昨日、久しぶりにライブドアブログのアクセス解析を見ていました。目に付くのは、先週の日曜日(二千畳座談会の日)のアクセスがかなり少なくなっていたこと。元々更新をしていない日の翌日はアクセスが少ない傾向にあったのですが、それ以上の下がり方でした。ひょっとしたら、少なくないアクティブ会員さんもご覧になっているのかもしれない、と思いました。

また、変わったところでは、なぜか検索フレーズに

「携帯電話 電波が全く入らない」
 
で来られた方があったようです。そんなフレーズで検索エンジンに掛かるのか?と思ったのですが、昨日Googleで見たところ、なぜか検索7位でした。 



先週の二千畳座談会の内容を、少しだけ教えてもらいました。

「善導大師は”実凡”と教えられたのに、なぜ親鸞聖人はあえて”権仮の方”と教えられたのか」

という趣旨の質問だったそうです。一通りの説明を終えられた後で、

「それでもやはり分かりません」

というような質問が終了前にあったようでしたが、打ち切られたそうです。また後で説明があるのでしょうか。

私は、こういうことは親鸞聖人に直接聞かない限り本当の意味では分からないのでは無いかと思います。




いつもながら、前の話が長くなりました。
 

今日、『「なぜ生きる 」を全人類に 2』のビデオを見ました。これは、以前に書いたとおりその名前のお布施を案内するビデオでした。



内容をすでにご存じの方もあるかと思いますが、私がやや意外に思ったのは、本願寺派の僧侶が出版した本の参考文献に『歎異抄をひらく』を出して、


「高森先生は、安心して読めます」 


と書いてあったという話。 


私はまだ現物を見ていませんが、アマゾンの書評を見ると、どうも事実のようです。内容としては仏教書と言うより自己啓発系の匂いがいたしましたが。 


ちなみに著者はウィキペディアに出てましたが、「日本の環境心理学者・評論家・浄土真宗の僧侶」だそうです。僧侶が本職ではないかもしれません。

 


ビデオでは、「参考文献に出ている名だたる本願寺の仏教学者の中で 、”安心して読める”のコメントがあったのは高森先生だけだ」ということで、「ほかのものは”安心して読めない”ということだ」という話になっていました。

ここで「親鸞学徒の本道」の話になりました。 


 

ほかの話題としては、
 

・「ご著書」を通じて「本当の親鸞聖人の教え」に出会った方の喜びの声(国内・海外)
・本願寺の妨害で、8月の全国紙の「仏教書特集」のページに広告が出せなくなった事件 
・ 今回の浄財はすべて「新聞広告」「ラジオ布教」「翻訳の大事業」に生かされます。
・総額1億円。



このお布施は、「人生の目的を全人類に」という趣旨ですので 当然ながら「宿善になる」「信仰のバロメータ」などの話は出ませんでした。


私が言っても仕方ないことだとは思うのですが、「親鸞聖人の教えを全人類に知ってもらいたい」の気持ちで出されるはずの浄財に、最初から1億円という金額を設定するというのが、どうにも合わないように思えます。


企業ならば予算を組んでスタート、となるのでしょうけど。