2012年12月

2012年12月31日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1145信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)     2012年12月31日(月)    第1145信 ☆
====================================

≪連絡≫2012年の配信はこれでおしまいです。主のお守りのうちに新しい年
をお迎えになられますよう、お祈りいたします。新年は7日よりお送りいたしま
す。引き続きご愛読くださいませ。(主宰者)

             = 目 次 =
     ▼パレスチナのキリスト生誕の地でクリスマス祝う
     ▼イスラエルの考古学者がイエス生誕の地に別説
     ▼教皇がイブのミサで中東和平呼び掛け
     ▼ナイジェリア北部でクリスマスの教会襲撃される
     ▼エジプト新憲法案が国民投票で承認、と発表
     ▼「不信仰」が今や世界第三の巨大「宗教」に
     ▼世界初の英語・同性愛版『クイーン・ジェームズ聖書』
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎パレスチナのキリスト生誕の地でクリスマス祝う

 【CJC=東京】イエス・キリスト生誕の地とされるパレスチナ自治区ヨルダ
ン川西岸のベツレヘムには、クリスマスを祝おうと世界各地から大勢の人々が訪
れた。海外からの巡礼や観光客は1万人を越え、ホテルは満員。
 聖誕教会前の馬小屋広場には、キリスト者とイスラム教徒が混じるパレスチナ
住民や、エルサレムからやって来た多数の巡礼が詰めかけ12月24日は早くか
ら満員状況。ミュージシャンや聖歌隊が野外ステージで演奏、群衆を楽しませた。
 同日深夜から25日未明にかけて、恒例のクリスマス・ミサが行われた。聖誕
教会に隣接する聖カテリナ教会で24日夜行われたミサには、パレスチナ自治政
府のマフムード・アッバース大統領も参列した。
 カトリック教会のフォアド・トワル・ラテン典礼総大司教は、「聖地における
正義と平和によってのみ、中東および世界の均衡と安定を再び実現できる」と述
べ、中東や世界の平和実現を願い、祈りをささげた。同司教は、ミサに先だって、
真の自由への道は依然長いが「主キリストの生誕とパレスチナ国家の誕生」を祝
う今年のクリスマスは二重の喜びだと語っている。
 パレスチナは2011年10月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に正式加
盟した。そして12年6月には、聖カテリナ教会に隣接する聖誕教会と巡礼の道
がパレスチナ初の世界遺産に登録され、11月には、国連のオブザーバー資格を
「国家」に格上げする総会決議が採択されるなど、記念すべき年となった。
 ただイスラエルは、占領地東エルサレムとベツレヘムとの間を分断する形で入
植者住宅地を建設するなど「国家」格上げへの報復措置を打ち出しており、中断
している和平交渉の再開は見通しは立っていない。□

――――――――
◎イスラエルの考古学者がイエス生誕の地に別説

 【CJC=東京】イスラエルの考古学者が、イエス・キリストが生まれたのは
ヨルダン川西岸のベツレヘムではなく、イスラエル北部にあるベツレヘム・ガリ
ラヤだとの結論に達した。
  考古学者アヴィラム・オシリ氏は、同地を10年にわたって発掘してきた。そ
  の結果、ベツレヘム・ガリラヤはキリスト時代、ユダヤ人が住んでいたが、ヨ
  ルダン川西岸のベツレヘムには当時、ユダヤ人が居住していた証拠がないとい
  う。
 またベツレヘム・ガリラヤは、イエスが少年時代を送ったとされるナザレの西
方数キロの地点にある、と同氏は指摘する。身重のマリアがナザレから100キ
ロ以上も離れたエルサレム近郊のベツレヘムよりも、ガリラヤのベツレヘムに向
かったとする方が自然という見解。□

――――――――
◎教皇がイブのミサで中東和平呼び掛け

 【CJC=東京】クリスマスを迎えた12月24日、バチカン(ローマ教皇庁)
のサンピエトロ広場には、南イタリア・モリーゼ州からもたらされたモミノキが
そびえ、その横には大型のプレゼピオ(イエスの降誕を再現した馬小屋の模型)
が飾られた。
 教皇べネディクト16世は同日夜22時から、サンピエトロ大聖堂で主の降誕
を祝う深夜ミサを行い「イスラエルとパレスチナの人々が神の平和と自由の下に
生活できるように祈ろう」と述べ、中東和平を呼び掛けた。
 教皇は、キリストの生誕地とされるヨルダン川西岸ベツレヘムに「現在住み、
苦しんでいる人たちに思いを寄せるべきだ」と強調した。また紛争が続くシリア
やイラクなどにおける平和を願い、「キリスト者とイスラム教徒が共存して、そ
れぞれの国を建設できることを祈ろう」と訴えた。
 85歳と高齢のため体力の衰えが指摘される教皇は、同日のミサでも車輪の付
いた台座を従者に押してもらって祭壇に到着した。□

――――――――
◎ナイジェリア北部でクリスマスの教会襲撃される

 【CJC=東京】ナイジェリア北部ヨベ州とボルノ州で12月24日、クリス
マス・イブの礼拝を行っていた教会2カ所を武装集団が襲い、牧師など少なくと
も12人が死亡した。ナイジェリアは北部にイスラム教徒が多く、南部はキリス
ト者が多数派を占める。
 ヨベ州では、武装グループがポティスクム近郊のフィリ村をクリスマス早朝に
襲撃、『クライスト・イン・ネーションズ』教会の徹夜礼拝をしているところを
牧師など6人を殺害した。『クリスチャン・ソリダリティー・ワールドワイド』
(CSW)によると、教会と住居20棟が焼失した。
 隣接したボルノ州でも、州都マイドゥグリの第一バプテスト教会でイブ礼拝を
行われている所を武装集団が襲撃、教会役員ら6人を殺害した。
 北部では2011年のクリスマス当日にも、イスラム過激派組織『ボコ・ハラ
ム』がキリスト者を狙ったとみられる襲撃が相次ぎ、30人以上の死者が出た。
今回の襲撃も『ボコ・ハラム』によるものではないか、と見られる。
 グッドラック・ジョナサン大統領は23日の声明で、治安の改善を改めて約束
していたが、繰り返される襲撃事件に、国民は不満を募らせている。警察と軍は
教会防護対策を立て、北部での治安強化に乗り出したものの、大都市カノなどで
はクリスマス当日にも信徒の姿は見られなかった。
 教皇ベネディクト16世は、例年行っているクリスマス・メッセージの中で、
「残虐なテロ行為が、キリスト者を多く含む人々の命を奪い続けているナイジェ
リアに、平和が訪れるように」と述べている。
 『ボコ・ハラム』による襲撃とそれにからむ一連の暴動による死者は、200
9年以降、治安部隊に殺害された者も含め3000人に上るとされている。国際
人権団体『ヒューマン・ライツ・ウォッチ』によると、同国北部と中部では10
年以降、教会襲撃事件が少なくとも18件発生している。□

――――――――
◎エジプト新憲法案が国民投票で承認、と発表

 【CJC=東京】エジプトの選挙管理委員会は12月25日夜、イスラム色の
濃い新憲法案が国民投票で63・8%の賛成を得たと発表した。投票率は32・
9%。
 新憲法案は、大統領任期を4年として旧憲法の6年より短縮し、無制限だった
再選も2期8年に限定した。ただし、旧憲法が定めた男女平等の記述が削除され
ているなど、世俗リベラル派は批判を強めている。
 エジプト民主化の焦点は今後60日以内に実施される下院(人民議会から改称)
選に移る。□

――――――――
◎「不信仰」が今や世界第三の巨大「宗教」に

 【CJC=東京】米調査機関『ピュー・リサーチ・センター』の「宗教と公的
生活に関する部門」が230以上の国・領土を対象に行った調査では、2010
年の世界総人口69億人の84%、58億人が何らかの宗教に属している。ただ
特定の宗教に属さない「不信仰」者が11億人おり、「宗教」としては第三勢力
になっていることがあきらかになった。調査結果は12月18日発表された。
 宗教グループの最大はキリスト教で22億人(32%)、第2位がイスラム教
16億人(23%)、続いてヒンズー教10億人(15%)、仏教5億人(7%)、
ユダヤ教1400万人(0・2%)、その他アフリカ、中国、米国先住民、アボ
リジンなど民俗宗教・伝統宗教に属す人が4億人。さらにバハイ教、ジャイナ教、
シーク教、神道、道教、天理教、ゾロアスター教などの信徒が約5800万人
(1%未満)と推定される。
 世界人口の16%に当たる11億人が宗教と無関係のグループを構成し、宗教
集団として見ると第3位につけていることも明らかになった。世界のカトリック
者に匹敵する規模。この中には、無神論者や不可知論者などの他、神や普遍的な
霊を信じているという人も含まれている。
 地域的な分布では、キリスト者が最も広範囲。ユダヤ教徒は北米と中東に集中
している。
 「不信仰」の76%はアジア・太平洋地域、特に中国に集中している。文化大
革命当時に宗教が抑圧されたことが影響したと見られる。□

――――――――
◎世界初の英語・同性愛版『クイーン・ジェームズ聖書』

 【CJC=東京】英語聖書では世界初の「同性愛聖書」が、オンライン書店
『アマゾン』で先頃発売された。販価34ドル95セント(約3000円)。
 『クイーン・ジェームズ聖書』という表題の同書、編集者は『キング・ジェー
ムズ聖書』(欽定訳)を、「神の言葉について、同性愛嫌悪的な誤解を避ける」
ように再訳出した、と述べている。
 アマゾンで販売されてはいるものの、発行者、編集者、訳出者などが明らかに
されていない。著者は「神」とされており、貢献者(コントリビューター)の項
は「イエス・キリスト」と表示されている。
 英語圏では、早くも否定的評価が出されているが、肝心の責任者が匿名とあっ
て、実像探しの方が関心をひきそうだ。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》
 キリスト教界紙は年末休刊しています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月17日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1143信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)     2012年12月17日(月)    第1143信 ☆
====================================

             = 目 次 =
     ▼イスラム主導のエジプト新憲法案にキリスト者ら反発
     ▼米小学校乱射の動機解明へ「有力な証拠」?
     ▼米教会協議会が改めて銃規制に取り組む
     ▼現地のカトリック聖職者も「緊急出動」
     ▼中国で『全能神』教団幹部ら摘発
     ▼教皇が初のツィートで信者からの質問に回答も
     ▼日本人ツイッターが教皇に暴言してブロック?
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎イスラム主導のエジプト新憲法案にキリスト者ら反発

 【CJC=東京】イスラム主導のエジプト新憲法案の是非を問う国民投票が1
2月15日始まった。ムハンマド・モルシ大統領に近いイスラム主義者が起草を
主導したことからイスラム色が強まることへの懸念が高まり、世俗・リベラル派
や人口の約1割を占めキリスト者(コプト教徒)らが反発している。ただ投票に
は参加、反対票を投じたものと見られる。
 新憲法案は、旧憲法(1971年制定)、革命後の軍政が出した憲法宣言(暫
定憲法)に代わるもの。
 全国の判事でつくる『判事組合』が11日、モルシ大統領の独裁的手法に反発、
投票の監視任務のボイコットを表明、判事の9割がボイコットしたことから、モ
ルシ大統領は同日夜、国民投票を15日と22日の2回に分けて行うことを決定
した。選挙を監督する判事の人数不足への対応を示したもの。
 カイロ、アレキサンドリアなど都市部を中心とした1回目の投票が15日に行
われ即日開票された。有力紙『アルアハラム』(電子版)の非公式集計によると、
賛成票が56・5%、反対が43・5%だった。公式結果は22日の2回目投票
後に発表される。
 新憲法案は、有権者約5100万人の投票数の過半数で承認される。22日の
2回目投票は保守的で賛成派が優勢とみられる農村部が大部分で、新憲法案は賛
成多数で承認される公算が大きい。
 『アルアハラム』による各地の開票所などからの結果集計として、共同通信が
報じるところでは、第1回投票では賛成約460万票、反対約353万票、投票
率は33%だった。1回目が実施された10県のうち、首都を含むカイロ(反対
56・9%)など2県では反対が上回った。
 新憲法案が成立しても、反大統領派の連合体『国民救済戦線』はモルシ政権と
の対立姿勢を続けると見られる。今回の国民投票についても選挙違反などを理由
に不正投票と非難を強めており、混乱は収まりそうにない。その中で存在感を高
めているのがエジプト国軍。再び大きな衝突が起きれば軍が介入するとの見方も
ある。□

――――――――
◎米小学校乱射の動機解明へ「有力な証拠」?

 【CJC=東京】米コネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で
児童たち26人が死亡した12月14日の銃乱射事件で、州警察は15日、犠牲
者全員の名前を公表。児童20人は6~7歳の男児8人、女児12人だった。大
人6人は全員女性。
 州検視官は、犠牲者全員がライフルで2発以上撃たれ、これが死因となったこ
とを明らかにした。
 また、州警察当局は、事件を起こしたとされるアダム・ランザ容疑者(20)
の動機の解明につながる「非常に有力な証拠」を押収したと明らかにした。ただ
具体的な説明はしていない。
 バラク・オバマ大統領は、遺族を慰め、現地の高等学校での超教派の「通夜」
に参列するためワシントンを出発した。その際、州警察は付近の『セント・ロー
ズ・オブ・リマ』カトリック教会を爆破するとの予告があったとして、同教会を
捜索したが危険物は発見されなかった。ただ安全確保のため、同教会を終日封鎖
した。□

――――――――
◎米教会協議会が改めて銃規制に取り組む

 【CJC=東京】米教会協議会(NCCUSA)のカスリン・ロール議長は、
コネチカット州ニュータウンの小学校で起きた児童ら射殺事件に「ショックと深
い悲しみ」を表した。「母親と父親が今夜抱いている悲しみを、私は親として担
えない。我が子を抱きしめたいというオバマ大統領の思いを今夜は特に分かち合
いたい。それがもはや出来なくなった両親が、コネチカット州にたくさんいるこ
とを思うと胸が張り裂ける」と語った。
 ロール議長は、ニュートン射殺事件のような悲劇は、神学者や聖職者にとって
説明出来ない、として「しかしわたしたちは、神が愛の神であること、そして神
も今夜深く悲しまれておられるという信仰において慰めを求めている」と語った。
 同議長は、教会協議会が、長年にわたって銃による暴力に懸念を示して来た、
と指摘。協議会が2010年発表した決議『銃暴力の終結、行動への呼び掛け』
で問題に取り組むため、教会、政府、個人が協力するよう要請している。□

――――――――
◎現地のカトリック聖職者も「緊急出動」

 【CJC=東京】米コネチカット州ニュータウンの小学校で12月14日発生
した児童らの大量射殺事件に、付近を管轄するカトリック教会ブリッジポート教
区の『セント・ローズ・オブ・リマ』教会司祭は現場に急行、被害者や関係者の
問安に当たった。同教会はニュータウンでは唯一のカトリック教会。
 同教区のブライアン・ウォレス広報担当は、「小教区(教会)は大きく、活動
的だが、とにかく現場に近かった。事件発生直後にボブ・ワイス神父は現場で家
族たちと救援活動を行った。他の司祭にも急報して呼び寄せた。事態が判明する
につれて、周辺の全聖職者にも呼び掛けた」とカトリック通信CNAに語った。


――――――――
◎中国で『全能神』教団幹部ら摘発

 【CJC=東京】中国・青海省公安当局が、宗教集団『全能神』の摘発に乗り
出し、12月13日夜、幹部37人の身柄を拘束した。国営新華社通信や人民日
報などのメディアが16日伝えた。
 『全能神』は中国が共産党という「赤い竜」に支配されているとして、共産党
の「絶滅」に向けた決戦を呼びかけていたという。
 政府公認の中国基督教協会などによると、『全能神』は1990年代に河南省
から広まった。イエス・キリストが生まれ変わった『閃電』(稲妻)という女性
が「光臨」、人類に審判を下すと宣伝、「共産党を絶滅させ、全能神が治める国
家を打ち立てよ」と呼びかけた。
 現在の信徒数は不明。国務院宗教事務局が「邪教」として取り締まりを強めて
いたという。□

――――――――
◎教皇が初のツィートで信者からの質問に回答も

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は、12月12日行われた一般接見
の席で、初めてツィッターを通じてメッセージを発信した。
 教皇の最初のツィートは、イタリア語、英語、フランス語、スペイン語、ポル
トガル語、ドイツ語、ポーランド語、アラブ語の8言語。フォロワーは、この日
すぐに100万人に達し、翌13日朝には170万人となった。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、一般接見中、教皇は関係者の説明を
受けながら「親愛なる友人の皆さん、喜びのうちに、ツィッターを通し皆さんと
一致します。心から皆さんを祝福します」と最初の言葉をツィートした。
 この機会に、教皇に向けた信者からの質問が公募されていた。教皇は「信仰年
をより良く過ごすために日常生活をどのように過ごすべきか」という質問に、ツ
ィッターを通して、「祈りの中でイエスと対話し、福音の中でイエスがあなたに
話しかけることに耳を傾け、必要に迫られている人々の中におられるイエスと出
会うこと」と回答した。
 さらに、「希望のない世の中で、どのようにイエス・キリストにおける信仰を
生きることができるか」との質問には、「神を信じる者は決して独りぼっちでは
ないという確信を持つこと。神は人生を築く上での確かな岩であり、神の愛は常
に誠実」と答え、「仕事や、家庭、世の中の問題で頭が占められている時、祈り
により適した状態にあるためにはどうしたらよいか」に対しては、「自分が行な
うすべてのことを主に捧げ、日常生活のあらゆる場面で主の助けを仰ぎ、神がい
つもあなたのそばにいることを思い出してほしい」と回答した。□

――――――――
◎日本人ツイッターが教皇に暴言してブロック?

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世がツイッターを始めたニュースは、
宗教の壁を越えるものとして、世界のメディアの関心をひき、リツイート(ツイ
ッター上での返信)も多数に上っている。
 その中には、他のツイッターと同様、からかいの書き込みも多い。日本語が混
じった表現から日本人発と見られるもので、教皇に対し「あまりに失礼」な発言
もあった。これが日本のネット上でも取り上げられ、教皇に謝罪の書き込みをし
た人も出ている。
 教皇に「Shine!」、続けて「死ね」と英語で書き込んだものまで現れた。
この書き込みは、その後バチカンによってブロック(阻止)されたと見られる。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(12月16日)=http://www.cwjpn.com
★「『新しい創造』基本計画、第3期に向けて」発表=来春以降3年間の復興支
援=仙台教区
★「心のともしび運動」創立60周年=ラジオ放送1万5千回=記念ミサ 東京
カテドラルで
★自死者のための追悼ミサ=回を重ねて広がり見せる=東京・麹町教会で司教司

★教皇の公式「ツイッター」=一致への“橋渡し役”に
★フィリピン南部の台風被害=カリタスが救援急ぐ

 =キリスト新聞(12月15日・休刊)=http://www.kirishin.com

 =クリスチャン新聞(12月16日・休刊)=http://jpnews.org

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――




skjweekly at 10:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年12月10日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1142信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)     2012年12月10日(月)    第1142信 ☆
====================================

             = 目 次 =
     ▼カトリック福祉団体への教会管理強化
     ▼教皇がツイッターでも布教活動へ
     ▼エジプト新憲法案めぐり国内対立激化
     ▼「中国がキリスト者最大国に」とコックス氏
     ▼聖書訳出が進展、とウイクリフ聖書翻訳協会
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎カトリック福祉団体への教会管理強化

 【CJC=東京】カトリック救援団体が教義に反する活動をしていないか司教
が厳密に監督しなければならない、という新指針を教皇べネディクト16世が1
2月1日公布した。
 新指針は、カトリック系の救援団体は「活動に際してはカトリックの教義に従
い」、その原則を危うくするような「関係を受け入れてはならない」と述べてい
る。また救援団体が、「教会の教義に反する目的を遂行している団体や制度から」
の資金を受けることや、「教会の教義に合致しない」活動のための供与を禁止し
ている。
 これらの条件を満たしていない組織には、司教が介入し、信徒に警告し、「カ
トリックという名称を使用することを禁止」すべきだ、と言う。
 全世界のカトリック救援団体に関する新規則は教皇書簡『救援の業』として出
された。団体の活動が「ただもう一つの社会援助組織の形になるという危険を避
ける」ことを目的としている。新指針遵守の責任は『コルウヌム』(教皇庁開発
援助促進評議会)が担う。
 指針は、職員が団体の「カトリックであることを実践し、少なくともそれに敬
意を払うこと」と、それが「キリスト者の生活の例」となることを求めている。
 カトリック救援団体の給与は「キリスト教的な質素な生活」に相応したもので
ある、と司教が確認するべきだ、としている。
 これらの規制は、教会の救援団体や社会活動団体への監督強化をバチカンが推
進してきたことの延長線上にある。この5月には、バチカンが、162の地域カ
トリック救援団体の包括組織ではる『国際カリタス』への監督強化に乗り出して
いる。
 米国では、『人材育成のためのカトリック・キャンペーン』への支援、支持を
撤回する司教が出ている。同組織の毎年の募金は反貧困プログラムに向けられて
いるが、その多くがカトリック教会とは関係のないものだった。
 2010年、米カトリック司教協議会は、「基本的なカトリックの倫理や社会
教説と相容れない活動支援のため」に資金は供与しないという改革案を採択した。
 『カリタス』への資金援助では、米国最大規模の一つ『ゲイツ財団』が問題と
して浮上している。同財団は世界各地の『カリタス』に助成しているものの、問
題は「家族計画」を支持していること。これまでも、そのような財団からの助成
は受けるべきでない、とする司教はいたが、今回の新規制が個々の司教の判断に
与える影響が注目される。□

――――――――
◎教皇がツイッターでも布教活動へ

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世が12月3日、インターネットサー
ビス『ツイッター』を始めた。使う言語は英語、スペイン語、イタリア語、ポー
ランド語、フランス語、アラビア語、ポルトガル語、ドイツ語の8言語。アカウ
ント名は、ラテン語での教皇の正式称号「@Pontifex」。
 バチカン(ローマ教皇庁)のフェデリコ・ロンバルディ報道事務所長らによる
と、信仰に関する質問に答えるのは12日から。
 教皇は、ソーシャルネットワークの中で多くの人が人生についての問いを発し
ている現状を認め、「デジタルという新大陸に福音を説く必要性がある」と語っ
ている。
 自ら神学者として、カトリック信仰に関する長文の研究書で知られる教皇が、
1回が140字以内という制限のあるツイッターでどこまで発信出来るかメディ
アの注目を集めている。
 ツイッターに参加するには、教皇のツイット・アカウンドに入って「フォロワ
ー」になる必要があるが、手を振る教皇の写真を掲げたアカウントには、バチカ
ンの発表後6時間以内に、英語版で14万3600人がフォロワーになった。翌
4日には、8言語合わせたフォロワー数が50万人を超えた。同日午後の時点で、
フォロワー数は英語バージョンが約40万人と最多、次がスペイン語という。
 イスラエルのシモン・ペレス大統領もフォロワーの1人で、「ツイッターによ
うこそ。イスラエルとバチカンの関係はこれまでになく良好で、平和の礎を今後
も築いていくことができる」とツイートしたと報じられた。
 教皇による最初のツイートは12日の現地時間正午に予定されている。水曜日
の一般接見に合わせた時間。
 この6月にバチカンのメディアアドバイザーに就任した、元米フォックスニュ
ース特派員のグレッグ・バーク氏は、教皇は好きなだけ何度でもツイートするこ
とになると語っている。教皇が実際にそれぞれのツイートを自身で書くわけでは
ないが、内容は全て教皇が承認したものになる。
 最初のツイートは、ツイッターで教皇に寄せられた信仰に関する質問への答え
になる見通し。質問の送信先は「#askpontifex」。
 教皇はツイートはするが、他の誰かのアカウントをフォローすることはないと
いう。
 教皇はこれまでも、バチカンの新情報ポータルサイト開始を発表するために、
1回ツイートを行ったことがあるが、それはバチカンのアカウントからだった。
 教皇が新たなコミュニケーションと取り組む目的は、若い世代に働きかけるこ
とだ。第3千年紀に入ったカトリック教会は、高齢の敬虔な信者を引きとめる伝
統の維持と、若い世代を引き付ける新たな文化の受容との間のバランスに配慮し
ている。
 幅広い層の信者との交流を目指しては、特にインターネット世代を重視し、ソ
ーシャルメディアを活用する取り組みを進めている。ただ最大手とされるフェイ
スブックに教皇の公式アカウントを開設する予定は現在のところないという。
「教皇のメッセージを届けるのには、フェイスブックよりツイッターの方がふさ
わしいと思われる」と、バーク氏。
 ツイッター上にはベネディクト16世の名をかたる偽アカウントが複数存在す
るが、バチカンは公式アカウントが攻撃対象になることはないと楽観的だ。□

――――――――
◎エジプト新憲法案めぐり国内対立激化

 【CJC=東京】エジプトのムハンマド・モルシ大統領は12月1日、新憲法
案の国民投票を15日に実施すると発表した。
 モルシ大統領は先に発表した大統領権限強化の大統領令(暫定憲法)について、
新憲法と議会が決まるまでの時限措置としていたが、反発するリベラル派などの
野党勢力は大統領令の撤廃、憲法起草のやり直しなどを要求、4日夕から、大統
領府周辺などで抗議デモを開き、市民ら10万人以上が集まった。大統領の出身
母体、イスラム原理主義組織『ムスリム同胞団』などイスラム主義者もデモを行
い、双方の対立が深まっている。
 モルシ大統領は8日、大統領令を無効とする一方、新憲法案の国民投票は予定
通り15日に実施することを決めた。大統領令撤回により政権運営に反発する野
党勢力に譲歩する一方、投票を強行する方針を明確にした。
 大統領令の撤回はセリム・アル・アワ氏が8日未明の記者会見で発表した。ア
ワ氏は元大統領候補で、モルシ大統領と反大統領派の間の橋渡しを行う交渉者の
1人。
 投票延期や憲法案作成のやり直しを求める野党勢力は反発を強め9日、大統領
の譲歩は不十分だと指弾。主要な野党の連合体『国民救済戦線』幹部は、「全エ
ジプト人を代表していない憲法を押し通そうとするのは理解できない」と批判、
国が「暴力的な対立」に陥る恐れがあるとして拒否する考えを示した。
 同派の報道担当は記者会見で、憲法をめぐる一連の手続きには終始反対してい
ると語り、新たな街頭デモを11日に行うよう呼び掛けた。
 15日に国民投票が強行されれば、イスラム勢力と、リベラル系や世俗派、少
数派コプト教徒の間の分断が深まるのは確実だ。□

――――――――
◎「中国がキリスト者最大国に」とコックス氏

 【CJC=東京】今後20年で、中国がキリスト者人口の最大国になる、と米
国の神学者ハーヴイ・コックス氏が、ローマの教皇庁立グレゴリアン大学の宣教
学部設立80周年記念会の席上指摘した。
 現在見られる状況の一つは、キリスト教をもはや「西側の」宗教と見なせなく
なったこと、もう一つは、キリスト者が急増している国にキリスト教文化や伝統
が存在していないことだ、と言う。
 指摘は、記念会で行われた、「世界宗教とのカトリックの関わり=編集者2人
との対話」というプログラムの中でのこと。米オービス・ブックス刊行の同名の
書籍を紹介する企画で、「これまで、現在の立ち位置、そして今後の方向を決め
るのに図りしれない役割を果たす」とコックス氏は同書を推薦した。
 コックス氏は、日本でも「世俗都市」(新教出版社)などの著作で知られる。
また創価学会の池田大作氏との対話は「二十一世紀の平和と宗教を語る」(潮出
版社)として刊行されている。□

――――――――
◎聖書訳出が進展、とウイクリフ聖書翻訳協会

 【CJC=東京】米ウイクリフ聖書翻訳協会(本部フロリダ州オーランド)が、
全世界での聖書訳出事情を明らかにした。宣教通信ANSが報じた。
 同協会の発表によると、進行中のものが2075言語、準備中で訳出が始まっ
ていないものが1967言語。
 同協会のボブ・クレソン会長は、「2025年までにはどの言語共同体でも聖
書が読めるようにするという目的『ビジョン25』に向かって前進していること
を示すもの」と言う。
 発表によると、現在、部分訳であっても聖書を読める人は54億人。訳出を待
っている人が2億900万人。全世界で使用されている言語は6800語と推定
されているが、訳出されていない1967言語の比率は29を割るまでになった。
未訳出言語の使用者はほとんどが少数。
 訳出には新技術の導入や新方策採用が貢献している。記述文字を創出したり、
コンピューターやサテライト技術による集団作業などで作業効率が向上した。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(12月9日)=http://www.cwjpn.com
★被災地支援さらに注力=来年から毎月開催 岩手、福島でも=仙台教区サポー
ト会議
★52年の訳業完結=『神学大全』の訳者 稲垣良典さん
★JOC=小教区に出向く=初の試みで青年に訴え=東京・豊島教会で集い
★さいたま教区=2聖堂80周年=前橋と松が峰
★教理省長官が見解=伝統派と進歩派の双方に=公会議の「異端的解釈」

 =キリスト新聞(12月8日)=http://www.kirishin.com
★神奈川建築コンクール=教界関係に脚光=本郷台キリスト教会・上星川教会が
優秀賞
★救世軍が漁場監視船を寄贈=“漁場を守って行きたい”=宮城県漁連に31隻
目の支援
★P・S・メーヤー宣教師召天50周年=“福音宣教の思い新たに”=日基教団清
水ヶ丘教会で記念礼拝
★日本福音ルーテル東京教会宣教100年=石製飼葉桶を「洗礼盤」に
★中国プロテスタント教会指導者=丁光訓氏が南京で死去

 =クリスチャン新聞(12月9日)=http://jpnews.org
★震災で迫られた隣人への「愛」=日本同盟基督教団宣教121周年大会=初代
の救霊スピリット継ぎ 被造物世界に視野
★普天間基地前=ゴスペルで意思表示=キリスト者はオスプレイ配備、暴力に抗
議します。
★広島・東京=フランクリン・グラハム大会苦渋の選択=米大統領選=ロムニー
候補応援で開催困難に
★長老教会第21回大会=東北宣教に木村大介氏派遣=ウエストミンスター信仰
告白の現代の意義見解を採択
★CCCシンポ=災害とこころのケア=被災地に求められる適切な支援

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月03日

[SKJ]■世界キリスト教情報■第1141信

====================================
・     ◆◆◆◆◆◆◆  ◆◆◆◆ ◆◆◆◆   ◆◆◆◆◆
・    ◆◆◆    ◆   ◆◆ ◆◆  世界   ◆◆◆
・      ◆◆◆◆     ◆◆◆◆  キリスト教 ◆◆◆
・    ◆    ◆◆◆   ◆◆ ◆◆   情報  ◆◆◆
・    ◆◆◆◆◆◆◆   ◆◆◆◆ ◆◆◆◆  ◆◆◆◆
・    (c)世界キリスト教情報  連絡先E-mail:cjcpress@gmail.com
====================================
(週刊)     2012年12月3日(月)     第1141信 ☆
====================================

             = 目 次 =
     ▼エジプトの新憲法国民投票を15日に実施
     ▼「神をどのように伝えるか」教皇一般接見
     ▼女性性器切除禁止の法制化を国連総会で決議へ
     ▼世界で急成長しているのはキリスト教?
       ▼《メディア展望》

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎エジプトの新憲法国民投票を15日に実施

 【CJC=東京】エジプトのムハンマド・モルシ大統領が、自らに強権を与え
る新憲法案の是非を問う国民投票を12月15日に実施する、と1日発表した。
憲法委員会委員との会談で語ったもの。234条からなる新憲法案は、大統領の
権限を制限し、人民議会と諮問評議会の権限を拡大するものとしている。新憲法
草案を受け取った後、モルシ大統領は「われわれは対立と相違の期間を乗り越え、
生産的な仕事に取りかからなければならない」と強調。国民に投票への参加を呼
び掛けた。投票で有権者の支持を取り付け、憲法成立を既成事実化するねらいと
見られる。
  新憲法案は、憲法委員会が11月30日、世俗派やコプト(キリスト)教会を
  代表する委員が抗議のため欠席する中で承認したもの。欠席者は全体の4分の
  1を超えたという。
 新憲法案には、イスラム法が法律制定の基盤と記載されており、同国では連日、
国民による抗議デモが発生している。問題となっているのは、イスラム教に基づ
く法体系『シャリーア』に優先的立場を与える条文。これは事実上、エジプトが
イスラム国家となることを意味している。旧憲法にも同様の条文はあったが、象
徴的な意味を持つに過ぎなかった。
 大統領はまず11月22日、憲法委員会およびエジプト議会上院はいかなるエ
ジプトの裁判所の決定からも護られているという大統領宣言を発表した。これを
受け、大統領の母体であるイスラム原理主義組織『ムスリム同胞団』などのイス
ラム勢力は12月1日、首都カイロ郊外のナハダット・マスル広場で数十万人規
模の支持集会を実施した。
 エジプト最高憲法裁判所は2日、憲法委員会および議会上院の解散を検討する
時期について延期を決定した。マヘル・アル=ブヘイリ裁判長がカイロで明らか
にした。憲法宣言の支持者らが最高裁判所の建物を封鎖、判事らの入廷を阻止し
たため、「心理的、物理的圧力」なく判事が活動できるまで、審理を停止すると
発表した。これにより、最高裁とモルシ政権側との対立がさらに深まっている。
 反モルシ勢力も広がりを見せ、司法関係者だけでなく、若者、リベラル派、世
俗派のほかに、コプト教徒や穏健派イスラム教徒、国民の多数を占める無党派層
にも広がりを見せている。11月30日にはカイロ中心部にあるタハリール広場
に数万人が集まり、憲法令と憲法草案の破棄を要求している。
 反モルシ勢力は、リベラル派、左派グループ、コプト教徒などで連合体『国民
救国戦線』を結成。国際原子力機関(IAEA)の前事務局長モハメド・エルバ
ラダイ氏や、大統領選の元有力候補らが、指導的な役割を担っている。
 『国民救国戦線』側は「モルシ氏は力で押さえつける独裁的な手法に走ってい
る。抗議デモを続け、ストライキを計画する。国民投票は、棄権でなく、反対票
を投じるよう呼び掛けるだろう」と語った。
 新憲法案が、国民投票で過半数の支持を得た場合、新しい議会を選出する統一
選挙が行われ、エジプトは「第二共和制」時代に入る。□

――――――――
◎「神をどのように伝えるか」教皇一般接見

 【CJC=東京】教皇ベネディクト16世は、バチカン(ローマ教皇庁)で1
1月28日、水曜恒例の一般接見を行った。
 教皇は現在開催中の「信仰年」のためのカテケーシス(教会の教えの解説)と
して、今日の時代に神をどのように伝えるかを考察した。
 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇は、わたしたちが神について話
せるのは、神がわたしたちに話しかけてくださったからであると述べた教皇は、
神を伝えるためには、わたしたち自身が神の言葉にしっかりと耳を傾けていなく
てはならない、と指摘した。
 また、神について話すためには、抽象や仮定ではない、歴史の中に具体的に存
在する神、イエス・キリストの神を伝える必要があり、それにはイエスと聖書に
親しみ、イエスご自身がとられた方法、すなわち謙遜の道にわたしたち自身も従
わなくてはならないと述べた。
 教皇は、神を伝えるのに適した場所の一つとして「家庭」を挙げ、家庭は信仰
を新しい世代に伝える学び舎であり、両親は神の最初のメッセンジャーであると
話された。そして、信仰教育という使命をよりよく果たすには、信仰を伝える機
会を見出す注意力、喜びを伝える力、そして、聞き対話する力が必要と強調した。


――――――――
◎女性性器切除禁止の法制化を国連総会で決議へ

 【CJC=東京】アフリカや中東の一部で続く「女性性器切除」(FGM)に
ついて、国連加盟国に禁止の法制化を強く求める決議案が年内にも、国連総会で
決議される見通しになった。人権問題などを扱う国連総会第3委員会が12月1
日決議案を採択した。法的拘束力はないが、「文化や伝統に根ざした慣習」とし
てFGMを続ける地域に対し、国際社会が根絶を後押しするもの。
 決議案は、性器切除を「女性に元に戻すことができない傷を負わせる虐待」と
非難。全世界で1億~1億4千万人が傷を負わされ、今も毎年推定300万人以
上が犠牲になっていると警告、根絶に向けた啓発教育に取り組むよう求めている。
 人権擁護団体『国際アムネスティ』によると、アフリカ、イエメン、イラク、
マレーシア、インドネシアの各国、南米の先住民族などでは。「女性性器切除」
が日常的に行われている。またその他の国でも移住者社会で行われているところ
がある。『国際アムネスティ』のホセ・ルイス=ディアズ国連代表は、第3委員
会が「女性性器切除」について問題提起したのは初めてのこと、と語った。□

――――――――
◎世界で急成長しているのはキリスト教?

 【CJC=東京】「今、世界で急成長している宗教は?」と問われたら、その
答えは「イスラム教」と思う人にとって、朗報か悲報か分からないが、実際には
「キリスト教」だ、とインターネット・サイト『リアル・クリア・レリジョン』
が、『ウイキペディア』(英語版)のデータを元に分析している。ただ重要な前
提条件が一つある。それは「欧州を除いて」ということ。
 『ウイキペディア』は、イスラム教、キリスト教、仏教、法輪功、サイエント
ロジーなどを検証しているが、これらを数量的に比較するのが困難なことは確か。
そこでまずキリスト教を見ると…。
 20世紀を通じて、キリスト教は成長したが、それは南半球において顕著だっ
た。1900年以来、アフリカのキリスト者は1000万人から約5億人へ49
30%と信じられない増大。このまま行くと、2050年には10億人に届きそ
うだ。これは1900年の全世界のキリスト者の2倍に相当する。特にアフリカ
のカトリック信徒だけを見ると、190万人から1億3000万人へ6700%
成長している。ラテンアメリカでも877%だった。
 20世紀に入って、イスラム教も急成長し、キリスト教をしのいだ、とも見ら
れる。1900年には世界人口の約3分の1はキリスト者で、その比率はほぼ現
在までほぼ一定している。2050年にもそれは変わらないと予想される。
 一方、イスラム教は、1900年に2億~2億2000万人で12~13%だ
ったが、現在は22・5%、2050年には27%に達するものと見られる。キ
リスト者とイスラム教徒の比率は1900年が2・8対1、現在が1・5対1、
2050年には1・3対1と差が急速に縮まっている。
別の見方をすると、キリスト者は現在、1900年の4倍になったが、イスラム
教徒は7倍だ。
 これはどういうことか、と言うと、世界の人口急増地帯との関係がある。イス
ラム教は20世紀を通じてアフリカ、アジアなど出生率の高い地域に集中してい
る。それに対して、キリスト教は欧州に集中しており、欧州自体の増加率が他に
比べて非常に遅々としているのだ。
 1900年、欧州人口は世界の4分の1を占めていた。これが2050年には
8%に近づくと予想される。1900年には欧州の人口はアフリカの3倍だった
が、2050年にはそれが逆転する。欧州を除外して見ると、イスラム教とキリ
スト教の勢力は拮抗しているとも言える。□

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
《メディア展望》

 =カトリック新聞(12月2日)=http://www.cwjpn.com
★横浜天主堂献堂・日本再宣教150周年=4千人が感謝の祈り
★「宣教地司祭育成の日」=献金額、前年を下回る
★サポートステーション「もみの木」=仮設住宅で「秋祭り」=茨城の教会ボラ
ンティアも協力=福島・いわき
★「基地のない沖縄」目指して=宗教者らシンポジウム開く=大阪梅田教会
★冒涜法で逮捕のキリスト者少女=パキスタン高裁が不起訴に

 =キリスト新聞(12月1日)=http://www.kirishin.com
★韓国・台湾・モンゴルからも参加者=アジアでの脱原発目指す国際ネットワー
ク=メーカーの法的責任問う
★東京基督教大国際宣教センターが現状分析=牧師は平均61歳、NCC加盟3
4%
★聖学院幼稚園創立100周年式典=“神さまに喜ばれる子どもに”
★『一六時四〇分』出版記念講演会=藤掛明氏=「教会で人生学んだ」
★日本福音ルーテル社団=米国ワークキャンプ参加者募集

 =クリスチャン新聞(12月2日)=http://jpnews.org
★地域が頼れる教会へ=TCU・ケアチャーチプロジェクトで協力関係構築
★寮に泊まって学生生活を体験=東京基督教大学
★戦前の国策順応の歴史を踏まえて=天皇葬儀時も平常授業で良心示す=シンポ
「信教の自由と明治学院」
★「キリストの愛 我に迫れり」=作曲家・天田繋氏逝去
★日本伝道のため仏教研究=伝道者・渡辺暢雄氏逝去

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         ◆世界キリスト教情報◆ご案内
☆活動紹介・メールマガジン(整形テキスト)『週刊・世界キリスト教情報』お
申し込みは
http://homepage3.nifty.com/cjc-skj/で。
☆ニュースレター(PDF)・同報メール(無整形テキスト)『週刊・世界キリ
スト教情報』お申し込みは
cjcpress@gmail.comまで。
☆『週刊・世界キリスト教情報』既刊号は下の各サイトで
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
……………………
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます。転載使用
ご希望の方は巻頭の連絡先までお申し込みください)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



skjweekly at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)