2017年06月19日

パウンドフォーパウンド10位―8位 井上尚也、山中慎介、サウル・アルバレス

原料メーカーがこだわってつくった糖対策【ハイサラシア】

パウンドフォーパウンド2017・最新ランキング

 10位:井上尚也

 高校時代にアマ7冠の記録を打ち立ててプロ入り。

僅か6戦で世界タイトル奪取、8戦目で2階級制覇、鮮烈KOのシーンで世界に衝撃

を与えた。

オマール・ナルバエスをわずか2ラウンドの短時間で4度ダウンを奪う衝撃的な

KOを果たし、世界中のボクシングファンから注目される。

4度の防衛戦はいずれもトップコンテンダーの最強の挑戦者を返り討ちに。

所属ジムの大橋会長によると次期防衛戦のリカルド・ロドリゲスとの5度目の

防衛戦をクリア後アメリカ進出の話があると云う事。

昨年までのパウンドフォーパウンド1位と云われていたローマンゴンザレスが

敗れてしまったのは残念ではあるが、他にスーパーフライ級にはカルロス・ク

アドラス、ファンフランシスコ・エストラーダなどの有力選手とのライバル対

決を制し、日本ボクシング界の起爆剤となってほしい。

怪物井上尚弥のすべて 全12試合ハイライト Naoya Inoue Ko Ultimate Career Highlights


WBOスーパーフライ級タイトル井上尚弥


井上尚弥 vs リカルド・ロドリゲス Naoya Inoue vs Ricardo Rodriguez


本気の糖対策なら【ハイサラシア】タブレット

9位:山中慎介

 具志堅用高の13度連続防衛の金字塔まであと1つ

神の左と呼ばれる左ストレートを武器に、防衛相手にKOを量産し、最高級の評

価を得ている。

海外での認知度が低いのが残念だが、具志堅用高の防衛記録を破ることも大切

それを成し遂げたら、是非世界的ビッグネームとの試合を期待したい。

スーパーフライ級の井上尚也、若しくは1階級上のギジェルモ・リゴンドー

 リゴンドーはスーパーバンタム級のスーパーチャンピオンであり、輝かしい


アマでの戦績を残しておりプロでも未だ無敗の絶対王者で、もし対戦が実現し

勝利することができたならば、日本ボクシング界にとって偉大な勝利となり、

PFPランキングも上昇するでしょう。

【神の左!】山中慎介 KO集 16試合 Shinsuke Yamanaka KO Collection


山中慎介 7RKOでV12達成!(2017.3.2)(WBC World Bantamweight)【Shinsuke Yamanaka VS Carlos Carlson】


山中慎介 13度目の防衛戦決定


今日から本気の糖対策


  8位:サウル・アルバレス

 ミゲールコット、エリスランディ・ララ・フリオ・セサールチャベスジュニ

アと云ったビッグネームを撃破。パウンドフォーパウンド8位

パワーにスピード、狙い澄ましたカウンターは一級品。

 ついに9月16日最強王者、ゴロフキンとの対戦が決まりました。2017年の

ボクシング界最大のイベントとなり、世界中から注目が集まっている。

この試合に勝つことができれば、パウンドフォーパウンドの最有力候補となる

ことは間違いないでしょう。

サウル・アルバレス vs チャベス・ジュニア 2017-05-06


サウル・アルバレス 最強ボクサー Santos Saul Alvarez Barragan


? 【悶絶ボディ!】アルバレス、スミスから3度ダウン奪う快勝!(??


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
URL
 
  絵文字