日曜日は嶋田さんの勉強会でした。もう5回目ということで、何度も来られている方も増えてきました。私は家の事情で9時ぎりぎりの到着になってしまいました。


今回も仏願の生起本末のお話を通して、南無阿弥陀仏の心についてお話いただきました。

私がいるから弥陀は本願を建てられた、というお話は、まさに私一人がための南無阿弥陀仏と味わわれます。
あと、お話中に話題に上がったのでなるほどと思ったのですが、弥陀の十八願について
親鸞聖人は歎異抄12章で「本願を信じ念仏申さば仏になる」と教えられてある一方、
一方、親鸞会では「すべての人を必ず助ける絶対の幸福に」と教えている、という違いがあって、ずいぶん違うということもお話がありました。

とくよしみねさんのブログにも愛知での勉強会の感想がありましたが、埼玉でもだんだん嶋田さんの熱がこもって来るのを感じたご縁でした。



さて、まるで話は変わりますが、私は以前から真宗聖典などのデータをPCに入れて読めるようにしていたりしたのですが、最近は持ち歩くこともしなくなったのでどうにかして読めればなあと思っていました。

そんな折にKindleを購入して、どうにかKindle本にできないかと試行錯誤していました。

PDFは日本語対応していないから駄目でした。

Wordで試してみたのですが、私の作り方がまずいのかあまりうまくいかず、結局テキストファイルを直接編集してHTMLファイルを作って変換することで、なんとなくできました。改行もうまく処理できていませんが、これでお聖教の持ち歩きを再開できそうです。


HTMLを直接作ることにしたので、フォントの大きさは変えましたが、ゴシック体になってしまいました。とりあえず今は、これを明朝体にしたいなあと思っています。とりあえず個人ユースではありますが、せっかく仕事の休みが取れたのでそんなことをしていました


今回は今まで以上に中途半端な気がしますが、とりあえずは以上といたします。