2017年01月11日

アガレス

種族29・堕天使21アガレス(Agares)LV:50
HP:382
MP:193
力:31
耐久力:33
魔力:39
知力:37
速さ:20
運:42
回:1


耐性)魔法に強い。物理(銃撃・飛び技)に弱い。
特殊技能)丸呑み・吸魔・地鳴らし・神経ガス
属性)Neutral/Chaos
種族)堕天使
アガレス(Agares) 出身地:イスラエル

72柱の魔神の一人。
聖書などに登場する
31個師団をその配下に治める序列2番の大公爵。
「変化の公爵」の異名を持ち、
バエルと共に地獄の東方を支配する。

呼び出されると手の甲に大鷲、または鴉を乗せ、
鰐、または陸亀に跨った
貧弱な賢者の姿で出現すると言われる。
声は老人のように震えているといわれる。

未来を見通す力があるが、
全てを謎めかして語り、
しかも時々嘘を混ぜるため、
その言葉は容易に信用できない。
行方不明者を探す能力や言語の知識に優れ、
召喚者にその知識を与える。
また、地震を起こして都市を破壊するという、
見かけとは異なった能力も持ち合わせる。

天界における支配領域は、
日中の白羊宮10度から20度。
確立された力と強さ・希望の実現
労働の完成・闘争の成功を担当する。

「地獄の辞典」にアガレスの項目はなく、
ザエボスという出典不明の悪魔がいるが、
これがアガレスだとされる。
堕天する前は力天使だった。

私の解釈、解説
バエルと共に東方を統治する老賢者です。
全てを見通している、知っているのですが、
これがなかなか一筋縄では言ってくれません。
条件を出すでも見返りを求めるわけでもないのですが、
嘘を混ぜ、遠まわしに、回りくどく話す為に
普通に聴いたとしてもワケがわからないとか。
賢者の姿は膨大な知識の現れであり、
言葉一つひとつが重要なのだそうです。

行方不明者を探すエキスパートだとされていますが、
もし連れて来てもその人は死んでいたりして、
まともな姿で連れて来る事は少ないのです。
これは彼が堕天使、悪魔である由縁です。
また、この探索能力を召喚者に授ける事もしますが、
大抵の場合、授かった者はこれを悪用する為、
死後、彼にその汚れた魂を差し出す事になります。
堕天使の先を見越す能力、用意周到さは
他の種族よりも優れていると言えますね。

過去のイラストデザインは記述通りですね。
乗っている動物はワニだったり、
まれにカバだったりとまちまちなのですが、
今回は陸亀という設定を取り上げています。
カミツキガメを参考にしてます。
描き直し後は構図を変えています。
亀は巨大な陸亀にしてこちらにお尻を向けました。
頭をこちらに向かせると紙のサイズ(縦9cm×横6cm)
からはみ出してしまうのと
構図的にこのお尻向けがしっくりきたのでこれに。
乗っている老賢者はローブを纏っています。
すこし厳かな感じが出てれば良いなぁと思います。

さらに今回の描き直しにて
肩にとまっている烏を大鷲に変更、
カミツキガメをもう少し怪獣っぽくデザインし
甲羅がゴツゴツしてるので座って痛くないように
以前のデザインで採用した赤色のローブを敷いてます。
乗っている老賢者は赤から紺色のローブに変更、
両手、両足には黒い革製のウォーマーを追加。
右手に水晶を持ち、こちらに呪文をかけるかのように
大きく左手をかざしているデザインになりました。

特殊技能説明)
・丸呑み

敵を頭から丸呑みする
物理ダメージ+15%の確率で物理属性による即死効果
・吸魔
敵の魔力を吸収する
敵のMPに万能属性ダメージ
+与えたダメージ分MPが回復
吸収できるMPは自身と敵の魔力の値によって変動する
(自身魔力値−敵魔力値)×3+20=吸収値
敵との差分が−になった場合はMP20回復
・地鳴らし
大地を力任せに踏み鳴らし、衝撃波を地面に伝導させる
敵全員に万能属性ダメージ+スタン効果
・神経ガス
神経系に作用し、敵の身体の自由を奪うガスを吐く
敵全員に50%%の確率で金縛り効果

では、今日も笑顔で過ごせますように(*'∀'*)ノシ

sketch2701 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)堕天使 Neutral/Chaos 

バエル

種族29・堕天使20バエル(Bael)LV:64
HP:520
MP:236
力:45
耐久値:50
魔力:48
知力:44
速さ:48
運:35
回:2〜4


耐性)物理(銃撃・飛び技)、浄化、呪殺反射
   火炎、電撃に強い、氷結に弱い
特殊技能)狂刃爪・ギガトンプレス・真一文字斬り
     サンダーボルト・呪怨
属性)Neutral/Chaos
種族)堕天使
バエル(Bael) 出身地:イスラエル
 LV:64
ユダヤにおける魔神で、
ソロモン王に封印された72柱の魔神の一人。
「ブル(Bl)」とも呼ばれる。
66の軍団を率いる序列1番の大いなる地獄の大王で
剣術の達人とされる。
猫と蟇蛙と人間の男の頭を持ち、
蜘蛛の姿で出現する。
さまざまな姿に変身する方法を教え、
召喚者を透明にする事が出来き、
あらゆる知識を授け
全ての欲求を満たすとされている。
また、蟇蛙の呪いで標的を呪殺する事も出来る。
地獄では東方を支配する魔王。

天界における支配地域は、
日中の白羊宮0度から10度。
強さ・支配・法と正義の調和・大胆・勇気・破廉恥
復讐・決断・不穏・高慢
感受性・野心・聡明を担当する。

17世紀の魔術書(グリモア)の
「レメゲトン」の第一部「ゴエティア」や、
黙示文学「エノク書」をモデルとする
「偽エノク文書」の目録にもその名が見える。
元は、古代シリアやパレスチナの豊穣神バールが、
キリスト教の弾圧で悪魔化されバエルとなった。
故に、一般的な呼び方はバエルである。

コラン・ド・プランシー著「地獄の辞典」で
「バール」と「バエル」は異なる存在として扱われ、
バールは異教を主宰する邪神、
バエルは奸智に長けた悪魔とされている。

私の解釈、解説
ソロモン王に封印、使役されたという
堕天使、地獄の東方を支配する王です。
序列一番手に数えられ、剣術の達人、
呪術の力をもっていると言われています。
非常に豊富な知識を持っていて、
知らない事はないと言われています。

堕天使系というか、ソロモン関連は
結構いるんですよね、知識量が半端じゃないとか、
秘宝(秘法)を教えてくれるとか。
おそらく、天使のままであったら
人間に教えてはいけない事なんかが沢山あって、
堕天したから教えられる、
または教えてもらえるんじゃないか、
という人間の欲求から来てるんだと思いますね。

元々は豊穣神、植物神バール(バアル)が、
キリスト教の弾圧によって邪教、邪悪な神とされ、
ベルゼブブと同様に名前の変換から
バール→バアール→バアエル→バエル
となっていき、異形の悪魔へと変わります。

元は一人の神バールからバエル、ベルゼブブと
複数の神(悪魔)が生まれている事から
バエルとベルゼブブはバール上半身、下半身で
二人が出会い、合体(合身)する事で元の姿に戻り、
再びバールとなる日を
待ち望んでいると言われています。
ベルゼブブは男神、バエルは女神の性質を持っていて
バエルは女言葉で話すとも言われています。

以前のデザインは一般的に知られている
人(老人、王)、猫、蛙、蜘蛛が
一緒くたになっているのではなく、
王様がカエルに乗っており、腹に蜘蛛のイレズミ、
この二体の影が猫、といった感じです。
これ三体別々に話すんですよ。
王様は冷静、やや冷笑しながら話して、
カエルは「グェッ、グェッ」で合間に笑いながら
おじぃちゃん言葉で話します。
猫は影の特性を活かして一瞬にして
相手の間合いに入り込んで息がかかる位の距離で
相手を見透かした様にニヤニヤしながら話します。
蝦蟇の腹に入れてある蜘蛛のイレズミは
魔法を発したときに発光して魔力を解放します。

今回描き直したバージョンのバアルは
礼装して王子様っぽさを強調し
カエルも目の上に王冠のような突起がある
ミツヅノコノハガエルをモチーフにしたものに。
お腹にあった赤い蜘蛛の模様は
お腹の体色に合わせて濃い目の黄色に変更。
後ろにいた影猫は山猫に近いデザインになりました。
攻撃方法や会話などは以前と同じで
ガイガイワヤワヤしてる感じです。
悪魔だけど、どこか人間くさくて憎めない、
元は崇拝されていた神さまだから
人間に親しみをどこか与える印象の悪魔です。

特殊技能説明)
・狂刃爪(きょうじんそう)

空間を切り裂くほどに硬化した爪から
繰り出される必殺の一撃
物理大威力ダメージ
・ギガトンプレス
敵に向かって飛び掛り、全体重をかけて敵を圧死させる
物理大威力ダメージ+20%の確率で
物理属性による気絶効果
・真一文字斬り
敵の身体を真一文字に斬り抜く斬撃
物理中威力ダメージ+攻撃力を一段階下げる
・サンダーボルト
自身の身体に高濃度魔力生成した雷雲を造り落雷を放つ
敵の中からランダムに
3〜5回の電撃大威力ダメージ+感電効果
・呪怨(じゅおん)
あらゆる邪念、怨念、悪意、殺意を解き放つ
敵全員に50%の確率で呪殺属性による気絶効果

では、今日も笑顔で過ごせますように(*'∀'*)ノシ

sketch2701 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)堕天使 Neutral/Chaos 

2017年01月07日

ミシャンドラ

種族29・堕天使19ミシャンドラ (Misshandra)LV:???
HP:1369
MP:783
力:183
耐久値:96
魔力:153
知力:171
速さ:101
運:98
回:2



耐性)物理(銃撃・飛び技)、浄化反射。呪殺、精神異常無効
   物理、電撃に強い。
特殊技能)極襲斬・天地無刀・コキュートス・邪光天声
     瞑想・幻影・魔力回復(大)
属性)Neutral/Chaos
種族)堕天使
ミシャンドラ (Misshandra) 出身地:イスラエル

ソロモン72柱に属さないがソロモン王に
72柱の魔神と共に封じられた悪魔とされ、
72柱の魔神以上の力を持つと主張される。
ミシャンドラは、口伝上は悪魔とされるが、
人間であったという説もある。

地獄の大公爵であり、総統でもある。
総統として現れるときは
自らをグラン(Grun)と名乗るとされる。
召喚者の前には14本の蛙の足を持ち、
赤い眼球を7つもった黄金色の蜘蛛の姿で現れる。
戦を好み、兵法や軍学に
非常に長ける悪魔とされている。
また、酒を何より好む悪魔とも言われる。

ミシャンドラがあまり知られていない理由として、
グリモワールに名前が載っていない事があるとされる。
これはミシャンドラが存在を知られることを嫌う為に、
己を召喚した者に対して書物に著せない
呪いをかけたとされているからである。
ミシャンドラを封印した本人であるソロモン王でさえ、
書物にその名を書き込もうとすると紙が14分断され、
結局書き込めなかったという伝説が残っている。
実際の、いわゆるソロモン魔神の陣容は
ヨーロッパのオカルティストが
整えたものなのであるが
後世ではミシャンドラの名自体が
戦争や天災の前触れとして不吉とされ、
存在すら消え失せようとしていた
(書された歴史的文献が
皆無に等しいことも原因の一つであるとされる)。
有力な文献の提示が最後まで行われなかったため、
歴史的実在は怪しいとするのが定説である。
しかし、欧米諸国の一部の地域の
上級身分の人々の間では
未だにミシャンドラの名は
受け継がれているという主張がある
(彼ら自身もその名を書き記すことを嫌う為、
書籍などには一切
ミシャンドラの名を出さないとされる)。
その為その筋の人間であれば
直接話を聞くことができるとも噂されている。

また一説には、
現代日本のネット文化から生み出され
(出身地がイスラエルになっているのは、
72柱の魔神として考えた場合、
日本だと折り合いがつかない為)、
本にも記載された事もあると言う。
悪魔が精神的象徴と捉えられることが
一般的な現代21世紀に、
新しい悪魔が出てきても困るのは
古典的悪魔学主義者くらいである。
二次創作作家には
こういった設定の悪魔は大変好ましいと言える。

私の解釈、解説)
ソロモン72柱の悪魔と称されるも
その実態、存在の証明が悪魔よりも不確かな悪魔
73番目の悪魔ミシャンドラの紹介。
この悪魔、とても魅力的というか
二次創作に大変便利な設定を持っている故
扱いも結構難しそうだなという印象の悪魔。
きちんとした書籍には彼の能力で記載されず
伝承というか都市伝説的な扱いで
その存在が流布されており
彼にまつわる実害というか何をやったのかは
ソロモン王が彼の名前を書こうとした
紙を14に綺麗に破った・・・と言う
字面だけみると「それ人間だって出来るじゃん!」
って言う事ぐらいしかしていない。
しかし、伝言ゲームで最初と最後で
言葉の変容が激しいように
自身の正体を他者が文章として
残す事が出来ないというのは
非常に高位な戦略だと思うのです。
様々な悪魔の伝承がある中
その悪魔の召喚方法が記載され
弱点や撃退法が記載されている中、
彼は名前や外見以外の情報が皆無であり
対峙した際にどう対処して良いかわからない
というのはかなりの脅威だと思うのです。

管理人の独断と偏見ですが、
ミシャンドラは初めからちゃんと存在しているのです。
ならば何故この様な現状になっているのか。
これはキリスト教徒たちの中でも
悪魔の存在に懐疑的な一派がおり
彼らにとっては悪魔が存在しようがしまいが、
神に対する影響は皆無でした。
しかし、神の絶対性を証明する為には
相反する悪魔の存在が絶対条件であり
そんな悪魔に対する不確かな信者の心境によって、
ミシャンドラという悪魔の中でも一際異彩を放つ
ミシャンドラが生み出されてしまったのです。
また72柱神の魔神をも凌駕する彼にとっては、
戦好きと伝えられているものの
闘争などではその欲求を満たす事は出来ず、
彼自身が自分という悪魔の存在を隠匿し、
自分の存在を知った者たちに
記載させない魔法をかけては撹乱し、
悩ませ、俗に言う「悪魔の証明」に人間をはまり込ませ、
その様子を眺める事を
最高の娯楽としている悪魔なのです。
悪魔の中でも肉体的な危害を加えない、
しかし精神的破滅へと陥れるわけでもないという、
変り種の悪魔と言うのが彼の正体なのかも。

今回のイラストというか当ブログでのミシャンドラは
こういった解釈をしながらも管理人の設定上、
非常に重要な役割を持たせているので
ステータスを一見するとわかるように
驚異的な力を持った悪魔という設定になっております。
二次創作に便利設定、大変活躍しております。

日本の武士の鎧を異形化した様な黄金色の武具、
兜の額部分には彼の姿として伝わっている
赤い七つの眼球がひしめき合い
愛刀である刀を持った目的不明の悪魔というイメージ
14本の蛙の脚は以前掲載したフルーレティでも
モチーフにした跳躍伝導を神経で起こるものでなく
彼の持つ特殊能力、時間や空間を跳躍する
能力に起因するものとして視覚化していません。
蜘蛛の姿は、手があって見えないのですが
鎧の腹部に家紋のようにデザインされています。

このミシャンドラ、これまでに掲載してきた悪魔の
「私の解釈、解説」の項にて管理人のオリジナル設定で
様々な悪魔に影響を与えていたり、接触しています。
かなりお気に入りの悪魔です。

特殊技能説明)
・極襲斬(きょくしゅうざん)

刹那、あらゆる方向から打ち込む斬撃
敵に物理特大威力ダメージ
攻撃力、防御力、命中率、回避率を1段階下げる
・天地無刀(てんちむとう)
天地を両断すべく生まれた究極の斬撃
物理絶大威力ダメージ+回避不可
・コキュートス
地獄の最下層コキュートスの
魂すら凍てつく空間を召喚する
敵の中からランダムに1〜3回の氷結絶大威力ダメージ
+凍結または30%の確率で氷結属性による気絶効果
・邪光天声(じゃこうてんせい)
己が権威を振りかざし奢る者たちを恨み憎む慟哭。
敵全員に万能属性特大威力ダメージ。
種族・天津神にのみ100%の確率で麻痺効果(耐性無視)
・瞑想(めいそう)
集中し自然治癒力を高め、自身の傷を癒す。
自分のHPを最大HPの50%分回復する
・幻影(げんえい)
分身を創り出し敵を攪乱させる。
自身の回避率、命中率を4段階上げる
・魔力回復(大)
ターン終了毎に最大MPの15%分、MPを回復する

では、今日も笑顔で過ごせますように(*'∀'*)ノシ

sketch2701 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)堕天使 Neutral/Chaos 

2016年12月30日

サタナキア

種族29・堕天使18サタナキア(Satanachia) LV:95
HP:779
MP:367
力:51
耐久値:76
魔力:72
知力:79
速さ:56
運:60
回:2~4


耐性)状態異常無効、魔法反射
   物理(銃撃・飛び技)に弱い
特殊技能)雷帝蹴り・安寧の音・マリオネットグリーフ
     黒い光・リケアディ・リカヴァリー
属性)Neutral/Chaos
種族)堕天使
サタナキア(Satanachia) 出身地:ヨーロッパ

ルシフェル、ベルゼブブ、アスタロトに仕える
六大悪魔の一人で大将を務めている。
サバトの山羊と知られている。
魔術や悪魔学に関して記した
グリモワールと呼ばれる一連の文献において
プート・サタナキア(Put Satanachia)とも呼ばれている。
 
ありとあらゆる女性を服従させる能力をもち、
魔女達に使い魔を与え、
母親に強い影響力を持っている。
召喚者には反抗的な態度をとる
とされているが定かではない。
アモン、プロケル、バルバトスを部下に持っている。
「真正奥義書」によれば、
サタナキアはルシファーの配下の悪魔であり、
ルシファー、アガリアレプトとともに
ヨーロッパ、アジアに住まうとされる。
 
十字軍で有名なテンプル騎士団が崇拝していた
バフォメットと同一視されている。
但し、同一視されている悪魔はもう一つあり
レオナールといわれている。
尚、補足としてテンプル騎士団の信徒達が
崇めていた「バフォメット」は、
どのような姿をしているか分からない為、
そしてサバトのイメージの同一性も関係してか
エリファス・レヴィの「メンデスのバフォメット画」が
サタナキアの姿とされている。

私の解釈、解説)
六大悪魔より魔女たちの母なる存在にして
闇夜と月夜を統べるサバトの女王サタナキアの紹介。
サバトには女性の生贄や魔女たちの
力を増大する側面がある為、
女性に対してかなりの権威を持つ悪魔であり
両性具有が強調されている悪魔の中では
やや女性よりのイメージが強い印象。
これは力によって女性を支配しているのではなく
魔力によって女性・魔女たちをサポートする面が
強調されている事に起因していると思われます。

以前紹介したバフォメットと同一視されており
その事からサバトに通じる者たちにとっては
バフォメットと同じく崇拝の対象になっています。
テンプル騎士団たちが崇拝していた
バフォメットの正体は今日でもはっきりしていません。
これはテンプル騎士団たちが
入会儀式における男色行為、
反キリストの誓い、悪魔崇拝などといった
多数の不当な容疑で起訴され、異端審問で
それらの罪を自白するまで拷問にかけられた結果、
その拷問で出てきたバフォメットの正体など
正確に伝わるはずもないというのが原因かな?と。
歴史的な経緯を持つバフォメットと同一視させ
サバト以外の共通のバックボーンを持たせる事により
言霊的な後押しの力をサタナキアにも持たせ
六大悪魔の座を手に入れるある種の説得力を
サタナキアに持たせたように思われます。

イラストは管理人のサタナキアのイメージが
女性的な印象だったので女性っぽい容姿に。
顔つきはややキリっとした印象にして
悪魔的な要素としてわかりやすく角を生やし
バフォメットのイラストはストレートに
山羊の頭を持った人間のデザインにしたので
今回は衣装に山羊の要素を取り込んで
羊毛っぽい毛と生き物っぽい触手が
合わさったような法衣を纏った魔女といった感じ。
背中から生えているのはこの法衣が硬質化し
悪魔っぽい蝙蝠の羽根になったり
ロケットのような推進力装置に形状変化したりと
結構柔軟な変化が可能な代物だったりします。
この背中の硬質な物体を背負っているのに
スカート部分などがフワっとしているのが
管理人的にはお気に入りだったりします。

特殊技能説明)
・雷帝蹴り(らいていげり)

電撃を帯びた強烈な回し蹴り
敵全員に物理大威力ダメージ+感電効果
・安寧の音(あんねいのね)
戦意と気力を殺ぐ魔性の音色
敵全員に万能属性中威力ダメージ
+15%の確率で睡眠効果
敵全員の攻撃力、防御力を1段階下げる
・マリオネットグリーフ
闇の力によって死者を操る傀儡の法。
敵味方全員の中で
気絶している者一人を疑似蘇生して
自身の味方として使役する
使役された者はHP、MPが完全回復した状態で
疑似蘇生され、再度HPが無くなると気絶状態になる
疑似蘇生中は一切の回復効果が効かない代わりに
状態異常無効の耐性が付与され、
浄化に弱い耐性が付与される。
この技能にかかった者が気絶状態になっても
再度使役する事はできないが
同戦闘中に特殊技能、アイテムによる蘇生ができない
・黒い光
敵の心を奪う魔力を秘めた怪しい輝き
敵全員に50%の確率で魅了効果
・リケアディ
味方全員のHPを最大HPの40%分回復する
・リカヴァリー
気絶状態の味方一人をHP100%の状態で復活させる

では、今日も笑顔で過ごせますように(*'∀'*)ノシ

sketch2701 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)堕天使 Neutral/Chaos 

2016年03月24日

ネビロス

種族29・堕天使17ネビロス(Nebiros)LV:94
HP:770
MP:361
力:60
耐久値:75
魔力:76
知力:57
速さ:55
運:67
回:1~2


耐性)浄化、呪殺、状態異常無効、火炎、電撃吸収
    氷結に強い
特殊技能)翔雷波・瘴気の息吹・アーマゲドン・大瞑想
       雄叫び・二回行動
属性)Neutral/Chaos
種族)堕天使
ネビロス(Nebiros) 出身地:ヨーロッパ

ヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の一人。
ルシファー、ベルゼブブ、アスタロトに仕える
六大悪魔の一人で、少将にして総監督官である。
アスタロトの配下の悪魔たちの長であり、
アスタロト、サルガタナスとともにアメリカに住まう。
ナベリウスとは同一視されることもある。
別名マルドゥークとも呼ばれ、
バビロニア神話の主神と同じではあるのだが、
マルドゥークが培っていた軍神的素質は
まったくといっていいほど受け継がれてはいない。
 
あらゆる場所に赴き、地獄の軍勢を監視しているとされる。
また、望む相手に苦痛を与える力を持ち、
金属、鉱物、動植物の効能を知っているという。
死刑に処せられた者の手から作られる
「栄光の手」と呼ばれる魔術の道具を見つけることも出来る。
地獄の悪魔たちの中で最も優れた降霊術の使い手であり、
未来を予見することにも長けている。

私の解釈、解説)
六大悪魔より地獄において
彼よりも優れた降霊術の使い手はいないとされる
至高のネクロマンサー、ネビロスの紹介。
バビロニア神話に登場する軍神マルドゥークと
なぜか同一視されるとの事ですが、
マルドゥークとネビロスの持つ特性との一致が
全くと言っていいほどないので
単なる同姓同名さんと言った感じの
扱いとなっているのが一般的なようです。
ですがマルドゥークが持つ
人間と世界の創世主としての側面と
この対極にある死刑された人間と
その人間が巣食う地獄の監視者という
ネビロスの特性はマルドゥークと裏表の関係性なのかも。
またマルドゥークは四つの眼と四つの耳で
あらゆる事を見逃さず、聞き漏らさないという特徴があり
地獄の軍勢の監視者であるネビロスも
この特徴を引き継いでいるように管理人は思います。

死刑になった人間の手から得る事が出来る
「栄光の手」と呼ばれるこの謎のマジックアイテムは
死刑されるに至った「人間の業」や「生前の知識」を
魔力によって物質化メモリーのようにしているもので
ネビロスはこれにより金属、鉱物、動植物の効能を
自身の物として所有する事が出来ていると思います。
死刑に処された者が必ずしも極悪非道な人間だけでなく
その時代の統治者の意にそぐわなかった
善人や知識人もいたので、様々な情報が
「栄光の手」としてネビロスは手に入れる事が出来るのです。

イラストは死=ガイコツという素直なイメージから
スカルフェイスの金属マスクで
モデルとされているマルドゥークが
四つ眼、四つ耳という事なので
大きなガイコツマスクの口、下顎部分に
小さなガイコツマスクがあり合わせて眼が四つ、
耳の代わりに音を収束する角が大小合わせて四つ
というデザインになりました。
ネクロマンサーチックな意匠のローブ風の格好に
死者を召喚する際に発生する電気のようなものを
掌に帯電させているといったイラストになりました。

ちなみにこのネビロス
死者との接点が多いその反動で
生者との交流も積極的に行っているという
ちょっと人間くさいところがあり、
幼少期のニコラ・テスラ氏が見ていた
幻覚や彼の空想内にちょこちょこ現れています。
テスラ氏の才能に興味を抱いたネビロスは
彼の脳内チャンネルを意図的に開いては
幼少期のテスラ氏と雑談、遊び相手になっています。
このネビロスとの接触により
後にテスラ氏は奇怪ともとれる言動や
都市伝説として有名な
フィラデルフィア計画に関与してしまったのです。
晩年のテスラ氏が霊界交信など
オカルトに傾倒したかのような行動は
人生の終焉を前に幼少期の友人とも言える
ネビロスと再び逢う為だったという
管理人のオリジナル設定があったりします。

特殊技能説明)
・翔雷波(しょうらいは)

魔力によって結晶化した電撃を風にのせて放つ
敵の中からランダムに2〜4回の疾風特大威力ダメージ
+スタン効果または感電効果
・瘴気の息吹(しょうきのいぶき)
猛毒を含んだ息を敵に向かって吐き出す
敵全員に万能属性中威力ダメージ+15%の確率で毒効果
・アーマゲドン
召還陣を作り、宇宙空間から流星群を呼び落とす
敵全員に万能属性特大威力ダメージ
攻撃力、防御力、命中率、回避率を1段階下げる
・大瞑想(だいめいそう)
脅威の集中力で周囲の生命を活性化させる
味方全員のHPを最大HPの50%回復する
・雄叫び
敵の戦意を削ぐ恐るべき咆哮
敵全体の攻撃力を2段階下げる
・二回行動
自身ターンでの行動選択が二回行える
通常攻撃は二回連続行えるが、
特殊技能、防御の選択は一回のみ

では、今日も笑顔で過ごせますように(*'∀'*)ノシ

sketch2701 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)堕天使 Neutral/Chaos 
カテゴリ別に検索
QRコード
QRコード