2016年03月03日

0303

花見やりまーす。
興味ある人はこちらから

2015年09月25日

0925

次回シンセはハロウィン交流会です。
仮装とかしなくてもよいです。してきてもよいですよー。

会のルールはとくにないですが、なるべくおだやかな気持ちで、
あとはリラックスしてトークを楽しんでください。

まだ若干名空きがあるので興味ある方はお早めに!
定員になりましたー。

詳細はこちら


追伸:散会したあとに希望者でランチにいってもよいかもしれません。

2015年06月16日

0616

次回のシンセサイズはボードゲームで遊ぼうという企画です。
(シンセサイズは統合失調症患者の交流サークルです。)

メンバーの方が企画してくださいました。感謝。

ゲームが苦手な方はお話だけでもOKです。
途中退出、ドタキャンもお気軽に。

まだ定員に余裕があるので気になる方はこちらのブログをチェックしてみてください。

2015年03月15日

0315

お花見イベント企画しましたー。
あたたかい陽気のなかゆるーく同病の人とお話したい方はぜひ。

詳細はこちら。

2014年12月20日

1220

ひとりでいるとどうしても偏った考えに支配されてしまいがちで、
それらを解きほぐすひとつの方法として「会話」があるように思います。

考え方、考える経路、思考の癖がだれにでもあって、
凝り固まって出口が見えない感じから自力で抜け出すのはなかなか大変。

そんなときに他者からの言葉によって、
まるで整体に行くようにほぐされ・緩められる時があります。

もみかえし=話しすぎに注意でもあるのですが。


告知。

来年1月24日にシンセサイズ(統合失調症のサークルです。)でお茶会をやります。
余裕がある人たちでそのあと新年会(飲み会)を開催しようかと思っています。

まだ若干の空きがあるので興味ある方はこちらをご覧ください。

募集を締め切りました。よろしくお願いします。

2014年11月19日

1119

散歩をしたり、珈琲を飲んだり、お酒を飲んだり、

ぼんやりと世界をみる時間がとても大事だなーと切実に思います。

告知。

来週末シンセサイズで水族館に行きます。

メンバーの方が企画してくださいました。(感謝!)

まだ若干の空きがありますので魚でも見てくつろごうかなという方いたらぜひ。

詳細はこちら

2014年08月09日

0809

最近人と会うことが増えて緊張する一方、とても楽しいです。

カウンセリングはいままで一度も受けたことがないけれども、
自分の言葉が誰かに届けられて受け止められて反応が返ってくるという行為にとても癒されます。

というわけで?次回シンセサイズは、のんびり公園でお話する感じの企画です。
詳細はこちらから。

2014年07月08日

0708

「家めしこそ、最高のごちそうである。」という本を読んでいて、
いっちょ料理でもやってみっかな、という気分です。

まずは簡単なつまみとかパスタからはじめています。

自分で作った料理を食べて(もしくは食べてもらって)
うまいまずいを言うのってけっこう気分がいいですね。

短時間に結果がでるのがいい。

すぐに次のチャンスが来るのでリベンジしやすいのもいいですし、
仕事の息抜きにもなります。

続くかなー。

2014年05月03日

0502

東京は夏の気配。
ビールがおいしい季節。

というわけでカレー屋さんでネパールビールをゴクゴク。

インドワインの赤も。

ああ、どうでもいい感じにどーでもよくいい感じだー。

あ、次回シンセただいま企画中です。

2014年02月28日

0228

映画をちびちびと観るのが最近の趣味。
2時間とか観るの無理なので細ぎれに寝る前に少しだけ。

あと散歩はずっと続けている。
音楽を聴いたり、ラジオを聴きながら時々感動したり。

なにか続けていられるということは、
それがわりかし似合っているということであり、
自分に合うものなんてそうそう出会えるものでもなく、
続けられることを続けていく、というスタンスでいたいと思ったりしています。

2014年01月15日

0115

週末は沖縄へ。

海を眺め、穏やかな気分になれますよーに。

2013年11月19日

1119

少々体調が安定せずもがく秋。
いろいろな予定が立てられずにいる。

まずは体調を安定させることが先決であるな。

いまは静観、動き出すために静かに観る。

2013年09月30日

0930

昨夜観た「ホノカアボーイ」がよくて南国に行きたくなったのだ。
淡い感じの映像とおいしそうな料理にとても癒されたのでした。

これから寒くなってくるのに恐れを抱いている人間としては、
ハワイや沖縄に冬だけでも移住できたらいいなぁなどと妄想している。

昔は妄想を現実に変える努力をしていたのだけど、
最近はなんとなくふにゃふにゃしてるなぁ。

あ、でも南国には基本ふにゃふにゃしにいくのであるしな。

今年の冬は南国に短期でも旅行に行けたらいいなぁ。

2013年09月12日

0912

最近悪夢をよく見る。
とくになにかに追い込まれているわけではないのだけど。

夜中の3時に目が覚めて、
夢の残像が襲ってくるのを止めるように、
眼をあけて天井を見つめる。

そういえば急性期から1年ぐらいはもっとひどい夢を見ていた。
なのにけっこう忘れている。

時間がたてばたいていのことは忘れてしまうのは人間の能力だろう。
ふとした瞬間に思い出してブルーになるけれども、
それも時がたてば風化していくのだろう。

そんなことを考えて、うとうとすれば朝が来る。

朝が来てコーヒーを淹れ、パンをかじれば、
夢の残像はだんだんと薄れていく。

夜にはきっともうあまり覚えていないだろう。

よく眠れる日とよく眠れない日がある。

原因はよくわからない。

2013年06月11日

0611

医師と相談してここ最近減薬を試みていた。
のだけれどもいまいち調子が悪く元の処方に戻すことに。

ここ数年同じ薬の量だったので、
身体がそれに適応していたのかもしれない。

僕の場合、薬を減らすとなんとなく元気になった気がするのだけど、
そわそわしたり、ちょっと神経質になったり、眠れなかったり、中途覚醒したり、
薬の鎮静効果が取れて、神経過敏になってしまうようだ。

薬をまったく飲まない状態を理想とするようなところが自分にはあるけれども、
いままで薬を飲んだ上でのベストを目指してきたという経験があるから、
今回は個人的な勘というか経験みたいなものを優先させた。

今回のことで治療の目指すべきゴールはどこにあるのだろうと考えてしまった。
「寛解」という状態、かつ「卒薬」しているというのが周りからもわかりやすいゴールのように思える。

だけれども薬を飲みながら、そのことで「病気」を意識することで、
日々の体調を微調整していく道しるべとしていく、というものアリではないかと思った。

薬のあるなしよりも、まず考えるべきはそれぞれの生活の質の向上だろう。
薬にストレスを軽減したり、ストレスから守ってくれる効果があるならそれに頼る道もある。

どうしても完全な健康体、ナチュラルさみたいなものを志向しがちになるけれども、
もう少し機能的に考えてもいいのかもしれない。

2013年02月18日

0218

毎回ながらうまくやれるかなのふわふあんとした気分でシンセに参加。

でもいつものメンバーが積極的に発言してくれたり、
初参加の方々もいろいろと発言してくださって安心しました。

交流の場を設定することはときに疲れやすい僕は疲れてしまうのですけど、
参加者のみなさんが楽しそうに会話する様子や実際に「楽しかった」といってもらえると、
またやりたいな、続けていきたいな、とそう思わされます。

そんなふうに小さな「またやろう」を続けてきて、40回。
たぶん至らない点が多くてみなさんをやきもきさせたこともあると思います。

でもこうして小さなサークルが、誰かと誰かの関わりの縁を結ぶきっかけになるとしたら、
これ以上うれしいことはないと思うのです。

これからも微力ながら、ゆるりとしたペースではありますが、
シンセサイズを続けていきますのでどうぞよろしくお願いします。

参加されたみなさん、昨日はお疲れ様でした!
また今回参加できなかった方もまた次の機会によろしくお願いします^^

2012年11月27日

1127

リスペリドンの影響で時間の速さについていけない。

すごい遅さ。

2012年09月24日

0924

昨日のシンセに参加したみなさん、お疲れ様でしたー。
個人的に病み上がり&新宿の雑踏にあてられてダウンしていましたが、
みなさん活発に交流されてるみたいでよかったです。

次回はウォーキング企画みたいなのでそちらもぜひ。
楽しみだなー。

2012年08月23日

0823

文章を書くときに使用するフォントによってだいぶ気分が変わってくる。
それと同じようなことが他の分野でもけっこうある気がする。

道具のデザイン性による、思考の変化に興味があったり。

古代から石器なんかでもデザインにこだわる人はいただろうし、
かっこいいものが作れる人は一目を置かれたりしたんだろう。

機能性に特化したものだったり、装飾性に凝ったものだったり、
その方向性や力の入れ加減だったり抜き加減だったりを考えると面白い。

他の人がそうでもないのに、自分が気に入ったデザインのものを使うときって、
なんとなくその使用目的のための能力が実際以上に拡張されるような感覚がある。

2012年02月09日

0209

現状維持も悪くないような。

もっと志向をきちんとクリアにすべきような
気がしないでもないけれど、

きっとぐだぐだしたり、うだうだいったりしながら生きていくのが、
不可避な自分らしさだったりするわけで、

なんでも変えよう、現状を変えた方がいいはずだと思わずに、
変わらないように、変えないために何ができるか考えていくことで、
らしさみたいなものが逆に変わっていくのかもしれない。

大切なのは日常性にあるんだとある人が言ってた。