今日打ってて実際にあったものです。
 
東初にノーテンで3家テンパイ。
東1 1本場で8000ALLをもらい。
東1 2本場で12002200をあがられ
東2 1000ALLをあがられ。
東2 1本場でリーチに追いかけられドラ単騎1発ツモの30006000をもらい。
東4 500ALLをあがり
東4 1本場 4100ALLを引きあがった次局。

正直東2の12000の時はすごくぐっときた。
自分は

567m12334赤5p23s白白
ドラが白でリーチをかけました。

白単騎も覚悟していたのですが白をずばっと引いてリーチ。

かなりの好感触。

ここに上家が東をぽろり。

それに反応するかのように回りがポンチーし始める。
まずこの次点で周りがゴミ。

ラス目のリーチにそこまでやる必要性がまったくない。

むすじをいくつもとばされたあげく上家がリーチ。

そのときの1発ツモの形がこれ。

34赤5m123567888s白

ドラの白単騎を1発ツモ。

ほとんど同じ形なだけにめちゃくちゃ精神的にくる。

実際なかれなければ私がツモりあがり裏が1枚のって12000だった。

その後気をとりなおし4000ALLをあがったが自分の状態はあまりいいものだとは思っていなかった。
         
   
        北ポン撥ポン
                      ←    
          6s6p5m4p2m9m
   
   北      西20800          8s  6mポン
   撥                      西   534チー
   1m  北24400  南33400    2p 
   中                      7s
   9m     東21400          2s ↑
 ↑  西 
          南2p中9m       
          →

親が私でドラが9p。

上図の時の私の手配がこれ

77m246789p13999sツモ1p 

さて何をきるか

間2sが1枚切れ。

トイメンがソーズのホンイツ模様である。

トイメンが2鳴きで6sがあまってきていたのもありまた下家の仕掛けに3sが投げたくなかった部分もあるが1pをつもぎることにした。

でも内心は間2sより間3,5pがうまるほうが早いとおもいつつもつもぎった。

結果は案の定間3pを引きいれ6pを切ってリーチ。
これを下家がチー。
自分が6sをつかんでお陀仏。

結果論ではあるが 13sと切る場合下家に次順557pの形が生まれ、あがれたのかもしれない。

ものすごく後悔はしている。

ふんだことに後悔をしているのではない。

以前森山プロが言った言葉がある。

今年の鳳凰戦で荒さんが牌の選択をしている場面だ。
間7pと間8mの選択の場面だったと思う。

荒さんが間7pをはらった。

森山さんがさあどっちをつもるかなーと言った。

そのあとに「でもこういう場面のとき、解説をしている人よりもその場で打っている人のほうがだいたい上手く行くんだ。」

その言葉のとおり荒さんが間8mの20003900をつもりあがった。


つまりその場で打っていて感じたことをそのまま牌にぶつけて打てばいいということである。

今回の場合。

間3,5pが先にうまると思ったのだから素直に1、3sをはらえばよかったのだ。

そうすれば鳴かれなければ1発ツモである。

まだまだ精進が足りない証拠だと思った1局だったのであげました。

多少見にくいとは思いますがご了承ください。