天鳳より

こちらがルールとなります。
基本的に普通と変わりはありません。
気になるところは目を通しておいてください。



25000点開始の30000点返し
- 後付けあり
- 喰い替えなし
- 喰い断あり
- 赤あり選択(五萬1枚/五筒1枚/五索1枚)
- ノーテン親流れ、聴牌連荘
- 東風戦の南入、東南戦の西入あり、以降誰かが30000点(供託未収)以上になった時点で終了(サドンデスルール)
- サドンデスの最大局は東風戦は南場まで、東南戦は西場まで
- 飛びあり。点数がマイナスで飛び終了、マイナス点数も集計
- ラス親トップの自動和了り止め、自動聴牌止めあり
- 終了時の得点は1000点未満を四捨五入
- 終了時の供託はトップ取り
- 終了時に同点の場合は東1局の風順で順位を決定
- 連風牌は4符
- 嶺上ツモも2符加算
- 2飜縛りなし/常に1飜縛り
- 途中流局(九種九牌/四家立直/三家和了/四槓散了/四風連打)あり。すべて連荘
- 九種九牌はポン/カン/チー/暗槓のない第1ツモで幺九牌が9種以上
- 流し満貫あり。聴牌清算を満貫清算に代替。親の聴牌で連荘。
- ダブロンあり。積み棒/供託は上家取り。
- ダブロンは親が含まれれば連荘
- 大三元/大四喜のパオあり。複合役満を含む得点を、ツモ=全額・ロン=折半で支払う。積み棒は包。
- 四槓子のパオなし
- 形式聴牌あり。5枚目を待つ聴牌あり(打牌選択可能な手牌で4枚使用している牌を除く)。
- リーチ宣言は得点が1000点以上でツモ巡がある場合に可能
- リーチ宣言牌で放銃した場合は供託料は発生しない
- 振聴リーチあり
- リーチ後の当たり牌見逃しは以降振聴
- リーチ後の縛りをクリアしない和了型になる牌は常に見逃し、以降振聴
- リーチ後の待ちが変わる暗槓不可、送り槓不可、牌姿が変わる暗槓あり。
- カンドラ/カン裏あり
- カンドラは、暗槓は即乗り、明槓/加槓は後めくり(打牌または続く嶺上の直前)
- 純正巡消しは発声&和了打診後(加槓のみ)、嶺上ツモの前(連続する加槓の2回目には一発は付かない)
- 同一巡内の選択ロン和了なし(加槓牌を含む)
- 海底牌は鳴けない
- 八連荘/人和/三連刻/一色三順/十三不塔/…なし
※2007/03/01 「5本場から二飜縛り」「四槓子の包」を廃止
※2007/07/17 赤五筒を2枚から1枚に変更
※2007/11/29 「喰い替え」「リーチ後の送り槓」を禁止
※2009/07/04 局の最大を東風戦は南場まで、東南戦は西場までに変更
※2010/06/01 ラス親トップの自動聴牌止めを導入

※懸賞役は縛りの飜数には数えない
※ツモピン20符
※一発と嶺上は複合しない
※海底と嶺上は複合しない
※一発と槍槓(連続槓の1回目)は複合する
※七対子は25符2飜、ツモ符なし

※役満は複合あり、すべてシングル役満
※天和/地和はポン/カン/チー/暗槓の入らない第1ツモでの和了
※七対子の字一色あり
※国士無双13面待ちは13牌振聴対象
※他家が暗槓した牌では国士無双はあがれない
※九蓮宝燈は暗槓不可、萬筒索可