2010年11月

2010年11月29日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1036信

====================================
      ■■■■■■■  ■■■■ ■■■■   ■■■■■
     ■■■    ■   ■■ ■■  世界   ■■■
       ■■■■     ■■■■  キリスト教 ■■■
     ■    ■■■   ■■ ■■   情報  ■■■
     ■■■■■■■   ■■■■ ■■■■  ■■■■
     (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
  2010年11月29日(月)   第1036信(週刊・総合版)☆☆
====================================

             = 目 次 =
   ▼韓国で国際キリスト教教育者会議
   ▼教会堂建設めぐりエジプトでキリスト者が公安当局と衝突
   ▼パキスタンでイスラム教受刑者がキリスト教受刑者に投石
   ▼教皇のインタビュー本、各国で売れ行き好調
   ▼教皇が文化・学術奨励の財団設立
   ▼教皇の印税収入5・6億円、神学研究やチャリティーに
   ▼教皇、2011年にベナンを訪問
     ▼《短信》
     ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎韓国で国際キリスト教教育者会議

 【CJC=東京】北朝鮮による砲撃事件で緊張高まっている中、韓国のソウル
近郊水原で、国際キリスト教教育者会議(ICEC)が行なわれ、世界各地から
教育者880人が参加した。米宣教通信ANSが報じた。
 主題講演は、米『ムービーガイド』誌発行人で『メディアワイズ・ファミリー』
の著者テッド・ベール氏が行なった。子どもたちや青少年をメディアに振り回さ
れない「メディアワイズ」に教育し、メディア選択に際して良い決定を下せるよ
うにするための教育について、ベール氏は語り、メディア・ウィズダムに関して
も4回講義した。
 「マスメディアは子どもと青少年の心と精神に影響を与える文化を形づくる」
とベール氏。「それだからこそ、親や教師は子どもや学生を、メディアに賢明に、
注意深く接触するよう、情報を身に付けるように教育することが重要なのだ」と
言う。
 ベール氏は韓国訪問中に、家庭向け映画や信仰映画作成の重要性について、急
成長している映画業界の製作者、監督、トップスターなどと会談、「信仰や価値
を扱った家庭映画は世界規模で歓迎されると聞いて関心を示した」と語った。
 教育者会議には、韓国では著名な伝道者ビリー・キム氏も参加した。韓国の
『若者をキリストへ』の設立者で水原中央バプテスト教会牧師。2000年から
05年まで、『世界バプテスト連盟』議長に初めてアジアから選出され就任して
いる。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教会堂建設めぐりエジプトでキリスト者が公安当局と衝突

 【CJC=東京】エジプトのギザ近郊タルビヤの聖マリア聖ミカエル教会の建
設を認めない当局に対し、キリスト者(コプト教徒)が抗議行動を行なったとこ
ろ11月24日午前3時ごろ公安当局が5000人規模で出動、信者2人が死亡、
負傷者数百人を出し、200人以上が逮捕された、とアッシリア国際通信(AI
NA)が報じた。
 当局側は催涙ガス、ゴム弾丸の他実弾も発射した模様。イスラム教徒も加勢し
て教会に投石したという。
 信徒の1人ワギ・ヤクウブ氏は「カラス神父が、外に出て、子どもがいるから
催涙ガスを止めるよう要求すると、1発が神父の足に命中した」と言う。
 エジプト人権連合のナギブ・ゴブリアル会長は、カスル・エルアイニ病院に収
容された信者93人は皆銃撃され、破裂により眼球が傷ついている、と言う。
 事件は当局側が同教会の建設を認可したにも関わらず、差し止めようとしたこ
とから11月11日に発生した。続いて22日にギザ県知事が現場を訪問、再申
請すれば建設を認める、と発言した直後の出来事。
 今回のようなコプト教徒の抗議はエジプトでは稀だが、背後には、多数派のイ
スラム教徒には優遇措置が講じられるものの、少数派コプト教徒に対しては差別
がある、との感情的な不満もある。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎パキスタンでイスラム教受刑者がキリスト教受刑者に投石

 【CJC=東京】パキスタン北部のパンジャブ地区の刑務所でイスラム教徒受
刑者が10月29日、キリスト者のイムラン・マシ受刑者(19)に投石し負傷
させる事件があった。同氏は病院に運ばれ、集中治療室で処置を受けている。
 マシ受刑者はアットック近郊ハズロの理髪店で働いていた。2009年7月に
ナディーム・ハイデル店主から5000ルピー(約5000円)を盗んだと訴え
られた。ハイデル店主がマシ氏を拷問するよう警察署長に依頼し、2人がイスラ
ム教の創始者ムハンマドを冒涜した容疑を付加したと見られる。現地の裁判所は
8月3日、禁固10年の有罪判決を受けた。
 10月29日、マシ受刑者は金曜日の祈りの後、小屋の外に座っていたところ、
受刑者の一団から、冒涜者だ、殺してしまえとの叫び声と共に投石された。
 ハイデル店主はマシ受刑者の父バシャラト氏に、息子は生きて刑務所から出ら
れないぞと語っていたという。□

※関連短信
▽パキスタンのイスラム教指導者が、ムハンマドを侮辱したとして死刑判決を受
けた45歳の女性への特赦に反対を表明。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇のインタビュー本、各国で売れ行き好調

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世が初めて性や神父による児童性的虐
待の問題を語った書籍『世の光=教皇、教会、時の徴』が18言語で出版され1
1月24日、各国の書店に並んだ。ドイツ人ジャーナリスト、ペーター・ゼーバ
ルト氏が教皇に延べ20時間のインタビューを行ってまとめたもの。
 発売前に公開された抜粋で、教皇が従来のカトリック教会の信条を越えて条件
付きながらコンドームの使用を容認する発言をしていたことが明らかになった。
教皇は、売春を職業とする男性についてはコンドームの使用が正当化される場合
もあるかもしれないと語ったが、イタリア語版では、これが女性のセックスワー
カーの場合と誤訳されたため、同書に強い関心が集まった。
 米国の出版元『イグナシアス・プレス』によると、事前予約だけで1万200
0件入っていたという。
 これについて教皇庁は23日、HIV・エイズ感染を防ぐ目的でのコンドーム
使用は、全ての性産業従事者にとって妥当だとする声明を発表。フェデリコ・ロ
ンバルディ広報事務所長は「男性、女性、性転換者であれ違いはない。教皇のメ
ッセージは、他人の生命を危険にさらすリスクは避けるべきだということだ」と
語った。
 インタビューでは退位についても質問され教皇は「あり得る」と答えたが、
「肉体的、心理的、霊的に教皇の職務続行が困難だと自覚したとき」との条件を
付け加えた。
 ゼーバルト氏は以前にも、教皇とのインタビュー集を2冊出している。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇が文化・学術奨励の財団設立

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世が文化・学術奨励のための財団『バ
チカン基金=ヨーゼフ・ラッツィンガー=ベネディクト16世』を設立した。バ
チカン(ローマ教皇庁)報道事務所が11月27日発表した。教皇は財団設立を
この3月1日に指示していたという。
 同財団の資金は、教皇自身の著作の印税でまかなわれる。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇の印税収入5・6億円、神学研究やチャリティーに

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は11月26日、教皇ベネディク
ト16世が2005年の着座後、自著の印税などの収益が約500万ユーロ(約
5億6000万円)だったと発表した。
 約240万ユーロ(約2億7000万円)が教皇の名前を冠した財団を通じ自
身の神学思想の研究に使われ、残りはチャリティーに充てられる。
 23日から世界各国で発売された『世の光=教皇、教会、時の徴』は、昨夏、
カステルガンドルフォの離宮で1週間、教皇とドイツのジャーナリスト、ペータ
ー・ゼーヴァルド氏が行ったインタビュー形式の対話を記録したもの。
 バチカン出版局から24日発売されたイタリア語版は、約280ページ。その
中で教皇はゼーヴァルト氏の90以上に及ぶ質問に率直に答えている。
 同書が扱うテーマは、教皇の日常生活から今日のカトリック教会や人類が直面
する重要な諸問題に至るまで多岐にわたり、教皇はこれらのテーマに対し非常に
平明な言葉で語っている。
 バチカン放送によると、教皇は今日の希望のしるしとして、組織や形式主義の
結果としてではなく、教会の内側や、若者たちから生まれてくる新しい試みを歓
迎している。そして、キリスト教が世界を変えるこの新しい活力をもって、新た
な役割を担うことを期待している。
 教皇の不謬性とはごく限られた状況と条件の中で有効であることを想起しなが
ら、教皇であっても個人的な意見や間違った意見はありうると説明。また、教皇
は体力的・精神的・霊的に託された職務を果たせないとの自覚に至った時、辞任
する権利があるとも述べている。
 聖職者による未成年の性的虐待を愕然とする出来事と述べた教皇は、教会は罰
することを知り、今を清めの時としなければならないとしている。
 エイズ問題に触れた教皇は、教会が他のどの組織よりも、これまでいかに具体
的に人々に寄り添い、患者をケアしてきたかを示した。そして「エイズ問題はコ
ンドームの配布では解決できず、さらに多くの努力が必要」と強調。「感染の危
険を減少させる」という動機のために個々のケースでその使用が正当化されるこ
とはあるかもしれないが、「教会はコンドームを真の倫理的解決とは見なさない」
と語った。
 この他、教皇は、離縁・再婚したカップルの司牧や、ルフェーブル派の問題、
イスラム教徒の対話やエキュメニズム、典礼問題など、幅広いテーマに答えてい
る。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇、2011年にベナンを訪問

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世が2011年11月18~20日に
西アフリカのベナン共和国を訪問する。バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所の
フェデリコ・ロンバルディ所長が確認した。
 訪問の際、教皇は「和解、正義、平和に仕えるアフリカの教会」を主題に20
09年10月に開催した第2アフリカ特別司教会議後の「使徒勧告」を発表する
ものと見られる。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪短信≫CJC通信Twitter速報『cjcpress』から。

≪アジア≫
▽フィリピン大統領府の高官が、カトリック教会に11月22日、エイズ感染防
止のため、教皇発言に添ってコンドーム使用を認めるよう呼び掛けた。

≪中東≫
▽バグダッドの教会襲撃事件の容疑者12人を逮捕、と英BBC放送。
▽国外脱出から帰国したイラク市民に再出国の動き、と米紙ニューヨーク・タイ
ムズ。
▽イスラエル考古局が、エルサレムの第2神殿を破壊したローマ軍兵士が使用し
たと見られる浴室跡を発見。

≪欧州≫
▽中国でバチカンの承認なしに司教任命式典を実施、さらに司教に出席を強要し
たことに、バチカンが11月24日、カトリックの教義を侵害し、宗教の自由を
無視した、と抗議した。
▽世界教会協議会のオラフ=フィクセ・トゥヴェイト総幹事が、南北朝鮮間の対
立で武力に頼ることに懸念表明。
▽北朝鮮の砲撃に関し、改革派諸教会で結成している世界宣教協議会のデス・ヴ
ァンデルワーテル会長が、事件再発への懸念を表明。

≪米州≫
▽コンドームを禁止するカトリックの教義は教皇でも変更出来ない、とニューヨ
ークのティモシー・ドーラン枢機卿が、使用容認との誤解に警告。
▽米ノースカロライナ州のメガチャーチ「ヒッコリーグローブ・バプテスト教会」
のジョー・ブラウン牧師(62)が26年間の牧会から引退すると発表した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 《メディア展望》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  =カトリック新聞(11月28日)=http://www.cwjpn.com
★中米ハイチ=コレラの感染拡大=緊急物資は現地に
★教皇が釈放要求=パキスタンで死刑判決のキリスト者女性
★ドン・ボスコの聖遺物=サレジオ会施設を巡回=来年2月に日本へ
★外国人支援など情報交換=難民委、全国担当者会議で=東京
★教皇ベネディクト16世=完全一致への決意固い=キリスト教一致推進評議会
のメンバーたちに語る

  =キリスト新聞(11月27日)=http://www.kirishin.com
★イスラームとの共生模索=教団東京・西南支区社会担当委=内藤正典氏を招き
平和講演会
★KAY合唱団、62年の歴史に幕=キリスト教文化の歩みとともに
★新作能「ルター」を礼拝で初公開 上村敏文氏=“日本人の心持つ響きを”
★恵泉女学園中学・高等学校で平田オリザ氏講演=「社会性」と「対話」と
★クリスマスチャリティーコンサート=ホームレス支援と福音宣教に

  =クリスチャン新聞(11月28日)=http://jpnews.org
★韓国発の新異端勢力=「新天地」に対策窓口=日本キリスト教異端相談所開設
★東京キリスト教学園20周年=“破れ口”に立つ人材育成を=宣教200年へ
 使命と役割確認
★福音功労賞=湊晶子、ダグラス・ヘック、伊藤顕榮の各氏に
★中国へ漫画聖書頒布などで合意=中国教会訪日団迎え日本聖書協会が発表
★死海文書の高画質画像をネットで公開へ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           ●世界キリスト教情報●ご案内
 ☆活動紹介・購読(無料)お申し込みは
         ……………………… http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/
 ☆既刊号をご覧頂くには …………………………
   (FAX版=PDF)http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
      (総合版=整形テキスト) http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
          (総合版=非整形テキスト) http://cjcskj.exblog.jp/
 ☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
             ……………………… http://www.kohara.ac/church/
       ●CJC通信●ご案内(転載使用はご遠慮願います)
 ☆掲出サイト …………………………… http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
 ☆速報をTwitterで発信しています ………… http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                   ■


skjweekly at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月22日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1035信

====================================
      ■■■■■■■  ■■■■ ■■■■   ■■■■■
     ■■■    ■   ■■ ■■  世界   ■■■
       ■■■■     ■■■■  キリスト教 ■■■
     ■    ■■■   ■■ ■■   情報  ■■■
     ■■■■■■■   ■■■■ ■■■■  ■■■■
     (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
  2010年11月22日(月)   第1035信(週刊・総合版)☆☆
====================================

             = 目 次 =
   ▼中国カトリック教会が司教を独自任命、バチカンは反発
   ▼教皇、エイズ感染予防のためのコンドーム使用容認も
   ▼プロテスタントをキリスト教一致推進評議会議長非難
   ▼米カトリックと改革派諸教会が洗礼協約
   ▼バチカンが性的虐待問題への新指針を準備
   ▼『キリスト教一致推進評議会』が設立50年迎える
   ▼イラン女性の石打ちによる死刑判決にバチカン介入か
     ▼《短信》
     ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎中国カトリック教会が司教を独自任命、バチカンは反発

 【CJC=東京】中国政府公認のカトリック教会『中国天主教愛国会』は11
月20日、河北省承徳の司教に郭金才神父(同会副秘書長)を正式任命した。同
氏は全国人民代表大会(全人代=国会)の代表でもある。式典が行われたピンカ
ン教会周辺では、多数の警官が動員され、警備に当たった。
 バチカンは18日、中国当局が聖職者に対し、任命式典への出席を「強制」し
ているとして、中国を非難する異例の声明を発表していた。20日の式典には、
バチカンの承認を得ている司教8人が式典に参加した。その中のモンシニョール
・ジェイ・ジュンミン(遼寧省)、リ・リャングイ(河北省滄州)、ファン・シ
ンマオ(河北省衡水)の3人は出席のため、現職を引退させられた、とカトリッ
ク専門アジア・ニュースが中国教会筋の情報として伝えている。
 中国政府は、キリスト教会へ外国の関与、支配を認めず、「自主、自立、自伝」
の独自運営原則を受け入れた教会を公認している。1951年の対バチカン(ロ
ーマ教皇庁)断交を経て、中国のカトリック教会は愛国会と、教皇に忠誠を誓う
非公認の「地下教会」に分裂している。
 カトリック教会では、司教は教皇だけが任命権を持つ。バチカンは2006年、
独自任命があった時から非公式に協議を進め、中国側が提示した複数候補の中か
らバチカンが承認した形で司教任命を認めている、とされてきた。07年には中
国が独自に司教を選出後、バチカン側が黙認する形になった例があるという。
 今回、バチカンは承認しておらず、任命を強行すれば中国とバチカンの関係改
善の動きが損なわれると事前に警告していた。それを無視しての任命に、バチカ
ンは不法だと表明、反発している。バチカンが郭氏を承認しなかったのは、同氏
が全人代代表であり、政府の影響を強く受けることになる、との懸念もあったよ
うだ。
 愛国会の劉柏年副主席は、2年前にバチカンに決定を伝えたが回答が無かった
と言う。同氏は「もう待てない。中国とバチカンの関係が損なわれたとしても、
我々の問題ではない」として、「教皇は中国を愛していると信じる。一握りのバ
チカンの人々が関係改善を阻んでいるのだ」と言う。同氏はさらに「司教の出席
は自発的なものだ。カトリック教会の教区は司教なしではやって行けないし、福
音を伝えることが出来ない。中国で福音を広めることに政治的な妨害は許されな
い」と語った。
 アジア・ニュース編集長のベルナルド・セルヴェレラ神父は、中国政府が教会
を管理下に置こうとして来たとし、今回の動きは中国の実態を示すものだ、と指
摘している。
 中国のカトリック信徒数は、公認教会が2000万人、地下教会が6000万
人との推定もある。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇、エイズ感染予防のためのコンドーム使用容認も

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は、これまでいかなる避妊具使用
も産児制限につながるなどとして強く反対していた。しかし教皇ベネディクト1
6世は、エイズウイルス(HIV)感染予防のためなど「特定の場合において」
コンドームの使用は容認されるとの見解を示した。ドイツ人ジャーナリスト、ペ
ーター・ゼーバルト氏とのインタビューで語った。
 11月20日付けのバチカン機関紙『オッセルバトレ・ロマノ』が、ドイツ人
ジャーナリストのペーター・ゼーバルト氏の教皇との20時間に及ぶインタビュ
ーを元にした著書『世の光=教皇、教会、時の徴』を紹介した中で明らかになっ
た。
 インタビューで、教皇はコンドーム使用が認められる場合もありうる一例とし
て売春のケースを挙げたという。ただそれは「道徳的に改善していく一歩」とな
る場合に限られるとして買売春そのものを認めたわけでないと指摘している。
 また教皇は「コンドームが(本来は)HIVに対処する方法ではない」とも述
べ、一夫一妻の下でパートナー以外と関係を持たないことが最も有効な感染防止
策だとの考えを強調した。
 教皇は2009年のアフリカ諸国歴訪の際、記者団に「コンドームを配布して
もエイズ対策の解決策ではない。かえって問題を大きくする」と発言、世界保健
機関(WHO)や各国政府、一部カトリック神学者から「非科学的」「人命軽視」
との批判を受けていた。
 『国連合同エイズ計画』は、教皇の発言を「大きな進展」として歓迎している。
□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎プロテスタントをキリスト教一致推進評議会議長非難

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)キリスト教一致推進評議会が設立
50周年を迎えたが、議長のクルト・コッホ枢機卿が11月15日、総会の席上、
エキュメニズム(教会一致)の当初の目標を放棄している、とプロテスタントを
非難した。
 諸教派の間で聖餐式(聖体拝領)共有に関し、相対論的な教会論に屈しており、
本質的な一致という本来のエキュメニズムから逸脱したとして、枢機卿は「その
ことは、多元的相対論的傾向によって特徴付けられるポストモダンの考え方に決
定的に見られる。それはイエス・キリストの教会の目に見える一致を求めること
への大きな挑戦だ」と言う。枢機卿は、この考え方がプロテスタントだけでなく、
『多くのカトリック者』の間でも見られる、と語った。
 コッホ枢機卿は、エキュメニズムの現在の危機が、カトリックとプロテスタン
トが教会の性質を記述する方法作成に『大きく異なるメンタリティー』とでも言
うものが存在するからだ、と述べている。「宗教改革から生まれた教会や共同体
は、目に見える一致というエキュメニズムの本来の目的を放棄し、諸教会の相互
承認という概念にそれを置き替えた」と言う。
 枢機卿は、宗教改革による教会が、「教会の断片化という重大な様相」で特徴
づけられ、そのため「教会的多元主義」を採用することになった、と指摘してい
る。これはエキュメニズムの目標を、一つの教会への、多様性を受け入れつつも、
目に見える一致を再建するというよりも、多くの教会の「和解された多様性」と
するもののように見える、と言う。
 さまざまな告白教会の中のプロテスタント『多元主義』が、イエス・キリスト
の真の教会はカトリック教会の中に存在しており、別の言葉で言えば、彼女(教
会)はすでに既存の現実であるというカトリックの信念とは対照的だ、と枢機卿
は主張する。「プロテスタントの見解と、エキュメニカルの目的が、相互聖餐で
はなく、聖体拝領が正当に行なわれる「聖餐」だとするカトリックや正教会の解
釈と深遠な違いがあることは明らかである」と言う。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎米カトリックと改革派諸教会が洗礼協約

 【CJC=東京】米カトリック教会司教協議会は、メリーランド州バルティモ
アで秋季年次会議を開催、11月19日、長老教会(PCUSA)、米改革教会
(RCA),キリスト改革教会(CRC)、合同キリスト教会(UCC)との間
で、洗礼を有効と認める相互協約を204対11票で採択した。
 宗教専門RNS通信によると、司教協議会エキュメニカル・信仰間委員会のウ
イルトン・グレゴリー委員長は、協約を「エキュメニカル(教会一致への)里程
標」とし、「改革派の兄弟姉妹と共に、わたしたちカトリック司教は、改めて洗
礼を真実の、たとえ不完全なものであっても、キリストにあって分かち合ってい
る一致の基礎として確認出来る」という声明を発表した。
 カトリック教会は、1960年代に開かれた第二バチカン公会議以来、ほとん
どの教派の洗礼の有効性を認めて来たが、2002年に、改革派のキリスト者が
洗礼の新形式を採用したり、「三位一体」を別の名に呼び替えたりしたことをめ
ぐって司教の間に懸念が高まっていた。
 今回の協約によって、カトリック司祭は、聖職者が水を注ぎ、「父、子、聖霊」
としての神に祈ることが必須だとするカトリックの教義に、改革派の洗礼が沿っ
たものであると推定することになる。これは改革派からカトリックに転会したり、
カトリック教会で結婚式を行なう時の判断基準となる。
 PCUSAはすでに協約を採択しており、他の3教会も近く採択すると見られ
る。□

※関連短信
▽米司教協議会は新会長に、ニューヨークのティモシー・ドーラン大司教を選出
した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎バチカンが性的虐待問題への新指針を準備

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は11月19日、性的虐待問題に
司教が「調整され、効率的な」応答が出来るように、新指針を準備していること
を、開催中の枢機卿会議で発表した。
 指針の詳細や、いつ公表されるかは明らかにされなかったが、昨年春に巻き起
こり、教会の権威や性的虐待問題への対応能力にも疑問が出されるようになった
事態へ対処する決定的な手段の一つとなるものと期待されている。□

※関連短信
▽11月19日、バチカンで枢機卿会議が開催、教皇ベネディクト16世参加の
もと、祈りや意見交換を行われた。会議には150人の枢機卿が出席した。
▽教皇ベネディクト16世は11月20日、バチカンで公開枢機卿会議を行い、
この中で24人の新しい枢機卿の叙任式を行なった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎『キリスト教一致推進評議会』が設立50年迎える

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)キリスト教一致推進評議会が、今
年で設立から50年を迎え11月17日、バチカンの本部で、同評議会議長クル
ト・コッホ大司教、同前議長ウォルター・カスパー枢機卿らが記念行事を開催し
た。英国国教会のローワン・ウィリアムズ・カンタベリー大主教、正教会エキュ
メニカル総主教庁のヨアニス・ペルガモン府主教も参加した。
 教皇ベネディクト16世は18日、同評議会関係者と会見、エキュメニカル対
話における同評議会の50年の歴史の中で、偏見を乗り越え、神学対話、社会福
祉や命・自然の保護などに関する協力を進めながら、諸キリスト教教会や共同体
との誠実な関係を得られたことを評価した。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎イラン女性の石打ちによる死刑判決にバチカン介入か

 【CJC=東京】婚外の関係を持ったという理由で訴追され、姦通罪で石打ち
による死刑を言い渡されたイラン女性サキネ・モハマディ・アシュティアニさん
への同情が世界的に高まっている。
 バチカン(ローマ教皇庁)は、教皇ベネディクト16世がこの問題を注視して
おり、外交ルートを通じて介入する可能性も排除しない姿勢だと述べている。
 バチカン広報当局によれば、教皇は過去にも人道問題について当事者ではない
国から要請を受けた場合に外交ルートを通じて非公式に介入してきたという。
「教会は死刑に反対しており、特に石打ちは残虐だとの見解だ」と述べている。
 イタリア政府もアシュティアニさんの恩赦を訴えていると伝えた。外務省は外
交ルートを通じて恩赦を求めると表明。イタリアはイランにとって欧州連合(E
U)の中でも有数の貿易相手国。両国の商工会議所の統計によれば、2009年
の両国の貿易額は80億ドルを超えている。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪短信≫CJC通信Twitter速報『cjcpress』から。

≪アフリカ≫
▽スーダン南部の大沼沢地帯が、石油採掘により環境が汚染され、5500万住
民の飲料水に被害を与えている。独カトリック系人権団体『希望の徴』が調査結
果を、ケニアのナイロビで発表した。同地はナイル川の水源地帯。

≪北米≫
▽米福音ルーテル教会の同性愛容認傾向に反発、アリゾナ州フィニクスのラカー
サ・デ・キリスト・ルーテル教会は同派離脱に動いている。

≪中南米≫
▽中米ハイチの保健当局は11月16日、コレラの死者が1034人、入院感染
者は約1万6800人に上っていると明らかにした。半世紀以上コレラ感染がな
かったハイチで、国連ハイチ安定化派遣団ネパール部隊が派遣された9月以降に
コレラが流行、同部隊が「感染源」と疑われている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 《メディア展望》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  =カトリック新聞(11月21日)=http://www.cwjpn.com
★聖公会主教5人が転籍=カトリックへ=バチカンが確認
★「キリスト者の保護強化を」=イラクの教会爆破受け、バチカン高官
★信仰伝えたい人 集まろう!=入門講座担当者目指して=さいたま教区研修会
=栃木県・日光市
★日本カトリック部落差別人権委員会=東京で全国会議開催=「水平社宣言」学
び直す
★「カリタスこそ平和構築の道具」=菊地司教 韓国で講演=ソウルの平和フォ
ーラム

  =キリスト新聞(11月20日)=http://www.kirishin.com
★中国の教会から第4回訪日団=人事交流通し理解深める
★ヴォーリズ生誕130年記念式典=矢野義氏“バンザイなこっちゃ”
★日本福音振興会が功労賞を授与=湊、ヘック、伊藤の3氏
★『pen』『考える人』に次いで『一個人』=初心者向け“キリスト教入門”
★那覇地裁=沖縄靖国訴訟で請求棄却=遺族の権利侵害認めず

  =クリスチャン新聞(11月21日)=http://jpnews.org
★つながればネットワークに=地域発 リターニーが交流=ANRC
★愛と教育の両立がカギ=東京・玉川聖学院60周年
★日韓高校生 友情誓い合う=玉川聖学院高等部は韓国・崇義女子校と交流会
★気を落とさず 絶えず祈れ=横田早紀江さんを囲む祈り会10年
★中国・山東省=「家の教会」牧師を襲撃

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           ●世界キリスト教情報●ご案内
 ☆活動紹介・購読(無料)お申し込みは
         ……………………… http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/
 ☆既刊号をご覧頂くには …………………………
   (FAX版=PDF)http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
      (総合版=整形テキスト) http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
          (総合版=非整形テキスト) http://cjcskj.exblog.jp/
 ☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
             ……………………… http://www.kohara.ac/church/
        ●CJC通信●ご案内(転載使用はご遠慮願います)
 ☆掲出サイト …………………………… http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
 ☆速報をTwitterで発信しています ………… http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                   ■


skjweekly at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月15日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1034信

====================================
      ■■■■■■■  ■■■■ ■■■■   ■■■■■
     ■■■    ■   ■■ ■■  世界   ■■■
       ■■■■     ■■■■  キリスト教 ■■■
     ■    ■■■   ■■ ■■   情報  ■■■
     ■■■■■■■   ■■■■ ■■■■  ■■■■
     (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
  2010年11月15日(月)   第1034信(週刊・総合版)☆☆
====================================

             = 目 次 =
   ▼スウェーデン教会総監督が中国プロテスタント教会の変化を指摘
   ▼聖公会保守派聖職がいよいよカトリック教会へ
   ▼教皇はコーランも聖なるものと考えるようイラン宗教指導者期待
   ▼イスラエルの入植住宅新設計画で緊張高まる
   ▼古代都市エリコが観光名所として再開発へ
   ▼バチカンで「歴史的図書」に触れる展示
     ▼《短信》
     ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎スウェーデン教会総監督が中国プロテスタント教会の変化を指摘

 【CJC=東京】中国のキリスト教の様相が変化する中で、公認の中国基督教
協議会の重要性が減少している、とスウェーデン教会(ルーテル派)のアンデル
ス・ウェイリド総監督が香港でENI通信に語った。同氏はスウェーデン教会訪
問団のリーダーとして、11月7~14日に中国を訪問した。
 「私は、中国での成長勢力が諸教会の中にあると見ており、中国基督教協議会
は政府との連係の面では重要な地位にある。しかし事態は変わり、同協議会の影
響力は減少する可能性がある」と言う。
 観測筋は、プロテスタント教会の数と規模が拡大し、それが諸教会の連絡調整
機関としての協議会の役割を低めている、と見るようになった。
 同協議会は1980年、各地の教会の上部組織として設立された。1966年
から始まった文化大革命では信仰生活を表出することは実質的に禁止されていた
が、その収束を受けてのことだった。
 かつて存在していた教派は1950年代の「大躍進」時代に消滅していた。
 同協議会は、各地の教会を支援し、神学教育、聖書・賛美歌などの出版推進の
ために活動した。今もなお協議会は自身を「教派後」の組織と規定しており、実
際にも伝統的な教派とは異なり、特定の職制理解に拘束されてはいない。
 公認の協議会の重要性が薄くなるとしたら、中国のプロテスタント教会にとっ
て堅固な神学(教会論)を持つことが重要になる。「国家の規制で一つにされて
いないなら、教会論という思考が重要になる」とウェイリド氏は言う。
 各地の教会が活発になると、「各個教会が完全な教会ではありえない」ことが
理解されるべきだ、として「教会が健全に発展するには、特定の監督方式か相互
監督方式が必要になる。これは昔ながらの監督制だ」と指摘する。
 協議会は、中国のプロテスタントを少なくとも1800万人と推定している。
しかしさらに多数のキリスト者が非公認の『家の教会』に属していると見られる。
 スウェーデン教会訪問団は8人で構成され、杭州の華東神学院、南京金陵協和
神学院、河南省周口の訓練センターなどを訪問した。
 訪中の間に人権問題を持ち出すか、との質問に、ウェイリド総監督は「もちろ
ん教会がこれについて意識するよう奨励する。スウェーデンでも欧州ども、人権
問題は非常に重要だ」と述べた。
 スウェーデン900万人口の75%がスウェーデン教会に属している。同教会
はルーテル世界連盟では最大の加盟教会。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎聖公会保守派聖職がいよいよカトリック教会へ

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は2009年9月、英国国教会(聖
公会)からカトリック教会に入ることを望む聖職者・信者らに応えるための使徒
憲章を承認した。英国国教会のメンバーであることとこれまで守っていた典礼の
多くをそのまま保持しつつ加入を認めるという方式で、主教5人を含む聖職50
人が2011年にもカトリック教会に迎えられることになろう。
 これらの聖職者の1人、ロンドン東方エブスフリートのアンドリュー・バーナ
ム主教は、国教会の自由化傾向と、それに伴う保守派への扱いに幻滅を感じたこ
とが転会の動機になったと言う。
 「女性聖職を認めないのは時代遅れ、と言われるが、論議は神学よりも社会学
の領域のものになっている」とし、国教会が女性聖職反対派に適正な措置をとる
とした約束を果たしていない、と非難している。
 「アングロ・カトリック」と呼ばれる保守派の大多数は、女性叙階が2012
年に正式に決定されることになるか、最終段階での否決を期待して注視している。
 ケント州リッチバラのキース・ニュートン主教も、離脱を準備しているが、国
教会の自由化進展に失望した、と言う。「離脱は辛い。国教会には大きな世話を
受けた。しかしこれ(オルディナリアーティ)は嬉しい機会だ」として、今すぐ
オルディナリアーティに加わりたいという聖職者もいるが、しばらく様子見の人
もいる、と語った。
 近くのカトリック教会ノッティンガム教区のマルコム・マクマホン司教は、実
際にカトリック教会への聖職者加入は来年早々になるだろう、と言う。「オルデ
ィナリアーティは、時がたつと共に増えよう。もはや留まれないと感じるかどう
かは、国教会次第だ。国教会を混乱させることがカトリック教会の意図ではない」
 転会するとされているジョン・ブローダスト主教は、オルディナリアーティの
実情を注意深く見守っている、と語った。英国だけで約1000教会が女性司祭
を認めないと決議している。
 一方で、教皇が打ち出したオルディナリアーティに英国のカトリック教会司教
が全面的に賛成しているわけでもない。代表的な意見かどうかは分からないとし
ながら、聖書学者のN・T・ライト主教は、『チャーチ・オブ・アイルランド・
ガゼット』紙に、今でも伝統主義者がカトリック教会には多すぎるのに、と思う
聖職者もいる、と語った。□

※関連短信
▽英国国教会の霊的最高指導者カンタベリー大主教ローワン・ウイリアムズ氏が
11月17日に、バチカンを訪問する。キリスト教一致推進評議会設立50周年
記念式典に出席のため。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇はコーランも聖なるものと考えるようイラン宗教指導者期待

 【CJC=東京】イランの宗教指導者大アヤトラ・アブドラ・ジャヴァディ=
アモリがバチカン(ローマ教皇庁)諸宗教対話評議会議長のジャン=ルイ・トー
ラン枢機卿に、イスラム教の聖典コーランを、教皇ベネディクト16世が福音と
同様に聖なるものと考え、また米国の中東での行動を非難するよう期待している、
と語った。
 「教皇がコーランを福音書やトーラーと同様に聖なるものと考え、それを焼き
捨てるような恥ずべき行為を非難することを期待する」として、「イランの東側、
アフガニスタンやパキスタンでは人々が毎日殺されている。西側のイラクではテ
ロと殺害が毎日続いている」として大アヤトラは、中東全域で殺人が日常的だ、
と言う。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎イスラエルの入植住宅新設計画で緊張高まる

 【CJC=東京】パレスチナ自治政府が将来の独立国家の首都と主張する東エ
ルサレムで、米国や国連から懸念が示されているにも関わらず、イスラエルのベ
ニアミン・ネタニエフ首相は、ユダヤ人入植住宅約1300戸の新規建設計画を
進める方針を11月8日明らかにした。
 パレスチナ側が怒りの抗議を行なったところ、イスラエル警察は道路遮断とい
う対抗策に出ており、緊張が高まっている。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎古代都市エリコが観光名所として再開発へ

 【CJC=東京】聖書にもたびたび登場する都市エリコは、ヨルダン川河口付
近にあり、海面下250メートルと、世界で最も低い町として知られるが、1万
年の歴史を持っている。そこにサラム・ファイヤド首相が「エリコ1万年祝典」
を打ち出した。住民は特別に祝うほどのことはない、と冷淡だが、パレスチナ自
治区政府は、観光名所として再開発することにした。リゾート、空港、1000
エーカー(約16平方キロ)ものヤシ林などを造成すると言う。ただ総額5億ド
ル(約480億円)もの費用は民間に頼みだ。
 ファイヤド首相は「エリコ1万年祝典」を、パレスチナ国家の完成を目指した
国家プロジェクトの一環、と意気込んでいる。パレスチナ観光省は「古代史、文
化、宗教的遺産と地理学上の独自性」を打ち出して、エリコをベツレヘムに次ぐ
観光地になる、と期待している。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎バチカンで「歴史的図書」に触れる展示

 【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)の図書館が所有する貴重なコレク
ションに、実際に触れる気分を味わえる展示が11月10日から来年1月31日
まで開催される。
 ロイター通信によると、サンピエトロ広場にフレスコ画で飾られたバチカン図
書館の部屋を小さなサイズで再現、1492年に教皇に就任したアレクサンデル
6世のクリスマスミサ典礼書や1564年のダンテの「神曲」などの高品質な複
製品が並べられる。
 気分を盛り上げるため、来館者には白い綿の手袋が用意され、展示品に触れて
もらうという。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪短信≫CJC通信Twitter速報『cjcpress』から。

≪アジア≫
▽パキスタンの裁判所が11月11日、キリスト者の農場労働者アシア・ビビさ
んに、イスラム教の始祖ムハンマドへの侮辱罪で死刑判決を出した。4人の子ど
もの母親であるビビさんは、作業中に同僚に信仰の話をしていたという。

≪中東≫
▽テロ攻撃を受けたバグダッドの教会で11月7日、ミサが行われ、信徒60人
が出席した。

≪欧州≫
▽英国のクエーカー派の団体『ブリテン年会』(BYM)は、国際的な石油大手
BPへの投資を縮小した。
▽バチカン(ローマ教皇庁)はユーロビジョンの衛星を通じ、教皇ベネディクト
16世がクリスマスと新年ミサを執行するのを、全世界に同時中継する。クリス
マスの深夜ミサは現地時間午後4時から、25日のメッセージと呼び掛け「ウル
ビ・エト・オルビ」は午前6時から、新年ミサは同4時から。
▽バチカン(ローマ教皇庁)がアイルランドの聖職者による性的虐待問題に関す
る応答として、「使徒的訪問」を開始する。第1段階は2011年のイースター
までに完了する。
▽バチカンのキリスト教一致推進評議会が設立50周年を迎えた。
▽世界学生キリスト教連盟(WSCF)は11月9日、新総主事に米聖公会のク
リスチン・ハウゼル氏を選出した。
▽独福音教会(EKD)はハノーバーで開いた総会で11月9日、ニコラウス・
シュナイダー牧師(63)を同派評議会議長に選任した。

≪アフリカ≫
▽2011年1月9日、スーダン南部の独立をめぐる国民投票が行なわれるが、
世界教会協議会のオラフ=フィクセ・トゥヴェイト総幹事と世界福音連盟のジョ
フ・タンニクリフト総幹事は、自由で公正な投票が行なわれるよう、アフリカ始
め全世界の教会が声を上げるべきだと語った。
▽コンゴのカニャバヨンガで、クリスチャン・バクリン神父が、制服姿の2人に
射殺された。他の神父への脅しと見られている。

≪米州≫
▽米国のカトリック者には、悪魔に取り付かれたと恐れている人が多く、悪魔払
いの正式な訓練を受けた司祭が少ないところから、米司教協議会が11月11~
12日に対策会議を開催した。
▽バラク・オバマ米大統領は11月11日、韓国駐留の兵士に演説、北朝鮮の人
道危機を強調した。
▽国際アムネスティは、ジョージ・W・ブッシュ元米大統領がテロ容疑者の尋問
に「水責め」を使うことを容認していたことを犯罪だとして、捜査を要請してい
る。
▽米ネブラスカ州オークランドの第1合同メソジスト教会では、昨年末にオルガ
ニストのパット・アンダーソンさんが80歳を迎え、引退したが、後継者が見付
からない。音楽奉仕者2人はピアノしか弾けないのだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 《メディア展望》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  =カトリック新聞(11月14日)=http://www.cwjpn.com
★教皇、スペイン訪問=聖家族教会を献堂=いのちの擁護促す
★「待ちつづけた夢が叶うとき」=日本カトリック難民移住移動者委員会全国研
修会=フィリピンからの“花嫁”と日本人信徒の協働の実り=新庄教会の献堂も
祝う=山形
★エルサレムで総会=100年目の世界女性団体連盟
★全日本合唱コンクール大会で清泉女学院(神奈川)=中・高部門とも金賞に=
純心女子高(長崎)も銀賞を受賞
★教皇=「不条理な暴力」と非難=イラクで大聖堂占拠=多数の死者と負傷者

  =キリスト新聞(11月13日)=http://www.kirishin.com
★第37回日本基督教団総会=「一致」はいずこに?=常議員選挙は全数連記=
戒規関連議案、激論の末「審議せず」
★日本聖公会京都教区=被害者代理人・鎌田司祭が起訴受け=拘置所から「無罪」
訴え
★ライシャワー生誕100年で祝賀会=札幌子どもミュージカルが出演
★キリスト教文化協会=キリスト教功労者を顕彰=中山、モス、大木、高橋の4
氏
★フォンテス神父叙階50年=関係者ら120人が祝う

  =クリスチャン新聞(11月14日)=http://jpnews.org
★第3回ローザンヌ世界会議「ケープタウン決意表明」=苦悩する世界に「全福
音」を=誓約を深化「ケープタウン決意表明」
★第37回日本基督教団総会「一致はいずこに?」=未受洗者配餐めぐり紛糾=
北村慈郎牧師の免職決定で=石橋新総会議長 路線を継承
★“感謝・感激・感動”で信徒育成を=OBI創立20周年=使命新たに前進
★「聖書物語」朗読CD遺し長岡輝子さん逝去
★ルーテル学院理事長・石原寛氏が逝去

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           ●世界キリスト教情報●ご案内
 ☆活動紹介・購読(無料)お申し込みは
         ……………………… http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/
 ☆既刊号をご覧頂くには …………………………
   (FAX版=PDF)http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
      (総合版=整形テキスト) http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
          (総合版=非整形テキスト) http://cjcskj.exblog.jp/
 ☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
             ……………………… http://www.kohara.ac/church/
        ●CJC通信●ご案内(転載使用はご遠慮願います)
 ☆掲出サイト …………………………… http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
 ☆速報をTwitterで発信しています ………… http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                   ■


skjweekly at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月08日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1033信

====================================
      ■■■■■■■  ■■■■ ■■■■   ■■■■■
     ■■■    ■   ■■ ■■  世界   ■■■
       ■■■■     ■■■■  キリスト教 ■■■
     ■    ■■■   ■■ ■■   情報  ■■■
     ■■■■■■■   ■■■■ ■■■■  ■■■■
     (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
  2010年11月8日(月)   第1033信(週刊・総合版)☆☆
====================================

             = 目 次 =
   ▼教皇、サンチャゴ・デ・コンポステーラとバルセロナ訪問
   ▼聖公会南半球管区首座主教にチリのザヴァラ氏
   ▼キューバ福音派が教戒師300人の教習始める
   ▼キリスト者はどこにいても「目標」=アルカイーダ
   ▼ロビンソン主教、来年1月引退を発表
   ▼米経済誌フォーブスが「最も力のある人」選定、教皇を5位に
     ▼《短信》
     ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇、サンチャゴ・デ・コンポステーラとバルセロナ訪問

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は11月6日朝8時30分、ローマ
市郊外のフィウミチーノ空港を出発、11時30分にスペインのサンチャゴ・デ
・コンポステラ空港に到着、スペイン司牧訪問を開始した。空港で、教皇はフェ
リペ皇太子夫妻に迎えられた。
 教皇は、「人間は常に真理を求める歩みの中にある」と教皇は空港での歓迎式
典で述べながら、サンチャゴ・デ・コンポステーラの聖年を機会に、自分はキリ
ストへの愛を胸に歩む「巡礼者」としてこの地を訪れたと語った。教皇は、市内
を巡礼、市民と共にミサを捧げた。
 ガリシア州の州都サンチャゴ・デ・コンポステーラは、キリストの十二使徒の
1人、聖ヤコブの墓の上に立てられた大聖堂を中心とした街で、エルサレム、ロ
ーマに並ぶキリスト教の重要巡礼地。
 同地は、現在「聖ヤコブ年」と呼ばれる「聖年」が祝われている。教皇は大勢
の巡礼者たちに迎えられ、大聖堂に入った。
 聖ヤコブの墓前で深い祈りを捧げた教皇は、大聖堂に集まった人々への挨拶で、
「巡礼とは単にある場所を訪ね、その自然や美術や歴史に接するだけではなく、
何よりも自分自身から抜け出し、神に会いに行くこと」が大切と語った。
 教皇は、聖ヤコブを訪ねるその歩みを通して信仰のうちに自分自身を変容させ
ていった数知れない巡礼者たちの群れを想起し、ここで養われた文化、祈り、憐
れみ、回心が、教会や病院、宿や修道院という形で具現化されていったことを指
摘した。
 さらに教皇は、イグナチオ・デ・ロヨラ、アビラの聖テレジア、十字架の聖ヨ
ハネ、フランシスコ・ザビエルなど、偉大な聖人を輩出し、現代も様々な新しい
グループや活動が盛んなスペインの教会に励ましをおくると共に、この豊かな精
神遺産に刺激され、スペインはじめヨーロッパが人間の正真の真理・自由・正義
に基づいた、物質的追求にとどまらない倫理や社会に配慮した未来を築くことを
強く要望した。
 同日夕、オブラドイロ広場で行われたミサで教皇は、今日のヨーロッパに広が
る世俗主義に警告を発した。
 教皇は、神が人間と自由の敵であるという考えに対し、「神が愛していないの
ならば、神はこれらすべてを創造されただろうか」「神が人間を守ろうとしない
のならば、なぜ神はご自分を啓示されたのか」と問いながら、人間は神という光
のない闇の中に生きられないと強調。ヨーロッパの人々が喜びをもって神を取り
戻すように、と要望した。
 7日、教皇はバルセロナに移動、『サグラダ・ファミリア』の献堂ミサを行っ
た。
 ミサには、フアン・カルロス1世国王夫妻始め約30万人が参加した。教皇は、
祭壇の聖別をはじめとする献堂儀式を行い、『サグラダ・ファミリア』を「バシ
リカ」(重要な教会の称号)と宣言した。
 『サグラダ・ファミリア』は、カタルーニャ出身の建築家、アントニオ・ガウ
ディの設計で知られる。1882年の着工から130年近く経った今も工事が続
けられ、その完成は2026年を目標にしているともいわれる。
 ミサの説教で教皇は、ガウディを「天才建築家」であると同時に「尊厳ある厳
格な生活をおくり、信仰の灯を最後まで保った言動一致のキリスト者」と想起し
た。また教皇は、誕生からその自然な死に至るまでの人間の生活の基礎にある
「家庭」の大切さと、愛と祈りの学び舎であるその役割を強調、今日の社会にお
いて家庭を支え、保護する必要を訴えた。スペイン政府が同性間の結合を容認し
たことを念頭においてのものと見られる。ただ今回はあくまで司牧訪問であるこ
とから、政治的な問題に深く立ち入ることはなかった。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎聖公会南半球管区首座主教にチリのザヴァラ氏

 【CJC=東京】聖公会南半球管区第10回総会がアルゼンチンのブエノスア
イレスで行なわれた。アルゼンチン、ボリビア、チリ、パラグアイ、ペルー、ウ
ルグアイから主教、司祭、信徒が出席した。11月4日の首座主教選挙では、チ
リのエクトル・ザヴァラ主教を、2002年以来のグレゴリー・ヴェナブレス氏
の後任として選出した。任期3年。同管区首座主教にチリ人として初めての就任。
 チリではこの2月にマグニチュード8・8の地震が発生、死者800人、家屋
倒壊1500万戸の大被害を受けたが、その救援にザヴァラ氏は活躍した。その
際に氏は、世界の聖公会から多大な支援を受けたことに感動した、と語っている。
 今回総会では、女性の聖職叙階を認めるとの教憲改定案を否決した。聖公会管
区総会の決定には、主教、司祭、信徒の各部会の賛成が必要で、今回は主教と信
徒は賛成したものの、司祭部会は反対した。
 同管区は1981年成立、信徒総数2万2000人で、聖公会共同体の中では
最少規模だが、管轄地域は最大の部類。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎キューバ福音派が教戒師300人の教習始める

 【CJC=東京】中南米のキリスト教専門ALC通信によると、キューバ政府
が刑務所で福音派の礼拝を許可する見通しの下、キューバ教会協議会(CIC)
教戒師牧会宣教部会は10月18~27日、18教派の教戒師55人の教習コー
ス第1段階を終了した。
 教習はマタンザスの福音派神学校の支援を受けている。同協議会は総計300
人の教習を構想している。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎キリスト者はどこにいても「目標」=アルカイーダ

 【CJC=東京】バグダッドのカトリック教会襲撃後、イスラム教過激テロ組
織『アルカイーダ』が犯行を認めるとともに、キリスト者はどこにいても「目標
であり得る」と語ったことで、世界各地の抑圧されるキリスト者援助団体『バル
ナバス・ファンド』が、エジプトのコプト教会抑圧などキリスト者への迫害が広
がっていることに注意を呼び掛けた。
 「脅迫はキリスト教のあらゆるセンター、組織、制度、指導者、信徒にまで及
ぶ」と、『バルナバス・ファンド』は警告している。□

※関連短信
▽イラクから英国に本拠を移したアタナシオス・ダウッド大主教が、イラクのキ
リスト者に国外脱出を勧めている。英公営BBC放送が伝えた。
▽エジプトのホスニ・ムバラク大統領は11月6日、アルカイーダ系集団がエジ
プトのコプト教会キリスト者を脅迫していることを非難、保護を約束した。公営
MENA通信が報じた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎ロビンソン主教、来年1月引退を発表

 【CJC=東京】米聖公会ニューハンプシャー教区のジーン・ロビンソン主教
が11月6日、来年1月に引退する、と語った。同派初の公然同性愛者の主教と
して、世界聖公会共同体の分裂にも至りかねない賛否両論に巻き込まれてきたこ
とが、早期引退を決意させたものと見られる。ただ引退発表は、再任を予想して
いた総会出席者に衝撃を与えた。
 死の脅迫も受けたロビンソン氏は、「2004年以来の7年は、わたしにとっ
て、また家族にも、教区の皆さんにも重荷だった」と、コンコードで開催された
教区総会で語った。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎米経済誌フォーブスが「最も力のある人」選定、教皇を5位に

 【CJC=東京】米経済誌『フォーブス』が恒例の「最も力のある人」を選定、
発表した。」トップは中国の胡錦濤国家主席、2位、バラク・オバマ米大統領、
3位、サウジアラビアのアブドッラー・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウ
ード国王、4位、ウラジミル・プーチン・ロシア首相に次いで5位に教皇ベネデ
ィクト16世を選定した。
 宗教関係ではダライ・ラマが39位に名を連ねている。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪短信≫CJC通信Twitter速報『cjcpress』から。

《太平洋》
▽インドネシア・ジャワ島のムラピ火山の噴火による死者は、11月7日までに
少なくとも158人に上ったという。支援団体などによると、避難した周辺住民
は約20万人に上る。CNNが報じた。

《インド/パキスタン》
▽パキスタンで、ファトワー(イスラム法による見解)が殺害対象と認めた、ス
ルマン・ナスリ・カーン博士が11月1日、イスラマバード近郊のチャスマでレ
ンガや棒で殴打され重傷を負った。同氏はイスラム教からキリスト教へ改宗して
いた。

《中東》
▽イラクの首都バグダッドで、武装集団がキリスト教会を襲い信者らを人質に立
てこもった事件で、神父と信徒46人、治安部隊7人、武装集団側は5人が死亡
した。
▽フランスのベルナール・クシュネル外相は、バグダッドの教会襲撃事件の負傷
者約30人を手術のため、フランスへ搬送する、と訪問先のレバノンのベイルー
トで語った。
▽バグダッド教会襲撃事件の際、殺害されたシリア典礼カトリック教会の司祭の
1人が、9月に米国でコーラン焼却の計画が出た際に、教会員に最悪の事態に備
えるよう語っていたことが明らかになった。
▽国際アムネスティは、バグダッドのキリスト教会襲撃を、戦争犯罪だと決めつ
け非難した。

《欧州》
▽第二次大戦中の教皇ピオ12世を取り上げたイタリアのテレビ番組を「一方的
で明白な宣伝」と、ローマの主任ラビ、リッカルド・ディ・セニが11月2日批
判した。
▽バチカン(ローマ教皇庁)の国連常駐代表フランシス・チュリカット大司教が
11月1日、バグダッドでの教会襲撃にからみ、国連の宗教的寛容に関する報告
が、キリスト者への迫害に対して有効に機能していない、と批判した。
▽世界一高かったブラジル・リオデジャネイロのキリスト像を抜く高さ36メー
トルのキリスト像が、ポーランドのシフィエボジンに登場した。
▽英国国教会のウィリアム・フィッタル総会書記が11月1日、カトリック教会
に転向した人たちも、国教会の教会堂を使用出来る、と発言した。
▽ベルギー・カトリック教会聖職者の児童に対する性的虐待問題にからみ、超保
守派のアンドレ・レオナール大司教の報道担当ユルゲン・メッテペニンゲン氏が
大司教の姿勢に反発、辞任した。
▽ジュネーブで開催されたイスラム教・キリスト教の指導者・学者会議で、ヨル
ダンのハジ・ビン・ムハンマド・ビン・タラル王子は、他の宗教が弱小で抑圧さ
れている時には、それぞれに保護することが必要だ、と参加者に呼びかけた。
▽駐ノルウェー中国大使が各国政府に対し、12月10日にオスロで開かれるノ
ーベル平和賞の授賞式に出席しないよう警告する書簡を送っていたことが分かっ
た。
▽ロシア伝道を専門にする『ラッシャン・ミニストリーズ』が、今年のクリスマ
スに、旧ソ連圏全域の子ども5000人に向け、子ども聖書やプレゼントを入れ
たボックスを配布する。

《アフリカ》
▽コンゴとアンゴラ国境付近で、コンゴから退去を命じられた難民女性600人
以上が、性的虐待を受けたことがわかった。加害者の国籍が不明なため、国連は
両国がそれぞれ捜査に乗り出すよう要請している。

《米州》
▽英語聖書で奴隷を表わす言葉はギリシャ語で「ドゥロス」で124回使われて
いるが、奴隷と訳出されたのは1回だけで、後は全部「召使」とされている。キ
リストの友ではなく、奴隷となることを命令されているのに、聖書訳出の間違い
だ、と米国のジョン・マッカーサー牧師。
▽チリ鉱山落盤事件で地下に閉じ込められた鉱山作業員のホセ・エンリケ氏が、
サンチャゴで10月29日行なわれた大衆伝道者ルイス・パラウ氏の伝道集会に
出席、救助を待つ間に作業員33人のうち22人がキリストに従ったと語った。
▽米紙ワシントン・ポストなどによると、ジョージ・ブッシュ前大統領が、自分
の回顧録で、2001年の米同時テロの容疑者に水を浴びせて自白を迫る「水責
め」の尋問を承認したと記述していることが分かった。
▽米カトリック教会メイン州フォールリバー教区のジョン・P・ハリントン司祭
が、自らが前に司牧していたファルマスの聖パトリック教会の主任で教区代理の
ジョン・A・ぺリー司祭とセント・アンソニー教会のウィリアム・M・コステロ
司祭を、名誉毀損で同州上位裁判所に訴えた。
▽米キリスト教ラジオ放送番組では最長の歴史を持つ、大衆伝道者ビリー・グラ
ハム牧師の『決断の時』が60周年を迎えた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 《メディア展望》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  =カトリック新聞(11月7日)=http://www.cwjpn.com
★中東特別シノドス閉会=教皇、「平和は可能」
★バチカン、執行停止願う=イラク元副首相の絞首刑
★インドネシア=津波と火山噴火被害=教会も緊急支援に動く
★軍記物語で宣教師養成=17世紀、『太平記抜書』使う=上智大学キリシタン
文庫所長 高祖神父が校註版完成
★東京JOC=働く青年ら勉強合宿=年金、保険、職場環境学ぶ

  =キリスト新聞(11月6日)=http://www.kirishin.com
★『殉教と殉国と信仰と』出版記念シンポで高橋哲哉氏=「犠牲の論理」へ警鐘
★宮平勉牧師(日本福音教団)が窃盗容疑で逮捕=現地牧師会の抗議に反論
★日基教団第37回総会=新議長に石橋秀雄氏
★いのちのことば社60周年「オープンチャペル」=東後勝明氏「心の平安」を
強調
★「ケセン語」訳聖書の山浦玄嗣氏講演=「教会用語は世間に通じない」

  =クリスチャン新聞(11月7日)=http://jpnews.org
★教会・信徒=福音で一つに=関西フランクリン・グラハムフェスティバル=来
場者3万超=大阪城ホールに賛美と福音満ちる
★奄美豪雨で全島に霊的痛み=ホーリネス・大島教会、祈り要請
★ハイチでコレラ感染拡大=ワールド・ビジョンが予防活動
★窃盗容疑の牧師不起訴=地元牧師会は教団に抗議
★「きよめと怒り」問題提起=第25回関東聖化大会=S・ハーパー氏=「我々
は祭司の王国の一員」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           ●世界キリスト教情報●ご案内
 ☆活動紹介・購読(無料)お申し込みは
         ……………………… http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/
 ☆既刊号をご覧頂くには …………………………
   (FAX版=PDF)http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
      (総合版=整形テキスト) http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
          (総合版=非整形テキスト) http://cjcskj.exblog.jp/
 ☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
             ……………………… http://www.kohara.ac/church/
        ●CJC通信●ご案内(転載使用はご遠慮願います)
 ☆掲出サイト …………………………… http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
 ☆速報をTwitterで発信しています ………… http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                   ■


skjweekly at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月01日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1032信

====================================
      ■■■■■■■  ■■■■ ■■■■   ■■■■■
     ■■■    ■   ■■ ■■  世界   ■■■
       ■■■■     ■■■■  キリスト教 ■■■
     ■    ■■■   ■■ ■■   情報  ■■■
     ■■■■■■■   ■■■■ ■■■■  ■■■■
     (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
  2010年11月1日(月)   第1032信(週刊・総合版)☆☆
====================================

≪連絡≫カトリック教会消息筋のご指摘があり、「司教会議」を「司教協議会」
に変更します。その国のカトリック教会の最高議決機関を指す場合のことです。
司教協議会が招集または設置する“司教有資格者によって構成される会合”の場
合、「司教会議」とします。

             = 目 次 =
   ▼米カトリックとプロテスタントが洗礼の相互認知へ動く
   ▼スマトラ沖地震、津波で死者・行方不明者多数
   ▼イラクの教会を武装組織が襲撃、人質7人以上が犠牲に
   ▼中国山東省で、家の教会牧師襲撃受ける
   ▼北京のNGO雑誌『聖山』編集部に手入れ
   ▼教皇がホーキング氏に反論「宇宙は神の創造物」
     ▼《短信》
     ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎米カトリックとプロテスタントが洗礼の相互認知へ動く

 【CJC=東京】米カトリック教会司教協議会と北米キリスト教改革派教会、
長老教会(PCUSA)、アメリカ改革派教会、合同キリスト教会が、洗礼を相
互に公式に認知する方向で準備を進めている。
 米国でのカトリックと改革派の公式対話は10月8日に第7回を終了した。今
回は『この生きる水=洗礼の相互認知に関する合意』とユーカリスト(聖体また
は主の晩餐)に関する『この命のパン』の2文書が作成された。『この命のパン』
ではカトリックと改革派の教義の共通点と相違点を探った。
 カトリック司教協議会は11月にも、洗礼に関する合意採択を判断する。
 今回の動きは2002年、当時のバチカン(ローマ教皇庁)キリスト教一致推
進評議会議長のワルター・カスパー枢機卿の提案で始まった。カトリックと諸教
会の当局者、教区レベルや全国レベルでの交わりにおいて行なわれる洗礼の意義
と有効な執行に関する対話を強く打ち出したもの。
 特定の洗礼の有効性に関して疑念が発生する事例を検討する手続きと共に、洗
礼の相互認知を表明することで、共通の声明に到達出来よう、と言う。
 カトリック教会は、聖公会、ルーテル派ともそれぞれに対話を行なっている。
□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎スマトラ沖地震、津波で死者・行方不明者多数

 【CJC=東京】インドネシア・スマトラ島のムンタワイ諸島沖で10月25
日夜に起きたマグニチュード(M)7.7の地震で津波が発生した。また26日
夕、ジャワ島中部の活火山、ムラピ山(2968メートル)で26日夕に起きた
噴火、噴煙は1500メートルの高さまで達している。
 地震と津波により、付近では8割以上の家屋が倒壊したという。津波は3度襲
来した。最初に来た一番高い波は高さ7メートルほどに達し集落の建物をなぎ倒
したとの証言もある。家を失った村人らは掘っ立て小屋に避難していたが、食料
も薬品もない状態。
 米地質調査所(USGS)によると、震源はスマトラ島中部パダンの南約28
0キロで、震源の深さは約20キロ。AFP通信によるとムンタワイ諸島の当局
者は、高さ約4メートルの津波で10の村が壊滅したと語った。同諸島の人口は
約6万6000人。
 AFP通信などによると、津波の死者数は30日、414人に達した。一方、
行方不明になっていた住民135人が無事だったことが判明し、行方不明者は1
63人となっている。
 津波で損害を受けた地区に、国際カリタスなどが緊急救援活動を開始した。パ
ダンのマルティヌス・シトゥモラン司教によると、カトリック救援組織『カリタ
ス』のチームが津波被災地区にすでに入り、生存していた司祭4人、修道女4人
と共に救援に当たっている。
 プロテスタント系の救援組織『教会世界奉仕』(CWS)翼下の『ACT(教
会一致行動)連盟インドネシア』のスタッフも乳児用の救援キット140個と共
に28日現地に入り、実態調査と援助の方向検討を開始した。
 一方、ムラピ山噴火では当初、計25人が死亡したとされたが、死者数は増え
る見込みで、負傷者も数十人に上る。噴火による火砕流も複数回発生しており、
数千人がパニック状態で避難しているという。
 小規模な噴火が事前にあり、火口周辺では避難勧告が出されていたが、一部住
民は避難勧告に応じなかったという。また、避難した住民の多くも昼間は農作業
や牛の世話などのために避難先から自宅に戻っていた。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎イラクの教会を武装組織が襲撃、人質7人以上が犠牲に

 【CJC=東京】イラクの首都バグダッド中心部で10月31日夕、銃を持っ
た武装グループがサイダート・アルネジャル・カトリック教会を襲撃し、信者な
ど約120人を人質にして立てこもった。数時間後にイラクの治安部隊が突入し
た。犯人らは手りゅう弾などを身にまとい、自爆攻撃を行ったという。
 イラク警察によるとして報じられたところでは、武装グループは、拘束されて
いるアルカイダのメンバーを釈放しなければ人質を殺害すると脅迫していた。こ
の事件で容疑者8人が逮捕された。
 現場に居合わせた英紙ガーディアンの記者は、同日夜のミサが始まろうとした
ところへ銃を持った男たちが乱入した。当時教会の中には約50人がいて、神父
が奥の部屋へ誘導したという。人質になっていた男性の証言によると、神父は武
装集団が教会を急襲した直後に殺害された。
 米CNN放送が警察調べとして報じるところによると、37人が死亡、57人
が負傷した。犠牲者の中には犯人と治安要員のほか、人質少なくとも7人が含ま
れるという。
 現地の米軍当局は、救出作戦の際に人質7~10人のほか、イラク治安部隊7
人、武装グループ5─7人が死亡したと発表。負傷者は最大30人に上るとして
いる。
 今回の攻撃については、事件後にスンニ派の武装集団で結成されたアルカイダ
の関連組織『イラク・イスラム国』と名乗るグループがウェブサイトに犯行声明
を掲載した。
 武装集団は同日午前、中心部にある証券取引所を襲撃した後、近くにある教会
に押し入ったと見られる。取引所を襲撃した武装集団は、イラク政府に人質の解
放と引き換えに刑務所に収監されている受刑者らの釈放を要求していたという。
□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎中国山東省で、家の教会牧師襲撃受ける

 【CJC=東京】米国に本拠を置く中国のキリスト教抑圧監視団体『対華援助
協会』の発表によると、中国山東省餃州教会のザン・ガン(戦剛)牧師が10月
26日、恒例の朝の聖書研究のために、教会員と一緒に教会に到着した際、平服
の暴漢に襲撃された。同牧師は家の教会連合の総幹事を務めており、『対華援助
協会』は暴漢が地元の公認・三自愛国運動教会に雇われたものと見ている。教会
員たちは会堂として使用している建物から強制的に排除されたという。
 襲撃は三自愛国運動指導者の子息たちにより組織されたものと見られるが、い
ずれもキリスト者ではない、という。同協会は、国務院宗教局の関係者が背後に
いる、と報じた。この関係者は、ザン牧師を教会に立ち入らせないのは、彼が三
自愛国運動教会の指導者ではないからだ、と語った。結局、ザン牧師に導かれて
いるキリスト者1000人近くは、通常の集会は出来なくなった。
 同協会は、山東省の三自愛国運動関係者に、家の教会キリスト者への攻撃中止
を要請した、と語った。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎北京のNGO雑誌『聖山』編集部に手入れ

 【CJC=東京】北京のNGO(非政府組織)『中福聖山研究所』の雑誌『聖
山』編集部が北京市公安当局によって10月27日捜索された。言論・宗教の自
由などを求める『08憲章』を起草した人権活動家で作家・詩人の劉暁波(リウ
・シアオ・ポー)氏(54)がノーベル平和賞受賞者に決定したことへの反発が
影響したものと見られる。
 このほどアフリカのケープタウンで行なわれた第3回世界宣教ローザンヌ会議
には当初大代表団が参加するものと予想された中国だが、直前になって出国許可
が差し止められるなど、中国政府のキリスト教抑圧姿勢が公然化している。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎教皇がホーキング氏に反論「宇宙は神の創造物」

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は10月28日、バチカン(ローマ
教皇庁)科学アカデミーで講演し、理論物理学者スティーブン・ホーキング氏の
説に間接的な反論を展開、宇宙は神の創造物だと言明した。
 ホーキング氏は9月出版した著書「グランドデザイン」で、宇宙誕生に神が必
要ないことは物理学の法則に示されていると主張している。
 米CNN放送(日本語電子版)によると、教皇は、「科学者は世界を創造して
いるわけではなく、それについて学び、まねようとしている」とし、科学者の役
割は普遍の法則を創造することではなく観察することにあると強調、そこから導
き出される結論として「人間ではない全能の知恵が存在し、それが世界を支えて
いることを認めざるを得ない」と述べた。
 教皇は、科学アカデミーについても「教会が科学研究を重んじ、科学の熱意に
感謝していることの証」だとしている。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《短信》CJC通信Twitter速報『cjcpress』から。

≪アジア≫
▽昨年末、中国から福音を大声で叫びながら渡河、北朝鮮に入国しようとして逮
捕、43日間拘禁された、韓国系米国人ロバート・パク氏(28)が韓国を訪問、
AP通信に、犯罪を認め痛恨したのは強制的なものだった、と語った。
▽北京最大のカトリック教会『北堂』(救世主堂)の修復が10月23日完成し
た。ゴシックスタイルで、北京在住の信徒の拠り所としての栄光が再現された。
2年がかりで経費3000万元(約6億4000万円)。

≪中東≫
▽10月24日閉幕した中東特別司教会議(シノドス)について、反イスラエル
感情に支配された、とイスラエル政府のダニー・アヤロン外務副長官がエルサレ
ム・ポスト紙上で批判した。
▽イスラエルとパレスチナ自治区のキリスト教聖地の管理者としてバチカン(ロ
ーマ教皇庁)が任命したペイルバチスタ・ピッザバッラ神父(フランシスコ会)
が、中東特別司教会議(シノドス)が偏見に満ちたものだというイスラエルの批
判に反論した。
▽パレスチナ自治区政府は、古代都市エリコを観光名所として再開発する。総額
5億ドル(約400億円)の資金は民間に頼る。

≪欧州≫
▽バチカン(ローマ教皇庁)は、イタリア警察が2300万ユーロ(約24億円)
のバチカン銀行資産を凍結したのを受け、欧州連合の規定に準拠する方針を明ら
かにした。
▽教皇ベネディクト16世は次回司教会議を「キリスト教信仰を伝えるための新
しい福音宣教」主題に2012年に開催する、と10月24日、中東特別司教会
議の閉会式典で発表した。
▽教皇ベネディクト16世が来年前半にクロアチアの首都サグレブを訪問する、
とクロアチアのイヴォ・ヨシポヴィッチ大統領と司教協議会会長のヨシップ・ボ
ツァニック枢機卿が10月29日発表した。
▽教皇ベネディクト16世がスペインを訪問、11月6日には聖地サンチャゴ・
デ・コンポステラを訪れるが、それを機会に同地に集まる巡礼・観光客は20万
人と予想されている。
▽スイス・ルツェルンのカトリック教会がバチカンの意向に反し、HIV/エイ
ズ感染防止キャンペーンの一環として、コンドームを配布した。
▽英カトリック教会ヨークシャー州ミドルスバラ教区は、コミュニティホーム運
営の責任を問われ、性的虐待を受けた生徒142人へ800万ポンド(約10億
4000万円)賠償へ。

≪アフリカ≫
▽南ア・ケープタウンのオペラ座がイスラエルで公演する計画に、ノーベル平和
賞受賞者のデズモンド・ツツ大主教が、キャンセルを呼び掛けた。
▽南アのユダヤ人代表者会議は10月27日、「平和と理解は、イスラエル、南
ア、パレスチナ自治区の間の建設的、積極的な関わりによって得られるもので、
ボイコットによってではない」と、ツツ大主教のオペラ公演中止の呼び掛けを批
判した。

≪米州≫
▽米・南部バプテスト連盟はセントルイスで開いた総会で、新会長にマシュー・
C・ハリソン氏を任職した。
▽ブラジル北東部フォルタレサ大司教区のサンルイスドクルで、ホセニール・モ
ライス・サンタナ神父(48)が、10月25日朝、車中で死んでいるのを発見
された。背後から打ち込まれた弾丸が心臓を貫通していた。1995年に司祭に
叙階された同神父、簡素な生活で知られていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 《メディア展望》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  =カトリック新聞(10月31日)=http://www.cwjpn.com
★聖性の「輝かしい模範」と称賛=イエズス孝女会創立者聖クララ会修道女ら=
教皇、6人を列聖
★来年の「教区宣教大会」に向け=ことしのテーマは「養成」=高松教区民の集
い=高知地区
★ホームレスの15%に自殺の危険=高齢、障がい、家族なく…=路上に“引き
こもり”=難民移住移動者委員会道の司牧研修会
★教皇=24人を新枢機卿に=アジアからはただ1人
★フィリピン=台風13号でカトリック系援助団体=被災者数万人を支援へ

  =キリスト新聞(10月30日・休刊)=http://www.kirishin.com

  =クリスチャン新聞(10月31日)=http://jpnews.org
★「韓国を祝福します」=併合100年=ソウル、仁川でGod Bless 
You コンサート=作者の岩淵さんも感涙
★第3回ローザンヌ会議開幕=中国代表ら参加足止め
★「強い円への信念 一貫」=福井前日銀総裁 速水優氏の思い出語る
★ISC大会に向けネットワーク強化=スポーツネットがカンファレンス
★TCU20周年=宣教200年へ使命検証=11月 記念行事開催

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           ●世界キリスト教情報●ご案内
 ☆活動紹介・購読(無料)お申し込みは
         ……………………… http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/
 ☆既刊号をご覧頂くには …………………………
   (FAX版=PDF)http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
      (総合版=整形テキスト) http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
          (総合版=非整形テキスト) http://cjcskj.exblog.jp/
 ☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
             ……………………… http://www.kohara.ac/church/
        ●CJC通信●ご案内(転載使用はご遠慮願います)
 ☆掲出サイト …………………………… http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
 ☆速報をTwitterで発信しています ………… http://twitter.com/cjcpress/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                   ■


skjweekly at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)