菊名から乗車した東京メトロ10000系の特急元町・中華街行きを、終点元町・中華街で下車しました。
IMG_7599


















2004年2月1日、それまでの桜木町駅に代わり東急東横線の事実上の西のターミナルとなった横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅。それから9年を経て、都内を抜けて埼玉まで続く長大私鉄路線の始発駅にまで出世しました。
IMG_7622


















改札口を抜けたところには、有名パン店・㈱神戸屋の社長からの花輪と、地元商工会のお祝い幕が。
IMG_7624IMG_7625




















































とりあえず、10時49分発の特急飯能行きに乗ってみることにします。
どこまで乗るのか?そらもちろん終点までに決まってます。(笑)
IMG_7623


















西武6000系が来るのか、はたまた東急5050系4000番台が来るのか。
そんな私の期待をよそに、やって来たのは、先ほども乗車した東京メトロ10000系でした。
IMG_7626


















東京メトロ10000系の特急飯能行き。
IMG_7637

































IMG_7635


















側面の行先表示は「種別・行先」「渋谷・池袋方面 副都心線内種別」「号車」を交互に表示していました。
IMG_7634


















昼間時間帯の東急東横線では特急が10両編成、急行、各停が8両編成で運転されています。
IMG_7633


















ホーム据え付けの時刻表。昨日までは東横線内の駅で折り返す電車ばかりが発着していた元町・中華街駅に、気が付けば東急東横線、東京メトロ副都心線、西武池袋線、東武東上線合わせて18種類の行き先の電車が乗り入れるようになりました。鉄道ファン、特に関東私鉄ファンや行先表示マニアにとっては楽園なのでしょうけど、一般の利用者にとっては混乱の種になるような気がします。
IMG_7630IMG_7631




















































停車駅案内図は、小竹向原から先の西武池袋線、和光市から先の東武東上線の停車駅が書かれていないため、シンプルな意匠でした。
IMG_7629

































いよいよ、夢にまで見た「元町・中華街発飯能行き」の特急電車の旅が始まります。
IMG_7639


















今回の直通運転では、たとえば「横浜高速鉄道みなとみらい線・東急東横線内特急 東京メトロ副都心線内急行 西武池袋線内快速急行」といった感じで、途中駅で種別を変える列車が数多く設定されました。
そのため、車内の液晶モニターでもこのような表示を出して注意を促しています。
IMG_7641


















横浜発車の時点で空席が目立った車内でしたが、菊名で各停や横浜線からの乗り換え客が乗りこむと、立ち客が出るほどの混雑になりました。
東横線内最後の停車駅である中目黒を発車した特急渋谷行きは、代官山駅構内から急な下り坂に入り、3日前まで東京メトロ副都心線だけの渋谷駅だった真新しい地下駅のホームに滑り込みました。
IMG_7643


















東京っ子にとって思い入れの深い高架の渋谷駅は、今どうなっているのだろうか。
一鉄道ファンの郷愁をよそに、元町・中華街から乗車している「特急飯能行き」は「急行飯能行き」に種別変更し、明治通りの地下を北に進みます。ちなみに東京メトロ副都心線内の急行停車駅は新宿三丁目と池袋のみ、名前こそ急行ですが、停車駅だけ見る限りは事実上の特急みたいなもののように思います。
IMG_7644


















(続く)