P1110593

タカタンタンタンタカタンタンタン
タカタンタンタンタンタンタンタンタン ンタンタ

さぁ〜お見逃しなく
たかりょう親爺の簡単甘酒レシピ

さぁ〜て今日わぁ〜
美味しい美味しい甘酒が簡単に出来る方法をご紹介いたしましょう!
さぁ〜メモのご用意はいいですかぁ^^
ブログですので、メモは要りましぇーん^^;

P1110595

鍋さおよそ700〜800CCの水を張り、細かくちぎった板粕(出来れば吟醸粕が美味しい!)約100グラム程を浸します。浸す時間は、一時間ほど^^

なして、この分量かというと、使用した鍋の大きさの都合です(笑)
まっ、サラサラ系の甘酒に仕上げたいので、この分量がいいかと。。。
ヤマ感ですが(爆)

P1110597

一時間後、もうなんぼが溶けてきてる^^

P1110599

こごで砂糖を入れる。
大体30グラム〜40グラム程。

P1110600

今回は、ばっちっこさ呑まへでので、少し甘めの50グラム入れだし^^

P1110601

砂糖入れだら、最初は中火で。
この時点で、まだ鍋の中の板粕には触れない事。
粕を自然に溶かすのが

P1110606

沸騰しだしたら

P1110608

弱火でコトコト^^
この時点で、板粕の塊が残っていないか、箸で鍋の中をかき混ぜてください。だども、これだけ時間かけて浸してるので、この時点で塊はほとんどないはずです^^

出来るだけトロロトにした方が舌触りが

P1110609

弱火でおよそ30分

P1110612

アルコールは完全に飛んだでしょう^^
水分も結構飛んで、出来上がりの濃度もバッチ
今回は、サラサラ感に仕上げたども、もっと煮るとドロドロ系に仕上がるす。好みで試してたんせぇ^^

P1110615

実に爽やか&サラサラで甘味ほんの〜りで完璧

P1110618

容器さいれだら完成だし^^
冷蔵庫で保管して、冷でも温めても美味しく呑めるよぉ(^0^)

美容と健康のためですよぉ(笑)
是非、一度こしぇでみでたんせぇ



美味しい美味しい吟醸板粕←こご♪



ためしてガッテン酒粕の効用←みでたんへぇ♪



尚、前の晩がら板粕を水さ漬けでおげば、翌朝には完全に溶げでるす。それさ砂糖入れて煮ると、もっと早く出来るよ^^

あど、同じ工程で砂糖を入れない場合、溶けた酒粕は料理さ素早く簡単に使用できますよー!例えば、味噌汁さちょごっと入れだり煮魚さ加えだり、粕汁など^^

酒粕は、毎日20グラム摂取し続けると効果があるそうですよぉ!
ちなみに、今回500グラムの板粕で約2リットルの溶かし粕が出来だし。
かなりの量が出来るよ^^

溶かして作り置きしてれば、簡単に利用出来るので、美容と健康を手に入れるために(笑)行動あるのみ



それにしても、吟醸粕の香りはすんばらすぃなぁ
事務所も店内も吟醸香でいっぱいだぁ



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

↑↑↑↑↑↑
ので おおぶじょほ なんしどもぉ〜 なんとがポチッと頼むんしなぁ


P1110619

スタミナがなったが戻らない
肝臓に元気がないからかなぁ^^;

今月の休肝日・・・まだ一回だけ

それにしても、この亀・・・んめぇっ



       秋田の温泉秋田の観光地秋田の宿

            『秋田の地酒と民芸品 高良酒屋
        秋田県仙北郡美郷町 六郷字米町58番地
            
               電話0187-84-1106

              六郷湧水群と寺の町
           そんな小田舎で酒屋商いしてる
     たかりょうおやじがら今日も旬な情報をお届げなんし!
            見でけでほんとありがどなぁ
                  へば

              あっ!んだんだぁ〜
            メルマガだけの限定酒あり!
  メルマガ希望ってお名前ご住所メルアドをメールけでけれなぁ
    明記されでねメールにはお返事出来ませんよぉ(^0^)