カテゴリ:

 ちまたの予想によれば、鹿島は優勝候補筆頭とされている。また、昨シーズンはアウェーで圧倒的な強さを発揮したチームでもあり、今季はすでにACLで2試合も揉まれている。先方には今季のJで注目度最大の出戻り選手もいる。普通に考えれば、今季我々がアイスタに迎える敵の中では一番手強いはずで、今日がシーズン最初の(そして新監督の下での最初の)公式戦であるうちにとっちゃあ、いきなりラスボスが乗り込んできたようなものだろう。

 そうした諸々のことを考えれば、開幕戦のスコアレスドロー、まあ悪くはないんじゃないのか。もちろん、前半押し気味で、PKまで獲得したことを考えれば、上手くやれば勝てたことは事実である。しかし、後半一転して劣勢にになり、下手をしたら負けた試合だったことも否定できない。トータルで見れば、引き分けは妥当と言え、ヨンソン清水の船出としては、無難ではあった。細かい話はまた明日以降。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

カテゴリ:

 当S研では、2017シーズンの開幕前に、「J1のクラブがJ2に降格するには、大別して、3つくらいのパターンがある」というお話を披露したことがある。そのお話を、以下にちょっと復刻してみよう。

 1.戦力不足型。地方のクラブなどで、予算が足りず、「誰がどう見ても降格は仕方のない結果だろう」と言わざるをえないケース。かつての山形さん、徳島さんあたりが典型例であり、2016年で言えば福岡さんや湘南さんがそうだった(湘南は元々タレントは揃っていたのだが、引き抜きに合って、戦力ダウンしたケース)。一方、このケースに当てはまりそうで、ここ何年もギリギリのところで踏み止まっているのが、甲府さんということになる。ちなみに、山形時代の小林伸二監督は、予算・戦力的にはこれに該当しそうなところ、その手腕でJ1残留を実現したとして、高く評価されていたわけである(ただ、そういう崖っぷち残留は、そう何年も続くものではない)。

 2.大崩壊型。2016年の名古屋さんが典型例であり、2015年の清水、かつてのガンバさんなどが当てはまる。予算・タレント的には一定水準を満たしているのに、監督の人選やそのタイミングなど、明らかにクラブのマネージメントのミスにより迷走し、陥落するケース。レジェンドのOB監督みたいのは特に危険であり、「ナントカ革命」みたいなのも危険をはらんでいる。崩壊の過程では数多くのゴシップも噴出し、部外者にとっては蜜の味。2017年シーズンに向け、現在絶賛「大崩壊」を予感させているのがマリノスさんであり、もし仮にそうなれば降格を経験していないオリ10はいよいよ鹿島1チームだけということになるが、果たして?

 3.モヤモヤ型。実は、これが一番厄介である。ある程度戦力も整っていて、試合内容もそれほど悪いようには思えないのに、肝心なところで失点したりしてなぜか勝てず、首をかしげているうちに落ちてしまうというパターン。私見によれば、磐田さんや、FC東京さんが落ちた時なんかが、これに該当する。誰が見ても明らかな「大崩壊」を起こしているわけではないので、建て直しは可能であるように思われ、現状維持を続けているうちに、いつしか取り返しがつかないことになってしまうという怖いケースだ。

 言い換えれば、この3パターンのいずれにも当てはまらなければ、残留は可能というのが、所長の持論である。

 以上が、所長が見るところの、J2降格の3パターンである。2017年シーズンが終わってみて、新潟さんおよび甲府さんは1、大宮さんは2だったのかな、という気がしている。広島さんは、3になりかけたが、ギリギリのところで踏み止まった、という印象だ。(以上、失礼な話なので、オールさん付けでお届けしました。)

 ところで、もしも小林清水が陥落していたら、どれに当てはまっただろうか? 正直、「このパターンだった」と、スッキリ当てはまる感じがしない。しいて言えば、上掲の様々な要因が微妙に重なり合った「複合型」だったのかなという気がする。戦力的には中途半端で、チームの方向性が迷走し、モヤモヤしているうちに降格危機に陥ったと、そんな印象である。

 でもまあ、生き残ったわけだ。だから、上記の3パターンのいずれかにどっぷりはまらなければ、降格はしないということが、逆説的に証明されたとも言える。

 2018シーズン、ちまたの順位予想だの戦力分析を見ると、清水についての評価は総じて芳しくないようである。確かに、この戦力で躍進できるかと言えば、厳しい評価をされるのは仕方がない。しかし、降格というのは、また違う次元の問題だろうと思うのである。低迷したチームが降格するのではなく、崩壊したり迷走したりするチームが降格するのである。希望的観測だけど、崩壊、迷走はしないんじゃないかな、ヨンソン清水は。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

カテゴリ:

 開幕戦のチケットが完売したそうで、それは当然喜ばしいことだが、過剰な席とりをする人がいて、せっかく入場したのに座れない人が出たりするのはまことに残念なことである。過剰な席とりに関しては、場内のアナウンスで注意が呼びかけられているものの、ルーティーン化しており、あまり効果があるようには思えない。

 そこで所長は思うのだが、たとえば、試合開始前に、清水のプレーヤーに大型スクリーンに登場してもらい(むろん事前に録画しておく)、「サポーターの皆さん、どうか1人でも多くのお客様が座れるように、席を詰めてお座りください。座席に荷物を置かないでください。1人でも多くのサポーターが快適に観戦できることが、僕たちの力になります」とでもメッセージを発してもらったらどうか。スタジアムDJが「詰めてください」と言っても効果がなくても、たとえば北川航也に大型スクリーンからそのようにお願いされたら、さすがの過剰席とり連中も自分の行為が恥ずかしくなり、詰めて座るのではないか。つーか、選手にそこまで言われて、それでも動かないとしたら、そんなやつはそもそもクラブ愛も何も関係ない、単なる馬鹿者である。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

久米一正研究

カテゴリ:
41fdvNtl4OL

 シーズン開幕直前だけど、個人的に特別な情報も持っていないので、ブログのネタに窮している。だからというわけでもないのだが、今般エスパルスに復帰しGMに就任した久米さんが昔書いた本を読んでみた。久米一正『人を束ねる(幻冬舎新書)』(2012年)という本である。

 まあ、これを読んで、人物像はだいたい分かった気がする。Jリーグでは、アントラーズの鈴木満氏が長らくチームの強化を継続的に手掛けてきた結果、一貫したチーム作りが可能になり、それが強さの秘訣だということが良く言われる。おそらく、久米さんは、それと並ぶ手腕の持ち主だろう。だが、アントラーズの鈴木氏がどちらかというと農耕民族的に一つの土地を丁寧に耕し続けるのに対し、久米氏の場合は遊牧騎馬民族的というか、勢いとかハッタリとか、そういう手荒な手段も用いながらチームを強化しようとするというか、そういう違いがあるのかなと感じた。だから、久米さんが手掛けたチームは必ず強くなるけれど(柏はカップ戦優勝、清水は健太黄金期、名古屋はリーグ優勝)、栄華が長続きせず、しばらく後にJ2に降格しているという共通点がある。まあ、名古屋のJ2降格における久米さんの責任については、評価が分かれているようだけどね。

 あと、久米さんは名古屋のGMに就任する際、優勝のための3ヵ年計画というか、そのくらいのタイムスパンで物事を考えていたらしい。たぶん、それは今の清水でも同じだろうから(あるいは、当時の名古屋よりももっと時間がかかると覚悟しておくべきかもしれない)、辣腕の久米さんが来たからといって、1~2年ですぐに効果が出るとかは思わない方がいいだろうね。たぶん、今シーズンのルーキーは皆、久米さんが来る前に内定していたはずで、監督や補強の人選には関与したにせよ、まだチーム編成に久米色はそれほど反映されてないだろうしね。

 あと、この本を読んで面白かったのは、「有望な選手を獲得するためには、入団時点で将来のフロント入りを確約することもある」というくだりだった。「あの選手はそういう枠だったのかな?」なんて想像したりしている。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

カテゴリ:

 前のエントリーでご紹介した岐阜との練習試合の動画、YouTubeから削除されちゃったみたい。残念。なんか、権利関係の問題でもあるのかね?

 チームもお休みだし、まったく書くことがないや。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

ありがたや、ありがたや

カテゴリ:

 まあ、とにかく、自分が応援しているチームが低迷したり、負けたりというのもイヤだけれど、何がイヤといって、試合が観れないことほど、イヤなものはない。そんな次第なので、岐阜との練習試合、上掲のように、動画をアップしてくれた方がいて、もう神様、仏様というほどのありがたさである。45分を3本やって、そのうちアップされているのは2本目だけだが、4点が集中して入ったのはその2本目なので、これだけでもいいだろう(笑)。決して観やすい角度ではないが、それも許す。とにかく、久し振りに清水というチームが試合をしている様子をこの目で見て、満足感を得ることができた。

 この角度からの動画では、細かいことは分からないが、試合(というか2本目)の全体的な構図は、一目瞭然である。ボールは6割方、岐阜が握るが、ほとんどフィニッシュまで行けない。それに対し、清水は、ボールを保持する時間こそ短いものの、敵DFラインの背後を狙うシンプルな攻めや、アタッカーの個の力で上回り、効率良く得点を重ねた、といったところだろう。

 金子は試合後のコメントで、「相手に持たせている感覚があった」というようなことを言っており、手応えを口にしている。ただ、岐阜さんはポゼションに定評があるとはいえ、現実にはJ2の中でも決して上位でないということを考えると、このクラス相手には、自分たちが主導権を握る時間も作れないと、厳しくなるだろう。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

カテゴリ:

 清水サポの皆様、心穏やかに過ごしておられますか?(笑)。無理だよね、これだけプレシーズンの仕上がりが悪ければ。

 まあ、J3だのJ2上がりだのに勝てないのもふがいないが、実際に試合を観ることができれば、あーだこーだと論評もでき、まだしも発散できるものの、現地にでも行かない限り、肝心の練習試合を観られないというのがもどかしい。

 シーズン前の鹿児島キャンプって、どうしても必要なものなのかね? 気候面だけ考えたら、清水よりも鹿児島の方がずっと良いというわけでもなく、現にここ数日は九州南部でも雪が降ったりしている。他方、山形が御前崎でキャンプを張ったり、松本に至っては清水でキャンプを張ったりしているわけで、雪国チームにとっては静岡県こそが手近な南国キャンプ地という位置付けになっている。元々静岡県にはJクラブが4つもあるわけだから、それに他県からキャンプ地を求めて来訪するクラブを加えれば、10近くのJクラブがプレシーズンに静岡に集結する、ということも可能なはずである。そうなれば、練習試合の対戦相手にも事欠かないし、ちょっとしたプレシーズン大会すら開催が可能であろう。サポもご近所で、愛するクラブの仕上がりをチェックできるようになる。

 それとも、九州・沖縄とか、あえて遠隔地に出かけて行って、いつもとは違う環境で集中して練習すること、共同生活を送ることにより、チームの結束とか成熟が図られるとか、そういう効果があるのかね? そういうことでもない限り、コスト面からも、地元キャンプでいいような気もするが。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

カテゴリ:

 DAZNがJ3も漏れなく中継するようになり、藤枝さんや沼津さんの存在もあるので、昨シーズンは結構J3の試合も観た。所長が、J3の試合を観て、第一印象として感じるのは、

 「選手が小ちぇえな・・・」

 ということである。下のカテゴリーに行くほど、体格面でも、劣っていく傾向がはっきり認められる。まあ、中には、いわきFCさんのような変態的なクラブもあるが(笑)。

 そういう観点からすると、現在の清水のメンバー構成は、非常にまずいものだと言わざるをえない。小兵選手が多く、明らかにバランスを失している。自ら好き好んで、「J3規格」を選択しているように思えてしまう。現在、清水に所属しているプレーヤーで、一応の目安として、170cm以下の選手を整理すると、以下のようになる。

水谷拓磨:162cm

金子翔太:162cm

髙橋大悟:164cm

河井陽介:165cm

滝 裕太:167cm

村田和哉:168cm

清水航平:168cm

楠神順平:170cm

石毛秀樹:170cm

 当S研では、以前も力説したことであるが、所長は個々の小兵プレーヤーが悪いと言っているわけではない。これらの選手一人一人のことは、所長も大好きであり、活躍を心から願っている。ここで主張しているのは、あくまでも、チームの編成の中で、「小柄なテクニシャンまたはスピード・タイプ」に偏りすぎていませんか、ということである。レイソルみたいに、170cm台、180cm台の選手たちの中に、小柄な中川寛斗が1人いるというのであれば、面白いアクセントになる。しかし、もし仮に、清水の試合で、上掲の170cm以下の選手たちが3人くらい揃ってピッチに立つようなことがあったとしたら、ハイボールの競り合いや球際でことごとく敗れ、確実に劣勢に陥るだろう。多少テクニックがあったとしても、フィジカルで圧倒されたら、そもそもテクニックを発揮する余地がない。

 むろん、ヨンソン監督は体格面も考慮しながらバランス良くメンバーを選考しようと努めるはずだが、昨年みたいに怪我人が相次げば、「とにかく、いる選手を出すしかない」なんて窮状も考えられる。今季に関する所長の不安ポイントの一つである。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

カテゴリ:

 当S研では、しつこく2017シーズンの振り返りを続けてきた。普通であれば、とっくに新シーズンに関心が移ってもよさそうなものだが、遠隔地に在住し、特別な情報源も持たない所長は、まだ2018年のチームについて語るべき事柄がそんなにないのである。三保に練習を観に行ったり、ファン感謝デーに参加したりもできないので、ネットで皆さんが見ているのと同じ公開情報に接するだけであり、特別なネタもない。そこで、当S研は、新シーズンが開幕するまでしばらく、更新が途絶えがちになると思う。遅れ馳せながら、ちょっとしたシーズンオフといったところかな。新シーズンが始まったら、過密日程で試合が続き、当ブログも否応なしに毎日更新となると思うので、その時にまたよろしく!

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

カテゴリ:

 Jリーグ中継をはじめとして、DAZNのサービス改善戦略に関する記事が、こちらに出ていた。まあ、全体として、あんまり期待はできないなというのが、今のところの所長の感想である。

 当S研では、散々DAZNの悪口を言っているが、むろんDAZNがもたらした良い面もあった。料金が安いこと、J1からJ3まで全試合を生中継すること、多様なデバイスに対応していること、試合のスタッツが豊富になったこと、そしてJリーグにビッグマネーをもたらしたことなどであろう。逆に悪い面としては、画面が頻繁にフリーズする、試合中は追っかけ再生ができない、録画もできず1カ月くらいで閲覧できなくなる、落ち着きのないカメラワーク、リーグ戦とカップ戦の放映権が股裂きになってある意味サポの視聴費用負担は増大、といった点だろう。

 で、残念ながら、上掲記事を読む限り、改善が見込めそうなのはフリーズの頻度の低下くらいであろう。「全てとは言えないが、ほとんどのコンテンツはダウンロードできる予定。通常のストリーミング/タイムシフト(1週間)よりは長くキープできるかもしれない」という口ぶりからして、我々が録画してアーカイブに残せるのではなく、あくまでも一定期間以内はローカルの環境で観られるようにする、という意味であろう。

 また、上掲記事にはないが、こちらのリリースによれば、2018年もルヴァンカップはフジテレビとスカパーが中継するということであり、J関係の放映がDAZNに一本化されるということはなかった。

 そして、上掲記事の中で、所長が最も憤りを感じるのは、「Jリーグはカメラ最大20台体制、AR観戦も視野」という箇所である。サッカー中継は、カメラ台数が多ければ多いほど良く、それらを頻繁に切り替えることこそ醍醐味と思い込んでいる、馬鹿の典型である。その上、ARなどを取り入れようとしたら、試合の臨場感などそっちのけで、視聴者を置いてきぼりにして、製作者側の自己満足に走るであろうことは、確実だ。まさに悪夢としか言いようがない。

 当S研でいつも主張しているように、サッカー中継は基本的にリアルタイムで俯瞰の構図を維持し続けることがベストであり、局所をアップにしたり、スロー再生を多用したり、増してや観客席でサポの跳ねる姿を挟んだりすることは、なるべくやめてほしいのである。愚かな製作者がそうした余計な映像を挿入しているうちに、プレーは再開しており、そうした切り替えの局面にこそサッカーの本質があるのだ。お願いだから、我々サッカーファンがサッカーを観ることを、邪魔しないでほしい。

 で、最近思うのだが、どうしても俯瞰とは別に、エピソード的な映像を挿入したいなら、画面を分割して、俯瞰は俯瞰で流し続け、たとえば右下4分の1くらいをワイプ的に使って、そこでスロー再生なり別角度の映像なりを入れてもらえないだろうか。そうすれば、本来のサッカーファンは俯瞰で試合の全体像を追い続けられるし、細かいところはワイプでチェックできる。昨今では、テレビは大画面化しているのだから、そのくらいの画面の余裕はあるはずだ。スマホの小画面では厳しいって? そんなことは知るか。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×