MEXICANO 縁 JAPON

メキシコ人ルチャドール、スカイデJr.の日常を某日本人が訳すブログです!

あんた、この有様を思う!?

昨日と今日。


ジムへ。

事務員さんからは
「この人よく来るなぁ。」
と思われているのか?

毎回会う人が
「こいついつもいるなぁ。」
と思えば、それは僕も。

僕は背格好の割に、それなりの重量を上げている。
周りから見たら
「なんでそんなに重いのを!?」
となっているのか?

筋トレの後にはストレッチを。
ここでもまた…。
股割りまでするから、やっぱりますます謎が深まるだろう。

そんな僕。


職業、ルチャドール。

サンドウィッチの名前はラッキーサンドとハッピーサンドだった。(2017.1.14の再会)

「来年は一緒にビールを飲もうぜ!」
と言ったら
「もちろんだ、きっと来年また会おう!」
と言って手を合わせたポーズが、未だに昨日の事のよう。
大きな事も小さい事でも、大事な事は大事にしまっている。

大阪での試合が終わった頃にメッセージが来た。
「ごめんよ、とても忙しかったんだ。」
って。
「仕方ないよ、怪我なくツアーを乗り切って帰国してよ。また会おう。」
と返事をしたら、なんと、翌日の早朝に少し会える事になったんだ。

もう、15年は会ってないのに、ホテルのロビーで待ち合わせるとお互い言葉も無く抱き合った。
「今、おまえはスカイデJr.の名前でやってるのか!? 」
「あぁ、そうだよ。君、口髭は剃ったのか?」
って。
彼の姿は、口髭がなくなったくらいで全く変わりなく。
当時一緒に練習してた話や、今の彼の所属団体の話を、短時間だったけど。

彼を見送る為にホテルの前でバスを待ってたら、続々と有名ルチャドール達が。
彼が色々と僕の説明をしてくれたので、みんな『アミーゴ』のように話してくれた。
「お前!朝からビール飲んでんなよ!この野郎!ハッハッハッ!」
と言われたのには、少し照れた。

別れ際、お互いのマスクを交換した。
僕はラゴーシャン製のメキシコカラーのプライベートマスクを。
彼は試合で使ったマスクに、スパンコールを縫い付けたマスクを。

「このマスクはイスラエルが作って、さらにスパンコールを縫い付けたんだなぁ。」
なんて思うと、去年の今頃の気持ちもメキシコにいた時の事も色々思い出して来た…。


ホテルに差し入れたサンドウィッチとパン。
その時の「777円」のレシートと彼のマスクと。
もう去年の話。
来年は会いたいなぁ。
来てくれ!!
けど…
僕もそちらへ行かないとね。

今もあの時も「Ni modo.」。

パレハからの突然のメッセージ。
「Vente!!!」
の一言と画像。
「お?景色か古い友達の写真か?」
と思い開くと…。

行きたい!!
メキシコにはもちろんだけど、ライブも!!!


Enrique Bunburyさんのライブがツーデイズで。
しかも、パラシオ デ ロス デポルテスで。


パラシオ デ ロス デポルテスと言えば、一度行った事がある。
ホルヘ"スカイデ"リベラ親父に
「大きな団体が旗揚げされるから、第一試合のバトルロイヤルに出なさい。最後まで勝ち残ればチャンピオンになれる。」
と、言われて張り切って行った。

大きな会場で、控え室には名だたるルチャドールが大勢いた。
とある選手のスパンコールのマスクを手に取って見せてもらった。
スゴく重くて物スゴく豪華だった。
「Caro?」
と聞いたら、とても優しい笑顔で
「タカイ poquito.」
って片言の日本語で。

試合で最後まで生き残れば初栄冠と思い開始を待ってたら、急に選手全員が集められ代表からの説明…。
旗揚げされる事無く終わった…。

あの時のチャンピオンベルトは、どうなったかな?
それまでトーナメントにもリーグ戦にも出る事がなかった僕。
どうしても、チャンピオンベルトに挑戦してみたかった。
また日本で挑戦出来る機会があれば良いなぁ。


それより、何より!!

『僕はいつメキシコに帰国出来るのか!?』
『いつかEnrique Bunbury、Mana、El Triのライブに行けるのか!?』
と思いつつ…。

と言うものの、当時の仲間や友達、もちろんホルヘ親父に会いたいな。
いつか、みんなに会えますように。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ