乙夜の覧、戊夜のうp

坂本旬非公式日記

大学

安全保障法制に反対する声明

安全保障法制に反対する声明


2015年7月17日


憲法を考える法政大学教職員の会


 集団的自衛権の行使容認を含む一連の安全保障法案につき、衆議院において採決された。法案がはらむ問題点が解明されたとはいえず、各種調査でも国民の大多数が審議を不十分としている中での拙速な採決は、議会制民主主義への挑戦にほかならない。そもそも今回の法案は、ほとんどの憲法学者や歴代の内閣法制局長官が指摘している通り、日本国憲法第九条に違反し、違憲である。安全保障上の緊急性が立法事実として指摘されているが、その内容のあいまいさから、適用範囲は無限に拡大されかねない。また、緊急性を理由に違憲性を顧みないとすれば、法の支配は毅損され、立憲主義は根底から破壊される。

 日本の戦後体制は、アジアを戦場とし、数多の他国民・自国民を死に追いやった無謀な侵略戦争への反省の上に築かれた。政治権力の暴走を繰り返すまいと、憲法によって権力行使を抑制する立憲主義体制が目指されてきた。昨年の閣議決定と今回の立法化は、政治権力の根幹である安全保障についての抑制を取り払い、曲がりなりにも形成されてきた自由で民主主義的な体制を脅かす。

 個別的自衛権を軸とする従来の日本の安全保障を、政府・与党は消極的と批判し、地域的な限定なしに自衛隊を派遣しうる「積極的平和主義」こそが国際貢献であるとする。しかLながら、平和への貢献は「人間の安全保障」の推進や外交による近隣諸国との信頼醸成などが、きわめて重要である。軍事的拡張に軍事的に対抗することは、かえって危機を深化させかねない。

 大学は、学問の自由を前提として、普遍的な価値を追究し、その成果を次世代に継承するための場である。立憲主義を軽視する国家において、学問や言論への抑圧が進むことは歴史が証明している。かつて多くの学生が学業半ばにして戦地に赴かされた経緯をふまえれば、この歴史的な転回点において、大学が無関心であることはできない。すでに国立大学に対して人文・社会系の再編や、国旗・国歌の使用要請など一連の要請が行われていることも、大学人として看過できない。

 以上から、われわれ法政大学教職員の有志は、憲法違反の安全保障法制に反対し、一連の法案の撤回をここに要求するものである。続きを読む

キャリアデザイン学部シンポ「グローカル人材は育っているか、育ってきたか」

1c247a98.jpg法政大学キャリアデザイン学部シンポジウム(2014/10/18)

「グローカル人材は育っているか、育ってきたか」

◎小野由美子(ウォールストリート・ジャーナル)

典型的な帰国子女。日本で就職をしようと思っていたが、男女雇用均等法の一期生。女性が総合職として働く法律がなかった。実際に企業訪問をしてみると、企業も戸惑っていた。できれば長く働きたい。輝きたいと思っていた。企業を見ているともう少しかなと思って、修行をしてみることにした。どこにいっても仕事ができるためにはどうすればいいか。同時通訳をしようと思った。どこに行っても通訳の仕事はあるだろうと思った。アルバイト先を探していたら、ウォールストリートジャーナルでアルバイトをみつけた。通訳はほんのフォースとステップ。その後、ジャーナリストに転向した。日本のことを最初は書いていたが、ニューヨークに転勤を希望してニューヨークで仕事をした。日本に帰って東京支局長を経験し、日本語版のウェブサイトの編集長になった。年末から新しい仕事をすることになった。デジタル時代と言われているので、アジア担当、香港で仕事をすることになった。転職が多いのは外資の特徴。25年も会社にいるとギフトをもらうことができる。いいこともある。

グローカル人材だが、ウォールストリートジャーナルはグローバルな企業か。アメリカを中心としたグローバルな企業だと言える。各国語版もある。法政大学にもアジア版を置いている。グローバル企業はどんな感じか。編集長はイギリス人、ITサポートはインド。同僚はいろんな国の人。グローカル人材とは何か。ローカルと外国をブリッジしている。ローカルとは日本ではなくアメリカや各国のローカル市場。私の仕事もグローカルなのかなと思う。

自分たちとはあまり関係ないと思う方もいるかもしれない。そうでないのが今の世の中。日本の会社に就職してもいつ外国の企業に買収されるかもしれない。外国の企業と一緒に仕事をしたことがない人も入ってくる。日本だけで仕事をする方達でも外国とのやり取りは必ず出てくる。皆さん考えていかなくてはならないこと。

どのように振る舞えばいいのか。日本では企業内の常識がある。外資系の中には違うところもあるものもあり、驚くほど似ているところもある。まずはポジティブでいなければならない。痛烈に感じている。がんがんものを言えばいい、フランクに話せばいいと思う人もいるかもしれないが、それだけでは空気が読めない人と思われてしまう。ポジティブなオーラに包んでいわなくてはいけない。やめたいと思ったときも、ここでやめてみるということも選択肢かもしれないよという。それがグローバル企業だと思う。

クリエイティブでなければならない。自分で解決策を探して提案することはマスト。解決策としてのクリエイティブティ。同僚といつ話すのかという単純なこと。私たちの日中はニューヨークでは仕事をしていなかったりして、なかなかつかまらない。そういうときはクリエイティブティを発揮して早朝ならどうだろうかと考える。

最後にイニシアティブ。日本では気を利かせてくれる人がいるかもしれないが、ウォールストリートジャーナルでは見たことがない。自分が提案することがとても大事。外国の人たちとお仕事をするときの振る舞い方が日本で考えられていることと違う。アメリカの企業でのフィードバック。ウォールストリートジャーナルの記事にもあるが、国によっても違う。オランダならビジネスライクだが、アメリカはそうでもない。二ついいことを言ってから本題に入る。二ついいことを言ってから、最後にここをこうすればいいよという。企業の中の振る舞い方もこのように違う。

大学でやること。英語好きになってほしい。英語以外にも必要なことがあると思うが、英語で意志を通じさせることは前提条件。英語ができてもこんなに差があるのだから、できる限り英語のインテンシブな教育が必要。まずは英語をのぞめればと思う。

◎遠藤洋路(青山社中)

青山社中はシンクタンク。政治家の政策をつくる。国会議員の質問の原稿の準備や法律案や地方議会でいえば条例案。法政大学でも兼任講師をしている。もともとは文部科学省にいた。アメリカのハーバード大学の大学院に留学して、もどってきていろいろ仕事をしたが、アジアとの国際交流、学術交流のサポートをしてきた。昔、文部科学省にいたということで、教育関係を期待されているのかなと思う。

社会はどのような人材を求めているかをテーマにしていると思うが、グローカル人材はクローバルな視野を持って現実の課題を解決できる人材といわれている。ローカルとは何だという議論がある。日本とかアメリカとか。もともとの本拠地がアメリカならアメリカ。そういう意味でのローカルもあるが、地域振興とか、地方創成といった感じのローカルもある。本日言っているローカルは現場だ。そういう意味では、広い視野と現実の課題ということだと思う。

キャリアデザイン学部ではどんな人材を育てているか。自ら学び行動できる自立的な人。自立性、主体性、専門性ということだと思う。それから、語学力や異文化への理解。法政大学が言っている話に似ている。国際的にどういわれているか。国際機関のOECDのキーコンピテンシーがある。これからの世界共通に必要な力は3つ。社会的文化的技術的ツールを相互作用的に活用する。言葉や数学といったこと。日本で言う学力に近いこと。多様な社会グループにおける人間関係能力。コミュニケーション能力も入るかもしれない。3番目が自立的に行動する能力。まとめると3つぐらいにまとめられる。法政大学でも日本の政府も、国際機関も。異文化理解、主体性、専門性や知性といったもの。この3つぐらいが必要なのかなと思う。

ここでシンポジウムの問題。課題解決が目的。シンクグローバリーはそのための手段。アクトローカリーで解決できる人材が求めるもの。解決のために必要なものは何か。グローバルなものは必要かもしれないが、専門性がもっと必要ではないか。財布の中にある野口英世。なんでできたのか。グローバルな視野があったからではなく、医師だったから。それがないと課題解決ができない。

グローバルな視野も必要だろうが、何よりも必要なのは深い専門性。課題解決ができる専門性を持っていること。今だけの話なのか。もしかしたら昔から同じことが言われていたのではないか。二十年前、文部科学省が生きる力をいった。自分で課題をみつけ、主体的に課題を解決すること。他人と協調するということもある。40年前も創造的な課題解決といっていた。50年以上前、昭和33年。先生の話だが、世界的な視野に立った国民的一般教養、専門性。ここでも世界的視野、教養、専門性と言っている。昭和33年から進歩していないのか。社会が求めているものはそれからそんなに変わっていないということ。

そのときの課題が解決できる人間、そのために必要なことは昔からそんなに変わっていない。大学でそれがどう身につけられるか。役割は何か。個人的な考えだが、世界的な視野は必ずしも大学で身につけられるとは限らない。大学というよりも環境による。大学じゃなくても海外に住めばグルーバルな視野は身に付くかもしれない。

大学は専門性を身につける場。皆さんが大学で身に付けるべきものは世界に通用するコミュニケーション能力も必要だと思うが、専門分野を勉強し、手に職をつけてほしい。その上でグローバルな視野がある。大学にいるよりも海外で一年住んだ方がいい。専門性は大学で身につける。英語はその前にやってほしい。小学校や中学校できちんとやればいい。

私も留学で英語には苦労したが、大学では英語は勉強していない。英語は大学以前の問題。グローバルな視野を身につけることは大学教育の一つかもしれないが、学問を極めることが必要ではないか。グローカル人材は、グローカルなしやと主体性、専門性。大学でやるべきことは専門性ではないか。

◎山田泰雄(日立製作所人事勤労本部)

法政二高・法政大学法学部出身。我々はバブル世代。自分の将来やりたいことはあまり考えていなかった。発電所などの大規模なプロジェクトをやりたいと思っていた。配属先は茨城県。人事畑を歩んできた。それでも会社に居続けたことを考えると、やりたいことにこだわらずやり続けたということ。人事の仕事をやっているうちに、仕事が厳しくて、メンタルな問題を抱えた人などもいて、キャリアは重要だと思うようになった。キャリアカウンセラーの勉強をやるようになった。その後、2001年にキャリア開発を専門にやる部署に移った。日本で働く日立グループで働く人の人材マネジメントをやっている。グローバルにやる部署は別になっている。

成長を考えるとグローバル抜きに考えられない。経団連の「社会人としての基礎能力」。ほとんど他の似たものと変わらない。では、日立はどのように考えるか。1910年に創業した。日立は家電メーカーのイメージもあるかもしれないが、情報通信や建設機器をやっている。日本国内が20万人、海外が12万人ぐらい。2013年実績を見ると、海外と国外を50パーセントにしていこうと考えている。日本国内は変わらないが、成長するために海外展開をする。

2015年中期経営計画があるが、それをどう実現するか。イノベーション、グローバル、トランスフォーメーションの3つがキーワード。社会イノベーション事業を推進していく。産業交通都市開発システムや情報通信システムなど、いろいろなコンポーネントを組みあわせて提案していく。新規の課題を発見したり解決することをやっていくことも意識している。

これまでは物を作って納めることが中心だった。しかし今はビジネスモデルが変化している。過去は作って建設するのが会社の仕事だった。いろんな会社がプロジェクトに参加する。実際にグローバルにやろうとすると、オペレーションとメンテナンス、出資まで面倒を見なければならない。たとえば、幹線高速列車のインフラや水環境ソリューション技術など。水処理や情報制御システム、省エネが必要。モルジブでは会社を作ってしまった。オペレーションとメンテナンスまでやっている。こういったことをやっていかないといけない。作って納めるモデルから大きく変化している。顧客や社会課題を発見して、トータルなソリューションを提供するモデルになっている。課題が不明瞭、解決策がわからないといった状況の中で、失敗のリスクを負いながら、事業を展開する必要。それをいろんな国でやっていかないといけない。

日立グループが求める人材。過去にあったものにプラスして、既成概念にとらわれないチャレンジ精神、異文化・価値観の差異への興味関心、外国語によるコミュニケーション力。いろんな人にインタビューをすると結局経団連の言っていることと変わらない。

過去は部長など職位別階層教育があった。MBA的なものだった。現在はクローバルに対応できるコミュケニーション力、リーダーシップの研修をやっている。日本人以外の人にどうやって力を発揮してもらうか。若手の海外経験を付与する。なぜ海外経験か。海外で活躍できる人を分析すると、個人特性としては、若いときに海外経験をすることが重要である。将来的に海外で活躍できる人材ではないか。海外若手派遣。将来は協働するような体験をしてもらう。

若手海外派遣プログラム。肌感覚で現地の文化を理解する。ローコンテクストな文化を体験してもらう。現在は3000人に行ってもらっている。欧米が半分、新興国が半分。現地の企業の中でインターンをやったり、サバイバルな経験をする。社内的にサバイバルな経験に注目が集まっている。本業のスキルを生かして何かを解決する。現地にある課題の解決に使う経験をしてもらう。現地NPOにいって解決する。思うようにいかなかったという経験もある。

貧困層の多い国に行ってもらうと製品を持ち込めば格差を生んでしまうのではないかと考えたという報告もあった。

グローバル人材をもう少し掘り下げると、思いや志がないとこういうことはできない。グローバル人材というくくり方はしっくり来ない。新しい何か言い方はないか。英語ができて海外で働く人というイメージが強い。もっと別の言葉があるのではないか。

「メディア情報リテラシーと異文化間対話」東京国際シンポ挨拶

9月24日に法政大学で開催された「メディア情報リテラシーと異文化間対話 東京国際シンポジウム 日本とアジア太平洋地域におけるメディア情報リテラシー教育の普及に向けて」における、田中優子総長の挨拶を文字に起こしました。法政大学のグローバル戦略を語る上でもとても重要なスピーチになっています。

--------------------------------------------------------

田中優子総長挨拶

本日はメディア情報リテラシー東京国際シンポジウムにお集まりいただきまして、ありがとうございました。とりわけ、海外から来てくださったユネスコの関係者の皆様を心より歓迎し、また、感謝申し上げます。Welcome to Japan and Hosei University, Mr.Alton Grizzle and Mr.Samy Tayie, Miss.Carolyn Wilson.

平日にもかかわらず、国内の様々な地域からお集まりいただきまして、おかげさまで充実したシンポジウムになると思います。法政大学は今年の7月にグローバル・ポリシーを作りました。この中で「世界に開かれた大学」、「市民に開かれた大学」、「多様な知に開かれた大学」を基本理念に据えました。また、「持続可能で平和な地球社会の構築に貢献する大学」をめざすことを誓っております。

今や日本ではどこに行きましても大学がグローバル化を口にいたします。しかしこれからはいかなる方向に向けてグローバル化をめざすのかということを具体的に鮮明にする必要があります。その意味で法政大学は「持続可能な平和な地球社会の構築」という方向を明確に示しました。この理念を達成するためには、メディアに対して高度なリテラシーをもって、そして現実を読み解くそういう能力が必要です。法政大学はその理念に基づいて、メディア・リテラシーを重要な課題と位置づけております。

そしてこのたび法政大学は国連文明の同盟とユネスコによる「メディア情報リテラシーと異文化間対話」ネットワークに加盟することになりました。昨年、私が社会学部長だった時に、この加盟に署名することを決心いたしました。このネットワークには実践的なプログラムがあるというふうに聞いております。これから法政大学は、ユネスコ、国連文明の同盟、その他の連携機関とともに世界中の加盟大学および連携機関と交流を持ち、よりいっそう、グローバルな関わりの中で、メディア情報リテラシーを高度化するための研究と、それを普及させるための教育を進展させたいと考えております。

法政大学のグローバル・ポリシーの柱はすでに申し上げたとおり、「持続可能で平和な地球社会の構築に貢献する」ことです。つまり、これは必ずしも欧米中心のグローバル化ではなく、全地球的なあらゆる地域を含んだ視野の広いグローバル化をめざしたいということなんです。その意味でもこのシンポジウムにおける皆様方の活発なご議論と今後の展開を心より祈念いたしまして、私のご挨拶とさせていただきます。今日一日、よろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。

FDワークショップ「教育力向上に向けた『気づき』」ラーニングポートフォリオって、なに?

法政大学FDワークショップ

「教育力向上に向けた『気づき』」ラーニングポートフォリオって、なに?」

                 井上史子(帝京大学)
続きを読む

学生・職員・教員によるFD改善とは

---------- 法政大学FD推進センター主催 第3回FDフォーラム
   「学生・職員・教員によるFD改善とは」のご案内-----------------

 現在、高等教育機関では「教育の質の向上」を目指して様々なFD活動が展開され
ている。その活動の1つとして、学生・職員・教員の相互協力によるFD活動も行わ
れている。
 本フォーラムでは、大学関係者から、各大学での授業改善やFDへの取り組みの実
践例を紹介し、今後の「大学でのFD展開」の指針に関する検討を行い、さらに、本
学での取り組みの実践例を教職員及び学生から報告する場とし、顕在化していない
取り組みを掘り起こすことで「気づき」を促し、さらなる全学一体型「FD改善」に
ついて検討を行う。

《 日時 》2009年12月12日(土)13:00〜17:30
     (12:30受付開始)

《 会場 》法政大学 市ヶ谷キャンパス 外濠校舎 3階 S305教室
東京都千代田区富士見2-17-1 (市ヶ谷駅・飯田橋駅より徒歩10分)

■開会の挨拶(13:00〜)

■第一部 基調講演1(13:10〜14:00) 
        「学生とともに作る授業、学生とともに進めるFD」
        木野茂氏(立命館大学教授、共通教育推進機構)
      基調講演2(14:00〜14:50) 
        「岡山大学における学生参画型教育改善」
        橋本勝氏(岡山大学教授、教育開発センターFD部門長)

■休憩(14:50〜15:05)

■第二部 立命館大学学生FDスタッフの活動紹介(15:05〜15:15)
        太田郁磨氏(立命館大学産業社会学部3回生、立命館大学学生
FDスタッフ代表)
      岡山大学学生・教職員教育改善委員会の活動紹介(15:15〜15:25)
        中里祐紀氏(岡山大学文学部2回生、岡山大学学生・教職員
教育改善委員会委員長)
        高橋和氏(岡山大学文学部1回生、岡山大学学生・教職員
教育改善委員会委員)

      法政大学におけるFD活動の事例紹介
        ●学生FDサミットに参加して(15:25〜15:35)
        岡田拓也(社会学部メディア社会学科3年、 社会学部研究発表会
2009年度運営委員会委員長)
        ●スポーツ健康学部での授業改善への取り組み(15:35〜16:05)
        須藤智徳(多摩事務部スポーツ健康学部事務課スポーツ健康学部
             担当職員)
        ●社会学部でのFDへの取り組み(16:05〜16:35)
        大雄二(社会学部教授、社会学部FD委員会2009年度委員長) 

■質疑応答&意見交換会(16:35〜17:20)

■閉会の挨拶(17:20)
   
※フォーラム終了後に、情報交換会を行います(会場:58年間2階教職員食堂)。

《 参加費 》無料(情報交換会ご出席の方は会費が1,000円となります。)

《 申込方法 》住所・氏名・電話番号・E-mailアドレス(またはFAX番号)・所
属・情報交換会の出欠を明記、件名を「12月12日フォーラム参加
希望」として、電子メールまたはFAXにて12月4日(金)16:00まで
にお申し込みください。
先着順で定員(100名)になり次第受付終了となります。
        なお、個人情報は厳重に管理し、イベント開催通知以外の目的で
使用いたしません。

《 主催 》法政大学FD推進センター 

《 問合せ先 》法政大学FD推進センター
〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
TEL 03-3264-4268 ,FAX 03-3264-9876
E-mail fd-jimu@hosei.ac.jp URL http://www.hosei.ac.jp/fd/

                             以上
----------------------------------------------------------------------------
法政大学 FD推進センター
〒102-8160東京都千代田区富士見2−17−1
Phone 03-3264-4268,Fax 03-3264-4123
E-mail:fd-jimu@hosei.ac.jp
http://www.hosei.ac.jp/fd/
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
the Number of vsitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ