2006年04月03日

気持ちがふるえたなら、

口ずさむ歌から、足音♪


明日、正確には今日から社会人です。

不安、不安、不安。。。 ワクワクといった楽しみなんてこれっぽっちも…

いやいや。それなりにはあるけどね。

新しい環境に飛び込む時は常に不安と隣り合わせ。

不安ってヤツはいつもぴったりマーク。

不安くらいがちょうど良いのかな。

ここ2,3日で慌てて揃えた戦闘服の準備も万端。かな?

そして、モミアゲが無くなりました。ちょうど38度線辺りかな。

ここで一句


モミアゲと 一緒に消えた 輪郭よ


モミアゲが無くなると、より一層太って見えるものです。

現に入行式より5堊えているのですが。。。

ちなみに入行式で行われた健康診断の結果、

肥満

と、一言書かれているのを今日発見しました。

そこから+5だからね。

ま、筋肉筋肉。

って、アホな事を言ってるばあいじゃあないね。

あ〜、社会人か。

実感はその内湧くでしょ。


とりあえず、GWを楽しみに頑張ろ。なんつってもGWにはヤツらの…


あ、遅ればせながらmixi始めました。冷やし中華的感覚で。

仕組みがいまいち解りませんが。


ONE STEP FORWARD / 川上つよしと彼のムードメーカーズ

何か一歩踏み出せそうです。


skasuki at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月11日

バイトで得たモノ、プライスレス。


9日で居酒屋のバイトが終了しました。

1回生の12月から3年チョイ。

色んな事があったけど、今思うとホントにアッと言う間。

12月という居酒屋にとっては鬼のような忙しさになる時期に入り、荒れ狂う海に浮き輪一つで掘り出された様な僕。

理不尽に怒られ、帰り道半泣きになりながら与太ちゃんに電話をかけたあの頃。絶対1ヶ月で仕事全部覚えて辞めたる、と思ったあの頃。1ヶ月で170時間も働いてしまったあの頃。突如として居酒屋激戦区となった街で、どう戦っていくかを朝まで話し合い、ぶつかり合い、わかり合ったあの頃。創作料理の名前をミンナで必死になって考えたあの頃。社員さんの結婚式にシークレットで参加したあの頃。言い出したらきりがないくらいの、苦い思い出、楽しい思い出があったバイトライフ。

多分、このバイトをやっていなければ今の自分は絶対ないね。そして、こんなに太ってないね。
ビールの旨さを覚えたのも、色んな店に飲みに行くようになったのも、料理の知識を深めたのも、オッサンとほどよく話せる様になったのも、オッサンの様になったのも、エンゲル係数が上がったのも、全部このバイトのおかげ?だな。

所詮バイトの僕に意見を求めてくれたり、そんな意見を採用してくれたり、生意気な言動を広い心で許してくれたり、一緒になってアホな事が出来る素敵な社員さん達、チョット変わった人間しか残らないアルバイト達、ホントに素晴らしいメンバーに囲まれてバイトが出来たと思います。

労働時間の長さ、きつさ、それに見合わない時給を除いては、自慢のバイト先だな。

プライスレスな部分、目に見えない部分で成長もしたと思うし!

バイト最終日は、最後のバイトやからって来てくれてビールをくれたお客さんもいたり、社長(入った当時は店長)や前の店長(今はラーメン屋の店長)が電話で「お疲れさん」を言ってくれたり。
これまた半泣きになるくらい嬉しいことやね。

バイトをあがり、「お疲れ様です!」って言う時は涙が出そうになりました。
男の子だから泣かないけど。

その後は、最後の賄いとして、好きなモノを好きなだけ食べさせてくれました。
うまかったぁ〜!

で、その後は6時まで飲みにいきましたとさ。

今日は送別会!2時からよ〜 

楽しみ楽しみ!


サーモンとブロッコリーのクリームパスタ / 最後の賄い

2,5人前はあるのではないかと思うくらいの量で出してくれはりました。
全部食べたけどね! だって美味しいんだもの!

skasuki at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月03日

振り向けば京都。


今日は久々にthe 休日ってな感じでした!

う〜ん、2回生の時はthe休日ってのが多くてよく京都をウロウロ、あてもなくウロウロ、古着屋さんに入ってお喋りって時間があったのに。
知らず知らずのうちに、時間に余裕が持てなくなってねぇ。。嫌だね。

今日は、まずは大阪へ。

御堂筋線に乗って心斎橋へ!お目当ての店へ、鼻息も高らかに興奮しながら早歩きで一直線。初めて行く店で前から行きたいと思っていた店だったのよ!

歩くこと10分。目的の店発見!!!

心躍り出す僕。

店には展示会のため臨時休業の張り紙。

崩れ落ちる僕。

はるばる心斎橋まで来たのに。。

大阪での目的はそれだけだったので、愛しさと切なさと心強さを胸に大阪を後にし京都へ!!

さすがホームグランド!…?

やっぱ京都は落ち着くね。「おかえりやすぅ。」そんな声が聞こえました。

「はんなり」

イイ言葉だなぁ。

で、馴染みの古着屋に行く途中にとても雰囲気のGOODなお店発見!!!何で4年間気づかなかったのだろう???

とーても居心地のいいお店。レコードとかも置いててね。

居心地の良いお店って雰囲気5割、店員さん4割、商品1割みたいなとこあるからねぇ。
雰囲気が自分に合っていれば、自ずと良い服も見つかるのよ!これが!そして、店員さんも何か合うのよね。話しも合うし。

ま、そんな素敵な発見もありつつ、馴染みのトコでもトーキングを楽しみつつ飲み屋へと消えていく、そんな、あ、そんな素敵な休日でした。

skasuki at 00:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年02月28日

神様に触れた夜。


久々に書くよぉ!

25日に行ってきましたよ!

新・ナニワサリバンショー!!!

んもうねぇ、凄いのなんの。

僕たちの席が後ろのステージとかぶり、20列も前に座れるという嬉しいハプニングもあありつつ、忌野清志郎、斉藤和義、ハナレグミ、グループ魂、ビギン、チャボなどに加えて中村獅童や大西ユカリ、あめまマン and more
ってな具合の、豪華かつ意外なメンツを美味しく頂きました。

歌の良さもさることながら、あのエンターテイメント性ね。Tんこの言う通り、清志郎が出てきたらホッとするというか。他のアーティストも凄い人たちばかりやけど、やっぱり清志郎はすごいなぁ、としみじみ感じました。

フルート吹いたり、ホラ貝吹いたりね。何かやってくれるというか。凄かった。
そのカリスマ性みたいなものがKING改めGODと言われる所以なんやろね。

そして、その清志郎をね、僕はね、触ったのよ。4時間半もライブがあるため、ほどよき所でトイレに行った僕。席に戻ろうとすると、道がせき止められてるではありませんか。。
「どうなっとんねん!」っと怒りを抑えつつ、待っていると近くの扉にスポットライトが。。そこからでてきたのは、清志郎等を含むHISというユニット!!!
清志郎まで1メートル。そりゃ手を伸ばすでしょ!その後はあまり覚えてませんが、確かにGODに触れたね。

エンターテイメントの神様が僕に降りてきますように!!!

ってそんな凄いライブの後にもやはり僕たちは飲み屋へと消えていくのでした。

Nオちゃんゴメンね!


君が僕を知ってる / 清志郎+ハナレグミ

skasuki at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月14日

愛だろっ、AI。


夜空の王様満月で、ウサギがぺったんぺったん餅をつく、そんな日は思わずサークルに行ってきました。 

と言うのも、本日予定されていたワカサギフィッシングが突然の中止になったからです。理由は、ワカサギフィッシングをなめていた。。

昨日バイト先のお客さんに意気揚々とワカサギフィッシングのことを聞いていると、どうやら朝一+長い竿が必要らしい(余呉湖の場合)。

完全に昼下がり+バスフィッシング仕様の竿で参戦しようとしていた僕たちは、深夜の相談を経て泣く泣く中止へと追いやられましたとさ。残念。

3月の琵琶湖バスフィッシング大会では大暴れしてやるんだから!ドリもぐにもウータンにも負けへん!ウチ、へこたれへん!!

で、約2ヶ月ブリブリにサックスをブピィィ。

うん。何か楽しいね。 改めてそう思いました。

まぁ、もっと思ったことは練習ね。もっと。

成功率0%のアレとか、新しくやるアレとか、2年前から計画して何回もポッシャったアレとかね。

あぁ、市松模様が目にしみる。

で、向日葵を経て三チン宅へ家宅捜索に。マニアが集めたDVDに舌鼓を打ち帰宅。

そんな本日のストーリーでした。


是が非でもな一曲。

花吹雪 / 東京スカパラダイスオーケストラ

3度目の正直!

吹いてみると意外に気持ちがよろしいよ。

skasuki at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月11日

温泉饅頭の感想は?


「格が違う!!」by KofJOY

行ってきたよ〜!

1泊2日有馬温泉の旅!!

メムバーは、音楽を通じて出会い、酒に溺れた約3年間を共に走った仲間達!

これねぇ、楽しくないはずがない!

珍しく集合時間ぴったりに集まる一同。ここからも意気込みが感じられる。

そして酒、肴の買い出し。旅館に行くにもかかわらず、18000円分の夢と希望を買ってしまうあたりからも並々ならぬ意気込みが感じられる。

そして、旅館へゴッゴッゴッゴッゴッゴー!パキュンパキューン!

道中、僕たちを撒こうと黄色信号にアクセルを噴かす下カーに必死に追いつき、元部長の聞き込みファインプレーもあり無事旅館に到着。

ロケーションよし、部屋よし、仲居さんよし、風呂よし!!!

全てがオーライ、ィエイベイベーです!

ご飯は懐石料理。急に静かになる僕たち。

一人うるさいチョロ

「最っ高だねぇ」×35

それにつられる末っ子

「有馬に舞い降りた奇跡」×7
「酢みそで3時間いける」×15

確かに最っ高でちた。

ふぐの肝食べたしね!

その後は、極寒の中浴衣で運動会。地元住民から教わったとても暖かい蒸気が吹き出る場所へ。
全く暖かくなく、多少の怒りを覚えつつ旅館へカムバック。

風呂へ、琵琶湖から有馬に来ていたカッパと共に入浴し、酒乱パーティーへ。

MVP チョロ

準MVP バーチュオーゾとダチョウ倶楽部のネタ

最下位 ブルーチーズ

でした。

ま、次の日は次の日で楽しかったのさ。


ホント毎年行ければいいなぁ。。。


最っ低な一曲

コーヒー豆見つけた / タカヒロ

この曲の後には決まって悲鳴です。

skasuki at 16:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年02月07日

音楽と過ごす夜。

何もする事のない夜って絶対ロンリー&ソウ ロングやん!

と思っていたのに気が付けばもうこんな時間だね。

今はパソに音楽を取り入れ中!

何故ってそれはね。。

i pod ………

なんて、鯔背でシャレオツなものは無いの。

なんせ僕アナログ派。


本当はCDを作るのさ!

この曲からの流れで、あのCDのあの曲を聴きたいってことよくあるぢゃない?

それを形にしようと思って必死になっているところ。

ごきげんマイセレクト作るの。

これってもしかして、MP3プレーヤーがあったら容易に実現すること?

まぁ、いぃぢゃない!

あ、僕暇人ちゃうよ。。。

肥満気味ではあるけどね。気味ね。


探し求めてやっと見つけた、激シブな一曲

BABYLON / VERNON ALLEN

出だしのフルートからやられます。

やっぱSKAの表情って豊かだね。ウンウン。

ンッチャ♪ンッチャ♪ンッチャ♪


skasuki at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月31日

カウントダウン。


後23時間後に試験です。

ブロってる場合じゃない。でも、休憩がてらやけん。

さ、頑張ろ。


休憩がてらな一曲を。

Festival Ten / Derrick Morgan

どんな時でもこのリズムってヤツは心を落ち着かせてくれますよね。

ンチャ、ンチャ、ンチャ♪

skasuki at 14:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年01月27日

たまには真面目に。

就職活動のシーズンですね。就職活動という大きな壁から逃げていた一年前を思い出します。

就職。4回生最後のセメスターが明後日で終わろうとしている今でも全く持って実感はありません。
就職活動は確かに辛かった。でも、就職活動でもっと辛い思いをしている人はたくさんいると思います。しっかりやっている人から見れば腹立つくらい、わりとあっさり決まったから。。それが良いのか悪いのか。。。
就職先を選んだ理由や経緯は後々書くとして(自分が忘れないために)、最近はどうも「これで良いのか?」感が募っています。

最近、何かが足りない。

今足りないもの。それは多分、

目標。

目標がある時ってものすごしんどいけど、充実してるよね。達成したとき、終わったときの充実感ったらないし。

例えばこの曲をやりたいと思って必死に練習して、演奏し終わった後とか。
寝ずにミンナで頑張って論文書き上げたときとか。

何故、就職活動の話しをしたのか。

それは、目標ありきの就職活動がして欲しいからと、できなかった自分とこれからの自分に対する喝。

目標無く(基準はあった)就職活動をしていた僕は、決まった所にすんなり決めた(興味はあったし、自分なりに納得もしたよ)。

ただ、目標がないとその後が切ない。決まったのに、どうしよう感が沸く。

だから、働いている自分の姿も想像できないし、イメージも持ちにくいのだろう。

そして、目標がなければ自分の路も限界もわからない。

宇宙に投げ捨てられたようなもんだ。

路は誰も造ってくれない。

でも、かろうじて大学在学中にその事実に気づいたのは不幸中の幸いだ。

目標を探すっていう言い方は変だけども、数年後の自分の姿、何がしたいのかをしっかり考え練り噛みしめながら残りの大学生活、遊び、学んで行こう。

と、今日はしんみりした文章を書いてみた。

書くことによって、頭の中ではだいぶ前からわかっていたのに奥へ奥へとしまい込んでいたものを一番表に出そうと思ったから。

だって、呑んで夢とか語れる人って素敵やん。

目標、夢がある人って、ベタな表現やけどキラキラしてるからね。


と、湯船で思ったことを、すぐに文章しました。



胸にグサッと、4回生(特に5〜7月、12月〜現在)を振り返らせたフレーズ。

「僕らは大事な時間を意味も無く削っていた。なぁなぁのナイフで」

THE YELLOW MONKEY 楽園 より。



しんみりしたね。たまには良いよね。


関係ないけど、今日の鍋美味しかったの。

キムチホルモン鍋。




skasuki at 01:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月25日

尻を出す理由。


今日、実に10年以上ぶりに、マンガ 日本昔話を見ました。

何か良いね。淡々と進んでいく話しが逆に新鮮で。

見終わった後に、ほっこりするのね。

そして、終わりの歌ね。

誰目線で歌われているのだろう?

人間が人間の素晴らしさを歌ってるのかと思いきや、

「暖かい布団で眠るんだろな。」っていう予想の表現。


多分、多分やけど、クマが人間に対して歌ってる歌やね!

だから、お尻を出した子一等賞!

クマ界では尻を一番に出した者こそが、最優秀クマなんやね。キングオブベアーなんやね!

全てが繋がったね。

僕が尻を出すことも。

以上。


そう考えると、哀愁の中にもポジティブさが感じられる一曲。

人間っていいな / クマ

skasuki at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)