奇跡が起きました。

 

大腸癌術後2年、腹膜播種により腹水が大量にたまっていた方にビタミンC20gの点滴を3日連続で行ってみました。

 

しかも、血中の総ケトン体が6000μM/Lを超えた状態です。

 

入院時は、水も飲めない、胃液も吐いてしまう。胃の中にチューブを挿入すると、1000mlも胃液がたまっている状態でした。

 

腹膜播種により十二指腸が閉塞しかけ、胃腸の蠕動運動もほとんどない。

 

これまでの常識であれば、腹水を抜いて利尿剤を使うくらい。

 

その他に出来ることと言えば、モルヒネを使って症状緩和するだけ。

 

はっきり言って、指をくわえて亡くなるのを待つだけ。

 

もって、12週間。

 

これまで様々な先生方のfacebookやブログからアイデアを頂いてきました。

 

高ケトン+高濃度ビタミンC療法、この人に行わずに誰に行うのか。

 

そんな想いで患者さんにも説明し、この治療にかけてみることにしました。

 

入院してから、完全な断食・断糖。飲水は口を潤す程度。

 

イントラリポス250ml、毎日点滴。

 

ビタミンB製剤も、連日多めに点滴。

 

ビタミンC14g

 

腹水が増えないよう、輸液量は1日合計500mlにとどめました。

 

胃液の逆流による食道炎に対して、対症療法として制酸剤の点滴を行いました。

 

この治療で入院時に500μM/Lだった総ケトン体が、4日間で6600μM/Lまで急上昇。

 

徐々に水を飲めるようになり、明らかに元気になってきました。

 

その段階で、ビタミンC20g3日間。

 

腹水が全くたまらなくなりました。

 

飲める水も少しずつ増え、入院一週間目には500mlのペットボトルの水を1日に1本は飲めるようになりました。

 

何とか一旦退院できる状態にまでいけそうです。

 

面会者と話もしっかりできる。

 

暇過ぎて、本を4冊も読んでしまったそうです。

 

腫瘍マーカーや腫瘍の大きさなどでの、客観的な効果判定はまだしていません。

 

しかし腹水を抜かず利尿剤も使わず、ジャブジャブだった腹水がたまらなくなった。

 

胃液すら流れない状態でしたが、水をしっかり飲めるようになった。

 

これを奇跡と言わず、何と呼ぶのか

 

今後は患者さんの状態を見極めながら、いかに高ケトン状態を維持できるか。

 

食事をどうするか。

 

通院か、入院か。

 

そして、完全に癌が体内から消え去る日が来るのか。

 

課題は山積みですが、文字通り絶体絶命の状態から復活できたということは、私の眼の前の患者さんに起きた紛れもない事実。

 

注意深くこの患者さんの経過を診ることで、これまでの癌治療の常識を覆す考察ができるはずです。