仕事が忙しくて、2日ほどブログ休んじゃったけど、個人別反省会の再開。ていうか、もう新体制の発表があったから、いつまでも昨シーズンのことをしつこく語るのも、当S研くらいかもしれないけど、まあ行きがかり上、続けるか。

 それにしても、J2を戦った2016シーズンには、コバさんの選手配置がそれなりにハマった印象があったけど、2017シーズンはむしろコバさんのコンバートが物議を醸したことの方が多かった。その代表例が、「二見は対人に強い」という理由で、コバさんが二見のセンターバック起用にこだわったことだろう。まあ、こだわったというよりも、左SBは松原の指定席になったし、逆にCBが駒不足に陥り、窮余の策だったのかもしれないが。いずれにしても、二見は元々「2番手の左SB」みたいな位置付けのプレーヤーであり、清水でも松原のバックアップみたいな役回りだったら、あそこまで致命的な守りのミスを重ね、サポから非難を浴びることもなかったと思うのである。ここ数年の清水は、J2からレンタルで獲得した左SB(フクちゃん)がいつの間にかスリーバックを真ん中で統率してたり、昨年の二見のように左SBがCBにコンバートされて、J1ではちょっとお目にかからないようなお粗末な失態を繰り返したりと、奇怪な現象が続いている。二見にはしっかりしてほしいと思う反面、状況の被害者という気がしないでもない。

 2017年に、清水にとって数少ない痛快だった出来事の一つとして、天皇杯のいわきFC戦で、二見のロングスローからYouが頭ですらして秒殺で先制というのがあったけど、ああいうの、もうちょっと見たかったよね。あと、忘れちゃいけない、ホーム初勝利をもたらした甲府戦の得点は、二見が決めたものだった。2017年に清水が残留できたのは、ひとえに甲府相手に2勝したからだと言って過言でないが、二見もその立役者の一人だった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村