そんなわけで、絶賛失速中の清水だが、ここ4試合で3敗していて、そのすべてで前半に失点していることが気になる。アウェーの札幌戦のように先制されながら逆転できた試合もあったにせよ、今の清水にとって相手に先行され守備を固められた中でこじ開けるのは、きわめて困難である。

 まあ、サッカーでは、前半と後半で形勢が正反対になることはありがちだけど、それにしても浦和戦前半の清水は何もできず、一体浦和をどう分析してどう戦うつもりだったのか、まったく見えないような内容だった(ていうか、ある程度の想定はあったはずだけど、予想以上に浦和が手強く、電光石火で2点とられてしまったので、戸惑っていたのかもしれない)。それが、後半になると形勢が逆転し、たぶん後半だけなら清水の方が保持率とかパス数とか上だったのではないか。「なぜ前半からそういう戦いができない?」と多くの人が思ったことだろう。しかし、支配しているかに見えた後半も、スムーズにフィニッシュに繋げられたわけではなく、得点シーン以外で、浦和守備陣が本当に慌てた場面はなかっただろう。

 2:0になった時点で、「本日のミッションは、勝敗・勝ち点関係なく、とにかく久し振りに得点をとることだな」と思ったので、それだけはクリアされた。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村