あさ川です。昨日の昼頃に久々に記事を出しましたが、夜に若干修正というか追記をしました。


さて、RCさんから埼玉慧日会のご案内を頂きましたので掲載します。日程としては再来月ですが、だいたいあと一ヶ月くらいです。ご縁ありましたら、熊谷までお越し下さい。


========(以下、RCさんからの投稿文です)========

RCです。

夏も秋も 天候不順と思っているうちに、いつの間にか、今年も 終わりが近づいています。
毎年、毎年、年末を迎え、お正月を迎え、おんなじことの繰り返しのように、感じてしまいますが、本当は 一度も同じ年末も、お正月もないのですね。そして 今回が、人生最後の年末や、お正月かもしれません。

南無阿弥陀仏のお話しを 聴聞をさせていただくと、今 、私が、ここにいることは、あたり前ではなく、本当に 奇跡的なことだと感じます。奇跡的な私の、奇跡的な 今を、大切に生きていきたいと思います。
私にとっての「 世界 」は、「 私の世界 」しかないのですから、私が 今を 大切に 生きなかったら、世界を無駄にしてしまうことに なると思います。
南無阿弥陀仏に 出遇えて、ようやく、ちゃんと 生きている実感を感じられるようになりました。

そして、埼玉恵日会との ご縁も、とても有り難いです。
たぶん、私は ほんの100年位前は、三悪道で、のたうち回って 苦しんでいたのでしょうし、ほんの3年ちょっと前は、親鸞会の活動に追い立てられていました。大変でした。
そんな私が、南無阿弥陀仏のご縁の お手伝いが出来るなんて、不思議です。

「 南無阿弥陀仏 」は 宝の山、と蓮如上人は、おっしゃっています。ある先生は「濡れ手に泡」って おっしゃっていました。

自力を振り絞って、自力が廃ってから、他力を聞くのでは ありません。
他力を聞くから、自力が廃るのです。

どうぞ、他力を聞きに、埼玉恵日会に お越し下さいませ。(╹◡╹)


◎埼玉恵日会

日時: 12月 3日(日曜日)
14:00~17:00
場所: JR熊谷駅 直結 ティアラ21 4階
ハートピア 会議室 2
(熊谷市男女共同参画推進センター)

講師: 阿部 信幾 先生
(本願寺派補教 )

○親鸞聖人の教え、浄土真宗を 知りたい人の為の勉強会です。
質問形式の勉強会で、真宗の理解を深めたいと思っています。
予め 質問を集めて、先生に応えて頂きますので、その場で 質問する勇気がなくても、また 匿名でも 大丈夫です。

親鸞聖人の教えについて、質問のある方は、以下のアドレスに メールで質問を送ってください。
先生に 当日 お応え頂けます。
アドレスは、 rokujinotsudoi@yahoo.co.jp


それから、元親鸞会講師の嶋田さんが、「 あなたの白道 」という ブログを立ち上げて、親鸞会会員さんや、講師の方々に 呼びかけておられます。
私は、嶋田さんには、親鸞会退会時から 大変お世話になり、勉強会もしていただき 、心から感謝しています。
それで、10月の中旬に、福井に 嶋田さんのお見舞いに伺いました。最初は、11月の中旬と思っていましたが、奥様の「それまで、命があれば」というお返事に 驚いて 日程を早めました。

病室に入った時に、嶋田さんはパソコンで 、DVD聴聞をされていて いました。

嶋田さんと、いろんなお話しをさせていただきました。ベッドの上で 酸素チューブをつける身になっても、嶋田さんは 「南無阿弥陀仏を お伝えしたい思い」いっぱいでした。尊い方だなってつくづく感じました。

「 あなたの白道 」ぜひ、読んでいただきたいです。

http://www.shinrankai.biz/blog.php?id=54


嶋田さんが 以前が書かれた「 わたしの白道 」は 多くの元親鸞会会員さんに、親鸞会の間違いを気づかせてくださったと思います。
そして、「 あなたの白道 」は、未だ、間違いに気づいていない会員さんや、講師の皆さんの心を 揺り動かし、やがて目覚めさせる と思います。

今回、 病に伏しても、熱いお気持ちの嶋田さんとお話しできて、本当に 有り難いご縁でした。

それから、以下は、翌日に嶋田さんから 頂いたお礼のメールです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日は 遠い所を 見舞いに来て頂き有難うございました
久しぶりに 顔を見て 大変 嬉しく 元気をもらいました

信が一味なら まだ騙されている人への思いも同じで 話は 尽きませんね
2時間が アッという間でした

今日は 6章2が 発表でした
6章は3で終わりですね
自分の書いたものだけど これを 講師部が読んだら、どう思うか、ショックだろうと思います
会長は とんでもないものを 書いてくれた
読ませてはならん と思っていると思います

読んだ回数を見ると 講師部 会員さんは
まだまだ 少ないと思います

しかし 反論できない ジレンマに陥ります
これが 目が覚める きっかけになるでしょう

数年以上かかって じわじわ 浸透していく内容だなーと読みながら思いました

講師部員の 我執は 強いと思います
一人 また一人という感じと思います

これも 熊谷での 勉強会の経験 資料のまとめの基礎があったからだと思います
中央仏教学院の勉強も大事でした
  
あらゆるものが 「あなたの白道」を書く ために活きてきました

あとは 阿弥陀様のお育てにお任せです
余命は分りませんが 聴聞 拝読ですごします

本当に RCさん と ご縁があってよかったです

私の白道 以来 休んでいた心に 、話しする、書く思い、に火がついたからです
有りがたいと いつも思っています

これから 忙しくなってくると思いますが
健康に気をつけて下さい お願いします

それでは 喚び声に 導かれて 往生を待たせて 頂きます

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
   
     嶋田久義
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

南無阿弥陀仏のおはたらきが、そのまま 嶋田さんの「 あなたの白道 」に、言葉になって 現れたのだと思います。

私も 「 あなたの白道 」に 文章を書かせていただきましたが、有り難いご縁でした。

南無阿弥陀仏