カテゴリ: ビタミン・ケトン療法

藤川先生のfacebookより、ビタミンケトン療法の患者さんの経過についての記事を引用させて頂きます。

 

胃癌や大腸癌のような消化器癌に比べ、前立腺癌は食事摂取やサプリメント摂取がしっかりできる方が多いと思います。

 

これだけの種類、量の摂取を人に勧められるだけでは実践できません。

 

あくまで患者さん自身が学習し実践する熱意が必要です。

 

ビタミンケトン療法(VKT)を行っている人のサプリメントと臨床経過(その1)

 

症例:70代男性

H28.1、前立腺ガンと診断され、マイクロ波、ホルモン療法、ゲルソン療法などを受けている。

 多発性骨転移があり、腰痛のため歩き辛い。

他院で抗アンドロゲン剤を処方されている。

 

息子さんが自分のFB記事を見て、H29.3より糖質制限を開始。

メグビープロ(プロテイン)+メグビーミックス(B+C)+メグビーS(スカベンジャー)を開始。

H29.3より当院に通院。

(当院では、食事指導、サプリメントの指導を行い、定期的な検査は他院)

2週間毎にイントラリポス+BC点滴+陶板浴を行っている。

 

VKTの点滴。

 方法は、

 高タンパク/低糖質食(ケトン食)。

 点滴前にケトン体測定。

まず、脂肪酸である20%イントラリポス50mlを点滴。

 次にB+C点滴。

 内容は、

 生理食塩水250ml

B1100mg

B240mg(高用量では血管痛があるのでこの量で)

B3(ナイアシン)100mg(フラッシュは出ても軽度)

B5100mg

B6100mg

C30g

 上記の点滴を、陶板浴の上で体を温めながら行う。

 

高タンパク/低糖質食を継続し、点滴前のケトン体は、0.5~1.0を維持。

 現在のサプリメントは、

プロ、20g*2

ミックス、2包、

S2包、

B50*3

ベンフォチアミン150mg*1

C6g

D10000IU

E(d-α)1000IU

Se200mcg

Mg400mg

 最近以下のものを追加

A,25000IU

ナイアシン、300mg(増量予定)

OptiZInc30mg

 

ほぼ1年経過して、

 毎回受診時には、”絶好調です、体が軽い”と言われ、とても元気そう。

 腰痛も1年前より軽減しており、体の動きも良い。

 自宅に陶板浴を購入して、毎日行っている。

 発病前は肉を全く食べていなかった、元々湯船に浸かるのが苦手、と言われるのが印象的。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミックスにはC2g入っているので、Cは一日10g

1年前より元気そう、効いていると思う。

ガン患者の方は、上記の食事とサプリメントを参照して、直ちに行うべきでしょう。

藤川先生のfacebookより、ビタミンケトン療法(VKT)の点滴の現在についての記事を引用させて頂きます。

 

陶板浴も併用されているようです。

 

効くか効かないかの議論は不要。

 

私も同感です。

 

何らかの効果はあります。

 

結果として、病気が治癒に至るかどうか、治癒には至らなくても体力を維持し元気な時間をどれくらい作ることができるのか。

 

あくまで一時的な症状緩和に過ぎないのか。

 

この辺りの検証が今後必要です。

 

いち早く理解できた方から、取り組むことが大切です。

 

さらに言うと、病気が出る前から気を付けることが最適です。

 

イントラリポス、B+C点滴は確かに効果がある

 

がん患者に対して1年前から行っているビタミンケトン療法(VKT)の点滴。

 方法は、

 高タンパク/低糖質食(ケトン食)。

点滴前にケトン体測定。

まず、脂肪酸である20%イントラリポス50mlを点滴。

 次にB+C点滴。

 内容は、

 生理食塩水250ml

B1100mg

B240mg(高用量では血管痛があるのでこの量で)

B3(ナイアシン)100mg(フラッシュは出ても軽度)

B6100mg

C30g

 上記の点滴を、陶板浴の上で体を温めながら行う。

 

全員、点滴直後から”体が楽になり元気が出る”、と言われる。

”散歩に行きたくなる”、買い物に行きたくなる”、とも言われる。

つまり、患者自身がその効果を実感している。

ただし、2~3日で効果は減弱する様子。

そのため、日々の経口でのメガビタミンが最重要。

 

患者自身が元気になり、その効果を実感できる治療は正しいはず。

オーソモレキュラー本には、

・メガビタミンでがん患者のQOLが向上し、体が元気になり疼痛が軽減する、

・メガビタミンでがん患者の寿命が5~10倍延長する、

と書かれている。

メガビタミンが効くか効かないかの不毛な論争などは意味がない。

 気付いた人から始めたら良い。

 

ホッファー先生の末期がん治療成績(全データ)

B+C点滴なしの経口でのメガビタミンでのデータ。

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1491467747636211

 

経口でのメガビタミンとB+C点滴は、

・慢性関節リウマチ、SLEなどの自己免疫疾患、

・多発性硬化症、重症筋無力症、パーキンソン病などの神経難病、

にも効果があるはず、どの病気も治療は同じ。

藤川先生のfacebookより、糖質摂取量とビタミンCについての記事を引用させて頂きます。

 

ビタミンC摂取量/グルコース摂取量>1という指標、非常に分かりやすいです。

 

ビタミンケトン療法の一つの目安となりそうです。

 

糖質過剰摂取はビタミンCの効果を低下させる

 

(ビタミンC、リアル・ストーリー、より)

 

ビタミンCの腸耐性用量(お腹が緩くなる量)は個体差が非常に大きく、500mg~20g

ビタミンC血中濃度には大きな個体差があり、血中濃度が低い人はたくさん吸収でき、血中濃度が高い人は少ししか吸収できない。

 自らの腸耐性用量を把握して、その50~90%の量を摂取することが望ましいとスティーブ・ヒッキーは言っている。

 

ビタミンCの構造はグルコースにとてもよく似ている。

ほとんどの動物は、グルコースからビタミンCを合成するので構造が似ていて当然なのだ。

がん治療において、グルコースを減らしてビタミンCを摂取すると、がん細胞がグルコースの代わりに間違えてビタミンCを取り込むと言われている。

グルコース摂取量が多いと、腸管においてビタミンCの吸収率が低下し、腸耐性用量が低下する。

つまりビタミンCの吸収障害を生じる。

 

もう一つ、ビタミンCGLUT(グルコーストランスポーター)により細胞内へ取り込まれるため、血糖値が高いとGLUTからグルコースがビタミンCに優先して細胞内に取り込まれる。

つまりビタミンCの利用障害を生じる。

 

ビタミンCの効果を最大限に享受するためにはグルコースの摂取量をできるだけ減らすことが重要となる。

 多くの糖質制限本に書かれている、「糖質制限すればビタミンCが有効利用出来る」、と言う話は上記の機序で説明出来る。

 

じゃあ糖質制限をすればビタミンCの摂取は必要ないのか?

 自分の場合、糖質制限を行っていてもビタミンCの腸耐性用量は12g程度だったので6~8g摂取するのが妥当だと考えている。

 

がん治療においては、ビタミンC摂取量/グルコース摂取量>1が必要だろう。

つまり、ビタミンC10g以上、グルコース10g以下。

藤川先生のfacebookより、ビタミンと肺癌についての記事を引用させて頂きます。

 

肺癌だけでなく、全ての癌にも応用できるでしょう。

 

質的な栄養障害の改善が、癌の予防には間違いなく有効。

 

であれば、治療にも応用するべきです。

 

こんな単純なことが、なかなか多くの医師には伝わりません。

 

Orthomolecular MedicineNews ServicePubMedやMedlineで検索できるようにならないと、医師達の考え方を変えるのは難しいでしょう。

 

7-5) ビタミンは肺癌のリスクを50%軽減する

Orthomolecular MedicineNews ServiceOMNS)、20111118

 

Robert G. SmithPhD

 

ビタミンB6、メチオニン、および葉酸塩の血中濃度と肺癌のリスクとの間には、ビタミンB群の効果に関する最近の研究[1]が報告されています。ビタミンB6、メチオニンおよび葉酸塩の血清中濃度が高いと、肺癌リスクが50%以上低下した。このエキサイティングな発見はメディアでは広く報道されていませんが、ビタミンB群ががんなどの病気の予防に重要であるというエビデンスが過去40年間に集まってきていることが確認されています。

 

この研究では、欧州のいくつかの国々の385,000人の人々のライフスタイルと食生活に関する情報が収集されました。平均年齢は64歳で、ほとんどの人は毎日アルコールを飲むという生活史がありました。次いで、これらの参加者から血液サンプルを採取し、肺癌を発症した患者(889人)のうちいくつかのビタミンBと、必須アミノ酸であるメチオニンなどの関連生化学物質の濃度を分析した。これらの栄養素は、体の組織におけるDNAの合成と修復に必要な単一炭素化合物の代謝において重要であることが知られているため、研究されている[2]。したがって、ビタミンBは、癌を引き起こす可能性のあるDNAの欠損を予防するのに役立つ[2-4]

 

具体的には、ビタミンB6、メチオニン、または葉酸塩のいずれの高い血中濃度は、肺癌のリスクを低下させた。これらの栄養素が高濃度であれば、リスクはさらに低くなります。効果は大きかったので、結果は非常に重要です。

 

この研究は、参加者を、現在喫煙しているか、以前に喫煙していたか、喫煙していないかによって3つのカテゴリーに分けた。興味深いことに、喫煙が肺がんのリスクの中で最も重要な生活習慣因子である一方、ビタミンB6、メチオニン、および葉酸塩の効果は、喫煙歴の3つのカテゴリーの間で同じであった。すなわち、これらのビタミンB群のレベルが高い人は、喫煙の有無にかかわらず肺癌のリスクが有意に低かった。報告書は、この結果が、癌のリスクを低下させる上でのこれらの必須栄養素の効果が、純粋に統計的相関ではなく、実際に存在することを強く示唆していることを強調している。

 

広範に報告されている健康調査の中には、ビタミンB群ががんのリスクを高めることがありうると言われています。これらのビタミンBが、DNA合成と修復を強化する効果を癌の予防に役立てることができますが、がんが存在すると、ビタミンはがんの成長を促進するとも言われています。しかし、葉酸やビタミンB6などのビタミンB群が、乳癌、前立腺癌、結腸直腸癌などの多くの種類の癌を予防するのに役立つと報告している上記の研究を含む、健康研究の長い歴史がある[1-6]

 

ニュースメディアがこれを見逃す可能性があるのは驚くべき事ですが、実際全く報道されませんでした。多くの公表された研究[7]では、「マルチビタミンは高齢女性の死を増加させる」と広く主張されています。しかし、ビタミンB群はがんの死亡率を7%減少させ、ビタミンCは死亡率を4%低下させ、ビタミンDは死亡率を8%低下させ、いくつかのミネラルは死亡率を減少させることが明らかとなっています。

 

B複合体、CD、およびEビタミンを含むバランスのとれた食事の必須栄養素は、様々な理由から高齢者に健康を維持するために重要です。適切なレベルのビタミンを服用している人は、心臓発作が少なく、糖尿病[9]、多発性硬化症[10]、認知症[11]などの他の深刻な病気を発症することなく長生きできるでしょう。

 

報告書で尋ねられた質問は、これらの必須栄養素について報告された血中濃度でビタミンサプリメントが果たす役割は何ですか? ビタミンBを含むマルチビタミンを服用すると、明らかにこれらの必須栄養素の血中濃度が上昇します。しかし、サプリメントの価値は報告書で強調されていませんでした。

 

それでここで強調します。ビタミンは肺癌リスクを劇的に低下させます。サプリメントはこれらの栄養素を豊富に提供します。現代の食事はそうではありません。

References:

 1. Johansson M, Relton C, Ueland PM, et al.Serum B vitamin levels and risk of lung cancer. JAMA. 2010 Jun16;303(23):2377-85.

 2. Xu X, Chen J. One-carbon metabolism andbreast cancer: an epidemiological perspective. J Genet Genomics. 2009;36:203-214.

 3. Larsson SC, Orsini N, Wolk A. Vitamin B6and risk of colorectal cancer: a meta-analysis of prospective studies. JAMA.2010;303:1077-1083.

 4. Ames BN. Prevention of mutation, cancer,and other age-associated diseases by optimizing micronutrient intake. J NucleicAcids. 2010 Sep 22;2010. pii: 725071.

 5. Mason JB. Unraveling the complexrelationship between folate and cancer risk. Biofactors. 2011 Jul;37(4):253-60.

 6. Giovannucci E. Epidemiologic studies offolate and colorectal neoplasia: a review. J Nutr. 2002;132(Suppl):S2350-S2355.

 7. Mursu J, Robien K, Harnack LJ, Park K,Jacobs DR Jr. Dietary supplements and mortality rate in older women. The IowaWomen's Health Study. Arch Intern Med 2011. 171(18):1625-1633.

 8. Pfister R, Sharp SJ, Luben R, et al. Plasmavitamin C predicts incident heart failure in men and women in EuropeanProspective Investigation into Cancer and Nutrition-Norfolk prospective study.Am Heart J. 2011 Aug;162(2):246-53.

 9. Harding AH, Wareham NJ, Bingham SA, et al.Plasma vitamin C level, fruit and vegetable consumption, and the risk ofnew-onset type 2 diabetes mellitus: the European prospective investigation ofcancer--Norfolk prospective study. Arch Intern Med. 2008 Jul 28;168(14):1493-9.

 10. Solomon AJ. Multiple sclerosis and vitaminD. Neurology. 2011 Oct 25;77(17):e99-e100.

 11. Selhub J, Troen A, Rosenberg IH. Bvitamins and the aging brain. Nutr Rev. 2010 Dec;68 Suppl 2:S112-8.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホモシステイン代謝

http://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/127_10/pdf/1579.pdf…

ホモシステインを下げるためには、B6、葉酸、B12が必要。

癌の手術後で、私が経過を診ている患者さんが大勢います。

 

基本的には蛋白質摂取とビタミン、特にビタミンCの摂取を勧めています。

 

何をどれくらい摂取することを勧めるかは、患者さんの病状、やる気、理解力、家族構成、

経済力、人生観などに配慮しながら、臨機応変に対応しています。

 

一番多いのは大腸癌の手術後の患者さんですが、ある程度実践できている方は、皆元気で肌がきれい。

 

元気過ぎて、よくしゃべる方がほとんどです。

 

生活の中でストレスを抱えている方もいるはずですが、診察室では悲壮感を前面に出している人はほぼいません。

 

それなりに進行した癌であれば、完治するのは難しいのが現状です。

 

例え癌があっても、腫瘍マーカーが下がらなくても、日々明るく元気に過ごせればそれでいいのではないか?

 

最近はこのように考えるようになりました。

 

ホッファー先生が報告している治療結果と同じような結果になる予感がします

 

それを凌ぐことができれば、この上ない喜びです。

↑このページのトップヘ