Sivanyan_Radioのblog

こんにちは。
このブログではPC関連やガジェット、工作、便利グッズを取り上げていきます。
ネタが無い時にゲームなどを取り上げます(主に古いの)。
役に立たない動画を交えながら楽しくやっていきます。
Sivanyan_Radio YouTube channel

以前買った12本セットは1600mAhのバッテリーで、実質は1200mAhしかないのではないかと思われる充電結果になりました(充電器の表示が正しいのかは不明)。

試しに懐中電灯に入れて点灯させ続けた結果、単4ニッケル水素電池3本使用時(900mAhx4本)とほとんど変わない時間しか点灯出来ませんでした(両電池対応懐中電灯)。

それではなんだかありがたみが無いなと「EBL 18650リチウム充電池 Li-ion充電池 18650 3.7V 4個パック 3000mAh ケース付き」を購入。一本当たりの単価はやはり高くなりますが3000mAhあれば3倍くらい持つのではないかと期待。
IMG_7463
試しに放電からの充電・・・。2200〜2400mAhくらいしか充電出来ない(容量計測ではない)。それでも以前のより2倍の容量なので一応満足。安いやつ買ってるから仕方ないよね。

えっ?仕方ないでいいのか??

見た目はかっこいい!

前回はどちらかと言うと18650バッテリーを入手するのが主でしたので、充電器には特に何も思っていませんでした。

ところが、購入した充電池に表示されている値と実際の値には差があるというコメントが沢山。ちょっと自分自身でもどれくらい充電出来ているのか知りたいなと思ってこちらの液晶表示付のものを購入しました。

「KINDEN急速充電器セット 単3 単4 ニッケル水素充電器 4本用 li-ion / IMR/ INR / ICR / Ni-MH / Ni-Cd / LiFePO4対応 大容量モデル LCD付き 電池充電器」というものをAmazonでゲット。
IMG_7459
大きな画面が付いていて、沢山の情報を見る事が出来ます。

重要なのは
 ・電圧
 ・充電した容量(充電を開始したところから)
 ・充電電流
といったところでしょうか。充電時間も表示されるので経過も分かり良い。内部抵抗も表示されるのですが、充電開始直後の計測後すぐにしか表示されず4本挿すと全部の値は確認出来ない(スロット切り替えで表示がかわるので)。それに測定値は性格なのか?購入後すぐのバッテリーも多くが100を超えて999(最大表示)なのが気になる。

内容物は本体、メガネケーブルに日本語取説くらいかな。
IMG_7462
前回の充電器と異なり、USBからの電源供給は出来ません。DCの端子もありません。AC100Vのみです。発熱はそこまでは高くないが「あぁ、温かいですわね」って感じです。

前回のより大きくなってしまった。
IMG_7464
気に入らない点は液晶のバックライトが一定時間で消灯する事。別に消えなくていいのに・・・。消えない方がカッコイイのに・・・。

充電電流を自動で計算してくれるのですが、内部抵抗が高くなると100mAでしか充電してくれません(手動で切り替えは可能)。なので内部抵抗が高いと表示されるものは前のやつで充電しています。そうしないと時間が掛り過ぎるので(自分で容量決めるのが怖い)。でも、内部抵抗が999と表示されたのを別の日に刺したら百数十オームくらいで表示されたりする謎が残る。

まだまだ検証が要りそうです。

※こちらの充電器は多くの充電池に対応していますが、18650でしか使用していないので他の電池を使った時にどうなのかはまったく分かりません。

懐中電灯を新調しようかと思っていました。

それまで保有していたのが150ルーメン(単4乾電池3本タイプ)が2本と、200ルーメンの大きいやつ(単1電池4本タイプ)1本でした。

200ルーメンのはかなり大きく、反射板(?)も大きいため「200ルーメン?」と思うくらい明るいです。

明るい懐中電灯が欲しいのですが、持ってる200ルーメンのは単1乾電池4本使用。単1型のエネループも考えましたが、高いし汎用性があまりないので買いたくない。

そこで色々調べていると「単4乾電池3本、または18650充電池1本」という電源が選択できるものが多々ある事がわかりました。18650電池って何?と調べるとリチウムイオン電池(充電式)である事がわかりました。

1本で3.7V(標準値)電圧があり、容量も選んで買う事が出来るようです。

充電器も無いし、本数も欲しいという事でAmazonでこちらを選択。

「JINGBOSHI 新しいブランド 3.7V Li-ion充電池 18650 (12本付) ?博士 TR-001 靑い 充電器+電池セット (毎回 4個電池同時充電)」

箱の中身は
IMG_7454
詰め込まれているだけでした。

充電器とメガネケーブル、充電池が2個ずつケースに入って6ケースの12本入っています。
IMG_7455
電池は
IMG_7456
1600mAhとなっていますが、充電すると1200mAh前後しか充電できませんでした(一度懐中電灯で放電してからの測定)。

充電器はAC100VかUSB、またはアダプターで供給できます。
IMG_7458
付属品はAC100Vのメガネコードだけです。

AC100Vで充電すると本体が熱くなるので私はUSBで充電するようにしています。

1本あたり最大650mA(4.2V)で充電するようです(ここは良く分かって無い)。USBだと電流が足りないように思いますが、時間掛けて充電しています。

とりあえず一か月以上使っての感想は、1本当たり1200mAだとエネループ単4×3本と大差ないなと思う今日この頃。

続く・・・。

一昨日の日記で「AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS DV478」を購入したと報告しました。

その際にキャプチャ専用ソフトが「RECentral 4」だと説明しました。(amarectvや他のソフトでもキャプチャ出来ますが、メーカー提供品がって事です)

で、このRECentralですが、動画録画に生配信まで出来る代物。

「あー、デスクトップ(スクリーン)のキャプチャやGV-USB2(i-o DATAのコンポジット入力キャプチャ)出来たらなぁ」なんて思っていました。てっきり専用品だと思ってたから・・・。

出来ました。どっちも。

まずはスクリーンキャプチャ。
in
キャプチャーモードを「Multi」にして下のソースの「+」を押します。そうすると上の写真の用に6つの選択が出てきます。これの「Screen Capture」を選択します。とりあえずフルスクリーンを選んでしまったので変更が出来るのか不安でしたが出来ました。
DesktopCapture設定
「縦横比を固定する」のチェックを外すとサイズ変更が出来ます。カスタムだとマウスで範囲指定します。「位置をロックする」で位置を固定出来ます。フル画面で無い時に有効なものでしょうか。上の画像のサイズ変更はキャプチャした映像をどの大きさで表示するかのサイズです。キャプチャする大きさを変える場合はカスタムでします。

このまま録画しても音が録音されません。
音声
ミキサーボタンを押してミキサーウィンドウの「スピーカー(お使いのスピーカー) PCで流れるシステム音(アプリ、ゲーム、メディアプレイヤー、ブラウザなど)」のチェックを入れると音も録音されます。

フル画面でWorld of Tanksの録画をしてみました。
DesktopCapture
パソコンが古いので流石にフル画面は厳しいです。CPU使用率が80%を超えてたまにカクカクしてしまいました。残念。録画せずに普通に遊ぶ分にはまだ私のPCでも可能なのですが・・・。プレイ画面を小さくして、録画だけ1980x1080でするようにしたらどうだろうか?

別のゲームですがやってみました。
無題
こちらのゲームもフル画面ではCPU使用率が80%を超えてオープニングアニメもろくに録画出来ませんでした。ウィンドウサイズを1440x900だったかに小さくしてキャプチャするとしっかり録画されました。やったね。

プレイは1440x900だけど、録画したファイルは1920x1080にしてるから後で編集楽だよね。

次はAVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS DV478以外のキャプチャデバイスを試してみました。持ってるのは「I-O DATA ビデオ/VHS 8mm DVD ダビング パソコン取り込み ビデオキャプチャー 「アナレコ」 GV-USB2」です。

同じく
in
このソース選択画面で「Device」を選びます。

そうすると
デバイス設定
この様にPCに繋いでいるキャプチャデバイスが表示されます。ここでGV-USB2を選択します。

取り込む際の映像設定ですが、
GV-USB2 Analog Capture設定
比率無視で画面最大にしてみました!普通に取り込めました。比率おかしいけど(当たり前)
GV-USB2 Analog Capture
こちらで録画した場合のCPU使用率は10-20%で主に15%以下でした。うちのCPUはi7-860ね。10年前の・・・。ミキサー(音の設定)で「スピーカー」をオフにして「GV-USB2,Analog Capture」のチェックを入れるのを忘れないでくださいね。

うん、こちらは問題なさそう。

デスクトップ(スクリーン)のキャプチャもフリーゲームならフル画面でもだいたいちゃんと録画できるね(仮想フルスクリーンソフトを使って試しました)。ダメな場合はプレイ画面を小さくしてもそれなりの画質で録画されるので私的には満足。

AmaRecTV要らない子になっちゃうかな・・・。

ちなみに生配信もこれで出来ます。ウィンドウのサイズを調整して色々表示させることが出来ますね。もちろん、パソコンのスペックが良ければの話ですが、残念!

あー、こんなソフトが誰でもダウンロード出来るなんて・・・。そう、誰でも「ダウンロード」は出来ます。でも、使えませんよ?こちらのメーカーの対応したキャプチャデバイスをパソコンに繋いでいないとこのソフト使えません!

QUAD-CAPTUREのSAMPLE RATEが弄れるらしい。

しかし、
1個
このように44100Hzから変更できない。

「なじぇ?」

と、ネットで調べるが解決策が出てこない。接続はINPUT 1Lにコンデンサマイクを繋いでいるだけ。自動で設定されているわけではなく、選択肢が出て来てないと思うんだよね。

そこで色々弄っていたら「本機器を使用しているアプリケーションがあります。設定を有効にするには、本機器を使用している全てのアプリケーションを終了してから、アプリケーションを起動して下さい。」というメッセージが表示されました。サンプルレートとは関係ない設定をしてて出たのですが・・・。

そこで起動しているアプリケーションを全て閉じて同じ事をしてみました。結果は同じメッセージが表示される。サンプルレートもこれが原因で選択肢が出ないのではないかと考えました。

「本機器を使用しているアプリケーションがあります。」を解決しないと設定がちゃんと行えない。どうするか。タスクマネージャーで「終了したけど終了したように見えているだけ」のソフトを順番に終了させていくのも面倒。

なので、
再生off
再生の「QUAD-CAPTURE1-2」「QUAD-CAPTURE3-4」を無効化し
録音off
さらに録音の「QUAD-CAPTURE1-2」「QUAD-CAPTURE3-4」「QUAD-CAPTURE MAIN」も無効にしてやりましたよ。えー、してやりましたさ。

これで「本機器を使用しているアプリケーション」は無くなったはず。

そして、、、、
全部
やりました。やりましたよ。48000Hz、96000Hz、192000Hzが表示されました。

設定が何の苦労もしないで毎回出来る人と、躓いた人の違いは使ってるアプリケーションの違いですかね?私はパソコンに一杯ソフト入ってるから何が影響してたのか分かりませんが、とりあえずサンプルレートの変更方法を「私はみつけた」ので良かったとします。

他の困っている人の参考になればと思います。解決するとは言っていないよ!

そして、設定を終えて「再生」「録音」を元に戻し動画をみたら再び選択肢が1つに戻ったので同じ方法を取らないと変更するのは無理みたいです。

↑このページのトップヘ