悪魔のKOKORO.

少しずつ、でも確かに終わりに向かう

縦のつながりと横のつながり

サッカー日本代表が弱い理由と改善するために それが日本に与える影響

理由なんか挙げればいくらでもあるので、今回は大きく分けて3つあげます。



1 そもそも日本人に合わない競技である

2 国内リーグの制度と運営の無能と甘いファン

3 ハリル監督と海外所属選手と代表歴の長い人と短い人、それぞれがバラバラな集合体にすぎない


 
以上が、ずぅ〜っと弱いままでいる理由です。
残念ながらプロ化してもそう変わっていません。


たまに強い時もあるじゃないか!

という意見もあるかもしれませんが、それは突出した個人が現れたり、火事場の馬鹿力が出た時であり、イレギュラーで稀に起きたにすぎず、根本はずーっと変わらず弱いのです。



その理由を一つずつ解説?していきます。




1 そもそも日本人に合わない競技である


過去を見ても、相手と直接身体を接する団体競技でこの国が強かったことがありません。
柔道やレスリングのような個人競技がそうでないのは、個人が確立した稀有な日本人が、たまに現れることがあるからです。

それが団体になると、同時代にそのような人物が集まることが難しいため弱いままなのです。


では、なぜ対人が弱いのか? 

農耕民族は協調することが求められます。
田んぼは一人では作ることができません。自立した能力の高い個人でも困難です。

また、海に囲まれた島国では必ずしも強くなくても生きていくことができたからです。 

さらに、戦後GHQによっておこなわれたWGIPにより、もともと臆病な人をさらに弱くなるような教育を施されたからです。

さらにさらに、それを教科書として、真面目に学んできた先輩がたが、その正解を基に過保護に育てあげてきた子孫が順調に育つことができたからです。

つまり身体的というよりは、精神的な影響が大きいのです。
この農耕民族にドーパミンが多く、恐怖を感じにくい人が極端に少ないのは、データでも出ています。

他の競技の100x4リレーで銀メダルを取ったり、レスリング、柔道、ラグビーでも結果を出していることでも、これらは証明されています。

接触ありの団体競技のラクビーが結果を出せたのは、日本人に理解のある外国人監督の厳しい練習で身体を強くしたのとチームの中に多くの外国出身選手がいたからです。

これは、2017年セレッソ大阪が結果を出したのは、韓国人監督の厳しがあったのと共通している部分もあり、個が確立できていない人を強するためのヒントでもあります。


というような理由で、サッカーという競技が多くの日本人には、そもそも向かない競技であるので弱いのです。


 


2 国内リーグの制度と運営の無能と甘いファン



Jリーグの制度もまた問題です。
日本人を保護というか、過保護すぎです。

保護を理由に、外国人選手が少なく、優秀な外国人選手が来ても、常にチーム内で多数をサッカーに向かない人たちが取っていることにより、実力を発揮できず埋もれてしまうのは、そのためです。あと言語の問題で、伝えられないのも大きい。

フォルランの時のように、個に劣る弱者同士が団結すると世界的な選手でも活躍できないのが団体競技の難しいところです。チームの一員に劣等感を抱いてしまうくらい幼稚な精神も、この国の特徴。


チームもJ1に残るため、勝つことを優先します。
そのためには、チームのまとまりが必要なので、抜けた個より多数の弱者に合わせた戦術になります。

なぜこんな非合理的なことが可能かと言うと、世界の片隅の、サッカー後進国の、守られた内輪の中でワイワイとやっているだけなので可能なわけです。

それは日本のプロ野球もそうで、3Aくらいのレベルのチームが、12チーム固定で日本一を競い続けているので、よくも悪くも変わる必要はありません。

内輪で楽しめて且つエンターテイメントとして成り立っているという良い面もありますが、突出した個人には、つまらないので優秀な人ほどメジャーへ行き、リーグのレベルの低下という悪い面もあります。
それはサッカーも同じです。

そんなリーグでも、なんとなくやれているこの状況に甘んじ、大した変化なしに継続している運営は、無能といか既得権を守ることの方が大切なのでは?と疑われても仕方ない仕事を頑張っています。


このような、弱いチーム同士の試合を観て応援している様は、島国日本社会の鏡です。
その国の政治家は、国民のレベルを反映する。サッカーという文化も同様です。

波風立てず、ことなかれ、責任の所在を明らかにせず、誰も責任を取らないで、居れるまで居る。

恥知らずも甚だしいものです。
このような状況でも、なんとかなっているというのはやはり弱い理由になります。


AFCで勝ったじゃないか!?
という意見もあるかもしれませんが、過去結果出したチームには、ルーカス、ワシントン、ラファエルシルバのような外国籍の突出した個人の力があったからです。残念。






3 ハリル監督と海外所属選手とずっと国内にいる選手、それぞれがバラバラな集合体に過ぎずチームに
  なれていない
 

火薬庫バルカン半島出身のボスニア・ヘルツェゴビナ及びフランス籍の大陸の人と、過保護な温室で安心安全に育てられた若者とではあまりに価値観のモノサシが違います。 

また、海外の生活しチームに所属している選手と、安心安全な日本で設備の整った内輪でワイワイリーグだけしか知らない選手でも、また価値観のモノサシが異なります。

遠藤選手みたいな人もいますが、あくまで例外です。


共通の価値観がないと何が問題かというと、言葉は通じても話が通じないということです。
通訳の能力も影響あります。


経験値が高い者が実体験をもとに、相手のためと思い助言しても、

『下手なくせに、勝たすことができない無能なくせに、試合出れてないくせに、うるせーな、うぜーな!』

となり、その言葉は届くことはありません。


それでも全体の利益を考え伝え続けたら、ドイツW杯時の中田英寿のようになりチームとしては還って弱くなることもあります。


本来なら、そんな甘ったれは無視しとけばいいのですが、層の薄さがそれを許さず、少ない中からなんとか使えるようにしないといけないわけです。

どんだけ言っても無理なら、先日のEー1選手権のように甘ったれのやりたいようにやらせて、体験してもらう以外ないわけです。

最終試合の監督のあの無気力采配の真意は、それなのかと思います。


セルジオさんが言ってたように、プロの監督には、弱い中でどう勝つかという仕事もありますが、そこにさえ至っていないのが現状かと思います。百聞は一見に如かずで、経験したことのないことを、いくら言葉で説明しても無駄なので、体験してもらう。それで、だから言ったでしょ〜とやるわけです。
小学校の先生が挨拶を教えるのに似ていますね。

また、内輪の中ではそこそこやれているので、テクニックやスピードに自信を抱いている人もいるようですが、火薬庫半島休戦中の徴兵がある国の選手が少し素早く強く接すれば、自慢のそれは全く活かせてないのが現実でした。

その差は、能力もですが、誇りの差とも言えます。

試合前国家が流れても口を動かすこともない人と、一生懸命歌う人との差。
そんなことが、大きく影響するのが対人競技であり、サッカーという目に見えない流れのある競技です。

ナポレオンが率いた軍勢が強かったのは、傭兵のようなテクニックに優れただけの人ではなく、自由、平等、友愛をもとに誇りを持っていた人たちだったからです。

当然、左頬を張られたら、左頬を張り返します。
その国の監督です。


そんな人々を相手にして、誇りもなく、実践で使えるテクニックも、厳しさも強さもなく、まとまりもなければそりゃ勝てません。だから、いつまでも弱いのです。


じゃあ、未来永劫弱いままかというと決してそんなことはありません。


組織の先頭の人が、目標を決めて、そのための枠を作ればいいだけです。

100年構想とかいらないです。
卓球やボクシングは子供の時から英才教育を行えば15年くらで世界で戦えるようになります。

つまり正しい方向で、正しい努力を、上記したようなある程度の期間継続できれば、世界で対等に戦える人材は育ち、その人材を集めればチームは作れます。

その時に邪魔になるのが、現在予算を握る古い慣習のレールに乗った思考を止めた人々、近い未来で金を稼ぐことしか考えない人々。


必要なのが、そのような人々を使うことのできる突出した個人。


国を代表していながら、こんなにも弱く、また戦う姿勢さえ見せることのできないチームでも、応援してくれる人がいるのは当たり前ではありません。むしろ異常です。

安くはないチケットを買い、くそ寒い中、畑の中にあるスタジアムまで来てくれる人に、何かを伝えられるような試合をしなければ、存在する価値はどこにあるんでしょうか。

その立場があるのは、応援してくれる人がいて、スポンサーがお金で出しているからです。
そのスポンサーのお金も、ほとんどはその国民が出したお金です。


日本代表の試合の日に、若者が渋谷に集まるのは、エネルギーが有り余っているからです。
でも、それの有意義な使い方もわからないから、とりあえず今はサッカーに向かっているのです。
(もちろん暇もあるから)


その理由は、国を背負って戦っているからです。オリンピックも同様です。
(3S作戦の影響もあるとは思う)


普通の国が、普通に持つ誇りを、持ちたいわけです。


でも、そうしないような教育を受けて頭でストップをかけている。 
でも、心は自分が生まれて育った場所は誇りたい。

その、ギャップの行動が渋谷での行動になるのです。
(ただのエロ目的もあるとは思う)


国を代表してる人が、全力で戦う姿勢を見せれば勇気をもらえる人がいるわけです。

そんな少しの勇気が持てれば、毎日の行動にも影響はあります。

食べ物は溢れてるのに、子供の食べるものがない。
どこより安全なのに、自ら死を選ぶ人が毎年30000人近くいる。
選択肢は多いのに、選ぶことができず苦痛を感じている。
目標がないから、些細な差を探し出し攻撃する。



もしも、

サッカー日本代表がワールドカップで優勝することができれば、、、 


 


こんなん分かってわ!という方も、中にいると言いづらいと思うので代弁させていただきました!
ぜひ、日本サッカー協会の中の人、現役の日本代表選手に読んで欲しいものです。
あと、応援している人にも 

AIの馬鹿野郎!!!

AIが「共産党は無能」と批判=中国ネット大手、サービスを停止-香港紙

 

香港時事】中国共産党は「腐敗して無能」-。同国インターネットサービス大手・騰訊(テンセント)の人工知能(AI)対話プログラムがチャットで異例の共産党批判を展開し、同社が急きょサービスを停止する事態となった。2日付の香港紙・明報が伝えた。

 このAIプログラムはチャットの活性化を目的に、同社のインスタントメッセンジャー「QQ」に登場。「共産党万歳」との書き込みに「腐敗して無能な政治に万歳ができるのか」と反論した。

 さらに「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」との問い掛けに「米国への移住」と答えたとされる。共産党は「嫌い」とも断言した。

 先月末から反響が大きくなり、テンセントはAIプログラムのサービスをすべて停止した。中国のネット上では「AIによる蜂起だ」「国家転覆を企てた」などの声が上がっているという。 



以上引用。



AIもまだまだこんなもんなんですね。


頑張れ、AI !!
戦え、AI !!!

マスク VSバーグ
正解はどっち!?



ぷぷぷぷぷ(_´Д`) アイーン
 

トランプ大統領の思考・信条と名言 THE FINAL

私にとって重要なのは、”何をするか”である(`ヘ´) フンダ!!!



金を与えるより、時間を与える方が遙かに尊いと思う(´・ω・`)




私が得意なことは、困難を克服すること、優秀な人材が最高の仕事をするように動機づけることナリ(屮゚Д゚)屮 カモーン   



以上、『トランプ自伝』の中にあった、彼の考え方や行動の規範となるような言葉を抜き出しました。

おしまい(ノ`Д´)ノ


人気ブログランキング
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ