あさ川です。RCさんから、次回の埼玉恵日会の案内文を頂きました。前回は6月でしたが、次回は7月2日とのことです。夏は暑い熊谷ですが、ここ最近の朝はなかなか涼しくて、半袖では寒いくらいです。


さて実は、前回の埼玉恵日会に私は家の都合によりご縁がありませんでした。前回も新しいご縁の方がお見えになったと聞いておりますが、ご縁無く残念でした。あさ川を目当てにいらしたということではないと思いますが、いずれご縁あればと思います。


先日の土日は久々にご法話のご縁に触れた土日でしたが、やはり法話を頂くご縁というのはありがたいものだなと思いました。


埼玉恵日会はご法話という形ではありませんが、南無阿弥陀仏のお話を聞くご縁ですので、ご縁ある方は熊谷までおいでください。


========(以下、RCさんからの投稿文です)========

RCです。

次回の埼玉恵日会の開催のお知らせです。

埼玉恵日会は 2ヶ月に一度くらいのペースで 開催したいと思っていますが、いろいろな都合で、だいぶ間が 空いてしまったり、詰まってしまったりしています。
前回が、6月4日でしたので 、次回の7月2日は 比較的 近い日程での 開催となりました。

いずれにしても 「南無阿弥陀仏」の教えをお聞きするご縁を頂けることは、本当にうれしいことです。

6月4日の埼玉恵日会で、「唯識」についての質問があり、阿部先生に 噛み砕いて、丁寧に教えて頂きました。
皆さんに、お伝えしたく、少し文章にまとめ始めたのですが、なかなか進まず 、今回、ここでのご紹介は、断念します。(;_;)

でも せっかく ですので、なるべく近いうちに、「唯識」について、お聞きしたことを ご紹介したいと 思っています。

ふと、
親鸞会で、高森会長が 「大学で唯識の勉強をしていた」って 話していたことを思い出しました。
でも、親鸞会で 高森会長から、「唯識」について、キチンと聞いたことは、なかったなって、思いました。
(もしかしたら、どこかで説いていたのかもしれませんが。私の記憶には、なかったです。)

仏教は、「 教え 」ですが
ずっと 存在している「真実」というか、「事実」というか 、そういうものを、私たちに わかる形にしてくださったのが、「仏教」という「教え」であり、「仏教」の内容を示す「言葉」なのだと思います。
「教え」も「言葉」も「真実や事実 」そのものではないけれど、「真実や事実」を知る手がかりとして、とっても大切なものだと感じています。

「月を指す ゆび」の例えで、
私たちが、月を見るときには、月を指してくださる誰かの「ゆび」が、とても大切です。
「月」は、「真実」とか、「事実」とか、「救い 」とか、「ほんとう」とか、そういうもの。「月を指しているゆび」が、仏教という教えであり その言葉なのだと思います。

ただ(ただという 言葉が 適切なのか わかりませんが)
私の心に、「月を見たい」という気持ちが、何故あったのか?
月があることも 知らない私、
月を見たことのなかった私、
月と縁のなかった私の心に
どうして 「月を見たい」っていう気持ちがあったのか、とても不思議です。

「月を見たい」という気持ちは、「月があること」が前提です。

月を見たこともなく、月を 知らないはず なのに。・・・なぜか 私の心にあった「月を見たい」っていう気持ち。
この気持ちは、阿弥陀さまが私に寄り添ってくださっている姿なのかなって、ふと 思ったりしました。

私たちは、自分でアレコレ考えて、自分で何かを決めて生きているように思って いますが
そこには、ただ 南無阿弥陀仏のおはたらきが
はたらいていてくださるばかりなのでは、と思う 今日この頃です。

では、
次回の埼玉恵日会のご案内です。
(「真宗の法話案内」に掲載している内容とおなじです。)

7月2日開催の埼玉恵日会のご案内

○親鸞聖人の教え、浄土真宗を 知りたい人の為の勉強会です。
質問形式の勉強会で、真宗の理解を深めたいと思っています。
予め 質問を集めて、先生に応えて頂きますので、その場で 質問する勇気がなくても、また 匿名でも 大丈夫です。

親鸞聖人の教えについて、質問のある方は、以下のアドレスに メールで質問を送ってください。
先生に 当日 お応え頂けます。
アドレスは、 rokujinotsudoiアットマークyahoo.co.jp
(アットマークは、@に変えてください。)

勉強会は、
日時: 7月 2日(日曜日)
14:10〜17:00
場所: JR熊谷駅 直結 ティアラ21 4階
ハートピア 会議室 2
(熊谷市男女共同参画推進センター)

講師: 阿部 信幾 先生
(本願寺派補教 )

振り返ると、今年も、もうすぐ半分が過ぎようとしています。
埼玉恵日会も 7月2日、9月18日、12月3日の
3回で、今年のご縁は終わります。

不思議なご縁が揃って、今まで、埼玉恵日会を開催することができましたが、私たちが感じているよりも、ずっとずっとずっと、南無阿弥陀仏のお話しをお聞きするご縁は、きっと「有り難く」、もしかしたら「あり得ない」というレベルのことなのかもしれません。

親鸞聖人が
「たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」
とおっしゃってくださっています。

私に 南無阿弥陀仏に遇えるような善ができたから 南無阿弥陀仏に出遇えたわけではなく、
最初から最後まで、南無阿弥陀仏のおはたらきで、南無阿弥陀仏に出遇えたのだと教えていただきました。

本当に 「 不思議 」としか言えない聴聞のご縁。
お互い、一回、一回 のご縁を 大切に 聞かせて頂きたいですね。

では、
蓮生房、熊谷次郎直実の故郷 、
「あついぞ!熊谷」の地で、
あなたの ご参加を お待ちしております。
(会場は、冷房か効いて快適です!)
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

南無阿弥陀仏