CG作成のススメ!

CGを趣味とするえすかわのブログ。
Photoshopやペンタブレット、SAI、 イラストレーター、ComicWorksなど、 色々なものに挑戦していきます。
ただ、PCのスペックが興味に追いついて いないって言うのもあり、出来ないことも 多々あり。
どうぞよろしくおねがいします^^

手書き風グラデーション

こんにちは、えすかわです。
えすかわの住む地域は、最近とても寒いですが、
皆様お変わりありませんか?

今日も、簡単なCG作成について、また書きたいと思います。

今日は、Photoshopを使って、手書き風グラデーションを
作ってみましょう。


1.まず、好きなグラデーションを作ります。

1104_01

ここでは、水色と深緑を使って、ぼんやりとした色を作ってみました。


2.フィルタでいじります。

フィルタとは、塗ったり描いたり下絵にいろんな効果を与えることができる
機能で、
「Photoshopを使うのは、この機能があるため!」
という人も多いと思います。
(ちなみに私はパレットナイフ機能が大好きです。)

基本的に、好きなフィルタを使っていろいろ試してみることを
お薦めします。
今回は、〔フィルタ〕→〔アーティスティック〕→〔パレットナイフ〕
と選んで実行してみました。

1104_02

クリックしてみていただくと分かるのですが、
パレットナイフを使って描いたかのように、ざくざくとした質感を
付けることができます。


3.もうちょっといじってみます。

ざくざく感を少しソフトにするため、今度は
〔フィルタ〕→〔ぼかし〕→〔放射状〕
を選んでみます。

1104_03

クリックして絵をご覧ください。先ほどよりもソフトな感じに
仕上がりました。


4.これを背景にして、ろうそくを書き足してみます。


1104_04


ろうそくは、ふつうに筆で描画しました。
火の回りの光は、黄色で丸を描いて「ソフトライト」にしてあります。





このように、Photoshopにはいろいろな効果を実現できる
機能がついているので、CG作成にはもってこいですね。

いろいろ試して、いろんな効果を使ってCG作成してみてください。

絵を描くことによって得るつながり?

皆さんこんにちは。
CG作成は、どうしても一人ですることが多いと思います。
それに、せっかく作ったものを、他の人にも見てもらいたいですよね?

なので、今日は、CG作成を通して得ることができるつながりに
ついて書きたいと思います。

以前にも一度、CG作成するのに、Web上で使える
「お絵かき掲示板」と言うものがあると述べました。

この「お絵かき掲示板」と言うものは、Web上にある
「アプレット」(←アプリみたいなもんです)です。
それを使って絵を描いて、そのままその絵を掲示板に
アップロードする感じのものです。

有名どころですと、
「Oekaki BBS.com -お絵かき掲示板のレンタル、検索、交流サイト」
と言うところが「お絵かき掲示板」と検索しても一番上に上がってきます。
また、投稿される絵の数が、やはりとんでもなく多いと私は思います。
本当に尊敬するくらいうまい作者の方も出入りされているようですし、
私としてはおすすめです。

それから、好きなゲームなどの攻略サイトにも、
交流目的にお絵かき掲示板が設置されていることが多く、
そこでも交流がもてますね。

あと、このお絵かき掲示板、レンタルできるところもあります。

そうすれば、自分のサイトに設置して、訪問者の方に
絵を描いてもらうなんてこともできるわけです。



もうひとつのCG作成していく上でのつながりは、
コミュニティサイトです。

アニメ系のイラストならpixiv、アーティスト系なら
ロフトワークが有名です。
こういうところに登録し、自分の作品をアップロードしたり
していくと、コメントが付いたり評価してもらえたりして
案外楽しいものです。

一人ぼっちでCG作成しているのも、ちょっと寂しいですものね。

では、今日はこの辺で。

絵を描くソフトをご紹介

こんにちは、えすかわです。
今日もCG作成について書きたいと思います。

私が使っているソフトのご紹介。

  • Photoshop7.0
  • PhotoshopElements5.0
  • SAI
  • ComicWorks

すべて、ペンタブレット対応です。
ペンタブレットは、WACOMのふるーいやつ。
でも十分使えています。

この中で、一番使うのはやっぱり

  • Photoshop7.0

です。なんといっても、機能が一番本格的です。

また、漫画を書いたりもしていたので、

  • ComicWorks

なんかも使用していますが、こちらはもっぱら白黒用。
でも、手ぶれ補正があるのでインクの線を描くときには
これで描くと綺麗に描けたりします。

  • SAI

に関しては、この前本屋で紹介されているムックがあったので
そちらについているお試し版を使用してみた感じです。
結構使いやすく、水彩画は綺麗に色が塗れる気がします。
なので、こちらは線引きではなく、色塗り用に良く使います。


ほかに、私はあまり使っていないものですが、
アドビのイラストレータですね。
有名なところは。

こちらは、画面上でいくら拡大しても綺麗な線を保てると言う、
すばらしい機能を持っています。
普通だと、写真などは点々で着色されているので、
拡大しすぎるとその点々(ドット)が目立つようになるので。


ペインターと言うソフトも良く聞きます。
以前交流させていただいていたCG作家さんは、
油絵のような作風だったのですが、ペインターを使うと
そのような塗り方ができるそうです。

Photoshopは、私の経験上、さらっとした塗りが
できる気がします。
(もっと手を加えて塗れば、こってりと塗ることももちろん
できると思いますが・・・)

手軽に油絵風に塗りたい場合は、ペインターも良いかも
しれませんね。


というわけで、今日はソフト紹介でした。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ