2018開幕

2018年01月13日

あけましておめでとうございます。
年始のご挨拶が遅くなりましたが今年も前向きに良いゲームに出会っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

年末年始の雑記。

・エロブログ扱いされる
年始早々、livedoor側で判断してるっぽいブログのカテゴリが「アダルト」に変わっている事に気が付く。
これマジ?1600件の記事のうち、アダルトビ●オについて書いた記事って10件もないんだけど…
前々回の記事が同人コスプレAV界隈の方にも結構RTされて普段のちょうど30倍くらいのアクセスがあったんですよね。
PV/UUが多かった記事で判別されているのかしら…
どちらにしろ、カテゴリを変えるには問い合わせしないとダメみたいなんで面倒だからこのままでいいかな…
livedoorblogのゲームカテゴリを見てここに来ている人はログ見る限り一人もいないっぽいからいいか。

・キ●タマの腫れ?
元旦の朝、一年の始まりの日、ベッドから起きる瞬間にキ●タマに釣り針の"返し"が突き刺さったような痛みが。
鏡で見るとキン●マの真下にテニスボール半径サイズの肉塊が付属していました。
友達がいなさすぎて寂しくなったせいでイマジナリー人面疽を作ったのかな???
座れないばかりか何をしていても内側から何かが破裂するような痛みを覚えたのですぐ医者へ。

まず皮膚科に行く→「これは泌尿器科で見てもらうといい」
次に泌尿器科に行く→「専門外だ、肛門科へ行くがいい」
さらに肛門科へ行く→「私の分野外だ、皮膚科でアドバイスを受けよ」

なんだこの対応???バグでキ●タマ治療クエストが完了せん……
最後の望みをかけて別の皮膚科に行ったところ…

「中に何が入ってるかエコー撮った方がいいんですけど、この状態を見れる装置って数少ないんですよ。一応膿が入ってる可能性に賭けて切れますけどどうします?」
と聞かれたのですが日常生活に支障が出て本当につらいので即答でお願い切って…と頭を下げました。

一応、キ●タマ自体の異常ではなく付近に出来たものらしいので男の本懐に問題があるわけではなかったようでよかったんですが、キン●マの近似箇所に麻酔をブチ込んで謎のマシンで穴開けて内容物を握り出す、という手術がメンタルが弱い僕にとってはあまりにも痛くて術中はずっとアヘ顔のキズナアイみたいな表情で耐えてました。

お陰でだいぶ良くなりまだ治療が残ってはいますが1月も10日を過ぎてようやく鎮痛剤無しで椅子に座れるようになりました。
初手に苦痛のカードを消化したことで今年は手元に良いカードが来るといいなぁと思う。

・忘年会サイファー
ここ何年かは友人達とささやかで静かな、誰にも邪魔されない忘年会を開くのがいつもの流れになってきています。
(会社の忘年会は忘年会って名前をしているだけの修羅の宴だと思ってるから始めた)
ガンスリンガーストラトスというゲームで知り合って前に一度飲んだ人を呼ぶことになったのですが
お互い共通の話題でかなり盛り上がり、特にMCバトルの話を膨らませることができたのは良かったです。
今年はライブとかイベントを見に行ってみたいなと思ったり。

お待たせ、今年もゲームオタクの出番だ。

sizaemon at 18:04|Permalinkコメント(0)カテゴライズしにくいもの 

2017年ラストのご挨拶

2017年12月31日

もう平成30年になるんですね。
時間が駆け抜けていく感じが半端なく早いです。

あまり身の上の話はしないんですが年度も大きな節目ですし一つ。
当時の読者はご存じかもしれませんが震災時点では鬱病で診断書貰って会社クビになって一年以上独りで家に引きこもっていたクソニートだったんですよね(ブログのヘッダーにAIONのコラでニートの巣窟って画像貼ってるんだけどまさか本当にニートのヒキコモリになるとは思わなかった)。
そこから偶然lovプレイヤー繋がりで現在のTRPGサークルに入れて貰った事で普通に外出できるようになり友人もたくさん出来ましたし、まあ周囲のまともに生きている人に比べたら相変わらず鬱カスなんですが当時と比べると本当に前進したと思います。

また、今年度は目標が一つできてそれに向けて努力をした年でもありました。手ごたえはありましたが目標達成とはいかず歯痒い思いをしましたがこんな自分でも行動を起こせるくらいの元気はあるんだなと認識する事が出来たので2018年こそは努力が実るように計画立てて生きていきたいと思います。

こんな私ですが来年もよろしくお願いします。
なにかヘンテコな催しの一つでもありましたら精一杯お付き合いします。


【ゲーム事情】
9月くらいまでソシャゲの情熱は冷め切っていたんですがなんかグラブルは比較的モチベが回復してきて、カトルウーノ解放で少し楽しくなってきたので10月くらいからわりとモリモリやってます。他ソシャゲだとアズールレーンが個人的にハートにハードヒットしてパンツの中のコムルーン火山も噴火しました。

家ゲーでは今年少しまとまった時間が出来た時期があったので禁断の麻薬シヴィライゼーション(5)に手を出して見事大ハマり。ゲーマーの癖に生来のゲーム下手だったんですが楽しくてやりまくってるうちに勝率不安定ではありますが難易度創造主もクリアできるようになりちょっとどころかかなり嬉しい。トロフィー取"得者2%だ"よ"ぉ褒め"て"え"え"え"え!

今年一番プレイ時間が長かったのはFallout4。今までsteamに登録しておきながらskyrimとボダランシリーズくらいしか買ってなかったんですがこれを皮切りに色々手を出してみた中では最も熱中し、休日がふぶき撃たれたプテラくらいの速度で溶けていきました。オープンワールドゲー恐ろしい。

逆に完全に積んでしまったのはPreyとテラリア。前者は仕事が忙しくなる時期かつ勉強するタイミングと重なってしまい、後者はちょうど買った時期にswitchのロマサガ2リメイクが出て……う、言い訳が逃げ口上雑魚山賊並みのカッコ悪さですね。

過去に記事で細々書きましたけど、新しいゲームを始めるのに必要なエネルギーは出し惜しみせず、むしろエネルギーマイナスになっても新作に手を出した方が逆に精神力豊かになることに気が付いたんで生きてるうちに出来るだけ多くのゲームに出会いたいですね。


【ツイッピャー】
既に生活の一部と化してるツイッターですが色々とマジですかってハプニングもあり今年は嬉しく楽しい年でした。
あのTCGとかこのイラスト集で見た事あるってイラストレーターの方や、読んでてパンツの中にどっぷり遺伝情報漏らした同人誌の作者様、10年以上に渡りジュニアがお世話になっているハイパーエッティヴィデオクリエイターの方などからフォローが飛んで来たりして、もう頭おかしくなってふしぎなおどり踊りながら秒速でフォロー返しました。

ワシ一切創作活動なんかしていないのにこんな嬉しい事があって良いのか?!って感じでもう、自分のふしぎなおどり鏡で見て自分のMP0になるけどテンションの高さでまたMPマックスになる意味わかんない極限ループ状態です。


【ゲーム以外になんかねえのか】
ないんだなこれが(笑顔)

たまにブログにも登場するけどなんか知らんがフリースタイルダンジョン4期から急にハマった。
クラブでのMCバトルの動画なんかもちょくちょくチェックするようになったよ。

あ"!TRPGとフリースタイルバトルってちょっと似てない?
即興歌と即興劇という対比だし、GMもその場で情景を描写(リリック)し、伏線を回収(ライミング)して、場を盛り上げて(フロウ、バイブス)いくんですよ。
舞台が違えどもはやGMはMCでは?プレイヤーにいかに楽しんで貰えるかのバトルなんやな。

そういえば趣味で1から自作したTRPGのキャンペーンを震災の年から定期的に続けていて
12月で通算110セッション目になったよ。正確にはシリーズものの1部、2部、3部の合計数なんだけど、わざわざ遊びにみんな毎週集まってくれるのは身に余る光栄というか…
あ” エモーショナルが爆発しすぎる!!

ところで吉祥寺からなんで黒人ラッパー達急に消えたの?10年前凄い居たのに。


【まぁもう平成も30年になるので】
書類書くときに「今年29年だっけ?27年とかだっけ?」って悩む事がなくなる。
いいこと。

ハァイ以上です〜良いお年を。


sizaemon at 00:03|Permalinkコメント(0)カテゴライズしにくいもの 

きみは同人コスプレAVをしっているか

2017年12月24日

たくまゃんだ。
この頃は妖怪惑星に不時着したり君が望む海戦に入り浸ったり最初にワグナスを倒したりとワクワクゲームライフを滞りなく送っている。

さて、あまりこのブログでは触れていないのだがおれには10年以上趣味としているもう一つのワクワクエンジョイライフがある。

それは「同人コスプレAV」という映像作品群を見ることだ。

一年365日のうち三日に一回、年120回「エンジョイ」するとしたらそのうち118回をおれはコスプレAVでエンジョイする。
2回くらいは無性に二次元の女の子でエンジョイしたくなり同人誌を読み返したりするのだが、おれは脳と股間に特別な祝福を受けているのでほぼ99%コスプレAVでしかエンジョイできない体の持ち主といってもいいだろう(それはそうとして同人誌も大好きだ)。

それほどまでにおれはコスプレAVが好きで、その中でも同人コスプレAVは日々欠かさずチェックしている。

今後しばらく同人コスプレAVについて、どんなモンだとかどこで買えるとかどんな作品があるのかとかどれが好きとか色々ブログで続けて語っていきたいと思う。

稀代のクソゲームマインドシーカーなどについて書く記事はまた当分先になるだろうからすまないとだけ一言あやまっておこう。

おれたち男の子がひとり「エンジョイ」と長く賢くつきあっていくうえで、おれのコスプレAVへの情熱が新しい性嗜好というキャビンを開ける小さな鍵になれば幸いだ。

【目次】
・同人コスプレAVとは
・どこで買えるのか
・楽しむコツ 失敗しないために


※同人のROMには女の人のエリアBまでが解禁されたR-15(ソフト)と、エンジョイ行為完全解禁のR-18(ハード)があるがここではハードのみを取り扱っていく事にする。





同人コスプレAVとは

AVとはオーディオビジュアルではないほうのAVだ。

ブルマとか制服とかアニメとかゲームとか、のキャラクターの衣装を来たモデルの女性が「エンジョイ」するなどしている作品を「コスプレAV」という。
そして商業流通ではなくサークル登録した個人が作品委託販売サイトなどで売っているそういった作品を「同人コスプレAV」とよぶ。



【普通のコスプレAVとの違い】
流通経路以外に、視聴者の目線では商業の作品と明確にココが違うという定義・線引きがあるわけではないが、具体的には次に挙げる部分が商業と違いがちな部分だ。


1.コスプレの種類がマニアック
商業作品ではロングセラーなオタクコンテンツのキャラクターを取扱う事が多くそのキャラは少し飽きてしまったな、と思う事がある。
(最近はマイナー気味な作品や、キャラクターのコスプレものを販売する事が多くなってきているので嬉しい傾向だ)

反面同人コスプレAVは商業作品よりマニア感を押し出したものが多く、幅広い作品・キャラクターのコスプレAVに出会いやすい事が一つの特徴だ。

もちろん同人の方でも長寿人気キャラのものは多く見かけはするが、現在流行している作品のコスをいち早く取り入れるなどフットワークの軽いサークルが見受けられるのは見逃せないポイントだ。


2.お手軽さ
商業と同人の違いに、収録時間や値段の面があるのでおおざっぱな数字ではあるが比較してみよう。

・商業コスプレAV
およそ収録時間120〜240分
大体2,990〜4,204円くらい

・同人コスプレAV
およそ収録時間30〜60分
大体1,000〜2,000円くらい

そう、同人コスプレAVの方がお手軽に買う事ができるのだ。
商業作品はいわば遠洋航海で、上手くいけば黄金の新大陸を発見することも可能だが
失敗した時に財布と時間という船が犠牲になる。
対して同人作品は商業作品にスケール面では及ばないが、上述したマニアックなキャラのコスプレを楽しむ事ができるし万が一失敗しても財布にも時間にも優しいのは一つのメリットといえるだろう。




どこで買えるのか

委託販売しているお店で直接買ったりもできるが
同人AVを制作するサークルが登録している販売サイトで購入するのが簡単だ。

おれの冒険もきみの冒険もすべてはここで動画を買うことからはじまる。
お試しにサンプル動画をみることができる作品も多いから安心だ。

あと別におれは同人AVサークルに知り合いは一人もいないし、このブログでこづかいを稼いでいるわけでもないから一切ステマではない。単純に良く利用するところ、買いやすいところを紹介していくつもりだ。

・DLゲッチュ
良く利用するところその1で何年も通い詰めている、実家のようなところだ。
サークル登録数が豊富で、更新量も多い。
2011年くらいから利用して毎日見ているが、最低でも1日1本は新作が出るペースを維持している。
人気上位サークル・人気作がバナーとサイドメニューに表示されているので
初心者が同人コスプレAVの世界を覗いてみるのにもちょうどいいサイトだろう。

・gyutto
良く利用するところその2がここgyuttoだ。
作品数と更新量はDLゲッチュに一歩譲るが、ここにのみ登録しているサークルもあり掘り出しものにありつけることがある。
また、新作更新が決まって日付変更と同時のタイミングなのでチェックしやすいのがポイント。

・DMM同人
DMMが主導しており、作品はほぼここだけの独自タイトルとなっている。
そのためDLゲッチュやgyuttoでは見られない作品に出会えるのが何より特筆すべき点だ。
更新頻度がかなり低いところが唯一のネックなのだが、意表を突くようなコスプレが出てきたりするので定期的にチェックしているサイトだ。




楽しむコツ 失敗しないために

次に、楽しみ方とか買って後悔しないコツとかを書いていく。


1."寸劇"はあまりない
コスプレAVといえばアニコスAVの王者TMAが制作した作品を思い浮かべる達人もいるだろう。
それら商業のアニコスAVの中には、原作の雰囲気を再現して女優にキャラクターのセリフなどを喋らせたり、小芝居を披露してくれるものがある。
しかし、同人コスプレAVの多くはエンジョイシーンを主眼に制作されており、モデル女性がキャラクターになりきっている作品は殆ど見受けられない。
つまり、キャラクターになりきったプレイが好きな人は同人コスプレAVでエンジョイしづらいと言えるから注意が必要だ。


2.サンプル動画を確かめよう
同人コスプレAVは商業と比べマニアックなものが多いため、一部はかなり特定のフェチ向けに制作されているものがある。
これは同人というフィールドならではの特徴だ。
そのためあまりにもマニアックだったりして、好きなキャラクターのコスチュームだったとしてもあまりエンジョイできない可能性が出てくるかもしれない。
なので初心者はまず「サンプル動画が見れる作品」でサンプル動画をチェックするといいだろう。

同人作品という事もありプレイが尻切れだったり編集に難点がある作品も多数存在しており、それがまたウリの一つとも言えるのだが、慣れないうちはサンプル動画のない作品は良く考えてから手を出すようにすると失敗が減る。


3.作品説明を良く読もう
ゲームのチュートリアルを飛ばし家電の説明書すら読まないヤツは紛れもなくタフガイだが、同人コスプレAVという分野においてその動きは事故に直結しネイビー・シールズですら任務を中断せざるを得なくなるだろう。
サークルが記載している動画の説明文には大事な事が多く書かれているので良くよむべきなのだ。

動画が見たかったのにいざ買ってみたら写真集だったという初歩的にして致命的なミスなども予防することができる。

作品説明には主に「収録時間」「動画なのか写真集なのかといった媒体」「プレイ内容」といったものが掲載されている。
作品説明は漂流しないための標ともいえるものなのだ。
良く読んで、本当にその作品に碇をおろすべきか考えよう。


概ねこの3点に気を付けていれば良い同人コスプレAVに巡り合える確率があがるだろう。

余談ではあるが、同人AVということで商業作品には出ていないアマチュア女性の出演を匂わせるような説明がされているにも関わらず、しかしいざ見てみると商業作品で見かけたプロのプレイヤーが出演していることが多々ある。
無名の対戦相手だと聞かされていたのにリングにあがってきたのがジョン・ゲイシーやらデッド・バンディやら零崎人識だったら深呼吸三回分の寿命を家族とかパスタ作ってくれた彼女に感謝するのに使うだろう。
だが同人コスプレAVとは、まぁなんかそういう感じのものなのである。

個人的には、見たいアニコスの衣装でエンジョイしてくれていれば特に構わない派だし、中には商業で活躍していない素人モデルが出ているものもある。

まぁなんかそういうものだし慣れてくるとまた違った味わいを感じたりもするようになったりする。



終わりに

今回は同人コスプレAVがどういうものなのか、ざっくりとした概念を説明してみた。

気が向いたらおれのお気に入りとか、100回近くエンジョイした作品とか、おれの伝えられる限りでサークル毎の特色とかを紹介していくつもりだ。

同人コスプレAVは上手く付き合えばエンジョイが何倍にも豊かになる界王拳みたいなものだとおれは思っている。

sizaemon at 18:48|Permalinkコメント(0)カテゴライズしにくいもの 

ゲー録577 世紀の怪作マインドシーカー

2017年12月14日

君はマインドシーカーを知っているか!
どんなゲームであれ良いところがあり安易にクソゲーのレッテルを貼るべきではないと考えている僕が擁護を捨ててクソゲーの代表格として割と今でもツイッター上で話題に出す個人的伝説ゲームなのだ。

紹介していこう!

1.どんなゲームか
ジャンルは「超能力開発」をテーマにしたアドベンチャーです。
この超能力開発とはゲーム内のキャラの話ではありません
画面の前の僕ら、プレイヤーに対してです。

メーカーが堂々と「ゲームを通じて超能力を開発する」とソフトとして発売したのです。

耐えきれるか少年、実話だぞ。


2.どこのメーカーが出してるの?
天下のナムコ。


3.具体的な内容は?
1980年代頃にメディアに露出が多かったエスパー清田という実在する超能力者が監修し、ゲーム内にも登場します。
プレイヤーはエスパー清田先生の指示に従い、超能力ラボの課題を超能力でクリアし、超能力シティへ繰り出し、住民のお題を超能力で解決し、最終的には宇宙の真理へ到達します。

最初の指示から「部屋を暗くして瞑想しろ」「部屋のどこかにカードキーがあるから念力で当てろ」といったような内容のオンパレード。
ラボの課題も「5枚あるカードを透視して絵柄を当てる」「念力でランプを点灯させる」「次に光るランプを予知して当てる」といったもので、プレイヤーが念力を発揮しやすいようにという親切心からかプレイ中に使うのはほぼAボタン一択。
画面に向かって念じながらAボタンを押してね!というものなのだ要するに。

言うまでもなく、当たるか当たらないかは全て運ゲーである。
脳波を測定して現実の物体にアプローチする研究が進んだ2017年ならば「マインドシーカー用デバイス」を作れるとは思いますが、このゲームの発売は1989年。8bit時代。


4.面白い要素が他にあったりするのでは
画面念じながらAボタン押すミニゲームで全てが構成されているのでそんなものはないぞ。


5.まとめ
説明した通り、現代日本で発売したら"立派な詐欺"にあたるクソゲーにして伝説の怪作であります。
定期的に僕が話題にするのは当時すげーやったから。

というか二十歳こえてからもカセット友達の家にもってマインドシーカー大会やったもん
みんなで画面に向かって「俺のサイパワーを送るぞ!」「ランプ光れ!」「パワー!サイパワー!!」とか叫んだの。

こういう遊びでもしない限りテレビに向かって念じ続けた小学生の頃の傷は癒えないでしょ。

凄いクソだけど語り継ぎたいと思う、そんな奇怪極まる尖ったソフトが僕にとってのマインドシーカーなのでした。


sizaemon at 19:30|Permalinkコメント(0)ゲームに関する記録 | ゲームに関するコラム

雑文524 17.12.12のフリースタイルダンジョン感想

2017年12月13日

今僕がもっとも楽しみにしている番組といっても過言ではないフリースタイルダンジョンw
昨日のフリースタイルダンジョンでFORKさんがモンスター先鋒で登場したバトルが凄すぎてかなりアガりました。

この番組の四期からMCバトルを見始めた初心者なので検討違いな感想かもしれませんが素直に思った事を!

FORKさんのバトルは好きなんですが、自分の世界を展開して相手を寄せ付けない感じが圧倒的で、プロップスにライミングだって抜群なのでどんな相手が来てもオーラで飲み込んで勝っちゃうのがカッコ良くもあったんですが、逆にじゃあどういう風にぶつかれば勝てるんだろう?というモヤモヤがあったんです。

皆FORKさんに点数入れちゃうのでは、と。
いくら相手がスキルを繰り出してきても見てる人がそれを蔑ろにしちゃうのではと。
それが今回の試合でもう全部吹き飛びました。

「韻を踏みすぎるのも考えもんだ」「足し算は終わって引き算が始まっている」と以前バトルで押韻について語っていたように、しつこさを感じないレベルの限界まで押韻し、かつダサいリリックも無くダサい韻を全く踏んでいない2バース目が完璧でシビれました。

前置きにある通り初心者意見でごめんなさい、FORKさんが繰り出す世界が強すぎるから、相手も強いのに相手の評価が疎かになっちゃってるんじゃないかとかそういう素人考えがあったんです。
でも良く見れば当然のことですがFORKさんちゃんと相手の言葉を受けて戦ってるし、しっかり鋭く返してノックアウトしてるんですね。

とてもよかったです、何度か見返して気付く押韻もあったりして、まさに「後でニヤつく」状態です。

対するD96さんもたった2年でここに立つほどのスキルを磨いたとのことで驚愕です。
試合前インタビューで言っていたように心地よいフローの楽しいラップが好印象でした!
FORKさんに敗れてしまいましたがまた活躍を見たいです。

sizaemon at 20:00|Permalinkコメント(0)ブログ主の生活に関する記録 

闘病 IBS(過敏性腸症候群)

2017年12月12日

過敏性腸症候群という病気をご存じでしょうか?僕が6年以上悩まされているこの病気、どれだけの知名度があるか自分自身ピンと来ないのですがもっと知ってくれる人がいたらいいなーと思って記事を書きます!

1.どんな病気なのか?
人によって症状が異なりますが、便秘、下痢、腹痛などが突発的、慢性的に引き起こります。これらの兆候があるにも関わらず、大腸・小腸には炎症などの異常は見受けられないのが特徴です。
僕の場合は、突発的にうんちがしたくなり、うんちが出るまでの速度に8倍くらいのバフがかかります。
うんちのバイキルトですね、どっちかというとピオラとかスクカジャかな。
Unci speed rate fast 800% !!

2.どういう時に発生するのか?
ストレスなどによって引き起こされる事が多く神経症であるとも考えられています。
良く聞く例は、出社したくない気持ちが強い中で満員電車に乗ると引き起こされるといったものです。
僕の場合は別に今日の仕事は楽勝だなと思っていても電車に乗ったり、トイレが設置されていないところに暫くいると無意識化にストレスを感じるのか急に発生します。

3.結局どう困るの?
急に下痢したくなったりぽんぽんぺいんが来たらつらいです。
自分の場合は、突発的に便意が発生し、それがとてつもないスピードで進行するので5分ほどでダム決壊(236236C)に至ります。
見知らぬ土地で5分以内にトイレを探さなければいけないとしたら?
次の駅まで10分以上かかる電車に乗ってしまったとしたら?
その恐怖と不快感は凄まじく、何故自分がこんな目に遭わなければと毎日毎日考えます。

5分以上経過したらどうなるのか?はいゲームオーバーです。
初めてのゲームオーバーは通勤電車で乗り継ぎ駅に到着した瞬間、トイレまで到達できませんでした。
その瞬間全てが終了したと思いました。人間としてのカルマ値が限界まで溜まり、このセーブデータではグッドエンドは迎えられないなと絶望が視界を覆いました。
防御力が目に見えて増大した不浄なるパンツ-体防具-をビニール袋に包んで捨てている時の悲しさたるや、教会でこの呪いは解けるのでしょうか。
しかし、ゲームオーバーしてもコンティニューがある事に気が付きました。
別にうんちを漏らしてしまっても死にはしません、決意を抱き続ける限り何度でも人生はコンティニューできる…と。

4.気合を入れて我慢はできないの?
決壊まであと1〜2分というところの限界ギリギリまでうんちを我慢してみてください。
何も感じてない状態からその状態に一瞬で持って行かれるのが僕の場合のIBSです。
映画でいえば逆バックトゥザフューチャーですしスタンドでいえばキングクリムゾンです。
その状態から全身で我慢するので、5分くらいは耐えられますが逆にいうとそれ以上は世界が終焉。

5.対策は?治るの?
残念ながら治療のお薬はありません、しかし抑える薬はあります。
抑える薬を服用しながら生活し、いつしか気にならなくなってきたり症状が出なくなってきたりしたらその時がはじめて治療成功となります。
その他にも整腸剤を併用したり、そもそものストレスを取り除くために原因を調べたりと、人によって改善のアプローチは多岐に渡ります。

僕はイリボー(ラモセトロン)という症状を緩和する薬を4年間以上毎日飲んでいます。飲んでからは決壊する事は激減しました(無いとは言っていない)。
二か月で大体4,000円くらいの出費となりますが、無いと生活ができないので仕方ありません。
クソーこれがなければ月2000円余分にガチャしたりゲームが買えるだろうが!クソだけに。

6.似たような症状の人へ
通勤中とか通学中にトイレに急に行きたくなったりお腹が痛くなる人がいたらこのIBS・過敏性腸症候群を疑ってみてください。
そして「胃腸科」を専門としているお医者さんに行ってみてください、内科で見てもらうよりオススメです。
勇者よりも僧侶の方が回復魔法をたくさん覚えるように、より専門家である方にかかったほうが安心です。

胃腸科でのIBSの相談件数はかなり多いようで、改善に向けてしっかり相談に乗ってくれるはずです。
あと大人になってIBSでうんちを漏らしてしまってもちっとも恥ずかしくないと思います。
全人類が同じ状況になったら100%漏らします、即死耐性ないキャラがザキ撃たれて確実に死ぬのと同じです。
決意を抱いて強く生き続けてほしいと思います。

あと僕個人の体感ではありますが、座った状態では便意も腹痛もかなり和らぎます。
最終的にどうしようもなく電車内やバス内で座り込んでしまった事もあるのですが、
もしそういう人を見かけたら漫画版クロードばりにスッと立ちあがりスポーティーに席を譲って頂けるととてもありがたいです、救いの勇者が来てくれた感じです。

7.もっと具体的な対策など

・必ずトイレに寄る事を見越して出勤、出発はかなり早めに
・あらかじめ出先のトイレの位置、混み具合を把握しておく(時間帯毎の混み具合把握は結構難しいけど)
・トイレが空いてる駅や、近くにトイレがあるバス停を知っておくと通勤通学が気持ち楽
・最終手段、ATフィールドともアストロンとも呼ばれる最強の鎧「おむつ」を装備する。なりふりかまうな

8.最後に
僕は通勤中に限った事ではなく、遠出全般や昼頃、夕方のお出かけ、遊びにもこの症状が毎回例外なくついて回るのがつらいです。
友達と遊びに行ける範囲や、時間がかなり制限されてしまいますし、トイレの無い場所でのランチや、行列に並んでの食事は特に厳しいです(厳しいというよりは無理です)。

僕はポジティブではないので、きっとこの症状を授かったのは意味があるとか神様の意志だとかそんな気持ちはちっともないですし、こんなのくれた神様は足の裏炙って泣かせてやる。自分のやること、行ける事に多少なりとも制限がかかる状態に、ただただやり場の無い怒りがこみ上げます。FFのキャラならエスナで治るんだろうな。ヘラクレだったらネクタルで一発か。

でも同じ症状の人が世の中にたくさんいると思うと少しは勇気も沸いてきます。
悪いことばかりの症状ですが、耐えきって目的地まで到着できたり無事に一日を終えられた時の安心感は中々悪くないものです。
乗り切っていきましょう。


余談:
ゲームのおおきな大会イベントの日、症状に見舞われてトイレに駆け込んだら行列が出来ていてこんな楽しいイベントの日に社会的に死ぬのか…と苦しみ、あと一人待ちのところで堪らず声をかけたところ快く譲ってくださった方がいました。後で自分が良くつるむグループの友人の方だと判明し、一緒にご飯をおともして「実はあのイベントの日に…」と感謝を伝えることができて嬉しかったです。他にも日常のシーンでこの症状に対して優しくしてくださった方がたくさんいます。とても助かっています、全ての人に感謝を伝えたいです。

sizaemon at 20:00|Permalinkコメント(0)カテゴライズしにくいもの 

10年越しの拍手コメ返し/Blog13周年

2017年12月09日

ワシだ!
実は今日はじめてブログの拍手コメントという機能に気が付いた…
普通のコメントしかないと思っていたというか、いまいちブログまわりの機能が未だに把握できてないというか…
書き散らかす事ばかり考えてて13年目にして基本的な事何一つ知らん始末!!!

あ、12/7でBlog13周年ですイヒヒイビー…

という事で記事についた拍手コメント全部に一つずつ返信していきます。
恐らくコメ主が見てくれている可能性は0だが無視してしまっていた感じでやりきれなくて…
あ! 13年やってるが拍手コメの全体数は12だ!多分…かなり少ない!!全レスする!!!

「ずるいよ」
>2008.08.24 01:41 名無しさん
>だよな
ずるいよね…

「泣いた赤鬼 ブロントさんVer」
>2009.03.31 05:57 名無しさん
>うほ
>2009.03.27 23:09 名無しさん
>おいィ…
コメんト9こでよい(感謝)

「ゲー録346 LoVレナスデッキ考察・戦術その2【対亜人編】」
>2009.04.28 21:27 名無しさん
>愛(アモール)こそが勝利!目指せフラれストーカー
属性変わりましたが2でもハリハラ+レナスを終わりまで使っててレナスのストーカーやりきりました!
今はシリーズ飛んで4ですよ、lov4!未来に僕らは生きている…

「AA物語 ドクオファンタジー」
>2009.06.15 16:27 名無しさん
>いい
(・ω・)アザース!!

「LoVレナスデッキ対亜人編 レス返信」
>2009.08.23 22:35 名無しさん
>神技!
ニーベルンヴァレス亭

「ゲー録396 【AION】輝け!とらぺぞへどろん!」
>2009.09.03 01:00 名無しさん
>なんかAIONが漫画化されてるです・・・(ここにURL)
情報感謝です!URLが見れなくなっていたのですが、どんな漫画か気になりますね。。
天族と魔族の争いの話なのでイベントも色々ストーリーに絡めやすそうですね。

「ゲームセンターの思いデ話」
>2010.01.15 00:27 名無しさん
>いい話でした。良いお兄さんだ。
このゲーセンはつい昨日記事にしましたね〜。もう10年以上前に無くなってしまったゲーセンですが
今でも東伏見を通りかかると懐かしいような切ないような気持ちが沸き上がってどうしようもなくなってしまいます。

「ゲー録276 FEZ雷皿ジャッジメントレイ極思想論」
>2011.08.08 23:31 名無しさん
>面白かった。FEZはここまで真剣になれるゲームなんだと気付かせられた。
攻略系の記事を褒められたのは生まれ初めてかもしれないです、踊りだしたくなるくらい今、凄く嬉しいです。
今年冬か来年頭か、FEZのスマホ版がリリースされるようなのでまたジャッジメントレイをガンガン撃っていきたいッス!

「アンGREE」
>2011.09.23 14:29 名無しさん
>ここのところ抱いていた携帯ゲーや課金ゲーへのわだかまりと疑念が氷塊しました ああいうのは鰤の谷の詩の「金儲けを企む輩は排除せよ」「ユーザーの為のゲームを作らなかったら経営は成功しない」ってのをごつんと叩っこんでやりたいです
当時のGREEさんほんま強敵でしたね…タコの魔物かってくらい吸い付いて離れなくて困りましたw
今は間違いなく"ユーザーのためのゲーム"で成功もしているものの、問題も孕んでいるガチャ集金のタイトルがひしめく時代になりました。
集金の仕組み(金額・確率)と、ガチャに依存する人は別個の問題なのでこれを切り離した上でもっと世間は議論するべきだと考えています。

「ゲー録568 ソシャゲとパッケゲーどちらが得かなあ」
>2014.10.19 19:01 名無しさん
>まんこ
卑猥警報

「懐ゲー黙示録2 答えを追い求める魂よ「Diablo」」
>2017.05.26 21:56 名無しさん
>まず、この記事のタイトルにグッときました。この言葉と、確か片足のない?少年の明るさに当時は励みになっていました。でも私は小6の頃にいとこからこのゲームを少しの間だけ借りて、序盤のブッチャーの所で早くも諦めてしまいました。最近はアプリゲームも目立ち、こういったひとつの思い出もなかなか生まれることができないと思います。うらやましい、と思ったし、素直に良いなぁ、と思いました。
比較的新しいコメ!ありがたいです!Diablo、慣れないと難しいし慣れても難しいゲームですよねえ…
暗い雰囲気の作品でしたが、仰るとおり義足の少年の明るさと、魔女の心強い言霊がダンジョンに向かう勇気を与えてくれましたね。
このゲームを通じて良き友達が出来たこと、楽しかった事は一生忘れません。



と、全コメ返信してみました。
Blogの機能のところ普段見ないからホント拍手コメントなんて機能初めて知った…
お叱り励ましなんでもお待ちしてナス!今後ともヨロシク。

sizaemon at 15:00|Permalinkコメント(0)カテゴライズしにくいもの 
過去のArchives
ツイッピャー
Blogは隔月更新とかそんな感じ
こちらのTwitterでうだうだ
過ごすのがメインです。



自己紹介欄

イラスト:高校の友人・蒼依くん作


管理人:たくまゃん
ゲーム雑記を書く程度の能力

メールはこちら
qoohuurin「@」hotmail.co.jp

* * * * *

役者兼声優で僕の盟友の
霧生晃司アニキを熱烈応援中!

霧生晃司さんオフィシャルブログ
〜気流の行方〜
魂のコメント達
宇宙忍者