清水自身の質に関して言えば、3連勝の時がものすごく良くて、3連敗の時がものすごく悪かったとは、思わない。どちらかと言うと、対戦相手の優劣によって、結果が決まったという印象の方が強い。まあ、その中には同じセレッソとの2回の対戦も含まれているわけだが、あのチームはソウザがいる・いないで攻守のクオリティーが全然違ってくるので、今回対戦したセレッソは、前回のそれとは違っていた。

 むしろ、今回のアウェー・セレッソ戦の前半などは、ヨンソン体制になって、一番良くパスが回り、スムーズにフィニッシュに持ち込んでいたという印象すらあった。だからこそ、先制点を奪い、リードした状態で前半を終えたかったのだが。

 時間帯によっては、良いサッカーも見せられたけど、試合の流れを掴めなかった、といったところか。それにしても、後半敵にリードを許して以降の、まったくなすすべがない様子は、見ていて辛かった。

よかったらクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村