今年はF-1が数年ぶりに面白くなりました。
可夢偉がソコソコ速いって事が一番ですが、
なんといってもオーバーテイクの場面が増えました。

カーズやらDRS(可変リアウィング)といった新しい試みは
昔、よろしくメカドックってアニメであったニトロみたいに
一時的にスピードを上げるので、昨年までの
抜くに抜けないレース展開から
抜きつ抜かれつの展開に変わってきました。

去年までだったらスタート〜第一コーナーを過ぎれば
後はF-1大行進を見てる様でした。

それからタイヤの変更も大きいですね。
ブリジストンからピレリに変わりました。

ブリはヘタってからも頑張ってそれなりに走る秀才タイプ。
なので差が出にくいと言うか、計算しやすい。

ピレは良い時は良いが、悪いときはとことんまで悪くなる天才?タイプ。
へたると1LP数秒単位でタイムが落ちるので、
タイヤ戦略、使い方によっては坂道を転がり落ちる様に
順位を下げる事にになります。


実は開幕前、今年のレギュレーションは分かり難いな、
なんかレースをいじろうとしてるみたいで嫌だなって思ってたんですが、
まさかの嬉しい誤算でした。