sixdaysontheroad

six days on the road

2 Mar

Alex Chilton"Free Again"

631b761d.jpg■"Arthur Alexander"の"Every Day I Have to Cry Some"("Lonely Just Like Me"収録)を聴いていたら、ふとAlex Chiltonの"Free Again"のメロディが浮かんできた。Alex Chiltonは、たぶんこの曲を聴いて作ったんじゃないかと思う。

■"Free Again"(ライノのベスト盤でも聴けるが、"1970"のものとはちょっと違う。TeenageFanCulbのカバーでも有名)がいつ書かれたのか。長らく未発表だった1stソロアルバム"1970"には、ChiltonがBox Tops時代に書いた曲の再演もあるので、"Free Again"もBox Tops時代か、あるいは辞めようかなあ〜って思っていた頃に書かれたのかもしれない。

■このアルバムのレコーディングが行われたのは1969年頃。"Free Again"のような、サザンソウルフレーバーあふれるサウンドから、後のビッグスターに至るミッシングリンクはどこにあるのか、ちょっと興味深いテーマだ。そのうち書いてみたい。ただ、恐らくはChilton自身こうしたサウンドに満足していなくて、だからこそ、旧友Chris Bellのバンドに加入したんじゃないか。秘密は多分Bellにある。

■蛇足だが、Box Tops脱退--Big Star加入前、Chiltonは何をしていたのか。ヒントは"1970"のジャケット(ChiltonがByrdsの"Untitled"を手に持って立っている)にある。実はNew YorkでRoger McGuinnにギターを習ったりもしていたらしい。真偽はさておき、McGuinnのギターから、なぜあのようなギタースタイルができあがるのだろうか。
1 Mar

Marvin GayeとTammi Terrell

bab846b7.jpg■"Weezer"が中古で400円だったので買ってみた。前々から食わず嫌いはよくない、一度は聴いてみようと思っていたもので。で、最後まで飛ばさずにきちんと聴いてみた。

■なぜこれほど人気があるのか。正直よくわからない。"パワーポップ"という言葉が、いつから「適度なビートとメタリックなギターがからむ薄味ポップス」を意味するようになったのか。僕にはやっぱりよくわからない。

■だいたい"ギターポップ"というジャンルもよくわからない。一般的にそうよばれているバンドのなかでも、たとえばTeenage Fanclubなどは、今でもよく聴くしわりと好きだが、大抵はピンとこない。

■共通して言えるのは、ソングライティングが貧弱なこと。好みの問題かもしれないが、そうじゃないと言える部分もあると思う。とくにメロディーに関して、彼らは自分たちの曲を、Brian Wilsonやバート・バカラック、ビートルズが作った曲・メロディと比べてどう考えているんだろう?

■紹介文にビートルズやバーズ、ビッグスターの名があれば、やっぱどうしても耳を傾けてしまうんだけど、まあだいたいがっかりする。99%の確率で僕の頭は水平に傾く。やはり、思いっきり好みの問題かもしれないな、という独り言。

■そんな僕が昨日から聴いてるのは"The Complete Duets"。完ぺきなデュエット。のりにのってる感じのマーヴィン・ゲイにタミー・テレル。"ポップ"ってなんでしょうね。
28 Feb

How Sweet It Is(to Be Loved by You)

f6e93f47.jpg■僕が思うモータウンとはこの曲。"How Sweet It Is to Be Loved by You"である。Sweetでまろやかなコクがあって。僕がこの曲を知ったのはJames Taylorの"Gorilla"というアルバム。JTのこのあたりのセンスが大好きだ。

■"Sweet Baby James"の頃のJTと比べると、白のジャケットを着込み、ヒゲなんかもたくわえちゃって「もうすっかり元気になって、都会でよろしくやってるよ」という軟派な感じに聞こえなくもないが、僕は1975年にJTが作りえた最良のサウンドじゃないかと思う。

■しかし、どのアルバムを聴いても彼の孤独、狂気を感じてしまう。だからこそ、人は孤独なときに、彼の歌声・サウンドに癒されるんだ。"Sweet Baby James"が当時大きな反響を呼んだのも、それだけ多くの人が孤独を感じていたからなんだろう。

■だからいつも思うけど、"SMiLE"が結構売れてしまう世の中というのはちょっとどうかしているんだと思う。
28 Feb

Festival Express

3d9a90b4.jpg■そういえば先週末、Festival Expressを観た。べろべろに酔ったリック・ダンコは愛嬌たっぷり。さぞ、飲み友達が多かったんだろう。"The Band"をリリースしたノリにのっているころの演奏シーンは文句無しにかっこいい。彼らが発するオーラ、サウンドはやはり特別なものだった。

■Gram Parsons脱退直後のThe Flying Burrito Brothersの演奏シーンもあったのだが。歌っていたのは多分バーニー・レドンだった。彼のエレキギターがぐいぐいとひっぱるロックなかんじの"Lazy Days"はよかった。映画を見終わった僕の感想は「Gramいなかった」である。まあ、しかし貴重なフィルムではある。

■クライマックスであろうジャニスのシーンにうんざり。となりの知人は寝ていたそうだ。僕にも未だに彼女の魅力がわからない。

■そういえば、アヴリル・ラヴィーンが来日する。行きたいけど、なんとなく恥ずかしいので行かない。DVDが出たら買おう。"My World"は、去年の誕生日(3●歳)にプレゼントでもらった。

■The Swiftのニューアルバム"Today"が昨年リリースされていたことを知ったのはつい最近。タワーとかHMVとかリアル店舗に行ったり、広告だらけの音楽雑誌を読まない弊害、といえば弊害か?

■彼らの1stアルバム"The Swift"が結構よかったのでそのうち買ってみようと思う。タワーとかだと多分高いからアマゾンで。または中古で。その程度の購買欲である。
28 Feb

In the Ghetto

■iPodを買おうと思ったが、いろいろ考えた結果iAUDIOを購入して1ヵ月。iShuffleに比べると外見上はダサいが、単4電池で動くのでいい。Macだから付属のソフトは使えないが、ファイル転送や管理も簡単で、めんどくさがりの僕でもぜんぜん余裕。転送スピードも思ったより早い。

■最近のマイブームはサザンソウルなので、それ系の曲がどうしても多くなる。最近だと"Clarence CarterのCD"Snatching It Back"からとか、"Candi Staton"とか、Elvisの"From Elvis in Memphis""Burning Love"あたりか。

■たとえば"In the Ghetto(Scott Davis=Mac Davis)"とか、"Any Day Now(Burt Bacharach)"とか、"Suspicious Mind(Mark James)"とか"Burning Love(Dennis Linde)" 。Always on My Mind(Mark James,Wayne Carson, Johnny Christopher)とか……。曲もいいんだよね。
Gallery
  • Geraint Watkins/Moustique
  • Geraint Watkins/Moustique
  • NRBQ - Brass Tacks
  • NRBQ - Brass Tacks
  • NRBQ - Brass Tacks
  • The Spampinato Brothers JAPNA TOUR 2014
  • The Spampinato Brothers JAPNA TOUR 2014
  • A Man Called Destruction: The Life and Music of Alex Chilton, From Box Tops to Big Star to Backdoor Man
  • The Spampinato Brothers/Smiles
  • Vince Guaraldi Trio/A Charlie Brown Christmas
  • Hirth Martinez/Hirth From Earth
  • Smiles/The Spampinato Brothers
  • The Incredible Casuals/Inedible Casserole Series
  • Ron Sexsmith/Forever Endeavour
  • Jeff Lynne/Long Wave
  • The Flamin' Groovies/Live At The Whiskey A Go-Go '79
  • Andy Williams/Love Theme from "The Godfather"
  • Jake and the rest of the Jewels/A Lick and a Promise
  • Rufus Wainwright/Out of the Game
  • Cilla Black/The Abbey Road Decade 1963-1973
  • The dB's/Falling Off The Sky
  • Seiko Matsuda/Pineapple
  • Beach Boys/That's Why God Made The Radio
  • NRBQ/TOKYO
  • NRBQ/We Travel the Spaceways
  • P.J. O'Connell/Join The Crowd
  • THE iNMaTES/Meet The Beatles
  • Allen Toussaint/The Bright Mississippi
  • Nat King Cole/After Midnight
  • Hans Rotenberry and Brad Jones/Mountain Jack
Archives
Profile

sixdaysontheroad

記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ