藤川先生のfacebookより、最重度鉄不足患者の精神症状についての記事を引用させて頂きます。

 

私も診療していて、フェリチン一桁の人に多数遭遇します。

 

一見元気そうな人でも、よくよく聞くと色々な症状があることが多いです。

 

日本全国、同じような状況でしょう。

 

最重度鉄不足患者の精神症状について

 

引き続き、斎藤宏:鉄代謝異常の臨床ー鉄の欠乏から過剰までー、からの引用

 最重度鉄不足患者の精神症状についての記述

 

 ”歩行中失神し転倒して病院に担ぎ込まれた鉄不足患者の3症例ではヘモグロビン(Hb)3.13.53.8g/dlであった。これは高度の貧血に陥るまで病感がないか、病感があっても受診しようと思わなかったことを意味する。”

 ”病院職員の中にも毎年鉄不足は発見されるが、健康管理上治療を勧めても治療を受けようとしないか治療を中断するものが半数を超える、”

 ”治療を勧めても医師の言うことを素直に受け取らなかったり、中には「自分のことは自分が一番よく知っているので放っておいてくれ」と反撥されることもある。”

 ”高度の鉄不足患者には甚だしい偏食、わがまま、漢方薬や薬局や新興宗教や友人の話の方を信じる人がいる。”

 ”婦人科の受診や医療を拒否したり、屁理屈をいうなど対応の困難な患者もいる”

 ”自覚症の欠如が鉄不足の特徴である”

 

はい、仰るとおりです

Hb3なんて本当に生命の危機だよね

当院ではそこまで貧血が進んだ患者は皆無

ほとんどはHb12以上、10-12の人がちらほら

精神症状はHbの値とは無関係で、フェリチン値と関係する

Hb12以上あってもフェリチン4以下は最重度の鉄不足

フェリチン4以下では、頑なで人の意見を聞き入れようとしない人が多い

治療ベースに乗りにくい人も多いことは確か

 

以下に12/24の記事を再掲

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェリチン4以下の女性はこうなる

 

フェリチン10~30程度の鉄不足なら下記の症状の一部が出現する

症状の出方は個体差が極めて大きい

鉄不足が深刻化すると様々な症状が出やすくなる

 フェリチン4以下の最重度の鉄不足では下記の1)6)の全ての症状が出揃うことになる

1)鉄不足の臨床症状と精神科診断

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/791550407627952?pnref=story

2)糖質過多+鉄不足はヒトを凶暴にする

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/793844254065234?pnref=story

3)母親に鉄不足があれば子供が最も被害を受ける

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/824018464381146?pnref=story

4)母親が鉄タンパク不足ならその子供は多動児になる

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/841537355962590?pnref=story

5)鉄不足があると気候変動に弱くなる

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/858613714254954?pnref=story

 6)鉄不足になると甘い物が欲しくなる

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/810407279075598?pnref=story

 

女子高校生では、朝が起きられず不登校、イライラして切れやすくなり自傷行為や器物破損、場合によっては境界性人格障害と診断されることもある

甘い物への衝動が抑えられず摂食障害発症の引き金となる

 

主婦では、子供の些細な行動を許せずに激怒、中には手が出る人もいる

一家揃って糖質過多になりやすいため子供も多動児になる

頑なで他人の意見を聞き入れることが出来なくなるため夫婦間の諍いも絶えなくなる

少し動いただけで息切れがして動けなくなる

天気が悪いと家事がこなせなくなる

 

こんな家庭は嫌だね