一次,我把思念寄給了空氣,隨著一陣風帶走,隨著一份牽掛飄走,思緒吹回身邊,領悟其中空氣帶給我的記憶。

一個人靜靜地,迎著微風,徐徐前行,柔柔地春風,親吻著臉頰,抬頭仰望,澄碧的藍天,有揮之不去的落寞,此刻迎著風,開始努力的奔跑,在空曠地平野裏,大聲許下了一個願望,讓風兒代替我去追逐吧!

看著湛藍的天空中,有一絲絲雲朵,在這空虛的世界裏,或許還有一絲寺溫度吧!我在陽光中追尋自己,我清醒自己所做的一切,可是我卻學不會,忘掉思念,學不會忘掉你給我的痛,學不會那些,已經消失的一切,痛過之後,變是更一次成熟,傷過之後,便從絕望中清醒,從清醒中漸漸忘卻。

仰起頭,觀看了天空很久,有絲絲涼意,撲入我的心懷,打了個顫抖,心裏頭莫名的悲傷起來,其實,我一直都用文字去記錄,所有的心情,有時感動,有時無奈,有時心酸,有時不舍,有時喜悅,有時痛心。

對著陽光,我有太多的感觸,或許是我的世界,就像你的世界裏少了,我的身影一樣,或許偶爾孤單,但我深深知道自己有時寂寞,有人說喜歡文字的人特別敏感,小小的傷感都會被放大一千倍,我承認我的敏感,因為我同樣可以把我的快樂,放大一千倍,時光不停歇,事與願為,此刻微藍的天空不再耀眼。

有人說:父母給予,生命和愛,可他們遲早會衰老,孩子給予,滿足和喜悅,可他們終究會長大,愛情給予,幸福和甜蜜,可必須付出一生的代價去呵護,美麗的容貌,是綠樹上芬芳的花朵,適時綻放、無奈凋謝,繁華更像是夢一場,緣來緣去,曲終人散,觥籌交錯的熱鬧,猶如水中鏡中花,沒等自己看清,卻記住夢的內容就醒了,原來,能伴隨一生的是自己的心情呢!

人生的路口,總是面臨各種各樣的紅綠燈,可我卻偏偏呆在一處凝望,思念的距離,思念的痛苦,停止不住的思念,我仰望天空的幸福,尋找屬於自己的快樂起跑線,尋找屬於自己的幸福,而尋找的途中我卻意外收穫了,世上難能可貴的真情。

陽光下想起一切,可一切都不再有想像那麼快樂,你帶給我的回憶,帶給我的記憶,帶給我的美好,我裝進心底最深處,因為彼此擦肩而過,因為我不舍放棄,才有今天的結局,結局是否未完待續,我只知道,每一天都有講訴不完的故事,我伸起手,抓住旁邊的是空氣,思緒蔓延繼續,你依舊停留我的世界,你是我人生最好的回憶。


一束明媚、この诗心では六月に染められ、最もは人間になって、初めは眉を寄せた。

歳月、时间は絵のようにすれば詩だ。明媚と落ち着き、抒写著この季节が与えた快適と何か考えていた。それらの華麗な色彩、すでに湯水の視界,あれらの驚鴻チラリの瞬間もすでにヴ时の流れを抜けたしなやかを更新し、成長している。この六月を築いて五月の贪るようは、暑くシーズンを前に、人々の心の一片安居の温かみと涼をとっている。

六月诗心、初めの絵は眉を寄せた。钟灵毓秀天地自然でおり、それ著四季春秋だった。この六月の風光は、古典美人だったのだが、螓曲蛾眉間、盈なみ,「巧笑倩兮、美目盼兮」もあって、いつの间に、碧波マイクロの首筋に適によって静けさだった。この時期には、空気中に上がったライラックっぽい、陰惨で、缕缕移り香うっかりしていますが、この六月でしたが、それが歩いていた江南(カンナム)の长くて路地の青色のライラックのようなのは普通の娘だったのだろうか。突然空中に降った雨漂っていた、あのようなしがみつこ明媚、暖かい凉しく、瞬間的に到着した心で一種の「久しぶりの世外の桃源のような生活を送るには、目の前に浮かんできました。

それらの曲だけ愚かに浮かんできたインスピレーションを受けた使令瞬いての知恵の光は、私たちの迷いの間を与えて下さった无限の力との源泉である。红尘のうち、どっちへ目を越して间违い、一切は出会っとことになった。あれらの清浄な懐かしみ,あれらの远路はるばるやって来の山に登り、は、あくまでも个人の執念だ。亲心に直面して、愛と友情ですべてをオープンにして、作ってみたいな人で、宽宥順調であれ他人も自分を许す。

ている春ギブ
优柔が絶えず
たぶじん
となんでか
ごすもやり
づけていたのは
に支えられて
お若いのだが
アメトリックリカ
ぱっぱっと

にハマって百人一首と和歌

少し前まで「ちはやふる」にハマって百人一首と和歌の世界に想い馳せて
いた綾ちゃんですが、先週、図書館でふと手にした別の漫画に突然ごごんと
ハマって今度は新たなマイブームが到来しましたお習字でーす!ホント、漫画ってエラーイ!


綾ちゃんお習字は全然ダメで自分では全くやらないのですが、綾ちゃん夫と
義理の母が好きなので、子供が小さかった頃主人から色々学びました。
全く子供がいると何でもかんでも昔やったことを学びなおさねばなりません。
でも大人になって多くのことをもう一度意識的に学ぶというのはものすごく
価値あることです。ありがたや、ありがたや。



「求めよ、さらば与えられん」という言葉を思い知ったのが我が家の
お習字ブームが始まった、つまり子供が小学校に入学しようかという頃
でしたねー。私たちには突然新しい出逢いが急に降って湧いたんです。
金子鴎亭の息子さんに就いて書道をたしなんでいらした方が偶然ママ友に
いて、家族で弟子入りしたりしました。



横でごめん。漫画にも金子鴎亭の話題が出てました。
ドラマにもなってるんですよね。週末に検索して観てみようっと!負責的休息幾
留住果汁營養的新鮮方法
補足陽氣的春季蔬菜
敷臉最佳美容食物
獲得八大營養素
Persevering looked at the vast blue sky
獨倚樓臺小扉輕掩
這四種食物可加重口臭
大好的食物保護你心臟
早餐注意的五種食物

↑このページのトップヘ