超〜長助夏の終わり

2007年09月08日

遠幌小学校

遠幌...それは夕張でも数少ないアイヌ語地名

d92505bf.jpg 

ここに載せる写真は、平さんが何年か前にHPに載せていたものです。
まだ、閉校前のものです。なんかとてもまぶしいです。
許可を戴いたので、掲載させていただきます。

766ad92b.jpg

現在、校舎の前舎が取り壊されて、後舎だけ残ってます。手前に中庭の池が見えます。
いろいろな小動物が棲んでいました。サンショウウオもいました。

42cd9bc5.jpg

今はなき、前舎です。手前一階は、給食室だったと記憶しています。
向こう側は夕張岳の方向です。(でも、実際は見えません)


10ef4a98.jpg

給食室(前舎)の裏手です。前舎からでっぱっているのは、校長室だったと思います。
中廊下が見えます。その向こう側が中庭です。手前の下水道にサンショウウオがいました。

 50e0c92b.jpg

グランドへ向かう後舎から前舎を撮ったものと思われます。前の写真と反対側の中廊下だと思います。
屋根が二段になっているところは、便所です。その向こう二階は理科室だったと思います。

dc36a056.jpg

体育館です。まわりは白樺の木があって、けっこう雰囲気がありました。
よく、ポートボールをやりました。体育館から、グランドはすぐで(この写真もグランド側から撮影していると思います)、よく駆け出しました。グランドからスイカ畑はすぐでした。

e972e275.jpg

後舎の階段ですね。上に上がると、音楽室がありました(たぶん)。

d6951e5d.jpg

これは、昨年(2006年5月)の遠幌小学校です。

 

e5725c8c.jpg

夕張の地名を「夕張・桃源郷の掲示板」でやりましたが、夕張にはアイヌ語の地名ってほとんどないです。
川の名前と「夕張」「遠幌」「若菜」ぐらいじゃないだろうか。(他にあれば教えてください)
この廃屋の校舎が残っている限り、「遠幌」という地名はなくならないだろうなぁ、と思いました。

遠幌小学校、素敵な小学校時代をありがとう。
そして、平さん、写真をありがとうございました。



skanda at 18:03│Comments(9)TrackBack(0)夕張 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by キムサ   2007年09月10日 20:50
丘のの上の白い小学校、とても素敵ですね。

人がいなくなるという事は、いかに淋しいものか、
改めて実感しました。

私の住むところみたく、古いものは全て排除し、
更地にするのが良いのか、自然にくちはてるのを
待つのが良いのか、考えさせられます。

貴重な写真、ありがとうございました。
2. Posted by kankan   2007年09月11日 09:09
>キムサさん

いえいえ。いつも貴重な写真で楽しませていただいているのは、こちらの方で。キムサさんに喜んでいただければ、これに増した喜びはありません。せめてもの何とかです。
キムサさんが、この春先に撮った「ひょうたん池」って、この中庭の池ではないかな、と曖昧な記憶ながら思っています。
今年は、雨と鹿で、ゆっくり遠幌小学校撮影できませんでしたが、Googleで「遠幌小学校」で検索かけると、鹿のビデオが上位に食い込んでいた。
びっくりです。
3. Posted by モンヂロー   2007年09月14日 00:17
またまた思い出しましたよ。
遠幌小。。写真を見て、、そういえば、、と。
高校の頃に石炭運搬のバイトをした時、石炭を鹿の谷からトラックで運んで、石炭小屋に入れましたよ。そういえばその時は市内の学校全部に運んで、詰め込んでましたよ。それこそ真っ黒になって、仕事したもんでした。校舎の思い出とか、構造とかはわかりませんが、石炭小屋に関してだけは、そんな思い出があった訳なんですよ。けっこうマニアックな思い出でしょう〜。。(^^)
4. Posted by コンタ   2007年09月14日 14:47
一瞬我が母校かと思いました。
清陵小学校とよく似ていますね。
ところどころ微妙に違うのですが
きっと同時期に、同基本設計で立てられたのではないかと思います。
5. Posted by kankan   2007年09月14日 16:28
>モンヂローさん

かなりコアな思い出ですね。学校、石炭、小屋。自分には、馬車、ソリ、馬糞で石蹴りも付け加わります。
ところで、メール教えてくださいよ。kankanの名前クリックすれば、それがkankanのアドレスです。空でかまいませんから。

>コンタさん

清陵小学校に似てるでしょ。今でもいろいろ小学校あちこちで見てますが、なんか、風格が違うって感じです。当時の夕張は、それなりにハイカラだったんですよ、きっと。
6. Posted by (た)   2011年08月19日 00:58
今更のコメントで失礼します。

3枚目の写真の一番手前のところは、石炭小屋があったのではなかったかなあ。玄関側から見て、給食室よりも奥側だったような記憶があります。

5枚目写真の便所、小便器が冬になると凍れて流れなくなってたいへんでしたっけ。理科室は、あとの方の階段の写真の脇、後舎の1階だったような記憶がありましたが、うろ覚えです。

前舎、後舎、体育館は、傾斜のついた渡り廊下でつながっていましたね。冬に渡り廊下で水をこぼしたらあっという間に凍って、すべり台のようになっていましたっけ。

ずっと以前に私が訪れたときにも、すでに前舎はなくなっていて、グラウンドに若木が育っていました。校舎も朽ち果て、植物に侵食されて「自然に還る」感じが、なんとも無常観を醸していました。

貴重な写真をありがとうございます。
7. Posted by kankan   2011年08月22日 22:18
たさん

はじめまして。
遠幌小学校に在籍したことのある人ですねぇ。
写真についての細かなコメント描写が、
ついつい、頷いてしまいます。

インターネットで、この写真を見つけたのが、
もう、5年以上前で、平さんという方のホームページに、詳しく掲載されていたのです。
当時も、閉校前の写真は皆無でしたので、感動的でした。
いまや、平さんも遠幌小学校関係のページを下げてしまったので、閉校前の写真は、もう、ここにしかないかもです。
ましてや、廃校して完全解体前の写真も、撮影することはできません。

自分は、近年、夕張を訪れて、いろいろ写真撮りましたが、形あるものは必ず朽ちるってことを、肌で、身に沁みて感じました。
子供の頃。圧倒的な音と途轍もない大きさで、絶対的存在に思われた、建物、街が、これほどまでに壊れ、壊され、朽ち、退廃していくものなのか。
一方、自然への帰化で、かように美しくもある。
何か人生、現世で、最も基本的で、ダイナミックな体感と感情、思考を提示されているように思われます。

心の中で、社会のいろんなものを淘汰しながら、生きていくのですが、脳裏で拭い去れないもの。それがどんどん失われていく。。。

って、語れば長くなるので、この辺で。
これからも、よろしくです。
8. Posted by shin   2012年03月04日 02:15
ありがとう、遠幌小学校。

以前訪れた時、校舎はもうなかったけど、道端の草木は変わらずに迎えてくれたようでした。芝生の白樺は太くなっていたな−。

写真をありがとうございます。
9. Posted by かめさん   2013年01月09日 10:50
光に映える丘の上
この明け暮れを睦まじく
磨ききたえる身と心
希望わきたつ学舎は
我らの遠幌小学校

明るいひとみはればれと
夕張岳の気高さを
日毎の望みと仰ぎみて
校風かおる学舎は
我らの遠幌小学校

豊かなダムを見下して
郷土が誇る生産に
夢も明るく励みあい
理想歌う学舎は
我らの遠幌小学校

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
超〜長助夏の終わり