サッカー日本代表対韓国代表の親善試合が行なわれました。
結果は3−0で日本の圧勝。気持ちの良い試合でしたね。

さて、今回は香川選手に注目してみました。日本の1点目、香川選手がゴール前でパスをもらい、相手ディフェンダー2人に囲まれました。次の瞬間、右足でゴールを決めました。が、その一瞬のプレーに注目。

右足でワンタッチ、左足でボールを浮かせてディフェンダーをかわす、右足でシュート。したように私は見えました。狙っていたのか、偶然相手の足に当たって抜けたのか分かりませんが、これがプロフェッショナルです。
ただ点を取っている、勝つだけでなく、細かいプレーをひとつひとつ見ていくと、トップクラスの選手の素晴らしさが分かります。

細かいところを見る事。例えば、鉄棒の持ち方はその子によって握りやすい、やりやすいがあります。少し変化をつけたりする事で成功につながるかもしれません。細かいところを見るのは大変ですが、見つけたときにゴールが生まれるかもしれませんね。