昨日(2017/07/12)メールクライアントのThunderbirdを起動したら、

error_thunderbird_01

error_thunderbird_02

と言った感じで、初期状態のようになりアカウント設定などが消えてしまってます><

調べると、
この現象は、突然発生することがあるようで、
プロファイルフォルダにあるアカウント情報に関する「prefs.js」のファイルが破損してしまったことが原因のようです。
(自分はかなり長く使ってますが、初めて遭遇です)

対処としては、この「prefs.js」がバックアップされてる場合にのみ可能で、
バックアップされてたprefs.jsをコピーして上書きで復旧します。
壊れたのはアカウント情報だけなので、復旧後はそれまでのメールのデータ完全に復旧します。

prfs.jsの場所は

%AppData%\Thunderbird\Profiles\<プロファイルフォルダ(英数字.default)>

エクスプローラーで開く場合は
C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profile\<プロファイルフォルダ(英数字.default)>

と言う事で、「プロファイルフォルダ(英数字.default)」を定期的に…アカウントを追加した時には必ずバックアップすることをお勧めします。

自分は、クリーンインストールをしたので古いけれども、その後に新しいアカウントを追加していないので、それを使って復旧できました~^^


今回の報告では、ここからが肝心なことです

復旧して安心してたら、
暫くしてもう一度開くと、また初期化されてます><

これは突然たまたま発生したのではないと思い
チョット考えたら
少し前にCCleanerをバージョンアップしてました
これが原因かと思って、バージョンアップ前に戻すと初期化される現象は発生しなくなりました。

新しいバージョンは 5.32.6129 で、
古い バージョンは 5.31.6105 です。

CCleanerの5.32.6129のバージョンは、このような不具合がありますのでバージョンアップしないことをお勧めします。

■追記(2017/07/14)
コメント頂いた方の情報です。
(有難い情報、ありがとうございます。m(__)m)

CCleanerのバージョン5.32.6129で、
[クリーナー(C)] → [アプリケーション]
のThunderbirdの設定項目に新たに「保存場所」という項目が追加され、(チョット気が付かないですね~)
初期値は[✔]となってて、これが初期化される原因のようです。

このチェックを外せば問題ないようです。