Skeltia_vergber on the Web

「君が遠くにいるから/僕の眼差しは僕のところに帰ってくる。」クリスティーヌ ビュシ=グリュックスマン『見ることの狂気』より

ご案内

『恋空』 on CSF

今月初めから、主にmixiにて『恋空』を含めてケータイ小説についてあれこれ書いていたのですが。
どういうキャスティングで選ばれたのかはよくわからないまま、年末の研究会で「話題提供者」として登壇することになりました。
以下、五十嵐さんからの案内文です。

CSF12月例会  「ケータイ小説」の「└|了」レ」とは何か

日時:12月29日(土) 15:00〜
会場:武蔵大学で調整中(決まり次第詳細を流します)→武蔵大学7号館社会学部実習室3(7309教室)
武蔵大学へのアクセスは以下のURLをご参照ください;
http://www.musashi.ac.jp/modules/annai_kouhou/index.php?content_id=9

企画趣旨:
2007年の書籍のベストセラーが発表され「ケータイ小説」の書籍化が文芸部門のベスト3を独占、またベスト10でも5作品がランクインしたことが話題を呼んでいる。その中でも最大のヒット作である『恋空』は映画化され、こちらも大ヒット上映中だ。その新しい表現スタイルの可能性をむやみに称揚する向きがある一方で、「若い女性の体験談」として綴られることの多い「ケータイ小説」の文体の稚拙さは批判の的になり、俗流若者論や「学力低下論」と結びつきながら、ネット上のレビューページは罵倒の言葉で大荒れとなる。しかしそうした不毛な「大人」の議論とはかけ離れたどこかのリアル/ヴァーチャルな空間で、「ケータイ小説」は女子を中心とした数多くの若者たちに、圧倒的な「リアルな共感」を呼んでいる。
この「ケータイ小説」というサブカルチャーがなぜ現代においてかくも無視し得ない形で浮上しているのか。本研究会では、若者向け「物語」の系譜、作家性と主体、消費と流通、都市と地方、ジェンダー、コミュニケーション論、メディア論などの観点から、肩のこらないざっくばらんな形式で自由に議論していきたいと思っている。研究会には、少なくとも『恋空』を何らかの形で読了した上で臨んでいただければ幸いである。

(文:五十嵐泰正)

話題提供者
桑江友博(武蔵大学総合研究所奨励研究員)
山本太郎(フリー)

必読文献
美嘉『恋空 <上>』『恋空 <下>』スターツ出版、2006年
(なお『恋空』は、魔法のiランド「美嘉のホームページ」で無料で閲覧できますので
、以下のサイトから「ケータイ」で一読されることをお勧めします。〈http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=hidamari_book〉)

参考文献
座談会「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文学界』2008年1月号

さて、30分頂いたので、何を喋ろうかな。
いろいろ考えることはあるのですが、ポイントを絞っていきたいなぁ。
まったく構想は浮かんでいない。
ということで、いまさらながら「ケータイ」で『恋空』を読み直し中。
全部読むのにパケット代がいくらになるんだろうか?
なお参考文献に上がっている座談会は金曜日に読みました。
文学界 2008年 01月号 [雑誌]

永沢光雄 on 『神様のプレゼント』

もう永沢光雄氏が亡くなって一年なのか。
see:<訃報>永沢光雄さん(拙blog 2006年11月3日付エントリー)
以下、『産経新聞』の2007年11月5日の記事(前編)2007年11月5日の記事(後編)より;
永沢光雄さん1周忌「神様のプレゼント」出版
■息子の思い、母が形に 手記130枚、少年時代の小説も

 昨年11月1日にアルコールによる肝機能不全で亡くなった作家、永沢光雄さんの1周忌に合わせて『神様のプレゼント』(産経新聞出版・1500円)が刊行された。永沢さんが本紙に連載したエッセー「生老病死」と、永沢さんの母、昌子さんの書いた「光雄の思い出」を柱に編集されたものだ。

 インタビューの名手とうたわれた永沢さんは、平成14年に下咽頭(いんとう)がんのため声帯を切除するという悲運に見舞われた。しかし、子供のころから小説を書きたいと思い続けていた永沢さんは《これからは小説に専念するようにと、神様から与えられたプレゼント》と、がんを受け止め、術後も肉体を襲う痛苦にさいなまれながら、雑誌やPR誌に短編小説を書き続けた。平成17年7月3日から翌18年11月3日まで本紙に連載された「生老病死」では、病とアルコールを友とした日常をユーモアを失わず透明な文章でつづり、大きな反響を呼んだ。

 「生老病死」の連載と『神様のプレゼント』の出版に深くかかわった者として、そのいきさつをここに書き残しておきたい。

                 ◆◇◆

 「生老病死」は、すべて合わせても400字詰め原稿用紙で100枚足らずの分量しかなかった。1冊にまとめるには、少なくともあと100枚分の原稿が必要だった。そのことを通夜の席で妻の恵さんにポツリと漏らしたのが、『神様のプレゼント』の出発点となった。

 なすすべもなく半年が過ぎたころ、分厚い紙包みが筆者の手元に送られてきた。送り主は永沢さんの母、昌子さん。

 添えられた手紙には、「通夜の席で原稿が足りないというお話を耳にして、それならば自分が光雄の思いでを書いてみようと筆をとりました。使えるものなら使ってください」とあった。
手記は400字詰め原稿用紙にワープロで印字され、その枚数は130枚。息子の絶筆となった連載を絶対に本にしたいという思いが、70代半ばの母を突き動かしたのだ。昌子さんの手記はこう始まる。

 《「お母さん、光雄さんが亡くなったの!」/受話器を耳にあてると、恵さんの泣きながら叫ぶような声が飛び込んできた。/二〇〇六年十一月一日十二時二十分のことだった》

 そこには息子を愛する母の心情が達意の文章でつづられていた。すぐに昌子さんに「これで本ができそうです」とお礼の電話をした。

 しばらくすると、再び分厚い紙包みが送られてきた。中身は永沢さんが小中高そして予備校時代に書いた文章であった。昌子さんは息子の書いたものを可能な限り保管していたのだ。その中には中1で書いた「老人」、中2で書いた「自画像」という大人びた短編小説も含まれていた。それは永沢光雄という作家を理解するうえで、きわめて貴重な資料でもあった。

 こうして、1章は「生老病死」、2章は昌子さんが保管していた文章を取捨選択した「遠い足音」、3章は昌子さんの手記「光雄の思い出」という大まかな章立てが出来上がり、これに妻の恵さんに手記を寄せてもらうことで、『神様のプレゼント』は完成した。

 恵さんはこうつづった。

 《私たち夫婦は楽しみながら、苦しみながら酒を飲んできました。私たちにとって酒は必須のアイテムなんです。最終的には酒で死ぬと、永沢も感じていたと思います。私もあえて反対はしませんでした。それは永沢の決めた人生だから。(略)永沢はお酒で死にましたが、だからこそ最後まで好きな原稿を書き続けることができたのだと思います。永沢との十四年、本当に楽しかった》(桑原聡)

神様のプレゼント 永沢光雄・生きた 書いた 飲んだ

この本も近いうちに手にとって読みたいです。

荒木飛呂彦 on 『ユリイカ』

荒木飛呂彦ユリイカ現在では、フリーター研究やケア研究にて精力的に論攷を発表されている杉田俊介氏のblog(いちヘルパーの小規模な日常)にて知る;

荒木飛呂彦 - 青土社
これは絶対買います。
それにしてもこの雑誌の紹介文が愛に満ちている。
 2007年現在、100巻になんなんとする荒木飛呂彦の大河連載『ジョジョの奇妙な冒険』は、スタンドをはじめとする独創的なイマジネーション、それを完璧に定着する圧倒的な描写力、緻密なプロット、特異にして必然的というほかない擬音、そして何よりもいかなる絶望的な状況においても、奇跡や魔法にすがらずあくまでも自分(たち)の理知と勇気を以って事態を打開していく骨太の 「人間賛歌」として、90年代以降のマンガ・小説・ゲーム・映画 etc.に多大な影響を及ぼしている。
 他の何よりもカルト的な奇想を横溢させながらも、他の何よりもポップな人気を勝ち得ている荒木飛呂彦のマンガは、確実に日本のマンガ文化が生んだ最高の表現の一つであり、未来の漫画史において手塚治虫や藤子不二雄と肩を並べるであろうことは疑いえない。マンガ界に 「天才」は数多くいれども、その彼らすらもが一致して 「天才」 と賞するのはおそらく荒木飛呂彦をおいて他には存在しないだろう。
 同時代に生まれたことを感謝せずにはいられない、唯一にして無二の才能の約30年に亘る仕事の全貌をいまここに明らかにする!

また荒木作品について、本blogで言及しているのはいくつかあるが、とくには、荒木飛呂彦 on "Cell"を。

『聴かれた女』DVD発売記念イベント!

2007年3月に東中野にあるポレポレ座東中野にて観賞した、山本政志監督『聴かれた女』について、某SNS内の「聴かれた女」コミュニティ管理人である「蕎麦屋の娘」さんから、DVD発売記念のイベントが8月最終週の週末に開催される旨の案内をいただきましたので、こちらにも転送したいと思います。

なおワタシの(ダラダラ長い)観賞記録はこちら;
http://blog.livedoor.jp/skeltia_vergber/archives/50294806.html

以下、コミュニティ管理人さんからのご案内;
こんにちは。
「聴かれた女」コミュの管理人、蕎麦屋の娘と申します。m(_ _)m

劇場上映には多くの皆様にご来場頂き、ありがとうございました!
東京から沖縄まで全国を駆け巡った「聴かれた女」がこの度、DVDで発売しました!
発売を記念し、東京・大阪でインストアイベントを開催しています。
8月25日のイベントには、山本政志監督と蒼井そらさんが出演!
絶妙トークが再び?!
観覧フリーですので、是非お越し下さい!


開催日時:8月25日(土) 15:00〜
出演:山本政志監督&蒼井そらさん
会場:HMV 渋谷店
URL:http://www.hmv.co.jp/st/event.asp

開催日時:8月26日(日) 15:00〜
出演:蒼井そらさん
会場:タワーレコード梅田NU茶屋町店
URL:http://www.towerrecords.jp/store/store96.html


発売中のDVDでは、劇場公開時にプレミア上映した「聴かれた女」のアナザーストーリー「聴かれた女の見られた夜」も収録。さらに山本監督の発案で、2つの世界を自在に切り替えられる世界初シーンスイッチ機能を搭載!また、特典ディスクでは、あの日の舞台挨拶やトークイベントの模様も!他にも特典満載です!!

詳しくは http://www.kikaretaonna.com/
Twitterやっています。
livedoor プロフィール

Skeltia_vergber

東京10区の住宅地に在住。
酔いどれ日曜社会学者。普段は某飲食会社のアルバイト。
博士課程は無事に退学しました。
さてさてこれからどうなることやら。

このBlogでは、フィールドノーツもどきやら、読書ノートやら、気になったニュースをつらつらと書いています。

趣味:映画、読書、飲酒、喫煙、自転車で都市徘徊、Pascoのパンと生姜の活用法を模索すること。
お断り:頂いたコメントとトラックバックは一度下書き状態になり、管理者の私が確認してから反映される設定にしてあります。よろしくお願いします。

お願い:トラックバックをお送りになる際にコメント欄に一言ご挨拶頂けると嬉しいです。またコメントでもトラックバックでもエントリーの内容とはかけ離れた内容、また広告や勧誘などに関しては事前に連絡なく削除することがあります。ご了承ください。
LinkやBookmarkの登録はご自由に。というかエントリー長すぎで読んでいるのか不安。ちなみに私は読むの辛いです(-_-;)

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ArcHIveS
reCenT ComMeNtS
なかのひと
忍者Tools
QRコード
QRコード