2007年03月17日

KDDI、携帯サイトの閲覧制限緩和・推奨以外もOK

 KDDI(au)は出会い系サイトなど携帯電話の有害サイトへの接続を制限する「フィルタリングサービス」の内容を見直す。現在はKDDIが推奨する公式サイトしか閲覧できないが、有害でない一般サイトも閲覧可能な新たなサービスを近く導入する。一般サイトを運営する携帯コンテンツ事業者から「一般サイトへの接続を一律に制限するのは行きすぎ」との批判が出ていることに対応する。
 見直すのは昨年4月から無料で提供している「EZ安心アクセスサービス」。「不法」「アダルト」「出会い」など有害サイトを分類した「ブラックリスト」を作成。急増する一般サイトのうち、該当するサイトだけを遮断する仕組みを導入する。リストについては、外部のフィルタリングソフトメーカーの分類を利用する見通し。

sk_winbledon at 23:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔