あさ川進の、宗教と私

浄土真宗親鸞会に所属しながらアウトサイダーだった私(現在は会員でなくなりました)が、宗教(浄土真宗親鸞会)との付き合い方を考えつつ書いている更新頻度が低いブログ(この説明も暫定です)リンクフリーです。なお、投稿文を受け付けております。「【投稿文】」と書かれている記事は、頂いた投稿文です。

カテゴリ : そのほか

ここ三回ほど、この時期の日曜には大阪の八尾のご縁に行っておりました。もともとは、こういう経緯でこのご縁を知ったわけですけれども、行ってみて初めてそのお寺が稲城和上のお寺だということを知りました。

稲城和上といえば、私が好き?な『他力信心の特色』の本を書かれた方でした。


一昨年までは五日間のご縁だったのですが、昨年は三日間のご縁になって、ぎりぎり日曜日がかぶっていたのでご縁がありました。今年はどうかなと思ってしばらく前からたまに4月の土曜日曜のご縁を探していたのですが見つかりませんでした。それもそのはずで、今年は三日間のご縁いずれも平日でした。


今年は残念ながらご縁が無い予定ですので、代わりにこのブログでご紹介だけします。
「法話案内」からの転載、一部あさ川が手入れ)


【第64回 仏教文化講座】

3日(月)午後2時
     『西本願寺のたからもの』
      龍谷ミュージアム副館長  石川 知彦 先生
4日(火)午前10時・午後2時
     『浄土真実の法』
            平和寺住職  成 照星 先生
5日(水)午前10時・午後2時
     『南无阿弥陀佛の救い -平生業成-』
      本山布教使課程専任講師  阿部 信幾 先生
    ※3日~4日の午後7時~8時30分に懇話会があります。
ところ:若江山光蓮寺
    八尾市南木の本七丁目135
    ※大阪市営地下鉄・谷町線終点「八尾南」駅下車、
     ②番出口より徒歩約10分。
    ※近鉄大阪線「八尾」駅またはJR関西本線(大和路線)「八尾」駅より、
     近鉄バス「藤井寺行き」にて「南木の本」下車、徒歩約5分。


ちなみに、私が初めての時のご縁が、阿部先生でした。

平日ですが、ご縁のある方はお参り下さい。

このブログで「ブログのご紹介」と題してブログの紹介をするのは二度目になろうかと思います。と言いながらすでに先日の記事(年頭に寄せて)にてリンクを貼ってしまったわけですが、7日頃にご紹介すると宣言しておりましたので、改めてご紹介したいと思います。


なもあみだぶのつぶやき部屋


この作者の方は、当ブログの読者の方で、当ブログを通じて私とご縁がありました。ご自身で原稿を書きためてらっしゃったようで、その原稿をもとにブログというかサイトを作りたい、というようなお話を頂いたのでした。ですので私は、出来ることがあればお手伝いしましょう、というお話をしました。

私も(一部)読ませて頂いたのですが、いろいろなテーマについて書かれていましたし、分量も多く、本一冊分くらいになるのではないかなあ思いました。


さて、サイトについてのご本人のイメージとしてはおそらく、書かれた文章をもとにいろんな方と讃歎したり、話し合ったり、議論したり、といったことができるようなもの、を所望されていたのだと思います。ところが、わたしに技術力がありませんでしたので、ブログになってしまいました。


わたしに技術力がありませんでしたので・・・orz


それはさておき、ブログの記事も続けて更新されるかと思いますので、ほかにも皆さんが書かれているブログも合わせて、さらに仏法讃歎の輪が広がるご縁にでもなればありがたいかなあと思います。



※なお、わいるどひっぷさんから投稿文の続きは、来週半ばに公開の予定です。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏、、

結構前の話になりますが、一ヶ月あまり前に部屋の掃除をした際、ふと親鸞会関係の本やら新聞やらが入った箱を押し入れから出そうと思いまして出しました。


大小様々な箱が十箱程度、特に厳密に仕分けされるでもなく入っていました。特に使う宛てもありませんし、当然妻も必要としてないため、ご入り用の方(がいらっしゃるかはわかりませんが)にお譲りしようかと思いながら時間が経過しました。


いつまで放っていても仕方ないので、ブログで一応告知することにしました。
ただし、誰彼構わずというのもよろしくないでしょうから、


・親鸞会の法話あるいは行事に参加されたことがある方
(大学の「サークル」の行事でも良いです)
・ご自身は親鸞会に関わりないが、身近に上記の方(親鸞会に関係のあった方)をお持ちの方
(「浄土真宗親鸞会という団体はどういう団体か」を知るための資料がほしい、といわれる方などを想定)


にひとまず限定(自己申告)しまして、私の持っている親鸞会関係のもの(たとえば以下)をお譲りしたいと思います。ご興味がおありの方はご連絡いただければと思います。(一部でも可ですが、「顕正新聞の平成16年~平成18年」などの細かいご要望は受けかねます)


・顕正新聞(だいたい平成13年~平成25年くらい)
・とどろき、ビーヤング(同上)
・親鸞会発行の書籍(いわゆる本願寺シリーズの「ご著書」等)
・アニメ1~6、王舎城(いずれもVHS版)
・その他(たとえば、顕真や正定聚が若干)


なお、以下の点はご承知下さい。


・保存状態は「良くはない」です。汚れや破れ等はあります。
・上記の期間すべてのものが揃っているとは限りません。
・基本的に、埼玉県から着払いでの発送で考えております。
・ご連絡頂いても、すぐに対応出来ないことがあります。(おおむね48時間以内が目安)
・(あまりないと思いますが)複数の希望者がある場合は、早い方から優先します。


お問い合わせはコメント欄、メッセージ欄、上記メール(skai_asa(アットマーク)yahoo.co.jp) いずれでも結構ですが、発送先の住所とご氏名は伺う必要がありますので、最終的にはメールでやりとりする前提でお考え下さい。


期限は明確に区切ってませんが、ゆくゆく順番に処分しようと考えております。7月中頃までは何もしない予定です。

前にも書いたかも知れませんが、最近はなかなか家でPCを起動することも無く、ブログの管理画面を見ることも無く過ぎております。そして今日、久々にブログの管理画面を見ましたら、私がいつ書いたかも忘れていた記事にコメントを頂いていました。そのようなわけで、レスポンスが遅くなり失礼しました。せっかくですので、あとで取り上げたいと思います。


最近戴いたメールで、「通常は講師部の人しか受講できないが、お試しで一般会員の人も受講できる」という講義らしきものがあったという情報を頂きました。これが講師部講義のことかは定かではありませんが、親鸞会もいろいろ試行錯誤が続いているのでしょうか。

講師部講義と言えば、私は当然直接聞いたことはありませんが、「信心決定は雛がかえったようなものだ。信後こそ聴聞が大切だ」というような話があったと聞いた記憶がありました。最近はどんな話がされているのかなあと少しだけ思ったのでした。



さて、冒頭書きました通り、ずいぶん前(といっても4月でした)の記事に、親鸞会の会員さんらしき方からコメントを頂きました。「らしき」と書いてますとおり、親鸞会の会員さんというのは私の推測です。

なかなか普段活動されている(かどうか分かりませんが)ような会員さんからのコメントをいただく機会が無かったことと、内容をご覧頂ければお分かりになるかと思いますが「信心」についての話題ということで、せっかくなのでこちらでご紹介しようかと思いました。




3. 通りすがり 2015年07月29日 19:33
なるほど。
コメント拝見させていただきました。
 
いまいち、
理解されてないんだなあ…。って
思いました。
頭で理解できなくても、
救われていれば
過去の自分の心の道程を
鑑みて
心で理解出来そうなものなんですがね。
 
真宗は
「善をしなくても、
念仏を唱えなくても、
信心ひとつ、
一念で救われるんですよ」
 
それは、まず、きほんであって、
絶対揺るがないものなんです。
 
そんなことは、
高森先生も
親鸞聖人も
何回もおっしゃってた
ことではありませんか。
 
ですが、
私たちは馬鹿ですから、
こんなに一生懸命聞法してるから
何とかなるだろうとか
思っちゃうんですね。
 
これは、思えって訳じゃなくて
人間なら思うことなんですね。
 
極端な話、
聞法しなくても、
信心ひとつで救われるんですよ。
 
私の言っている意味分かりますか?
分からんでしょうね。
私は高森先生ほど
説法上手ではありませんから。
 
(´・ω・`)

4. 通りすがり 2015年07月29日 19:37
追記。
 
おかしいとは思いませんか?
「仏法は聴聞に極まる」のに
 
聴聞しなくても
信心ひとつ、
一念で救われるんですよ。
 
蓮如上人って
仏法知らずなんでしょうかね?
 
高森先生の矛盾に気づく前に
この矛盾に気づかないのは
おかしいですねえ。
 
でも、おかしくは
ないんですね。 
 
(^ω^)❤




最後の「❤」は環境依存文字じゃ無かったかなと思いましたが、すでに何名か追加でコメントを頂いていました。いずれもこの「通りすがり」さん宛てのものだと思います。



5. とくよしみね 2015年07月29日 21:16
通りすがりさんへ
信心一つで救われるんだけど、その信心って何ですか。
教えてください。

6. にやんこ大戦争 2015年08月02日 12:03
通りすがり氏、何が言いたいのかよくわからない。

7. 同感 2015年08月02日 16:44
通りすがり氏は、そもそも「聞即信」が分かってないですね。




とくよしみねさんが質問されていることですが、私もお聞きしたい内容ですね。
また通りすがりさんがお返事されるなどして、いろんな方のやりとりで弥陀の本願を讃歎するご縁ともなれば有り難いかなあと思いました。


南無阿弥陀仏

このブログでは初めてのように思いますが、当ブログによくコメントを頂いている方がブログを書かれていますのでご紹介します。といいましても、すでにご存じの方が多いかと思います。いずれも、ご本人から紹介の依頼も無ければ紹介の許可も頂いてませんけれども、勝手ながらご紹介したいと思います。

「とくよしみね」さんと「ひろし」さんのブログです。


「とくよしみね」さんのブログ
とくよしみねの「なぜ生きる」

「ひろし」さんのブログ
リバース



「とくよしみね」さんのブログについては、前回の記事でRCさんからの投稿文の末尾にご本人の文章も頂いてましたので、そちらでご覧になった方もあるかと思います。せっかく文章を頂いたので、改めてご紹介をと思った次第です。

とくよしみねさんとは、私は今のところ直接面識はありませんけれども、よくコメントを頂いていましたのであまり「会ったことが無い」ような感じがしません。弥陀の本願の讃歎をよくされていて、有り難いご縁でした。RCさんを通してですが、投稿文を頂くということも、思ってもみないことでした。これまた不思議なご縁と味わわれます。

とくよしみねさんのブログは、教義ガチガチの文章ではなく、語りかけるような文章で書かれています。個人的には親しみやすく有り難い味わいがあります。いろんな方が書かれているブログの中には、やさしい語り口で書かれているブログもあるのですが、どちらかというと教義批判系がはやっているような気がします(偏見かもしれません)。とくよしみねさんのようなブログがもっと増えると有り難いなと思った次第です。



「ひろし」さんのブログは、さよなら親鸞会でも紹介されましたし、ブログポータル・ナビでも巡回対象になっています。今回、思うところがありましてご紹介します。

ひろしさんも、当ブログによくコメントを頂いています。私には無かった視点で問いかけを頂いたりして、より弥陀の本願が味わわれ、ありがたいご縁でした。実は昨年に関西でお会いしたことがあります。私がよく行くようになったお寺は、ひろしさんから紹介を頂いたのでした。

実はひろしさんから、ブログ開設のお知らせのメールを頂きました(紹介してくれとは書いてありません)。そこには最近のご事情も書かれていました。私は「リバース」というタイトルが付いていることに、少し不思議な感じがしておりましたが、頂いたメールを読みまして、私なりに感ずるところがありました。ひろしさんは、「親鸞会を全否定しているわけではない」と書かれています。それは私も意を同じくしているところです。




私がブログを始めた当初、私は「親鸞会を批判したり擁護したりする目的ではない」とコメントしました。私の言葉足らずもあってか、その意味はなかなか理解してもらえてなかったような雰囲気がありましたが、時を経て、様々な方がいろいろな立場で弥陀の本願、南無阿弥陀仏の讃歎をされるようになるということは、有り難いことだと思います。



 我が歳きわまりて、安養の浄土に還帰すというとも、
 和歌の浦曲の片男浪の、寄せかけ寄せかけ帰らんに同じ。
 一人居て喜ばは二人と思うべし、
 二人居て喜ばは三人と思うべし、
 その一人は親鸞なり。

   我なくも 法は尽きまじ 和歌の浦
    あをくさ人の あらん限りは

     (親鸞聖人御臨末の書)

突然ですが、あさ川の妻です。

本日はあさ川に代わって記事を書くこととなりました。
よって、ご覧になる方によっては不快に思われる部分もあるかもしれません。
その点ご理解いただければと思います。

さて、そうは言ったものの何を書こうか決めかねておりまして。
なにせ私は親鸞会そのものには直接的な関わりはなかったからです。

言い換えると間接的な関わりはあったわけですが。

あさ川が一度、私の許可なくその辺りの事情を記事に載せてしまったこともありますので、今更隠す必要もないかと思われますが、かつて私の知人が(知人というにはあまりにも親し過ぎる間柄でしたが)親鸞会会員でした。
こう書いてしまうとその方は既に親鸞会を辞めてしまっているかのようですが、実際には今現在も熱心な会員です。
この点はとても心の痛む部分ではあります。

知人が親鸞会会員であることに気付いた時から、私は間接的に親鸞会と関わるようになりました。
と言っても、せいぜいが行事や勉強会に誘われて行く、という程度ですが。
その時点で私は親鸞会がどういった団体であるかをある程度は「知って」いました。
ですから、そこで聞かされる内容や行われていることに対しては随分と冷めた目で観ていたかと思います。

親鸞会と気付いた理由は、知人の家に顕正新聞や発行物があったという点です。
諸事情あって宗教嫌いの私はそれらを見かけた途端に違和感を覚え、すぐさまネット検索をかけました。
と言っても、たまたま自宅のPCが不調だったので、実際には携帯電話による検索でしたが。
しかし、その調べるには十分でない状況でも親鸞会に関するネガティブな情報はいくつも見つかりました。
(恣意的に探していたという面もあろうかと思います)

その後PCも復活し、更に調べれば調べるほど知人は親鸞会を辞めるべきだ、私が救い出させなければならない、と思うようになりました。
今振り返るとこの点は相当に思い上がっていたな、と感ずる部分でもあります。

それはそれとして、知人を「救う」ために親鸞会について、カルトやマインドコントロールについて、最後は浄土真宗の教えについてと、主にネットと書籍の力を借りて学んでいきました。
また、元会員さんや現会員さん、浄土真宗の僧侶さんにも大きく時間を割いてご相談に乗って頂きました。
この場を借りて、上記の皆様やネットで様々な情報を挙げて下さっていた皆様にはお礼を申し上げたいと思います。まことにありがとうございました。

最初は知人のためでした。
と言いますか、それ以外のことはまったく考えていませんでした。
特に、浄土真宗の教えについては自分とは無関係のことと完全に線を引いていました。

宗教嫌いな私としては、特に親鸞会に関わる上では自らの無宗教を守ろう、と構えていたのです。
正しくは、無宗教であるべき、という宗教ですが。
そんな宗教を持っている自覚もおぼろげながらですがありました。

そんなわけで浄土真宗の教えは分かりたいとも思っていませんでしたし、まったくの他人事でした。
親鸞会が言うところの絶対の幸福はもちろんのこと、弥陀の本願や救いということも私にとってはどうでも良かったのです。
ただ、親鸞会での「浄土真宗の教え」は間違ってるらしいよ、だから辞めた方がいいよ、と知人に伝えたいが為に、どこが間違っているのかについてひたすら理解しようと努めていました。
今振り返ると随分無茶なことをしていたかと思われます。

ところが不思議なもので、浄土真宗の教えが自分とは無関係ではないことに気付かされました。
本願は他人ごとではなく私のことだと気付かされたものの、宗教嫌いであることも相変わらずの私で、とてつもない困惑にも襲われました。
今思えば宗教嫌いという点も私にとっては弥陀とのご縁だったということになるのですが、それについては詳しくは書きません。
しかし、その困惑が一つのきっかけであさ川とは出会うことになりました。面白いものです。

ここまで書いて何が言いたいかと言えば、実はいまだに何も考えていなかったのですが。
ただ、ご縁は私たちの誰にもはかることは出来ませんし、用意することもこしらえることも出来ません。
凡夫が判断したことや思っていることとは何の関係もありません。私たちの本願ではありません。
これは弥陀の本願です。
そして私が念仏申す身であるという、ただそれだけです。
南無阿弥陀仏 なむあみだぶつ

ところで、今日から四月が始まりましたね。
だからなんだというわけでもありませんが、念のため。

やや唐突ではありますが、先日に投稿文を頂きました。こちらで確認しまして、後日掲載しようかと考えています。


私がブログを始めて、今までにもいろいろな方とやりとりをしてきました。それは、このブログのコメント欄でもそうですし、メールや電話といったやりとりをさせて頂いた方もありました。その中で、まれにこのブログの記事を書くに当っての内容としたこともありましたが、殆ど表には出しませんでした。

それは私が、やりとりの内容自体はあくまで「個人的なやりとり」と理解していたからでした。


経験はおありかと思いますが、相手によって言えること言えないこと、書けること書けないことがあって、特定の相手だからこそ出てくる言葉があると思います。お互い面識がない状態でやりとりをさせて頂いた方も何人かありましたが、それでもその方が「他の会員さんには言えないけどあさ川が相手だから」発せられた言葉もあっただろうと思っています。そのように思っていましたので、私としてはなるべく「個人的なやりとり」に収めてきたつもりです。


今思えば、ひょっとしたら「ブログに書いてもらってもいいから、この気持ちを他に人にも伝えたい」と思われながらやりとりをされた方もあったかしれません。


とはいいましても、例えばメールにしても会話にしても、基本的に私を相手にした言葉をそのままブログに載せるわけにはいきません。私が編集して掲載しても、それはその方の言葉でなくなってしまいます。このブログの内容をご覧になれば、およそニュアンスが伝わらなくなるのは自明だと思います。


言葉には、その方が表れるものだと思っています。文章の構成、書き方、語尾、句読点の打ち方、改行の仕方など、様々なところにその人の特徴が表れます。それを私が手を加えたら、その方のニュアンス、感情の表出などもかき消されてしまいます。文章力のある方であれば、そういった表現もできるか知れませんが、私はそのニュアンスを表現することはできない、と思いました。


やりとりをする中で、ご自分の思いを今も残る会員さんに会員さんに伝えたい、というような趣旨のことをいわれた時、以上のような思いから、文章を書いてみてはいかがでしょうか、とお話ししました。それで今回、投稿文を頂きました。


思いは、直接表現して頂いたほうが、伝わります。


今回はこのようなことで投稿文を頂きました。ブログを立てたりするまではできないけど、伝えたいことがある、という方はほかにもあるかしれません。全部できるとはいいませんが、投稿文を書きたい、といわれる方は文章をお送り頂ければ、ご協力できることもあるかと思います。

個人的には先日の土日に一回は更新しようと思っていたのですが、更新できませんでした。はじめに書きますが、今回の記事は中身がありません。


間が極端に空いてしまった頃と比べて、書こうかなあと思うようなネタが少しずつ出てきたことが変わってきたところですが、さりとてそれを形にするとなると、また別の難しさがあります。たいした内容を書いているわけではありませんが、文章を書くということを続けるのはなかなか根気がいることだなと思います。


さて、わざわざブログに公開する内容でもないのですが、書こうと思っている内容をいくつか書くことで、その中の一つでも書くような方向に持っていこうという趣旨で、いずれ書こうかなと思っている内容を羅列してみます。
考えた結果、書くのをやめることもあるかしれませんが。


・真宗会館で聞いたお話の味わいについて
・先日行ってきた勉強会について
・最近思い出した9年前のブログのこと
・この時期に思い出す9年前のこと
・先日元会員さんと会った時に思ったこと
・10年前の思い出(地元の講演会の話)
・12年前の思い出(兼六園の話)
・お仏壇の話
・ほか

先回の記事もそうですが、今回もスマホからポチポチ書いてますので、短い記事です。手抜きに感じられた方がありましたら、失礼しました。

また何人かの講師部員の方とここしばらくでお話する機会がありました。今更ながら、私がこのブログを書いていて、親鸞会から何の反応も無かった理由がおぼろげに分かった気がしました。単純に、読まれて無かったのかなあと思った次第です。


さて、PC版でお読みの方の中にはお気付きの方もいらしたかもしれませんが、数日前に「あさ川の思い入れのある記事」についてのリンクを付けました。これも実に今更です。
スマホや携帯電話の方は、そのリンクが見られませんので、こちらに書いておきます。スマホ版のエディタでリンクが反映されているか、若干の不安はありますが、反映されてなかったらすいません。

http://blog.livedoor.jp/skai_as/archives/27812241.html


もう250本くらいの記事がありますが、割合このような中身に乏しい記事も多いです。そのようなわけで、一応私の言いたいことがある程度書かれている記事はまとめておいたほうが良かろうと思った次第です。
ご意見、あるいはその他お気に入りの記事などございましたら、教えていただけるとありがたいです。

今日は二千畳講演です。
宿善の話ですが、今日は宿縁の話も出てくると思います。

今回は、このうたを思い出したので、書いておきます。


恋しくば 南無阿弥陀仏をとなうべし
我も六字の中にこそ住め


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、

このページのトップヘ