SKE48とエアバスA380超絶推し男のblog

大阪府北部の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。がんばろう大阪!

月日が経つのは早いもので、2011年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から9年を迎えました。
行方不明者や関連死も含めると24,585名の尊い生命が奪われ、また地震の被害により引き起こされた福島第一原子力発電所事故により福島県相双地方の一部区域が警戒区域に指定されるなど、未曾有の被害が出たのは記憶に新しいところかと存じます。

あれから時は過ぎ、コロナウイルス感染症による影響こそ心配されるものの、復興のシンボルとして招致した東京オリンピック・パラリンピックの開催が今夏に迫っているほか、被害を受けた鉄道路線のなかで最後まで(注)不通だった常磐線富岡~浪江間が昨日2020年3月14日(土)のダイヤ改正とともに運転を再開するなど、復興への歩みは着実に進んでいるといえます。
(注)BRT化されたうえ、鉄道路線としては廃止が決定した気仙沼線柳津~気仙沼間、大船渡線気仙沼~盛間を除く。

しかし、富岡~浪江間の沿線には今なお放射線量の高い帰還困難区域が残っており、慣れ親しんだ故郷に帰りたくても帰れない人が数多くいる状況です。また、原発事故の影響のなかった宮城県や岩手県の沿岸部でも、今なおあちこちに津波の爪痕が残っています。

完全な復興はまだまだ遠い道というわけですが、今日はそんな被災地の鉄道を支援するべく、関西のとある私鉄が始めた取り組みをご紹介します。


叡山電鉄は、京都市左京区内に叡山本線(出町柳~八瀬比叡山口間)と鞍馬線(宝ヶ池~鞍馬間)の2路線を運行する京阪電鉄グループの地方私鉄です。
沿線に比叡山や鞍馬寺など、風光明媚な観光地を多く有するため、国内外の観光客に親しまれている同社ですが、去る2019年3月31日(日)よりデオ710形電車のうちデオ712号を三陸鉄道の気動車と同じ塗装に塗り替えて運用しています。

もともと叡山電鉄と三陸鉄道は、2009年の叡山電鉄のイベントに三陸鉄道が協力したという縁をきっかけに連携関係を築いており、以来10年近くにわたり共同でのフォトコンテスト実施や災害時の義援金などさまざまな形でのやり取りがありました。
そして2019年3月23日(土)、三陸鉄道が東日本大震災で不通になっていた旧JR東日本山田線の宮古~釜石間の経営を承継、従来の北リアス線・南リアス線と合わせた久慈~盛間を「リアス線」として一体運営するようになったことをお祝いすべく、東日本大震災の復興支援や三陸鉄道のPRといった意味合いを込めて、三陸鉄道塗装のデオ712号の営業運転が開始されることになった次第です。

2月某日、宝ヶ池駅に到着したデオ712号の出町柳行き。
叡山電鉄の全路線で運用されるデオ710形ですが、この日昼間のデオ712号は叡山本線・鞍馬線の出町柳~二軒茶屋間の折り返し運用に就いていました。
IMG_9436
IMG_9439
【参考】三陸鉄道の36-200形気動車36-205号(2010年撮影)
この36-205号は東日本大震災の際、盛駅構内で浸水の被害を受け廃車となりました。
IMG_2464
デオ712号に掲出されたヘッドマーク。
「がんばれ!三陸鉄道」の文字と、三陸鉄道沿線の漁港をイメージした大漁旗、両社の看板車輌である叡山電鉄デオ900系「きらら」と三陸鉄道36-700形があしらわれていました。
IMG_9438
三陸鉄道塗装のデオ712号ですが、当初は2019年3月31日~2020年3月までの1年間の期間限定だったところ、運行期間が2020年9月まで延長されることになりました。

叡山電鉄では毎年6~9月、沿線の鞍馬山が源義経ゆかりの地であることから、鞍馬駅や電車内に同じく源義経に縁のある岩手県特産の南部風鈴を飾り付けるイベント「悠久の風」を実施していますが、2019年の「悠久の風」では岩手県のローカル線である三陸鉄道の塗装を纏ったデオ712号の車内に風鈴が飾られたといいます。

ところで、映画界では東日本大震災から9年を前に、諏訪敦彦さん監督・モトーラ世理奈さん主演の最新作「風の電話」がにわかに話題になりました。
この映画の舞台は、三陸鉄道リアス線沿線の浪板海岸(岩手県上閉伊郡大槌町)にある、震災の遺族が犠牲になった大切な人へのメッセージを伝えるための電話ボックス型モニュメント「風の電話」です。
奇しくも時を同じくして三陸鉄道の塗装を纏うことになったデオ712号には、被災地から離れた洛北の地で「風の電話」になり、乗り合わせた人たちにもう会うことのできない大切な人へのメッセージを届けてくれる存在であって欲しいと思うところです。

長くなりましたが、東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、大槌町をはじめとする被災地に一日も早く真の復興が訪れることを願います。
そして、源義経や両社の関係者が取り持った叡山電鉄と三陸鉄道の連携が今後さらに深いものとなり、京都と岩手県双方を強く結びつけることを期待しつつ結びとさせていただきます。
IMG_20180310_0008
IMG_20180310_0007

昨年2019年3月16日のJRグループダイヤ改正では、全国各地で車輌や列車の新旧交代が見られたわけですが、これに合わせる形でJR西日本の和歌山・奈良エリアのローカル列車にも久々の新型車輌がお目見えしました。

JR西日本は和歌山線・桜井線及び紀勢本線和歌山市~紀伊田辺間で使用している国鉄型車輌を置き換えるため、広島エリアで運用している227系に改良を加えた227系1000番台を吹田総合車両所日根野支所新在家派出所に配置し、2019年3月16日ダイヤ改正より運用を開始しました。

和歌山線橋本駅にて
IMG_4431
広島エリアの227系0番台が転換クロスシートを装備しているのに対し、和歌山・奈良エリアの227系1000番台は前任の吹田総合車両所日根野支所新在家派出所所属105系と同じオールロングシートを採用しています。
IMG_4387
側面の種別・行先表示器についても、227系0番台同様フルカラーLEDのものが採用されました。
関西エリアの利用者には323系、225系5100番台、同100番台でもお馴染みのアイテムです。
IMG_4321
乗降用ドアは、半自動機能付きとなっています。
IMG_4413
和歌山線・桜井線に最新型の電車が入るのはおそらく史上初めてとあり、227系1000番台の導入にあたっては主要駅で大々的な広告キャンペーンが張られました。
写真は和歌山駅にて撮影
IMG_4845
また、それまで活躍してきた105系4扉車、117系といった車輌に半自動ドアが装備されていなかったため、半自動ドアの使用方法についての説明も各駅に掲示されました。
高田駅にて
IMG_5175
105系の車内にも、227系1000番台の導入を告知する広告が掲出されました。
IMG_4356
ちなみに現在、和歌山線の和歌山~五条間ではICカードの利用が不可となっていますが、2020年3月14日からは同区間においても車載端末を介してのICカードの利用が解禁されることになっており、227系1000番台のドア横にはカバーを掛けられた状態の車載端末が準備されていました。
IMG_4393
この227系1000番台の導入に伴い、和歌山線・紀勢本線(和歌山~紀伊田辺間)で運用されていた日根野電車区所属の117系、和歌山線・紀勢本線(和歌山~紀伊田辺間)・桜井線で運用されていた105系4扉車は順次置き換えられることとなり、まずは117系が2019年3月15日限りで引退、残る105系4扉車についても2019年9月29日までに順次運用から退くことになりました。
2019年3月16日ダイヤ改正から同年9月29日まで目にすることのできた、227系1000番台と105系4扉車の並び。
粉河駅にて
IMG_4404
この105系4扉車ですが、もともとは1984年の奈良線・和歌山線五条~和歌山間・紀勢本線和歌山市~和歌山間電化に合わせて、それまで首都圏の常磐緩行線で使用されていた営団地下鉄(現東京メトロ)千代田線乗り入れ用の103系0番台・1000番台(製造初年1970年)を改造のうえ105系に編入した車輌でした。
代々木上原駅停車中の103系1000番台
(1980年代に私の義父が撮影)
IMG_20191003_0002
改造当初の105系ですが、古社寺の多い沿線に因んでかクリーム色に赤帯の塗装で登場、「春日色」の電車として20数年にわたり親しまれることになりました。
もともと新車として製造され、1981年に宇部・小野田・福塩線に投入された105系0番台とは側面扉の枚数や前面形状に大きな差異がありました。
【側面扉】
105系0番台・・・片側3ヶ所、103系からの編入車・・・片側4ヶ所
【前面形状】
105系0番台・・・同時期に製造された103系1000番台(福岡市営地下鉄直通用)と共通
103系からの編入車・・・103系1000番台そのままの先頭車と、0番台に準じた形状の運転台を設置した中間車からの改造先頭車が存在。

写真は種車である103系1000番台そのままの前面形状で活躍していた編成。
2019年の引退まで、「地下鉄顔」の愛称で親しまれました。
IMG_20171002_0014
こちらは紀伊田辺駅で撮影した、中間車改造の先頭車を繋いだ編成。
2001~2004年頃は、当時まだトイレの設備がなかった105系4扉車が紀勢本線紀伊田辺~新宮間の長距離普通列車の運用で活躍していました。トイレなしオールロングシートの元地下鉄直通用電車で行く紀伊半島の鈍行旅行も、今となっては良い思い出です。
IMG_20180105_0011
103系からの改造から35年。
この間、運用線区並びに区間の変更、さらには2009~2016年にかけて実施された塗色変更(「春日色」→和歌山地区地域統一色(青緑色))など幾多の変化がありましたが、4扉の105系は通勤通学の足として、青春18きっぷ利用の鈍行旅行者の足として、幅広く活躍を続けてきました。

「地下鉄顔」のクハ105-3を先頭にしたSW013編成。
橋本駅にて
IMG_5295
105系の4扉車には、種車である103系から引き継いだ戸袋窓を存置した編成が多かったのですが、こちらのSW003編成のように延命工事で戸袋窓を塞いだ車輌も少数ながらありました。
IMG_4856
和歌山駅での紀勢本線、橋本駅での南海高野線との並びも良い絵になっていたと思います。
IMG_6506
IMG_4858
IMG_5407
IMG_5408
105系4扉車の妻面には、国鉄103系として製造された証である製造会社・製造年入りの銘板、そして103系から105系に改造された証である改造工場・改造年入りの銘板が貼り付けられており、波乱万丈の履歴を現代に語り継いでいました。
クモハ105-510(旧モハ103-1024)
IMG_4502
クハ104-508(旧モハ102-1011)
IMG_4337
ところで、和歌山線岩出駅では2020年3月竣工をめどにバリアフリー化工事を実施していますが、この告知ポスターにも105系の写真が使用されていました。
言うまでもないことですが、この工事が竣工する頃には同線から105系の姿は消えている予定です。
IMG_4370
今回の和歌山線・桜井線の車輌置き換えにより、JR西日本の和歌山エリアから105系は完全に消えたと思いきや、実はそうではありません。
紀勢本線の紀伊田辺~新宮間では、岡山電車区から転属した105系3扉車が運用されています。
こちらは製造初年1981年と、105系4扉車よりは比較的新しく、なおかつ大規模なリニューアル工事を受けているためしばらくは安泰と思われます。
また、この3扉車が検査入りしている時は、105系4扉車のうち稼動状態で残された集中冷房装置搭載編成が代走することになっており、運が良ければ和歌山県南部で名車103系1000番台の生き残り・105系4扉車を目にすることができるはずです。
IMG_2294
奈良線・和歌山線五条~和歌山間・紀勢本線和歌山市~和歌山間の電化から35年間地道に走り続け、2019年10月26日のさよなら運転を最後に和歌山線・桜井線から完全撤退した105系4扉車。
その活躍は決して派手ではありませんでしたが、デビューから10数年間首都圏の通勤路線で活躍、残りの35年間近畿地方のローカル線で地域の生活を支えた仕事ぶりは永遠に記憶されてしかるべきかと思います。長くなりましたが、105系4扉車、長きに渡る首都圏と関西での活躍お疲れ様でした。

さて、105系4扉車に続き、2020年3月14日のダイヤ改正では阪和線・紀勢本線の日根野~紀伊田辺間で余生を送る吹田総合車両所日根野支所の113系も227系1000番台に置き換えられることが決定しています。
こちらについても後日記事を起こそうと思いますので、しばしお待ちのほどよろしくお願いします。
IMG_2296

昨年2019年は、JALグループの国内線の機材構成に大きな変化があった年ですが、子会社の日本エアコミューター(以下JAC)でも大きな動きがありました。

JACでは2017年より新鋭ターボプロップ機のATR42-600(下の写真)とその大型版であるATR72-600を相次いで導入してきましたが、このほど両機種の頭数が揃ったため、それまで活躍してきたボンバルディアDHC-8-Q400とSAAB340Bは相次いで全機退役という運びになりました。
IMG_5222
(参考)JACに先駆け、2016年に就航した天草エアラインのATR42-600(機体番号JA01AM)
JACのATR42-600の一部は天草エアラインとの共通事業機材となっており、JA01AM号機が長期メンテナンスに入っている間はこれらの共通事業機材が天草エアラインからJACに貸し出されるようになっています。
IMG_5000
まず最初に退役を迎えたのがボンバルディアDHC-8-Q400。
創業間もない頃から長らく運航されてきた日本航空機製造YS-11の置き換え用として、2002年から2007年にかけて計11機が導入され、導入当初に幾度かあったトラブルを克服しつつ、10年以上にわたりJACの高需要路線を支えてきた功労機でした。
ラストフライトとなったのは2019年11月30日の沖永良部発鹿児島行きJC3808便で、使用機材はJA851C号機でした。
写真は現行塗装の一代前、通称「アーク塗装」を纏っていた頃のボンバルディアDHC-8-Q400(機体番号JA849C)
2016年 大阪国際(伊丹)空港にて
IMG_5008
JACのボンバルディアDHC-8-Q400ですが、2002年のデビュー当初はもともとの親会社であった日本エアシステム(JAS)(現在はJALに合併)の流れを汲む旧標準塗装を纏っていました。
この塗装デザインは人気が高かったこともあり、JASとJALの合併後も一部の機体に残され、なかでもJA842C号機は2017年の退役までこの塗装を維持していました。
2016年 鹿児島空港にて
IMG_1844
2004年 松山空港にて
IMG_20180628_0006
ところで私管理人は、ANAのボンバルディアDHC-8-Q400にお世話になった機会は数あれど、JACのボンバルディアDHC-8-Q400に搭乗することはついぞ一度もありませんでした。
もっともただ一度だけ、2010年3月6日の大阪(伊丹)発松本行きJAL2271便というチャンスがあるにはあったのですが、当該フライトは松本空港付近の悪天候が原因で欠航となり、結果としてJACのボンバルディアDHC-8-Q400への搭乗は幻となってしまいました。
写真はその時搭乗予定だったJA849C号機。
IMG_8189
ちなみに現在、関西と松本の間では、フジドリームエアラインズ(FDA)が神戸~松本線を運航しています。
同路線はJALとのコードシェア便となっており、「JAL便で信州に行く」という10年前達成寸前で叶えられなかった宿願を今年こそ成し遂げることができればと思っているところです。

そして、ボンバルディアDHC-8-Q400の後を追うように、もう一つの主力機材だったSAAB340Bも2019年12月20日を以て退役することになっていました。
ラストフライトとなる予定だったのは、同日の喜界島発鹿児島行きJC3784便。JA8703号機が大役を担いました。

大阪国際空港で撮影した現行塗装のJAC・SAAB340B。
IMG_0276
JACのSAAB340Bには、私も2015年4月30日に大阪(伊丹)発但馬行きのJC2321便でお世話になっています。
この日の搭乗機はJA8900号機。
この機体は2019年6月の退役まで「アーク塗装」を維持し、JALグループに最後まで残った「アーク塗装機」として親しまれました。
なお、JACがSAAB340Bの初号機を導入したのは1992年のことで、当時の機体塗装は先述のボンバルディアDHC-8-Q400や日本航空機製造YS-11と同様親会社のJASに準じた旧標準色でした。
IMG_6570
IMG_6548
IMG_6512
IMG_6561
なお、大阪(伊丹)~但馬線でのSAAB340Bの運用は、SAAB340Bの全機退役より一足早く、2018年5月6日限りで終了しています。翌日から同路線には、ATR42-600が就航しました。
IMG_9662
惜しまれつつJACでの27年間の活躍にピリオドを打ったかに見えたSAAB340Bですが、直後にひと波乱が待っていました。
年が明けた2020年1月8日、喜界島発奄美大島行きJC3830便(ATR42-600・機体番号JA07JC)が奄美空港で強風に煽られて滑走路を逸脱する事故に遭遇、当該機の修復が完了するまで機体が不足するため急遽売却待ちで白一色に塗り替えられていたSAAB340Bが再登板する事態となりました。

このほか、JALグループには北海道内のローカル路線を運航する子会社・北海道エアシステム(以下HAC)が存在。同社もSAAB340B-WTを3機運用しており、2020年から順次JACとの共通事業機材であるATR42-600への置換えが始まる予定となってはいるものの、まだしばらくは元気な姿が見られそうです。

JASグループの、そして新生JALグループの離島路線、ローカル線を担う名バイプレーヤーとして活躍してきたJAC。
平成時代の同社を率いた主力機の退役には一抹の寂しさを感じますが、後継となるATR42-600・ATR72-600がその思いを受け継いで安全に飛び続けてくれることを願って結びとさせていただきます。

↑このページのトップヘ