こんばんは

今日の京都の空は、
少し曇っていました。

20181011_083042


         


≪ヨガの魅力≫シリーズ⑪


自分の心をコントロールできない。

そういうことって、ありませんか?


私は「よーし、前向きに頑張ろう」
と気合いを入れてみても、

なんだか、
もやっとしてる時があります。


足の節々も痛かったり、
肩も凝っていたり、

なんだか風邪の症状に似ている?


けれども、
こんな症状って、
「自立神経の乱れ」からきていることも考えられます。


そうだとしたら、
気持ちだけ頑張ってみても、
前向きにはなれないんですよね。


そこで、私が最近試みている
前向きになる「簡単な対処法」を、
載せたいと思います





それでは


まず一つめは
呼吸法なのですが、

体の奥の淀んだ空気を追い払うように
思い切り息を吐き出します。


やり方
  
肩の力を抜いて、
口を閉じて、
鼻息荒く「ふん~~~ん」と
息を吐ききります。


息を出し切ってしまうと、
自然と体に息が入り込んできますので、

また吐いて~吸って~
と何回か繰り返します。

体の中の空気が入れ替わり
浄化されていくように感じます


呼吸法は、これだけなのですが、

気分が優れない時って、
「息が浅くなり乱れがち」
なことが多いそうです。

なので、
この深~い呼吸を繰り返して、
神経のバランスを整えてくださいね





そして、

時間に少し余裕があれば、
朝ヨガもお勧めです。


こちらは、B‐lifeの「朝のフローヨガ」です。

フローヨガは、いろいろな動きをゆっくり繋げていきます。

   


YouTubeの中で
紹介されているのですが、

気持ちが前向きなるアサナ(ポーズ)

ウッタン・プリスタアーサナ
(トカゲのポーズ)
というのがあります。


ポーズの取り方は、

四つん這いになり、
片足を肩のそばで折り曲げ、
両ひじを肩の下に置きます。

その姿勢が、
トカゲに似ているのでは
    
c058dbad49e62e60292e556d8acdfcd9_s

こちらは、
ウッタン・プリスタアーサナの動画、
とてもわかりやすく説明されています。
良かったら参考にしてください。
  
   

このポーズは、
足を前後に開くので、

股関節周りが刺激されて、
血流がよくなり、

みるみる体の凝りがほぐれていくように感じられます


また、前の一点をみつめ,
ポーズをキープすることで,

集中力が養われ、
心をコントロールしやすくなるそう。

そして、
気持ちも前向きに、
変化していくそうです

 

前向きになる魔法のポーズで、
心も軽くなると良いですね






20181011_161839

今日もお疲れ様でした


緑の小鹿




ランキングに参加していますので、
ポチッと押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ