藤川先生のfacebookより、ビタミンCへの「異論」についての記事を引用させて頂きます。

 

これまで学習してきたことの、まとめですね。

 

6-9) ビタミンC療法についての「異論」について

Orthomolecular MedicineNews ServiceOMNS)、20101012

 

Ian Brighthope, M.D.(Australia), Ralph K. Campbell, M.D. (USA), Carolyn Dean, M.D., N.D. (Canada),Damien Downing, M.D. (United Kingdom), Michael Ellis, M.D. (Australia), MichaelGonzalez, D.Sc., Ph.D. (Puerto Rico), Steve Hickey, Ph.D. (United Kingdom),James A. Jackson, Ph.D. (USA), Bo H. Jonsson, M.D., Ph.D. (Sweden), ThomasLevy, M.D., J.D. (USA), Jorge R. Miranda-Massari, Pharm.D. (Puerto Rico), ErikPaterson, M.D. (Canada), Gert E. Shuitemaker, Ph.D. (Netherlands), Andrew W.Saul, Ph.D. (USA),

 

ビタミンC(アスコルビン酸)を大量に摂取すると数時間で風邪を止め、23日でインフルエンザを止め、ウイルス性肺炎(痛み、発熱、咳)を23日で止めます。 1)ビタミンCは非常に効果的な抗ヒスタミン薬、抗ウイルスおよび抗毒素である。ビタミンCは炎症を軽減し、熱を低下させる。アスコルビン酸塩は静脈内投与され、健康な組織に害を与えることなく癌細胞を死滅させる。したがって、多くの人々は、これらのような発言に直面して、医師がビタミンC治療を受け入れていないのはなぜだろうかと疑問に思う。

 

おそらく、このようなあまりにも単純な技術の広範な利用を行わないの主な原因は、数万ミリグラムのアスコルビン酸に対する未知の危険性が存在してるのではないかという広範な懸念であろう。しかし、1940年代後半にFred R. Klenner博士(2)によってビタミンC大量点滴療法が導入されて以来、特に安全で有効な実績があります。

 

それでも、一部の人にとっては、疑問が残っています。読者がビタミンCについてOMNSに尋ねたもののサンプルを以下に示します。

 

2000 mg /日のビタミンCはメガドースですか?”

数十年前、Linus PaulingIrwin Stoneは、ほとんどの動物が人間の体重1日当たり少なくともそれ以上の量を合成することを示しました。 3,4

 

”それでなぜ政府がビタミンCの「安全上限」を2,000mg /日に設定したのですか?”

おそらく理由は無知です。毒物管理センターの米国協会がまとめた全国的なデータによると、ビタミンC(および他の栄養補助食品の使用)による死者は1人もいません。 5

 

”ビタミンCDNAにダメージを与えますか?”

いいえ、もしビタミンCDNAに害を与えるならば、何故ほとんどの動物は1日あたり人間の体重当り2,00010,000ミリグラムのビタミンCを作るのですか?進化は決して重要な遺伝物質に害を及ぼすものに優先しません。白血球および男性の生殖液には、異常に多量のアスコルビン酸が含まれています。生体のシステムはビタミンCを好みます。

 

”ビタミンCは低血糖、B-12欠乏、先天性欠損、または不妊症を引き起こしますか?”

ビタミンCは、先天性欠損、不妊症、流産を引き起こさない。 低血糖症、リバウンド壊血病、不妊症、突然変異誘発、ビタミンB-12の破壊など、ビタミンCに起因すると誤解されています。 6

 

”ビタミンCについての研究ははありますか?”

無作為化、二重盲検、プラセボ対照のビタミンC3,000 mg /日の14日間の試験では、性交渉の頻度が増えたと報告されています。ビタミンC群(ただしプラセボ群ではない)はうつ病の定量化可能な減少を経験した。これはおそらく、ビタミンCがカテコールアミン活性を調節し、ストレス反応性を低下させ、不安とプロラクチン放出を和らげ、血管機能を改善し、オキシトシン放出を増加させるためであると思われる。 7

 

”ビタミンCは腎臓結石を引き起こすのですか?”

いいえ、ビタミンCに起因する腎臓結石に関する神話は、ネス湖の怪物のように人気を集めています。事実に狂った医療メディアは、William J. McCormickM.D)がビタミンCが実際に腎臓結石の形成を予防することを実証したという事実をしばしば見過ごしている。彼は1946年にその件について論文を発表しました。 8)彼の研究はアラバマ大学歯学部のEmanuel Cheraskin教授(M.D.)によって確認された。Cheraskin博士は、ビタミンCがシュウ酸塩結石の形成を抑制することを示した。 9

 

尿中のシュウ酸塩の特定の部分が代謝されたものはアスコルビン酸に由来するにもかかわらず、高用量のビタミンCを摂取してもシュウ酸カルシウム腎臓結石の危険性は増加しない...I)ハーバード・プロスペクティブ・ヘルスプロフェショナル・フォローアップ研究では、ビタミンC摂取量の最高5分の11,500 mg /日以上)のグループは、ビタミンCの最低量群より腎臓結石のリスクが低かった、と語った。 10

 

Robert F. Cathcart博士は次のように述べています。「私は1969年に患者に大量のビタミンCを使用し始めました。アスコルビン酸が腎臓結石を引き起こすと言われていますが、私は腎臓結石を引き起こさなかったという臨床的証拠がありました。 2006年までに25,000人の患者にビタミンCを摂取させ、腎臓結石を発症していないと確信しています。彼らの投与量はさらに大量になりましたがマグネシウムとB-6をプログラムに加え、腎臓の石はこれ以上増加しなかった。彼らは十分なビタミンCを服用していなかったので腎臓結石を発症したと思う。」

 

”ビタミンCは動脈を狭くするか、またはアテローム性動脈硬化症を引き起こすか?”

1952年以来、私は患者にメガドーズのビタミンCを使用しており、何十年にもわたって使用されても心臓病の発症は見られていません」。1969年以来25000人以上の患者さんの経験を持つRobert Cathcart博士は、最初に見られなかった患者には心臓病の発症はみられなかったが、血管壁の肥厚は、真実であれば、年齢とともに起こる血管の脆弱化が逆転していることを示している。ビタミンCに対するいくつかの批評家は、プラークが形成されていない状態での肥厚した動脈壁が、壁がより強くなり、破裂しにくいという知見を無視している。GokceKeaneyFreiらは、ビタミンC30日間毎日投与し、動脈を通る血流を測定した。単回投与後の血流はほぼ50%増加し、これは毎月の治療後に維持された(12)。

 

”血圧はどうですか?”

無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験では、補充的なビタミンCを服用している高血圧患者が血圧が低いことが示されました。 13

 

”だから、なぜマスメディアでアンチビタミンCの報道が流行しているのですか?”

否定的なニュースが注目を集める。マイナスのニュースは新聞や雑誌を販売し、多くのテレビ視聴者を引き込む。ポジティブな薬物研究はもちろん、見出しを取得します。ポジティブなビタミン研究ではそうではありません。これは陰謀ですか?あなたは暗い裏の部屋の陰影のついたテーブルの周りに座っていて、悪意のある人々を意味しますか?もちろん違います。それにもかかわらず、莫大な結果をもたらす莫大な公衆衛生上の問題である。

 

15000万人のアメリカ人が毎日ビタミンCを補給しています。これは科学的な問題と同じくらい政治的な問題です。皆がビタミンを摂取すればどうなりますか?多分、医師、病院管理者、医薬品販売員は、失業するであろう。

 

懐疑的な人は、少なくとも政治家がこれに反対する証拠があると結論づけるかもしれない。結局のところ、人間のためのビタミンCのための米国のRDAは、モルモットのための政府のUSDAビタミンC基準のわずか10%です。 14)しかし、栄養医学に対する陰謀?確かにそうかもしれません。否定できません。

References and AdditionalReading:

 (1) Cathcart RF. Vitamin C, titration to boweltolerance, anascorbemia, and acute induced scurvy." Medical Hypothesis7:1359-1376, 1981. http://www.doctoryourself.com/titration.html

 See also:http://orthomolecular.org/resources/omns/v05n09.shtml andhttp://orthomolecular.org/resources/omns/v05n11.shtml

 (2) Saul AW. Hidden in plain sight: thepioneering work of Frederick Robert Klenner, M.D. J Orthomolecular Med, 2007.Vol 22, No 1, p 31-38. http://www.doctoryourself.com/klennerbio.html andhttp://orthomolecular.org/hof/2005/fklenner.html

 Dr. F.R. Klenner's Clinical Guide to the Useof Vitamin C is posted in its entirety athttp://www.seanet.com/…/19…/smith-lh-clinical_guide_1988.htm

 (3) Pauling L. How to Live Longer and FeelBetter. Corvallis, OR: Oregon State University Press, 2006. Reviewed athttp://www.doctoryourself.com/livelonger.html . Linus Pauling's completevitamin and nutrition bibliography is posted at http://www.doctoryourself.com/biblio_pauling_ortho.html

 (4) The complete text of Irwin Stone's bookThe Healing Factor is posted for free reading athttp://vitamincfoundation.org/stone/

 (5)http://orthomolecular.org/resources/omns/v06n04.shtml

 (6) Levine M et al. JAMA, April 21, 1999. Vol281, No 15, p 1419.

 (7) High-dose ascorbic acid increasesintercourse frequency and improves mood: a randomized controlled clinicaltrial. Brody S. Biol Psychiatry 2002 Aug 15; 52(4):371-4.

 (8) McCormick WJ. Lithogenesis and hypovitaminosis.Medical Record, 1946. 159:7, July, p 410-413.

 (9) Cheraskin E, Ringsdorf, Jr. M and SisleyE. The Vitamin C Connection: Getting Well and Staying Well with Vitamin C. NewYork: Harper and Row, 1983. Also paperback, 1984: New York, Bantam Books."Vitamin C in the urine tends to bind calcium and decrease its free form.This means less chance of calcium's separating out as calcium oxalate(stones)." [page 213] See also: Ringsdorf WM Jr, Cheraskin E. Nutritionalaspects of urolithiasis. South Med J. 1981 Jan;74(1):41-3, 46.

 (10) Gerster H. No contribution of ascorbicacid to renal calcium oxalate stones. Ann Nutr Metab. 1997;41(5):269-82. Seealso: http://orthomolecular.org/resources/omns/v01n07.shtml

 (11) Mayland CR, Bennett MI, Allan K. VitaminC deficiency in cancer patients. Palliat Med. 2005 Jan;19(1):17-20. See also:http://orthomolecular.org/resources/omns/v01n09.shtml andhttp://orthomolecular.org/resources/omns/v04n19.shtml

 (12) Free full text paper athttp://circ.ahajournals.org/cgi/reprint/99/25/3234

 See also:http://orthomolecular.org/resources/omns/v06n20.shtml andhttp://orthomolecular.org/resources/omns/v01n02.shtml

 (13) Duffy SJ, Gokce N, Holbrook M, Huang A,Frei B, Keaney JF Jr, Vita JA. Treatment of hypertension with ascorbic acid.Lancet. 1999 Dec 11;354(9195):2048-9.

 (14)http://orthomolecular.org/resources/omns/v06n08.shtml